空を見上げて
トップページ » 生活へのICT利活用
生活へのICT利活用

カシオPROTREKの再電池交換.....

1995年頃購入のCASIO製PROTREK PRT1400は電池交換しながら愛用しています。前回の(20140901)に続き数千円が倹約できました。

BlogPaint水銀電池SR927Wはバックライトなどにも耐える強電流用です。 SR927SWは微電流用途ですので早く消耗してしまいます。
Amazonで購入した5個¥780(送込)の在庫が 1個だったので 188円(送込)で買い増ししました。
古電池(0.39v、1.12v) ⇒ 新電池(1.58v、1.58v)


BlogPaint・4箇所の裏蓋ネジを緩めて裏蓋を取り外します。2箇所に埋め込まれている小さなバネをなくさないように。白いシールは元々塞がれています。
・2個の電池は抑えている先端のバネを画鋲の先でこじて留め金から外して取り出します。
・新しい電池を入れてバネを留め金に掛けます。
AC刻印と電池の間の白いプラ穴中の金属端子と電池の+を短絡させて時計の制御回路をリセットします。

BlogPaint・リセット直後 1995-1-1(SUN) 12:0:0.00  の初期表示を確認する。
・黒いゴムパッキングや溝はアルコールで洗浄後、シリコンラバーグリースを薄く塗布しておきます。
・裏蓋をネジで固定して日付けと時刻を合わせて交換は完了。


ボタン電池の使用先と価格を調べてみた

型名           使用数    在庫数    使用場所

CR2032        x2           x4           i3のリモコン       10398@amazon

                  x2                         安全メガネ

CR1616        x3           x5           80のリモコン      10500@amazon

SR927W       x2           x0           PROTREK          1188@amazon

CR2025        x1           x1           SEIKOP/G           2278@amazon




@y(アッティー)apoc_works  at 08:00コメント(0) この記事をクリップ! 

今年のメニューは「脳ドック」

SASオプション(睡眠時無呼吸症候群診断)では外部機関からSpO2測定器が宅配されてきましたので早速一晩測定して着払いで返送しました。
脳ドック 2018-03-31 13 26 15 SPO2

結果は「経過観察」でした。
SAS検査-1  SAS検査-2
相当頻度で酸素濃度低下しているようです。


@y(アッティー)apoc_works  at 10:45コメント(0) この記事をクリップ! 

掃除機も10年振りの買換え

      915b0bf7    BlogPaint
2008-08-30購入の紙パック式掃除機(MC-P800WX-R)のホースが破けたり頻繁に異常停止するようになった。それよりも重たいのが老体にはきつくなったのでコードレススティック掃除機MC-SBU510J-Nに買い替えました。ヤマダ電機立川店にて4年保証で48,697円+ 7,000ポイント。


@y(アッティー)apoc_works  at 18:32コメント(0) この記事をクリップ! 

BAJAにスマホナビを...32,019Km

バイクでもナビは遠乗りする時の必須アイテムなのですが機能的にはGoogle Mapアプリで十分なので iPhone6sを固定する方法を探りました。

BlogPaint (1)地図ケース (2)スマホを入れたみた
これまでは純正ハンドルポケット(08L56-KW3-000 3,500円)に自賠責保険証書やジャンプケーブルを入れ蓋にマジックテープ留めした地図ケースを携行して来ました。野外での長期間駐輪でマジックテープが劣化して固定できなくなったのでハンドルバーパッドに取り付けて iPhone6sを入れてみましたがタンク上の地図へは視線移動だけでなく顔全体を俯けることになり危険。加えてハンドル操作の度にケースとタンクのキャップが干渉し剥がれて脱落しそうになるので断念。

amazon (7)固定ブラケット BlogPaint
amazonで見付けたハンドルバー固定式ホルダーを試してみました。 あわよくば小物の収納やスマホへの電源供給もMTBにも流用できそうです。ハンドルバーの支え棒径は13mmと細くて付属の2mm厚の傷防止ゴムでは厚さ不足なので3cm幅の自己融着テープを巻き足しました。

BlogPaint すきまテープ 位置確認
専用ケースではないので iPhone6sがケース内で動き回るのを抑制するためにクッション材で補正しました。適当な「ふすま戸テープ」をカットして貼り付けましたが厚さ8mm、幅10mmならピッタリだと思います。さすがに指紋認証は出来ませんがタッチIDやスライド機能には全く問題ありません。

