空を見上げて
トップページ » 讃岐への一時帰郷

讃岐への一時帰郷

親父の33回忌、お袋の25回忌の法要で香川県に家族を連れて帰りました。

1日目(10月12日・金):
立川駅 33回忌 (1)坂出グランドホテル
8:00自宅からバス発。立川->羽田第2ターミナルへのシャトルバスは中央道の工事で遅れ気味。ANA535も20分ほどの出発遅れのうえに揺れた。14:00過ぎに高松空港近くの「かわたうどん屋」で「山かけうどん」で昼食した後にナカンダ浜経由で坂出グランドホテルにチェックイン。512はオーシャンビューとはいえ本四連絡橋は川重造船所に遮られてよく見えない。 着替えて生家にて夕食をいただいた。

2日目(10月13日・土):
フェリーの展望デッキ (2)四国汽船 (3)ベネッセミュージアム 
7:00にホテルを出て「はま街道」経由で高松港フェリー乗り場まで送ってもらい、8:12発の四国汽船フェリーで直島宮浦港へ。

BlogPaint ランチ エントランス
町内バスとベネッセ運営のシャトルバスを乗り継ぎベネッセミュージアムへ。李禹煥美術館から地中美術館へは徒歩。12:00丁度に地中海美術館のカフェでサンドイッチランチ。

(5)ベネッセミュージアム ベネッセ (4)ベネッセミュージアム
13:40発シャトルバスでベネッセミュージアムまで戻りそこから徒歩で「つつじカフェ」まで海岸をブラブラ見て回りながら戻り15:16発町営バスで安藤美術館へ。

安藤美術館 (6)宮浦港 (7)サンセット
17:25発のフェリーで高松に戻り駅ビル2Fでカキフライ定食と1Fスーパーで食料を買い込み19:10発のマリーンライナーで坂出へ。 この夜はシングルルーム3部屋に分宿することになった。

3日目(10月14日・日):
写真 2018-10-14 9 11 40 BlogPaint 栗林公園-2
9:00にホテルを出て常盤公園->高松自動車道->栗林公園。「かがわ物産館 栗林庵」の場所が動物園跡地に移設されておりお土産を買いそびれてしまったのが心残り。

ぶっかけ饂飩 M43_marugame 秋祭り 
はま弥うどん」でぶっかけうどんをかきこんで 15:00から生家での法要。馬場先では秋の例祭で鐘太鼓のお囃子で獅子が舞っていました。

墓参り 会食 会食
全員でお墓参り後に18:10から近所の「トラットリア フォンド」に移動しイタリア料理で会食。
BLADEを満タンにしてホテルへ。今夜から元のトリプルルーム512に戻った。

4日目(10月15日・月):
UFOライン UFOライン 岩黒RH
5:00起床して BLADEの装備や NABIの設定をして 8:45にホテル発。坂出IC・いよ西条IC経由で瓶ヶ森林道へ。R194の寒風山トンネルを抜けて林道に入って暫くのところで「交互通行規制で40分待ち」とのことで旧道に入り直して寒風山Pに着いたのは 11:00になってしまっていた。13:00に 岩黒レストハウスで遅めの昼食は虹鱒甘露煮入りの「石鎚そば」。

与島PA 1952年 常盤公園より沙弥島を望む 1969年 
   与島PAから坂出方面     1952年頃の沙弥島と与島   1969年頃の沙弥島、瀬居島
『R40は交通規制があるので石鎚スカイラインを推奨』との店の主のアドバイスで松山ICから与島PAへ着いたのが 17:00少し前。紅鮭丼の夕食後、夕日を見ながら坂出北ICからホテルに戻り BLADEを満タンにした。

5日目(10月16日・火):
せとうち美術館 蜀咏悄 2018-10-16 23 10 17 番の州の今昔
8:40にチェックアウトして せとうち美術館へ。1967年頃の「番の州埋立」航空写真との比較。

サヌカイト サヌカイト-2
栗林公園で買いそびれたサヌカイトを平井石産で調達。

蜀咏悄 2018-10-16 23 09 36 がもう-1 がもう-2
生家でBLADEを返し、「がもううどん屋」の行列に並んで中盛りかけうどんを。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星