空を見上げて
トップページ » 80の水難        154,744km

80の水難        154,744km

台風14号が東海沖で数日間迷走した為の長雨であちこちに水濡れ、と言うか大洪水を発見。

運転席側
(1)シートバック BlogPaint (2)ヘッドレストの底
(4)シート背面
運転席側のヘッドレストには明らかに右上からの雫跡があるのでここからヘッドレストポストとシートフレーム経由してフロアーまで達したのだろう。 かなりの水量だ。
ムーンルーフ前方のドレインアナへの注水がドアシル前方から排水されるのを確認。
ムーンルーフ後方への注水がドアシル最後尾のドレインキャップから排水されるのを確認。

✖ムーンルーフ内部への注水の排水場所が確認できない。

助手席側
(5)リアのフロアーカーペット  BlogPaint  (7)助手席側ドレインキャップ
リアフロアとマットやシル内の配線迄広範囲に濡れている。
上から来たのか下から染み出したかすらわからないが、シルのキャップは左右とも後から 2つ目が取り外されており乾いているので上から来たと考えるのが妥当か。
ムーンルーム前方のドレインアナへの注水がリアの床下ホースから排水されるのを確認。
ムーンルーフ後方への注水がドアシル最後尾のドレインキャップを抜くと大量に排水されたのでリアフロアの浸水は恐らくこれで解決できた。

(8)ここの気密性も課題 BlogPaint
ムーンルーフは殆ど閉じたままなのでこの際全周をブチルテープ等でシールして「はめ殺し窓」にしよう。ろれまではマスキングテープで雨露から養生しておく。

運転席側の漏水確認中に「フロントドアオープニングトリムウェザストリップRH」(62311-6000-03 @ 5,400円)は経年劣化が進行しておりチョット引っ張っただけで幅30cm程が破れたのでラバーシール剤で修復した。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星