空を見上げて
トップページ » i3リアドラレコ増設     28,155km

i3リアドラレコ増設     28,155km

2020/07/27 検討開始
昨今のテレビニュースで事故時の背後の交通状況記録の重要性を認識したので i3に増設ことにした。いっそのことミラー式にしようかとも思ったが配線取り回しが厄介なので独立型でしかもフロントと同じ DRV-610/630の中古品を気長に(税・送込 6,000円以下が希望)落札ことにして電源配線を先行させることにした。

2020/08/24 電源周辺パーツと情報収集
(4)mini-USBとブラケット (3)ロック付き防水仕様ソケット (5)参考になった投稿
mini-USB電源ケーブル、ブラケット、16GB SDメモリは 80設置時の余剰品を活用しシガーライタソケットも 80から転用することに。電源引き回しノウハウはi3 Social Manualの投稿記事を参考にした。

(7)リアゲートアッパートリム (8)リアトランクサイドトリムアンダー (9-2)リアスカッフプレート
リアゲートアッパーのプラスチック製トリムは引っ張ると剥がれた。7カ所の丸クリップで固定されているだけだった。一方サイドトリムはウェザーストリップを浮かした隙間から結構強引に剥がすと弾力性があり隙間が広がった。ただ十分な隙間を確保するには押さえのCFRP製フロアーパネルとスカッフプレート(4つの金属クリップ)を取り外してプッシュ式クリップを抜く必要があった。


(9)リアスカッフプレート  (9-1)リアスカッフプレート (10)サイドトリム固定クリップ

2020年8月25日 電源の取り回し
(3-2)ロック付き防水仕様ソケット (11)シガーソケットからのB+の分岐 (12)リアゲートアッパー内の引き回し
ソケットにはお約束のヒューズを噛ます。 リアのシガーライター裏側から B+を半田付け分岐で取り出しソケットとプラグを確りと接続してサービスホール内に突っ込む(かなり窮屈)。80の DRV-610で動作確認後内装を元に戻した。
(13-2)mini-USBとブラケットの固定 (14)外から見ると (15-2)中から見ると
カメラへのケーブル配線はウェザーストリップの内側に這わせて隠蔽しカメラの固定は付属のブラケットをリアウインドガラスに 3M両面テープ止めとする。

2020年8月26日 後方の見え方や記録画像を検証した。
(15-3)中から見ると  写真 2020-08-26 11 55 07  20200826_i3rear
リア専用カメラと比較してリアウインドーにぶら下がったドラレコは後方視界を妨げになる。また夜間運転の為には「LCD表示時間設定= 常時表示OFF」が好ましいかも。

2020年8月30日 ブラケットが剥がれてぶら下がった!
連日35℃以上の猛暑日による接着力低下のためだろう。北向き駐車なのでフロント側にはこれまでこのようなことはなかった。
対策としてはボルト止めにするか他機種にするか? 先ずは本体重量が DRV-610の 104gより 59g軽い DRV-325を落札して試したい。
BlogPaint BlogPaint BlogPaint

2020年09月05日 DRV-325でも剥がれた
ブラケットの超強力両面テープを新品に交換し、ガラス面ではなくトリムボードに接着してみたがこれでいつまで耐えられるか?

BlogPaint (17)外から見ると (16-2)中から見ると



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星