空を見上げて
トップページ » 地域資源の再活用
地域資源の再活用

シールド鉛蓄電池の処分

回収拒否「ダメ元」承知で有害ゴミ回収日の今朝ボタン電池やブレーキクリーナー缶と一緒に HONDA BAJAの劣化バッテリー(YTX5L-BS)を出したら案の定回収不可の張り紙とともに置き去りにされてしまった。


    
     
電池回収協力店市のウェブサイトには『充電式電池(ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池、小形シール鉛蓄電池)は、小形充電式電池回収協力店の回収ボックスに出してください』とあるがいずれの店先にも回収ボックスは見当たらない! ど~したもんじゃろうのう......



@y(アッティー)apoc_works  at 11:00コメント(0) この記事をクリップ! 

冬野菜の管理

(1)もう雑草は生えないし害虫も集らないので畑作業は専ら追肥、土寄せ、霜対策だけになりました。





BlogPaint BlogPaint BlogPaint 
玉葱には施肥と土寄せ、春菊とほうれん草には霜避け、ブロッコリーは間もなく収穫時期。


@y(アッティー)apoc_works  at 09:00コメント(0) この記事をクリップ! 

turboストライプの修復    149,838km

左右クォータパネル面の塗装時に削り取られたパーツを修復しました。 

turboストライプの品番は左右やモデル毎に種々ありましたが購入時点(2016年7月)では75994-60080-13の一種に整理統合されていました。

位置決めをします。
運転席側 助手席側
 V位置:モールディング上端からストライプ下端まで 200mm。
 H位置:運転席側はリアランプから 43mm。助手席側は給油蓋から 20mm。
 マスキングテープで位置を明示する。
 台紙から剥がす時に風に煽られないように注意する。

気泡を抜きます。
(1) (3)
洗剤を数滴たらした水をスプレイ後スクレーパーを用いて空気を抜き平らに均しながら密着させる。

裏紙を剥がす。
(2) (4)
裏紙の剥がし痕やマスキングテープ跡の汚れを落とせば出来上がり。

仕上げとしてワックスを掛けて作業完了!



@y(アッティー)apoc_works  at 12:00コメント(0) この記事をクリップ! 

ランクルの再塗装(完成編) 149,838km

丁度1週間で退院しました。
ランクル塗装請求書 (1)納品 (16)完成
   請求書               納車時           完成車
塗装屋さん曰く、「左右ウインカーのレンズが外れなかった」とのことですがマスキング処理して問題なく仕上がっていました。デントリペア専門店では 27,000円もの見積もりだった気になる出っ張りも平らに治っており左右のフロントドアパネルとリアドアパネルにたくさんあった小傷がなくなりツルツルになっていました。
サービスでいろいろ塗ってくれたようでまるでオールペンしたようです。以前Dで全塗装を見積もってもらったら100万円以上しました。

マスキングか拭き取りの不具合か? 白塗料が残っていました。
BlogPaint (2)ナンバープレートガーニッシュに白い塗料 (1)フロントウィンドーモールディングに白い塗料
フロントガラス周辺のラバーはガソリンで拭き取れたが、ナンバープレート部の白い塗料は落ちない。後日塗装屋でんに持ち込んだら「ルーフ塗装時にサーフェサーがマスキングからはみ出した痕」とのことでコンパウンドとつや出しで綺麗に落としてくれました。

丁度 i3のタイヤ交換が終わっていたので雨が降る前に各種パーツを戻しました。

左リアとクオーターオーバーフェンダにPAD(61794-60030-C0)取り付け
(2)新品パッド貼り付け BlogPaint
パッドはワンサイズなのでクオータには 5mm短く、リアには200mm長い。ボディー面側にも部分的に両面テープが貼ってあったが使い方が判らないので剥がして保管。

・右クォータオーバーフェンダのクリップ心棒加工
(4)M6ダイスで螺子きり左側同様に純正方式(クリップ)ではクリップを壊さないと外せないのでM6ダイスで螺子を切ってボルト止めにする。





・左右のクオータウィンドモールディング      
 買い置きの 75660-60020、75670-60020を取り付けたが両面テープの小片を剥がし忘れないように。

