空を見上げて
トップページ » 地域資源の再活用
地域資源の再活用

5月の野菜たち

2022/05/06  AM
(1) ブロッコリーはあと少し
 (2) にんにくとそら豆 (3) 万願寺の定植
  ブロッコリー     にんにく/そら豆              万願寺
(4) ほうれん草、じゃがいも、玉ねぎ
玉ねぎ、

じゃがいも

ほれんそう

(5) アスパラ、生姜、万願寺、にら (6) じゃが芋 (7) ズッキーニ
あすぱら/しょうが/にら       じゃが芋         ズッキーニ

2022/05/11     収穫
写真 2022-05-11 11 18 42 写真 2022-05-11 11 11 09 写真 2022-05-11 11 18 31
(3)


@y(アッティー)apoc_works  at 07:00コメント(0) この記事をクリップ! 

じゃがいもの発芽不良修復

(1) 修復前 (2) 修復後
(1-2) 修復前 (2-2) 修復後
  2022_04_17
       
2022_04_23
収穫を終えたのらぼう菜の撤去時にじゃが芋の生育状態の悪さに愕然とした。確か 50株程植えたが 40%の 20株程度しか芽を出していないのだ。掘り起こすと 1/2カットした種芋がミイラ状になって枯死している。同じようにズッキーニも発芽していない(こちらは再播種してみた)。
のらぼう菜の株を捨てた堆肥デポにたくさんのじゃがいもが芽を出していたのでそれらを移植してみたが果たして多きく育って収穫につながって欲しい。
(3) アスパラガス (4) ブロッコリーと玉ねぎ (5) 修復後

2022/04/25
じゃが芋、アスパラ、ズッキーニのの状態確認。ズッキーニの初回播種は地温が低すぎたのかも。
(6) アスパラガス (8) ズッキーニの発芽 (7) 修復後



@y(アッティー)apoc_works  at 06:00コメント(0) この記事をクリップ! 

80のドアガラス点検整備  157,774Km

プラスティック部の嵌合やクリップ取り外しは暖かい日に限る。 閉まる寸前や開ける時にギクシャクするので「なんか変!大事にならないうちに」と運転席側パワーウィンドーをチェックして大正解だった。
(1) ドアフレームブラケットガーニッシュは既にひび割れ有 (3) ガラスチャンネル左のボルトが欠損 (4) 欠損場所を修復後
サービスホールカバーを取り外してガラスを上下しての点検中にドアガラスチャンネルの右端のボルトが緩んでいるので締め直したが完治しない。ドアガラスチャンネルとレギュレータとの間隔が左右で不揃いなので左奥の方を除いたらボルトが掛かっていない。捜したらボルトはドアの底に転がっていた。締め直して一件落着。両方が抜けるとガラス脱落、モーター破損などの大事になる部分だ。

(2) ガラスランに破れドアトリムを取ったついでにガラスランを取り外した。固くなっているばかりかあちこちに破れや剥がれが生じているが今回は綺麗に洗うだけにしておいた。
大変スムーズに開閉するようになった。
動作確認動画






ここを弄ったのは2018/07/13のモーター交換の時。その際に両ボルトとも仮止めしっ放しだったと疑われる。


@y(アッティー)apoc_works  at 10:30コメント(0) この記事をクリップ! 

i3 を夏タイヤに交換    1,742km

(2-2) 交換中
3回目のワクチン接種後の副反応から回復し、20℃近くまで気温上昇に誘われて夏タイヤへと交換した。
今回の交換後の RPAリセットは iDrive故障中の為に諦めざるを得ない。

(1) 夏タイヤ (2) 交換中 (3) 気になるオイルの飛散跡
前輪ショックのブーツ破れはチェックしたが助手席側後輪ホイールの内側がやけにオイルの飛散跡が。

(2-2) 交換中 (4) ブレーキフルード漏れではなかった (5) バックプレートも
翌日再点検したらバックプレートやディスクブレーキのケース部にも同種の汚れが。ブレーキフルード漏れではなさそうで一安心したがアクスル軸穴に
塗られたグリース(錆防止?)が溢れて飛び散ったと考えられる。


@y(アッティー)apoc_works  at 10:09コメント(0) この記事をクリップ! 

