空を見上げて
トップページ » 地域資源の再活用
地域資源の再活用

最近の畑作業と庭の様子

(1) 銀杏の芽生え (2) 万願寺の再播種
モリタウンの銀杏並木。万願寺唐辛子の3月24日播種の発芽率が 0%なので再播種して室内育苗に。

(5) アスパラと生姜
 (4) 全体 (3) 全体
生姜の植付けとアスパラの株揃え。そら豆はそこそこだが種芋2分割じゃが芋は全滅?

(6) 金木犀の芽生え (6-2) 金木犀の芽生え (6-3) 金木犀の芽生え
金木犀の枝先芽生えはまだら模様。根本や幹からのは今後の期待。

(7) お庭 (8) お庭 (9) ホップの芽生え
ホップは中央から左側に沢山の芽生え。右は未確認。


@y(アッティー)apoc_works  at 11:47コメント(0) この記事をクリップ! 

80のドアガラスが落下   155,643km

帰宅して運転席側リア窓を閉じようとしたがモーター音のみで反応がないばかりかガラスの上端も見えない。「これは落ちたな」と思い無暗にUP/DOWN操作をせずに内張を剥がして状況把握することにした。2012/11/06の時と同じ様にドアガラスチャンネルのレールがパワーウィンドウレギュレーターのローラー部から外れて落下していたが幸いにもガラスフィルム損傷は最小限だった。

(0) 内張と防水フィルムの撤去はがし (1) 補修前 (5) 補修後
ドアトリム、防水フィルム、スピーカーを取り外してドアガラスチャンネルのレールにパワーウィンドウレギュレーターのローラー部を戻す。このままでは
チャンネルがガラス下端から 1cm以上も左にズレていて直ぐに落下するのでスピーカのサービスホールからチャンネルの左端をハンマーでコンコンやって 1cm程右方向に戻した。動作確認の動画

過去の修理時との比較:

(4) 80リアドアガラス (3) 2012_11_07 の修理 (2) 2021_03_16 の修理
     修理書 10-20     2012_11_07 の補修   2021_03_16の補修
9年間で 1cmのズレだから 年間1mmづつズレるのか?  チャンネルにローラーから左向きの力が加わtってズレるだろう UP時の上死点前と DOWN時の下死点前で「寸止め」操作することが望ましい。またズレても落ちないようにしたい。

助手席側の点検

(6) タイヤスロープ (7) 左側リアドア (8) レールとローラの余裕度
ドアが閉まらないように運転性側のリアタイヤを持ち上げてからの作業。左右の違いを強いて挙げれば左側のローラーとレールにはグリス分があったことくらい。チャンネルレール終端とPWローラ間には余裕があったが少しコンコンしておいた。


@y(アッティー)apoc_works  at 21:14コメント(0) この記事をクリップ! 

安納芋苗の準備は失敗

2021/02/21
あわよくば昨年収穫した安納芋から芽出しをして今年の苗約30本を確保しようと目論んでいる。

ポイントは以下の2つの温度管理にありそうだ。
*********ネットでは*****************
殺菌処理
 種芋を48℃のお湯に40分間浸ける
芽出し処理
 温度25℃、湿度80%以上を保つ。
 殺菌処理をした種芋の水分を拭き取って表面を軽く乾かしてから新聞紙に包み、
 発泡スチロールに入れて蓋をするか、暗くて暖かい場所で保管。
 時々霧吹きで水をまいて湿度を維持すると 2〜3週間で発芽が始まる。
*******************************

吉と出るか凶と出るか、種芋として小さなくず芋を選んだが発芽パワーが心配だ。
(1)殺菌処理 (2)保温箱 (3)保温箱
 45~48℃ x40分     段ボール箱の底にシートヒータの25℃保温箱

2021/03/14 
発芽せず 虹
全く発芽の気配がないので断念(室内が生臭いし)。従って5月末の植付けはネット購入か H.Cでの一般的な(ベニアカリ?)品種の調達になる。


@y(アッティー)apoc_works  at 15:18コメント(0) この記事をクリップ! 

i3タイヤの新品交換    30,243km

3回目の車検を迎えるまでの7年間無交換だった。溝は保安基準より多く残っているが耐用年数面からの予防交換。ブリジストン ECOPIA EP500 ologicのフロントは155/70R19 84Qでリアは175/60R19 86Q。

2021/02/08 タイヤ購入
i3夏タイヤ (1-1)新品タイヤ 
TireWheel楽天市場が最安の 76,000円/4本(税・送込み)。MOH(ランクルタイヤ購入先)では 79,278円と割高。

タイヤ組替え業者:
(2) JOYFUL本田工賃表 夏タイヤの組替え
 JOYFUL本田の工賃表      東京モータースの見積り
2015年の 3月と 10月に i3タイヤ組替の依頼実績のある東京モータースが最安の 12,892円。(2019年9月にランクルのタイヤ交換を依頼した JOYFUL本田の工賃表からは 16,720円)

組替え:  2021/03/05
(3) タイヤの積込み (3-2) タイヤの積込み (3-3) タイヤの積込み
前日に 8本のタイヤの積み込みの確認。ランクルには 2段にして平積みできたので余裕で積載搬送できる。

(10) バルブのキャップ (4) 近所のショップに持ち込み (5) 請求金額
旧タイヤからバルブキャップを取り外した後に近所のショップに持ち込み翌朝に引取り。

入れ替え:   2021/03/06
(6) 新品タイヤ (8) タイヤ交換 (9) RPAリセット
引き続いてスタッドレスから夏タイヤへの交換。RPAリセットしてスタッドレスは洗浄&乾燥後に約100kPaまで減圧して保管。
新品タイヤで乗り心地は格段に良くなった。路面のガタガタゴツゴツ衝撃と音がなくなり滑らかで静かになった。


@y(アッティー)apoc_works  at 22:09コメント(0) この記事をクリップ! 