・ルーフバー取付け
 元の位置に設置。前後2本の取付脚部は黒テープで養生する。

・再塗装オバフェンへのL型パッド貼り付け
(3)縦パッド貼り付けJOYFUL本田で購入したU字型パッド(124円/50cm )を L字型に加工し純正PADから剥がした両面テープを流用。




・左右クオーターオバフェン取付け         
 クリップ留め箇所は左右とも将来の取り外しを考慮してM6ボルト留めに変更。

・左右リアバンパー取付け 
52-53リアバンパ車体下からの作業。暗いのでヘッドランプ必携。
年式やグレードで変更が多いし過去に左右とも事故で交換した経緯があり取り付け穴が無かったり位置が大きくずれている。










 BlogPaint BlogPaint BlogPaint
   M5バネワッシャ(90467-04019?)脱落のため放置。  大きくずれたM12ボルト穴

・左右泥除け取付け
(6)右側 (5)左側
左右夫々 6,~7組のバネワッシャとタッピングを正常に固定しても奥の方が浮き上がってしまう。

・左リアオバフェンと内貼りパネル取付
 ウェザーストリップ部分がかなり傷んできている。

・ジャッキ、三角表示器収納ケース取付け
 
収納ケースは例によって知恵の輪パズル。今でもどうやったか記述できない。

・左右リア内貼りパネルの取付け          
 左ジャッキ付近の内貼りクリップを交換
 トノカバー関連のプラ成型部材は同じように見えるが左右微妙に異なるので注意。

・リアスカッフプレート取付け
・ベッド固定

  **** 今日の作業はここまで。以下の作業は後日に予定 ****



@y(アッティー)apoc_works  at 15:30コメント(0) この記事をクリップ! 

i3関連の異常          22,038km

20181114からドライブトレーン異常が表示され始めました。
(1)ドライブトレイン異常 (2)ドライブトレイン異常 
  メーターパネル          コントロールディスプレイ    
スイッチONで毎回メーターパネルに警告表示。コントロールディスプレイの表示はYESを押さないと表示されたままになります。Dに連絡して来週点検入庫することになりました。

影響を分析する一環で 20181117 5AMに市役所で QCを試したらエラーで充電できませんでした。自宅での普通充電は正常に開始し終了するので致命的ではないが QCができない車両では困るのだ。
(1) (2) (3)
  i3メーターパネル表示         急速充電節のパネル           連絡先
0120-202-240への問い合わせでは「装置側の異常であり、車両側ではなさそう」との返答で一先ずは安心しました。

20181119 2PM入庫しました。代車は new i3 REXです。残念ながら何時もの ECOモードで走り出した瞬間に「とろさ」に愕然。160Kgの車重増じゃ仕方ないか、と CONFORTモードにして i3 BEV同等のキビキビさを取り戻しました。
i3代車 Bluetooth接続 connected i3
bluetoothには接続情報が残っており、 Connectedサービスも登録可能でした。

2018年11月23日:
i3ドライブトレーン異常の作業明細高電圧システム絶縁エラーが生じていたようでEME~バッテリー間の高圧ケーブルを交換して改善できた。
延長保証修理の為に費用請求はありませんでしたが実費修理だと 8.3万円だったようです。 今後このような不具合は確実に増えそうなので来年5月からの再延長保証(6.2万円/20ヶ月)は契約しとこうと思う。







1028年12月2日~12月8日: 22,240km
BMW代車  KLE内部絶縁エラー
ドライブトレーン異常が再発して入院。 代車に i3を希望したが届けられたのは218d AT。ディーゼル車のアイドリングストップ機能付きでなかなか取り扱いにくい。 
修理内容は KLE内部絶縁エラーでシステム基板(224,640円)の交換(40,300円)やらで 312,958円!!!
KLEとは急速充電RATEを制御する基板のようだ。前回のと合計で 400,000円の修理費用。経年による劣化部品の交換は保証期間中に出尽くしてほしい、と願うばかり也。 
それらの経年劣化パーツが保証期間内で対策するのは難しいだろうから再延長保証期間後(2021年)の継続保有は私のような貧乏人には無理。国産BEVに乗り換えることになるだろう。



@y(アッティー)apoc_works  at 07:37コメント(0) この記事をクリップ! 

