空を見上げて
トップページ » 地域資源の再活用
地域資源の再活用

80ペラのグリスアップ     147,666km

ランクル80 フロント&リア プロペラシャフトのグリス交換です。 過去自分で交換した覚えがないのでかなりの距離無交換のままでした。エンジンオイル交換と同程度の交換頻度が必要な箇所なので、幸い異音やショックなどの症状はありませんが『ヤバイ』状態だと思います。
37-01プロペラシャフト-価格6カ所に 2種類のニップル(グリースフィッティング)が使われています。
96451-00600   @100円 x4箇所
90415-06004   @220円  x2箇所



グリスガン・グリースガンは期限切れ間近のポイントがあった Web!keから購入することに。
 
詳しいページがありました
・二硫化モリブデングリスは飛び散りやすく水で流されやすいのでリチュームグリスを選択し、全箇所で 200ml位なので 3本購入。
・交換作業場所は貸しガレージの 4軸リフトか自宅(前後タイヤの片側に車止する)でジャッキアップ。シフトをN、ブレーキ解除でペラ位置を動かせるはず。
・フロント側はアンダーカバーで隠れています。
・注入グリス量は UJ側は古いグリスが排出仕切るまで。 「スライディングシャフトダストカバー」側はカバー円筒が移動し始めた時。

20180812: 
リアホーシングをジャッキアップ、シフトとトランスファーをN、ハンドブレーキOFFにしてプロペラシャフトを回転させ 3つのグリスフィッティングを地面に向ける。

リアデフ側 BlogPaint
   リアデフ側          トランスファー側
試しにグリスガンのチャック付きノズルを差し込み充填レバーを数回操作してみたらノズルチャックとフィッティングの隙間からウニョウニョ漏れ出てきた。鋼球部にブレーキクリーナを吹き付け数回押し込んでみても漏れは止まらない。
フロント側もをジャッキアップして同様にグリスフィッティングを地面に向ける。
BlogPaint フロントトランスファー側
     フロントデフ側       トランスファー側
「スライディングシャフトダストカバー」のグリスフィッティング充填口の鋼球ボールは陥没ぎみだったがここだけは漏れなかったので 10プッシュほど充填してみた。


グリスアップ作業は中断して漏れの原因究明をすることに:
・グリスフィッティングを抜いて状態を確認したい。
・お盆明けの 8/15に新品フィッティングを入手してそれに合うツール(M7ボックスレンチ?)を選ぶことにする。
・解決しない時は修理工場からグリスアップ作業の見積もりをお願いしよう。

その他、作業中に気が付いたこと:
BlogPaint BlogPaint
      M8x17                     Fデフオイル滲み
・アンダーガードを取り外したら断熱・防音シート上にサイズM8x17のボルトが 1本転がっていた。何時から?何処から?は不明。
・フロントデフのコンパニオンフランジ付近にオイル滲みを発見。オイルシールの劣化か?
・BAJAの前後ブレーキキャリパー部にもグリスアップしたがこちらでの漏れは最小限でした。
BAJAフロント BlogPaint
     フロントブレーキ側         リアブレーキ側



@y(アッティー)apoc_works  at 11:55コメント(0) この記事をクリップ! 

お初の刈払機の始動

雑草退治の為に早朝畑に行ったが農機具置き場に見慣れない刈払機がおいてあった。使い慣れた「HONDA製」とは全く異なるスイッチやレバー類に唖然! 燃料は満タン近く入っていたがスタートロープを引いてもうんともすんとも始動しない。
BlogPaint STIHL FS26RC-3
ここで諦めて帰宅するのも悔しいので iPhoneで「FS26RC」を検索したら取説がダウンロード出来、冷機スタート時の 暖気スタートノブ(=チューク)位置、燃料ポンプ、スターターロープの引き方、スロットルトリガー/ロックの使い方が分かった。

始動-1 始動-2 (3)
取り敢えず始動とスロットルで回転歯を制御できるようになったので周囲の雑草を退治できたがサムホイールの機能と使い方はしっくり来ないまま。



@y(アッティー)apoc_works  at 06:00コメント(0) この記事をクリップ! 

助手席ドアミラーの修理   147,529km

今年2月に電動ドアミラーの向き(上下左右)調整ができないことが発覚。最適位置での固定だったので気付かず、気付いて後も放置してきた。

今朝不具合箇所の特定(モーターなのかヒューズなのかSWなのか)の為に鏡を取り外してみた。
(1)ミラーの取り外し (2)ボルトと固定穴
鏡部は上部左右の切欠きをミラー本体のフックに引っ掛けて吊り下げ、底部のボルト1本で外れないようにしています。このボルトが入るプラ穴は割れやすく 20170609に修理 しました。

(4)吸盤 BlogPaint
鏡底部のタッピングスクリューを取って鏡をフックから外すためには吸盤が便利です。外してビックリ、配線されていないではないか! ケーブルが短く少々窮屈ではあるが茶・赤・黒の順番に差し込み、動作確認後は鏡がカタカタせず且つ締めつけ過ぎないようにタッピングスクリューを元に戻して完了。



@y(アッティー)apoc_works  at 09:41コメント(0) この記事をクリップ! 

