空を見上げて
トップページ » 地域資源の再活用
地域資源の再活用

玉葱の植付け

明日から法事で畑仕事が出来ないのでヤキモキしていたが漸くJOYFUL本田に玉葱の束苗が入荷したので畑に植え付けることが出来ました。玉葱は連作障害が出にくいので植え付け畝は昨年と同じ場所です。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
苗は細くて一部歯が黄色になりかけていますが昨年も同様(値段は 10円/束 安くなっていた)でした。太い苗はネギ坊主が出来やすい?とか。本数は 10%増しの 218本ありましたが果たしてどのように成長するのかが楽しみです。


@y(アッティー)apoc_works  at 14:00コメント(0) この記事をクリップ! 

台風24号でBAJAが転倒   32,396km

風を孕まないように、とボディーカバーをたくし上げて置いたにも拘らず4:00AMに倒れているBAJAを発見。寸でのところで隣に駐車中のBMW i3とは接触を免れたが左側のバックミラーとウインカーレンズが床との衝撃で脱落してしまった。幸いにもミラーは折れたのではなくネジが緩んでの脱落だったので捩じ込んで修復を終えた。

左ウインカーの修理:
BlogPaint ウインカー 
  30°以上戻さないと正面           見出番号16
     を向きません          プラグ、ホール 8MM

ヘッドライトガードに溶接されているランプステーが衝撃で曲がっており修複するにはランプASSYを一旦取り外さねば工具が入らないことが判明。取り外すにはラバーと共締めしているプラグを抜くのだが内部構造が不明。
BlogPaint (2)クリップ剥がし (3)両ステイ
純正プラグ(91606-SE3-003 @151円)を購入して検分の結果ランクル用の内貼り剥がしで抜くことができ、再利用も可能と判断した。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
曲がったガード側のステイをウォータープライヤで銜えてクラックを生じさせないように丁寧に元の形状に戻す。ついでに若干曲がっていた右側ステイも真正面を向く様に修復。

ヘッドライトの光軸調整:
ヘッドライトガードを弄っていてヘッドライトケースにガタツキがあり水平光軸とケースを固定している前側のボルトが無くなっていることを発見。締付けトルク不足に走行振動が加わり脱落したようだ。パーツリストと現物との比較で食い違いがあった。品番を特定する為に 3 種類とも発注して正しい部品表と組立図になるように赤字加筆した。
BAJA部品発注 ヘッドライト ライト分解

BlogPaintV光軸は下向きに、H軸は左路側を照射するように調整して完了。早朝試走して LOは 5~10m先の道路上を、HIでは 100m先の道路標識を照射していることを確認。




(12)カラ―を紛失ヘッドライトケースを取り外す時にスクリューにカラーが付いていることを失念し 1個を落下紛失してしまった。
カラー、ヘッドライトセッティング(61304-379-690 @260円)




転倒の原因と再発防止:

(5)スタンドの定位置転倒の原因は車体が強風で左右に煽られる度にスタンドが浮き、勾配を徐々に後退してセメントブロックから外れて泥濘地面に埋没したため、と推察できた。再発防止は...
①後退しないようにリアタイヤに煉瓦等を噛ます。
②芝生地に移動し給油レバーをSTOP位置、バックミラーは取り外して車体を倒す。



@y(アッティー)apoc_works  at 17:12コメント(0) この記事をクリップ! 

畑の台風被害

恐る恐る台風一過後の畑を検分してまわりました。

(4)備品棚 (1)農具・肥料小屋 (3)水場
備品保管棚は分解、中身は何処? 肥料小屋とトラクター小屋は柱がずれて約3M程北西に移動。小屋がずれたので水場への立て樋も用をなさなくなっていた。

(2)利用区画利用区画地の被害は些少でした。全ての境界竹竿が北向きなっていたがマルチシートが剥がれるようなことにはなっていなかった。
大根とほうれん草の畝へ播種した後で再度土寄せをしておきました。



@y(アッティー)apoc_works  at 12:51コメント(0) この記事をクリップ! 