USB電源 (1)動作確認 (5)
iPhone6sへの給電はUSB電源アダプタ(¥342)をamazonから入手しバッテリー直結ハーネスにカプラーオンです。

(2)配線引き廻し (3)配線引き廻し (4)配線引き廻し
USB電源アダプタ12-5V変換部はシートの尻と工具バッグの間に挟みUSBケーブルはシートとタンクの間に隠蔽配線しました。これらの機材は晴天長距離ライディング時のみに使うので防水対策はしていません。

(6)出し入れ外出先での駐輪中はスマホだけを取り出します。
ホルダケースやUSB配線はそのままなので長時間の場合は悪戯されないようにバイクカバーを被せよう思います。





BlogPaint BlogPaint (3)ジャンプスタート接続
ジャンプスタータのブースターケーブルがRAVPower販売元から着払い料金(907円)だけで入手できたので2極ギボシコネクタに加工してYUASA蓄電池(YTX5L-BS)の引出しハーネスがカプラーオンで共有できるようにしました。



@y(アッティー)apoc_works  at 17:42コメント(0) この記事をクリップ! 

iPhone6sを壊した?

タイヤ交換のメカニック作業の記録画像を残すためのスマホが胸ポケットから滑り落ちて画面を傷つけてしまった。
iPhone6s-1 iPhone6s-2 iPhone6s-4
でもよっく観察すると辛うじて保護フィルムだけの損傷のようです。硬度9Hの強化ガラスフィルムの威力が発揮される幸運に恵まれました。

予備の1枚は奥さんにあげたので早速リピート注文しました。
iPhone6s-5 BlogPaint



@y(アッティー)apoc_works  at 10:34コメント(0) この記事をクリップ! 

i3のハイビームを LEDに   19,275km

i3ハイビームとターンライト走行用前照灯(=ハイビーム)のハロゲンバルブの色と消費電力が気に入らないのでLEDバルブへと換装しようと思います。H10.9.1以降の登録車両の車検ではすれ違い前照灯で光軸検査となるので不都合はないのですが、球切れ警告表示の解除コーディングが必要になる恐れがあります。


http://minkara.carview.co.jp/userid/961462/blog/40901784/ さん
の記事を参考に;
80 LED H4 写真 2018-01-09 10 23 18 H!! LED 
2個で実質 2,869円になるので購入。翌々日朝に届いたので導通試験(発光確認)後早速装着を試みたが中腰スタイルは「腰に負担」を感じたので暖かい日まで延期に。 

H11取付方向 BlogPaint BlogPaint
ハイビームコネクタ-V
コネクタのロックが固いのか片手で両側のロックを解除しながら同時に引き抜くことが出来ませんので諦めました。両手が使える夏タイヤへの交換タイミングまで延期です。

2018_03_11 タイヤ交換のついでに走行灯をLEDにしました。
BlogPaint BlogPaint BlogPaint
助手席側から交換しましたがLEDバルブには極性があるので H11ハーネスに間違えて接続すると「左側ハイビームが異常」が表示されてしまいます。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
運転席側です。 点灯を確認してから取付けました。

BlogPaint BlogPaint  BlogPaint
正常に取り付けた時のLEDバルブの極性とハーネスの形状の裏表です。 右端は取り外した H11ハロゲンバルブです。

BlogPaint BlogPaint (11)
 ハロゲン灯(運転席側)    LED灯(助手席側)     爽やかな発光!



@y(アッティー)apoc_works  at 14:15コメント(0) この記事をクリップ! 

i3ナビの地図更新.......19,044Km

昨年3月に契約したマップアップデートサービス(13,000円/2年間)に新マップデータが登録されたとの情報があり早速 BMW ConnectedDriveサイトから 2018年度版をDLしました。
NASへのDLに   2時間36分、
DL検証に          20分、
USBへの解凍に  1時間15分でした。


(0)DLホルダ選択 (1)DLマネージャ (2)DL開始  
(1)DLマネージャでDLフォルダ        (2)ダウンロードを開始します。       (3) サイズ28.87GBに3時間7分
  としてNAS(D:)を選択                                      を要する、とのこと


(3)検証開始 (4)検証終了 (5)解凍開始
(4)DL後、自動的に検証が          (5)検証が終わると解凍先の          (6)USBへの解凍が始まります。
  始まります。              28.89GBのUSBドライブを選択して..

  
 
(6)解凍完了 (8)USBメモリ (10)自動検出
(7) 解凍後アンロックコードが          (8) USBを取り外して i3へ     (9)更新を自動検出してくれますが..! 
  表示されメールも来る

(11)いきなりスタート (12)ここまでが長い (13)完了
(10)アンロックキー入力画面が   (11)最初の1%がやたら長くて       (12)でも数10分後に完了しました。
 スキップされいきなり開始       「間違ったか?」と焦ってしまう 

モリタウン周回道路、拝島駅西口あたりの道路地図が新しくなっていることを確認しました。



@y(アッティー)apoc_works  at 14:29コメント(0) この記事をクリップ! 