多摩川親子釣り体験の打ち上げ

主催者の生涯学習センターとボランティアさんが集まりコナモーレでご苦労さん&反省会をしました。

ボランティアの皆さん 事務局スタッフ
     ボランティアの皆さん と 事務局スタッフ

鮎の塩焼き 鮎のから揚げ 西瓜
  ボランティアさんが温海川で釣った鮎の塩焼きと唐揚げとスタッフの菜園で採れたての西瓜

道具とノウハウが蓄積されかつ市民の評判も良いので来年もこのメンバーで開催されることになるだろう。


@y(アッティー)apoc_works  at 17:41コメント(0) この記事をクリップ! 

BAJAのハンドルSW整備   32,298Km

方向指示する際のウインカースイッチの切れが悪く複数操作してやっと点灯開始する始末なので分解・整備しました。サービスマニュアルには詳しい記述がないので ネットの投稿記事 が参考になりました。
左右スライド部、プッシュ摺動部のグリスが金属粉と埃で固化していたのでパーツクリーナとウェスで除去し新しいグリスを塗布しました。
          BlogPaint            BlogPaint
       フニャフニャとけじめのない動作が          カチカチと節度のある動作に


@y(アッティー)apoc_works  at 16:34コメント(0) この記事をクリップ! 

この時期の野良仕事

熱中症や渋滞が嫌なので早朝4:30AMに出て 6:00AM帰着を目標にバイクで見回り、草取り、施肥、土寄せ、収穫をしている。何故だか早朝は藪蚊の攻撃もない。欠点は露で濡れるのと動力農機使用時の騒音。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
落花生はマルチを剥がして  茄子には黄色い花が   万願寺には白い花が
  施肥後に土寄せ

BlogPaint 
葉生姜は間もなく収穫期

神垣さん-2 神垣さん-1
神垣農園は片道15分以下とアクセスしやすいので通い易い。あきる野が使えなくなったら此方も魅力だが農機具が利用し難いのが難点。


@y(アッティー)apoc_works  at 05:59コメント(0) この記事をクリップ! 

黄金コンビの料理

ここ数週間女手が留守なので畑で沢山採れた食材(じゃが芋と玉葱)と燻煙加工ロース肉(ハム、ベーコン)をメインにした料理を楽しむことにしました。

ポテトサラダ先ずは定番の
ポテトサラダ
下味をしっかりつけてマヨネーズを抑えるとおいしく出来上がる。ゆで卵とロースハム、酢を加えるところもポイント。




プラッキ次に プラツキ
ポーランドの料理らしい。通常はサワークリームや塩で食べるのをチヂミでお馴染みのポン酢を試したが今一でした。トンカツソースの方がピッタリくる。摩り下ろすのが大変な作業なのでフードプロセッサーで大量に作る時以外はもう作りたくない。



そしてジャーマンポテト

お次はフリッタータ




@y(アッティー)apoc_works  at 13:42コメント(0) この記事をクリップ! 

ワークベンチの補修

WBもう何年前に時購入したかも不明の「万能作業台(CH-777)」。あまり活躍の場面に恵まれることもなく 2Fベランダ脇で BBQ機材の収納台になっていましたが、この度BBQ機材の保管場所の移動に伴い点検・整備しました。
amazonで同等品が 3,338円で売っています。


BlogPaint天板の角度を変えるためのロック解除ボルト軸受け部のEリングの 2個が錆びて脱落。残り 2個も錆びてボロボロ状態なので新品に交換しました。 6mmサイズは @8円。




天板の交換天板(600x120x20)はMDF素材が湿気を吸って凸凹状態に。 印刷されていたスケールも剥がれが目立っています。
近所のHC(JOYFUL本田・瑞穂店)の端材コーナに積んであったパイン材(570x140x20  @100円)に交換しました。 


@y(アッティー)apoc_works  at 18:50コメント(0) この記事をクリップ! 

紫陽花の話題

うちの庭先の紫陽花はご近所のこんもりして紫陽花っぽい色合いの花と比べていかにも貧相なので素性を調べてみました。
 
BlogPaint (2)
「墨田の花火」 と言うお洒落な名前の品種でした。なるほど開花は一斉ではなく長い咲き軸の先にポツンポツンと咲く様が花火の打ちあがりに見えます。土壌によってピンク(アルカリ性)、白(中性)、青(酸性)と変化するのも面白いです。

@y(アッティー)apoc_works  at 15:00コメント(0) この記事をクリップ! 

玉葱の収穫と後作準備

BlogPaint  BlogPaint BlogPaint
昨年の
10月13日に 225本植え付けた中早生種ですがネギ坊主発生の 1本を除き殆ど倒伏してきたので収穫しました。大きな玉の A級品がたくさん取れたのは 9月30日の土作りが良かったのでしょう。

BlogPaint BlogPaint (1)大中小
保存性を良くするために根は鋏でカット(食用にもなるようですが今回は廃棄)して一昼夜乾燥。その後茎を 15cm位に切り詰めて風通しの良い場所で保管します。
左からL、M、Sサイズです。

(2)畝作りマルチを剥がして鶏糞ペレット、8-8-8化成肥料、苦土石灰を施肥してトラクターで耕運しました。数週間後マルチを掛けて落花生を播種する予定です。




(3)荷室 (4)保存 (5)保存
ランクルの荷室一杯になりました。Lサイズの保管は北側物干しベランダの小屋根下に並べました。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
それでも足りないので「下屋」の軒に野菜ネット10Kg(45円)で吊るしてみました。 野菜トレイが置けるように端材を整理したりメッシュネットを取り付けて来るべきじゃが芋の収穫&保管が準備万端整いました。


@y(アッティー)apoc_works  at 15:32コメント(0) この記事をクリップ!