落花生から玉葱へ

跡的に真っ青に晴れ上がったので一気に収穫と後作の玉葱畝を準備をしました。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
獣害避けネットを取り除いたら枝と株を纏めて一気に引き抜き裏返して天日干しします。全部で10株の鞘を収穫します。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
鶏糞ペレットの堆肥、苦土石灰、8-8-8化成肥料を施肥してトラクターで鋤き込みます。レーキーや鍬でマルチシート用に整地して玉ネギ5穴シートを敷設しました。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
大型台風24号が週末日本列島を縦断しそうなので剥がされないように支柱を並べて土寄せしておきました。



@y(アッティー)apoc_works  at 15:37コメント(0) この記事をクリップ! 

生姜の保存加工

4月1日に植え付けた生姜(三州白芽 1Kg)を収穫。長期保存するために紅生姜に加工しました。本来は霜が降る頃が収穫適期なのですが今年の作柄は成長が遅く且つ虫が入っているようでここいら辺りが潮時、としました。新生姜を使う紅生姜加工ではニネモノとは異なり皮や繊維が柔らかいので皮は剥きません。
(1) (2) (3)

赤梅酢昨年と同じような手順での加工法ですが生憎「赤梅酢」は周辺のお店では入手できず amazonからの調達になりました。





BlogPaint (5) (6)
丸一日の陰干しですっかり水分をとばし「赤梅酢」でひたひたに漬けて冷蔵庫で保管すれば 1年近くチャーハン、焼きそば、カレー、ラーメン等を引き立ててくれます。


@y(アッティー)apoc_works  at 09:38コメント(0) この記事をクリップ! 

冬野菜に向けての畑作り

モリタウンでパスタランチをすませてから畑に。3時近くまでの作業はかなり疲れたが今後もまだまだ落花生収穫や玉葱 植え付けが続きます。

(1)更地に (2)トラクター導入 (3)畝立て
茄子とトマトの株の撤去跡に鶏糞ペレット、苦土石灰、8-8-8化成肥料を散布。トラクターで鋤き込み 2畝を立てました。生姜は霜が降る前に掘り起こして後作は小かぶとニンニクの予定です。

(4)マルチシートの布設 (5)落花生が収穫期 (6)ブロッコリーの植え替え
5穴マルチにはほうれん草や春菊、2穴マルチにはターツァイやサンチュを撒きます。 落花生はそろそろ収穫期を迎えます。ブロッコリーは弱った株を端っこへと移植後に全体に防虫ネット(1.3M x 5M)をかけました。

(7)作付け明日から数日間の雨の予報。雨上がりのタイミングで播種したいと思います。



@y(アッティー)apoc_works  at 14:19コメント(0) この記事をクリップ! 

ブロッコリーの定植

BlogPaint近所のHC(JOYFUL本田瑞穂店)に苗が並んでいたので昨年と同じ銘柄「緑嶺」を 8株購入(370円)しました。
定植場所は6月19日にじゃが芋跡を土造りして茄子を育てた穴なしマルチの畝です。









(1) (2) (4)
定植とは言え適当に植えてしまったが防虫ネットの長さが 5Mなので株間は 50cmに植え直したい。防虫ネット刃草取りや追肥などの作業を考慮して固定する必要があります。


@y(アッティー)apoc_works  at 06:43コメント(0) この記事をクリップ! 

物干し場屋根の波板修復

先日の台風で壊れた物干し場の波板屋根の修復です。壊れた波板 5枚を撤去して近所のHCで特売していたポリカ波板に入替えしました。足場がなく手が届かない場所の窮屈な隙間に波板の両端を挿入するのは難作業でした。
(2)撤去築30年近くの経年劣化と雹害で穴だらけに傷ついた塩ビ製の波板を 5枚を撤去。フレームの溝の中には積年の汚泥が溜まりこびり付いていました。