80の継続車検      157,681km

2022/02/14 (月)
継続車検日の予約でサプライズが多発した。
・予約サイトが移動しており新予約サイトを検索。
・これまでの ID,パスワードではログインできず再アカウントを登録。
 IDはメールアドレスになり、パスワードは強化されている。
・本日を含む14日先(開庁日のみ)先までの予約が可能。
 原動機型式、車両登録番号は入力不要に。
予約日選択 予約情報-1 (3) 予約情報-2
今年からは『自動車検査自動受付システム』を利用してみよう。例1、例2
(4) 自動車検査自動受付システム利用可能条件:
継続車検、予約済時間帯、後検査(前整備)
手順:
車検証の
QRコード⑤,⑥番目を読み取らせる。
印刷される 3枚(申請書、税納付書、検査票)に印紙を貼る。


(9) 車検のQRコード車検証のQRコード⑤,⑥番目から車両番号、車台番号、型式を読み取って予約表や登録台帳と照合すれば住所,氏名,電話番号,自動車税,重量税,等々が全部わかる仕組みだ。(走行距離だけは手書きだろな)





2022/02/28   157,681km 
若草通りからの右折、あきる野IC出口からの左折、左入交差点での右折でそれぞれ 5分以上の信号待ちながら 8:15にファイブチェック(予備検査場)到着。
(6) 予備検査場 (7) 同一性確認 (8) ブレーキは「もう一度」
④コースの 4番目に並んでいざ『自動車検査自動受付システム』と全印刷用紙にチェックを入れて QRコードを読み取らせた。「印刷中」と画面に出るがプリンターはうんともすんとも。諦めて手書きの用紙に 印紙を貼って受付に提出したが値上がりしていた。

(9) 自動車検査票1 (10) 印紙と新車検証 (5) リアシートのリクライニング機能殺し
今年の検査コースはアシスト無し。途中フットブレーキでは再検査になったが順調に合格した。



@y(アッティー)apoc_works  at 09:30コメント(0) この記事をクリップ! 

TEPCOから ENEOSへ

FIT期間終了を機に両方とも切り替えた。

売電契約ENEOS太陽光買取サービス
売電実績11.0円/kWhが魅力で 2021/11/13に申し込み、 2022/01/18に 1月3日からの買取開始手続完了と初期パスワードの通知葉書が届いた。半年分の売電料金が4、10月の末日までに MUFJ銀行福生支店apocworks口座へ一括して振り込まれる予定。
売電グラフに 2022/01売電量の日別実績が表示されないのはなぜだろう。


買電契約ENEOSでんき東京Vプラン
TEPCO vs ENAOS2021/01~2021/12間の TEPCO支払い額を ENEOSでんきに換算して比較すると 22,000円が節約できる。
(TEPCOのプレミアムSがスタンダードSでも 17,000円位の節約)



ENEONでんき使用実績
「3ヶ月基本料金無料キャンペーン」を待ち 2022/02/01に申し込んで 2月/11日分から供給が始まった。ポイントが有利な楽天クレジット支払い。またCEV新車購入時に補助金が増額される「ENEOS EV・PHEV・FCV向けCO2フリー特約Ⅰ」をi3 120の車両情報を用いて電話(0120-200-974)で申し込んだ。
2/3~2/10間の買電料金(251kWh  8,888円)はTEPCOから請求されたが 35.1円/kWhと割高なのは基本料金の影響だ。


@y(アッティー)apoc_works  at 08:01コメント(0) この記事をクリップ! 

80の定期点検整備    155,388km

2022/01/17    157,388km
(0)請求書継続車検の準備は恒例のネッツトヨタ多摩での「車検前点検付きオイル交換」サービス、3,850円。
4,923円のお値引きってすごくね!