久しぶりの野良仕事

先月11日に玉葱を定植して以来一か月間、旅行続きでご無沙汰だった畑を見回りました。

BlogPaint218本植え付けた玉葱で傷んだ苗は数本だけの好成績。追肥と土寄せを励行。
手前のほうれん草もまずまずの生育状態。 雑草を駆除してあげました。







BlogPaint春菊はそろそろ収穫可能。
大根は横一線でグングン育っています。
残念ながら今年の小かぶは生育に大きなばらつきがあります。








BlogPaintサンチュとターツァイは悲惨な状態。
台風23,24号の風雨被害による後遺症です。









BlogPaint (5)ブロッコリー
9月16日に植え付けたブロッコリー
は 9月19日に施した防虫ネットがもうパンパンに張り裂けそうなので撤去したら頂花蕾が育ってきていました。植え付け75日後が収穫時期だそうなので来月には食卓を飾りそうです。この品種(緑嶺)は頂花蕾を収穫後も側花蕾が次々に芽を出してくるので春先まで収穫が続きます。


@y(アッティー)apoc_works  at 16:13コメント(0) この記事をクリップ! 

ランクルの再塗装(準備編) 149,818km

ルーフのあちこち、左右のフェンダー、左クォーターパネル等でクリアー塗装の剥離が目立ってきたので再塗装に出します。183(ダークブルイッシュグレーメタリック)塗色の左リアオーバフェンダーの6M1(ダークグリーンマイカ)への塗り替えや右クォーターパネルの突起箇所の修復もついでにやってもらいます。

BlogPaint BlogPaint (10)フェンダー
(11)クオータ上部 (12)クオータ下部 (13)クオーターベルト部

塗装屋さんに持ち込む前に取り外す部品と方法、再使用不可部品の調達をしておきます。
再使用不可パーツ上から;
クオータベルトモールディング:左(75670-60020)、右(75660-60020)
パッド:61794-60030-C0
ストライプ:75994-60080-13




(1)スカッフプレートの取り外し
(1)スカッフプレートの位置 BlogPaint
 ベッドとの相対位置を正確に復元しないとベッドと車体を固定するボルトが入らなくなる。

(2)ルーフキャリアの取り外し
(6)運転席側ルーフキャリア (5)助手席側ルーフキャリア
 戻す時の位置を覚えておきます。

(3)クォータトリムパネル取り外し
BlogPaint (4)助手席側オバフェンの固定ボルトとクリップ 
 運転席側はアクセス容易だが、助手席側は手も工具も入らず最悪位置。 

(1)再利用不可パーツ壊して抜いたグロメット(90189-06005 @70円)とクリップキャップ(90467-09077 @70円)。 
左から2016年12月から車内残置されていた助手席側グロメット。
真ん中は今回壊した運転席側グロメット。
右は破壊して取り外したクリップのキャップ(90467-09077)。



(4)泥除け、バンパー取り外し
(7)助手席側泥除け撤去 (8)助手席側リアバンパー撤去 (3)
 車両下からの作業では工具とマフラーが干渉します。引き出す時にリアゲート下を閉じておかないと干渉して傷つきます。  

(5)オーバーフェンダー取り外し前
(9)助手席側 (4) 
 これを取るとタイヤがはみ出すので公道を走ると「整備不良車輛」になります。turboストライプ(75994-60080-13)はサンダーで削り取られる。その下の分厚いモールディングは脱着困難なのでマスキング対応してもらう。
(1)助手席側 (2)運転席側
 フロント側オーバーフェンダは(リベット固定箇所が多くて作業が面倒なので)取り外さずマスキングで対応してもらう。コーナーとターンシグナルランプは現場で取り外す。

(6)オーバーフェンダー取り外し後
(5) (6) (7)欠損部の加工
 助手席側のステン製自作固定金具とスプリングワッシャ(90183-06016 @70円)は紛失しないように確保しておく。 テールランプASSYは現場で取り外す。

(3)助手席側パネルのへこみ (4)助手席側パネルのへこみ (5)運転席側パネル 
 左ドアとクオーターパネル付近が右と比較して凹んでいるように見える。これはもうしょうがない。

(6)運転席側のパネル出っ張り (7)ルーフの凹凸
  右クオーターパネルのデッパリやルーフの凹凸が塗装だけでどこまで目立たなく修復できるか?
  
