空を見上げて
トップページ » UPSバッテリーの定期交換

UPSバッテリーの定期交換

2015/07/07に導入後 4年以上経過したオムロン社製UPS BY35Sの専用バッテリー(BYB50S)を定期交換した。 UPS本体は 2018/08/11にリコール交換済

     発注書      楽天市場から購入 
楽天市場は amazonよりも 1,000円近く安くて翌々日には無料たのめーる便で届いた。 

 UPSバッテリー引き取りキャンペーン OMRON着払い伝票 結果
無償引き取りキャンペーンで届いた着払い伝票で返送する前に交換電池と返却電池の 6Ω負荷での放電特性を確認した。
交換用は充放電を繰り返しても約 4時間持つが返却用は繰り返す度に 1時間以内に 10V以下になってしまった。

2019/12/01
1FのNAS&UPS設置場所で保守作業を実施した。

NASの電源SW バッテリー交換 設置場所の改善
① NAS裏側の電源SWをOFF位置にしてシャットダウンする。
② NASからの電源ケーブルをUPSコネクタから抜く。
③ 自動シャットダウン用USBケーブルを取り外す。
④ NASを取り外し換気ファンや換気口を清掃する。
⑤ UPS本機の「電源」スイッチを切りUPSの電源ケーブルを壁コンセントから抜く。
⑥ UPSのバッテリーを交換する。
   端子はかなり固いので怪我や短絡に注意!
⑦ UPS電源ケーブルを壁コンセントにつなぎ「電源」スイッチを入れ自己診断テスト
   の終了の On 表示を待つ。
⑧ UPS電源コネクタにNAS電源ケーブルを接続して NAS電源SWをON位置にする。
⑨ 自動シャットダウン用USBケーブルを接続する。
⑩ NASシャットダウン試験

   UPS電源バックアップ中は赤色のエラーコードE01が点滅して安全シャット
   ダウン中が表示され間もなく電源が落ちます。
       UPSに電源が戻っても NASは自動再起動しないので 電源スイッチを
    ->OFF->ONして NASを再起動する。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星