オイル交換中のリフトアップ車両の底をメカニックさんと点検して気が付いた個所。

(3)ATフルードの滲み (5)エンジンオイルパンにオイル滲み (4)トランスファーケースにオイル滲み
ATケース、エンジンオイルケース上部、トランスファーケース下部にオイル滲みあり。来年まで様子を見る。

その他
(2)ヒーターホースの劣化 (1)ウォッシャータンクの劣化 (6)サビの進行度
(7)サビの進行度
ヒーターホースに白い粉、ウォッシャータンクの劣化、荷室下の錆進行。


@y(アッティー)apoc_works  at 14:30コメント(0) この記事をクリップ! 

畑の寒ざらし

寒ざらし収穫を終えたサンチュ、ほうれん草、春菊、大根、小かぶの畝を『寒ざらし』にして病虫害対策した。無農薬畑の土壌消毒は厳冬期に深さ30㎝ほどのところまで土を粗く掘り起こし、寒さにさらして病害虫を死滅させるのだ。土の中に含まれる水分が夜に寒さで凍り、日中には表面が溶けて乾燥することを繰り返すことで土の水はけや通気性が良くなり、サラサラになる効果もあり土がリセットされて収穫量もアップする。

@y(アッティー)apoc_works  at 10:00コメント(0) この記事をクリップ! 

80のホーンが不安定    157,344km

2015/04/30にヒューズ(90987-01003)交換で修復したが再び不安定になった。ステアリングのパッドを押しても一発で鳴ることはなく、あちこち押しまくって鳴る位置を捜しあてても暫くすると位置が変化して始末が悪く 2月28日に予定している継続車検には心許ない。

(2) LEDライト (4) ホーン電力取り出し (3) テスト配線
修理中に何度もホーンが鳴り響くのは近所迷惑なのでホーンの替わりに LEDライトを接続した。
lEDライトのプラスをリレーからの配線に接続、マイナスをバッテリに接続しホーンパッドのどこを押してもLEDライトは安定に点灯する。動画あり
(5) 接地ケーブルLEDライトのマイナス端子をホーンASSYの固定金具では点灯せず、ホーン本体のボルト接続では点灯する。従ってボデーアースを疑いホーン本体からバッテリーにアースケーブルを設けることにした。



2021/01/17       157,388km
今朝あきる野の畑でテストした結果、ホーンパッドのどこを押しても、そっと押しても、短く押しても安定して鳴るようになっていた。接地方法でこうも変わるもんだ!と感心。



@y(アッティー)apoc_works  at 20:52コメント(0) この記事をクリップ! 

i3 120を冬タイヤに交換    538km

(1) 引っ張り出したら位置ガムテープ漸く青空で最高気温が13℃に戻ってきたので昼から交換作業を始めた。先ずは今年3月から保管してきた冬タイヤ&ホイールを引っ張り出して来て並べた。空気圧は 4本とも 90kPa。




これまでの交換作業と異なったところは:
(2) ジャッキアップ状態 (4) 助手席側のxxxライト (5) RPAリセット
・後輪のジャッキアップで前輪がこれまでより高く浮く。
・ライト類のサービスホール内はハイビームライトから???ライトに。
・RPAリセット手順は「車両情報/設定」、「車両ステータス」、「タイヤ空気圧警告」、「リセット実行」
(9) 作業ログ (10) BMWホイールセンターキャップ56mm
左はセ
作業ログ。昨年のログ上に今年の作業を赤字で上書き。センターキャップは夏用(純正ブルーリング)と冬用(ヤフオク品)で分けることにした。
夏用タイヤ&ホイールを保管するために水洗いしたが 3PMを過ぎると乾ききらないので梱包・保管は翌日作業に持ち越した。


@y(アッティー)apoc_works  at 15:38コメント(0) この記事をクリップ!