(1)購入-H (3)カット
通常1,000円以上する 6尺物(1,820mm)のポリカ波板が748円(税込)で特売中。5枚購入してランクルで搬送。 金バサミで所定の長さ1,515mmに切り揃えた。
「差し込んで行くだけだから簡単!」の考えは以下の点で甘かった。
・当たり前だが縦方向には曲げ難く上下のスリットに挟みこめない。
 -> スリットの異物洗浄と潤滑が必要だったかも。
・圧入使用にも特に奥の方は足場なしでは手が届かない。
・2.5山の重なり部分のスリットに挟みこむのは物理的に不可能に思える。
 -> どうしても隙間が空いてしまった箇所はコーキング剤を充填しておいた。

已む無く以下の方法で進めた。
・両端の山約 5mmはスリットにぶつからない様にパイププライヤーで喰えて潰しておく。
・奥の左から4/3が入ったら一ヶ所セットボルトで軽く固定して手前側を嵌め込む。
・2.5山の重なりを確認しながら右奥は山がスリットに入るように山を、右手前は尻を
 交互に叩いてスリットに入れる。
・右奥がスリットから抜けないように要所をセットボルトで留めて右手前側をスリットに
 強引に圧入するがどうして入らない時は1~5mm幅をカットする。

(3)セットボルト穴セットボルト(3/8、50mm @17円)を通す5mm径の貫通穴は半田鏝で溶かし、付属のナットは8Mソケットで締め付けると効率的で楽ちん。




(4)進捗 (5)進捗
4時間かけて 4枚交換したところで午後になり西日があたってフレームが火傷するほど高温に熱せられ、高温の為に体調変化が感じられたので冷たいシャワーと飲料水で体温を下げて休憩。完成は後日に持ち越します。 仕上がりには不満足ですが難作業だったので諦めます。

8月28日(火)
午後遅くからはポツポツ降りで穏やかな気温になったので作業を仕上げました。


(6) BlogPaint (8)
最後の 1枚は出っ張りがあったり幅寸が台形だったりするので金鋏で現場合わせになったが、概ね作業完了。



@y(アッティー)apoc_works  at 15:04コメント(0) この記事をクリップ! 

ホップ・グリーンカーテンの修復

他愛もなく破損した継はぎだらけの細い横棒に替えて長さ 210cmの太さ20cmの野菜支柱へと強化した。重機を使わずの単独作業で長尺の重量物を持ち上げる為には工夫が必要でした。
(1)自在金具 (2)7合目 (3)9合目
新品横棒をシッカリ固定後colemanタープ用の「自在金具付きロープ」4本使って破損棒を徐々に引き上げる。

(5)完成 (6)完成 BlogPaint
最後まで吊り上げ、誘引ロープを付け替え、破損した支柱を抜き取れば完了。一週間もすれば傷んだ枝・歯・毬花は萎れたり枯れたりするので取り除くことになります。


@y(アッティー)apoc_works  at 08:28コメント(0) この記事をクリップ! 

グリスニップルの交換ツール

ランクル・プロペラシャフトに使2種類のグリスフィッティングを着脱するためのソケットの検討です。

80ペラシャフトニップル nga-k-sunpou-1 GB709   
96451-00600のサイズは A(M6.0,PT1.0)、B(13.5)、C(M7.0)。ネジ部はテーパーです。
90416-06004は 96451-00600が取付済みのようですがペラシャフトへの取付方法は不明です。
GB709はJOY本で 3個入りで 200円でした。

ニップルを回すソケットのサイズ要件(C= 7mm、B-D= 9.2mm )であるが一般的なスタンダードタイプでは深さが 6mm程度しかなくフィッティングの丸い頭が干渉してCまで届かない。

リーマ加工 Sディープソケット7mm BlogPaint
M7、1/4"ソケットの干渉部分を M6.5のドリル錐で深さ 10mmまでボーリングを試みたがソケット素材が半端なく硬くて切削できない。無理をすると錐を破損しそうなので深さ20mmのセミディープソケットを購入するしかなった。



@y(アッティー)apoc_works  at 15:49コメント(0) この記事をクリップ!