空を見上げて
トップページ » HP B110a x2台の修復作業

HP B110a x2台の修復作業

中途半端な不具合が生じている B110a x2台の良い所どりして有効利用する作戦だ。
#1号機
 インクシステムエラーが出ているが WiFi接続可能。
#3号機
 WiF接続できずタッチパネル感度が鈍いがインクシステムは正常。

作業手順:

(1) #3号機でのWiFi接続
(2) #1号機のインクシステムエラ―解消
    ヘッドの交換でどちらがどうなるか?
(3) #3号機での USB接続

***************************************
(1) 特定の「FujiwaraStationAU-g」だけが #3号機だけで表示できない問題

iPhone-SEのネットワーク共有ON(テザリング)での接続を試した。
(6) #2号機での SSID検索 (5) 翌日は iPhoneSSIDを (5-1) iPhoneに接続
  #2号機では両方キャッチ   #3号機ではiPhoneだけ    設定を確認して接続

(5-3) #3号機の wifi接続iPhoneのテザリングでは #3号機で検知出来て接続も出来たが不安定で直ぐに切断されてしまった。IPアドレスが DHCPではなく AutoIPで 192.168.x.xではなく 169.254.5.69が割り振られていた。AutoIPで設定されたアドレスを使って実際に通信できる場合はほとんどなく大抵はアドレスの自動取得に失敗した場合に AutoIPでアドレスが設定される。つまり、端末がAPIPA状態になっているときはDHCPサーバと通信できておらず、回線が物理的に繋がっていないなど根本的なレベルでの問題が生じていることを示唆している。
加えてタッチパネルが鈍くパスコードの入力が至極難儀なので #3号機の WiFi運用は諦めざるを得ない、との結論だ。

(2)大逡巡の末に #3号機のプリントヘッドを #1号機に装着してみた。
(6) プリンタヘッド移植後 (7) プリンタヘッド移植後 (8) プリンタヘッド移植後
長い時間を要するセットアップ時間後に「インクシステムエラ―」は発生せずメインメニュー画面が表示され WiFiにも接続出来た。
(5) #1号機のWiFi接続 (9) WiFiに接続できない-1 (10) WiFiに接続できない-2
しかしながら PCからのネットワーク接続ではデバイス検出できない障害が発生し一時的に USB接続で修復出来たように見えるも切断されてしまう。

(7) プリントヘッドの移植後 (8) プリントヘッドの移植後
一方 1号機の疑惑のプリントヘッドを移植された #3号機には「紙詰まり」が発生した後に「インクシステムエラー」が表示されるようになったので「(3)#3号機での USB接続」は実施不能になった。

以上の結果より C4400は粗大ごみ処理、B110aの #3号機は部品取り保管とする。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星