2017(H29)年の確定申告を完了

総合課税方式で作成した所得税確定申告書を e-taxで送信しました。通年にならって1月中に申告しなかった理由は利益確定した株式譲渡所得によって納税する側になったために「愚図愚図と節税方法を探っていた」からです。

所得税の課税方式比較所得税で総合課税方式を選んだ理由です: 
・配当所得を加えても累進課税区分が195万円以下の)5%で
 抑えられること。 
・分離課税の株譲渡収入は総合課税でも繰越控除後
 3,045,715円で変わらないが株配当収入分772,174円分が
 分離課税から減り税率15%が回避できること 
・配当控除48,578万円が受けられること
 

 
納税方法 電子納税 納税
納税も e-Taxマイページから Pay-easyサービスでチャッチャッと済ませられました。


@y(アッティー)apoc_works  at 18:17コメント(0) この記事をクリップ! 

ジャンプスターターの威力!

250ccのバイク(HONDA BAJA)や 4,200ccディーゼル(TOYOTA ランクル)の始動を補強するために予備の OPTIMAバッテリーをスタンバイさせて来ましたが重量、充電の手間、値段、耐用年数の面で運用に困難を感じるようになったのでジャンプスターター(RP-PB063)に切り替えることにしました。
ジャンプスタータ warrantyの延長登録 

1月20日(土)夜に amazonに発注したら22日(月)の朝に届きました。早速webサイトで保証期間を延長しましたがどうしてもマニュアル記載の通りでは動作してくれません。

amazonのカスタマーレビューを参考にしながら BAJAの始動に挑戦しました。
BlogPaint BlogPaint BlogPaint
BAJAは補充電後だったので 11.62VありましたがON位置ではヘッドライト点灯するので4.76Vに低下し、スタータはうんともすんとも言いません。この状態では RP-PB063はブーストボタンの(短)押しでは赤点灯。長押しでカチっと緑点灯し16V以上が印加され始動ボタンで勢いよくスターター廻り始動できました。30秒間は16Vが掛かり続けるので速やかに黒->赤のクリップを外します。

ランクル80
BlogPaint12V前後の電圧があったのでRP-PB063のブーストボタンの(短)押しでは緑点灯と緑点滅が数秒間隔でリレー音とともに切り替わります。緑点灯時には14.67Vが供給されていました。

・車のバッテリーが 10.6V以上あれば緑点灯するのでスタートーボタンで始動が可能になると思います。
・車のバッテリーが 10.6V以下では赤点灯するのでブーストボタン長押しで緑点灯に切り替えてスタートーさせることになります。



(6)80で充電 (7)ACアダプタ iPhone充電
RP-PB063への充電はマイクロUSBで行います。本器への充電にはランクルの場合はセンターコンソールに置いてシガーソケットから、室内では付属のACアダプタで。 iPhone等への充電用に USBコネクタが 3ポート用意されています。



@y(アッティー)apoc_works  at 15:53コメント(0) この記事をクリップ! 

80のバッテリー整備

ナビ読み先日1週間ほど動かさなかったら始動電圧が不足してスターターがグルグル言うだけで始動しないので整備しました。
現在の OPTIMAレッドは運転席側が 2011年8月、助手席側が 2016年10月に交換したものです。劣化度合いを判断する為にバッテリー端子の研磨、締め増し、補充電前後での電圧を測ってみました。

            並列テスター読み  単体テスター読み
       ナビ読み  (on    off)    運転席側   助手席側

作業前      11.7      11.85   11.97      12.08        12.16

作業後                11.93   12.13

充電中                                   14.60        14.60
充電後      11.9      12.10   12.30      12.10        12.50

分かったことは、
・ナビの読みはテスター測定値より 0.2V程低く出る。
・運転席側にしてもそれほど劣化はしていない。
・端子の研磨と締め増し後の方が off -> on時の電圧低下が大きいのは腑に落ちない!


時計が治った?
80時計 再起動後 デシマルポイント
気になっていた右端にドットがひとつ不自然(1/10秒少数点?)に点灯する症状が、今回のバッテリー端子脱着後には消灯していました。STOP.Wやアラームモード時に点灯する小数点らしいので何らかのバグだったと思われます。



@y(アッティー)apoc_works  at 09:51コメント(0) この記事をクリップ!