(3) (8)新品グロメット
 運転席側も固定方式をリベット方式から新品グロメット(90189-06005 @70円)に交換してスクリュー(90159-60182 @160円)固定方式に変更する。



@y(アッティー)apoc_works  at 20:40コメント(0) この記事をクリップ! 

「おやじの会」で「小菅の湯」へ

16名の参加。4,990円の参加料。

(1) (5) (3)
トイレ休憩は「奥多摩湖畔」 約65分で到着。 一風呂浴びた後で「宴会」に。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
すっかり食べ終わったので併設の「道の駅・小菅」へ。

(6) (7)
ここは小規模ながら「ランウンドアバウト交差点」。帰路は『』に寄り道。


@y(アッティー)apoc_works  at 16:40コメント(0) この記事をクリップ! 

玉葱の植付け

明日から法事で畑仕事が出来ないのでヤキモキしていたが漸くJOYFUL本田に玉葱の束苗が入荷したので畑に植え付けることが出来ました。玉葱は連作障害が出にくいので植え付け畝は昨年と同じ場所です。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
苗は細くて一部歯が黄色になりかけていますが昨年も同様(値段は 10円/束 安くなっていた)でした。太い苗はネギ坊主が出来やすい?とか。本数は 10%増しの 218本ありましたが果たしてどのように成長するのかが楽しみです。


@y(アッティー)apoc_works  at 14:00コメント(0) この記事をクリップ! 

台風24号でBAJAが転倒   32,396km

風を孕まないように、とボディーカバーをたくし上げて置いたにも拘らず4:00AMに倒れているBAJAを発見。寸でのところで隣に駐車中のBMW i3とは接触を免れたが左側のバックミラーとウインカーレンズが床との衝撃で脱落してしまった。幸いにもミラーは折れたのではなくネジが緩んでの脱落だったので捩じ込んで修復を終えた。

左ウインカーの修理:
BlogPaint ウインカー 
  30°以上戻さないと正面           見出番号16
     を向きません          プラグ、ホール 8MM

ヘッドライトガードに溶接されているランプステーが衝撃で曲がっており修複するにはランプASSYを一旦取り外さねば工具が入らないことが判明。取り外すにはラバーと共締めしているプラグを抜くのだが内部構造が不明。
BlogPaint (2)クリップ剥がし (3)両ステイ
純正プラグ(91606-SE3-003 @151円)を購入して検分の結果ランクル用の内貼り剥がしで抜くことができ、再利用も可能と判断した。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
曲がったガード側のステイをウォータープライヤで銜えてクラックを生じさせないように丁寧に元の形状に戻す。ついでに若干曲がっていた右側ステイも真正面を向く様に修復。

ヘッドライトの光軸調整:
ヘッドライトガードを弄っていてヘッドライトケースにガタツキがあり水平光軸とケースを固定している前側のボルトが無くなっていることを発見。締付けトルク不足に走行振動が加わり脱落したようだ。パーツリストと現物との比較で食い違いがあった。品番を特定する為に 3 種類とも発注して正しい部品表と組立図になるように赤字加筆した。
BAJA部品発注 ヘッドライト ライト分解

BlogPaintV光軸は下向きに、H軸は左路側を照射するように調整して完了。早朝試走して LOは 5~10m先の道路上を、HIでは 100m先の道路標識を照射していることを確認。




(12)カラ―を紛失ヘッドライトケースを取り外す時にスクリューにカラーが付いていることを失念し 1個を落下紛失してしまった。
カラー、ヘッドライトセッティング(61304-379-690 @260円)




転倒の原因と再発防止:

(5)スタンドの定位置転倒の原因は車体が強風で左右に煽られる度にスタンドが浮き、勾配を徐々に後退してセメントブロックから外れて泥濘地面に埋没したため、と推察できた。再発防止は...
①後退しないようにリアタイヤに煉瓦等を噛ます。
②芝生地に移動し給油レバーをSTOP位置、バックミラーは取り外して車体を倒す。



@y(アッティー)apoc_works  at 17:12コメント(0) この記事をクリップ!