80の継続車検      155,566km

今回の継続車検ではハラハラさせられる場面があった。

2021/02/28   155,541km 
(2-2) 検査場の予約 (3) 下回りの洗車 HIビーム表示灯
朝一で下回りを洗車とリクライニングレバーのロック後に灯火の点灯を確認中に「ハイビーム表示灯」が不点灯なのを発見。昨年制作した自作回路のヒューズ交換の応急修復で凌いだが適正A(アンペア)を把握しておく必要あり。

2021/03/01        155,566km
(4) 予備検査場 (5) 予備検査で右ライト散乱補正 (6) 検査コース
予備検査場ではLEDバルブの光軸分散の為か 右ライトにゼリーが塗られた。④コースの 3台目に並んで印紙を購入後して受付窓口に申請書を提出。

(7) 検査結果 (8) 検査費用 (9) 登録証票の貼り替え
黒煙検査では2回続けての測定で>50%の NG。目視でも凄い煤煙を吐き出しており3回目で辛うじて37%で合格。渋滞気味の圏央道では5分間以上の100km/h走行が保てずDPFの煤が焼き切れなかったのかも。
rear view改善どうでもいいけど新品交換後ずっと気になっていた背面スペアタイヤの上下を直した。


@y(アッティー)apoc_works  at 11:28コメント(0) この記事をクリップ! 

そら豆とじゃがいもの管理

2021/02/24   寒冷紗を取り外したら開花が始まっていた。
(1) そら豆 (2) 開花
これからはアブラムシ被害を避けながら早期収穫が必要になる。

(3) そら豆の管理 (4) 玉葱の土寄せ (5) ほうれん草と春菊
玉葱は成長差はあるが順調。「つなぎ」でほうれん草と春菊を播種してみた。

2021/03/09  防虫テープ
防虫テープ (1) 防虫テープ (2) 防虫テープ
そら豆は株揃え、追い肥、土寄せ後に
効果の程は不明だが防虫テープを巻きつけてみた。

(3) じゃがいもの植付けじゃが芋は丸ごと 20個、半分にカット 30個を植付けた。





@y(アッティー)apoc_works  at 12:45コメント(0) この記事をクリップ! 

春夏野菜の畑準備

大根、かぶ、ほうれん草、ターツァイの収穫跡地の土作りを行った。

(1) 馬糞堆肥 (2) 耕運後 (3) 耕運後
何時もの完熟牛糞堆肥、苦土石灰、8-8-8化成肥料に加えておがくず馬糞を混ぜてトラクターで鋤き込んだが未完熟なのでちょっと心配。 10m畝に 40cm間隔の2条植えするには 50個のキタアカリ種芋(3~5Kg)が必要となる。

(5) 周囲の風景 (4) 周囲の風景 (6) 周囲の風景
例年いい香りで慰めてくれる畑脇の紅梅が根元から伐採されていた。



@y(アッティー)apoc_works  at 17:34コメント(0) この記事をクリップ! 

80タイヤのローテーション 155,420km

4WDタイヤローテーション-2 (1) (2)
新品交換後 2,932kmしか走っていないが車検毎のタイヤローテーションを行った。動物公園駐車場で 所要時間は 13:17~14:14までの約1時間。

(5) 前右8.4mm (6) 前左7.9mm
    右前 8.4mm                 左前 7.9mm
ブレーキパッド残量を測りたかったが後輪はキャリパーに覆われていて目視できなかった。最後の交換は 2017/02/02 140,379km だったので問題はなかろう。



@y(アッティー)apoc_works  at 21:01コメント(0) この記事をクリップ! 

BTイヤホンと端末の接続

Spectre-X360や iPhone-SEでの Zoom会議や YouTube視聴の為に Bluetoothイヤホンをクーポン利用で 2,000円以下で購入したら翌日に届いた。
BTイヤホン (2-1) BTイヤホン取説 (2-2) BTイヤホン取説
相当に怪しい日本語の薄っぺらい取扱説明書が添付されていた

Spectre-X360:
(3-1) BTとその他のデバイス設定 (3-2) サウンド再生デバイスの選択 Spectre-x360と W8
早速取説に従ってペアリングすると 2つデバイスが出来ていた.。
ヘッドセット(W8 Hands-Free AG Audio) ヘッドホン(W8 Stereo)。
ヘッドホン(W8 Stereo)は出来ない時があったり、AVが乱れマウス飛び飛びになったりと不安定なのは BT Mouse Z5000と干渉しているのかも知れない。

Zoomクライアントにサインイン
(3-3) Zoomオーディオの接続とテストZoomのオーディオ設定ページでスピーカーとマイクを切り換えてのテストではマイクがなかなか繋がらなかった。おそらくデバイス(2)での接続で機能する。






iPhoneSE:
(5) ペアリングエラー (5-1) ペアリング
取扱説明書の通りにペアリング登録できなかったがリセット方法の②を試すとやっとのことでペアリングできた。その後はW8のパワーオン数秒後にコネクテッドされステレオで視聴できるが接続出来ても音が出ない時は出力先を切替える必要がある。
(5-2)コントロールセンター (5-3)オーディオカード (5-4)出力先一覧
  コントロールセンター    オーディオコントロール画面   オーディオ出力先一覧

・画面を上に向かってフリックして、コントロールセンターを表示させる。
・コントロールセンター右上のオーディオカードを長押しして、
 オーディオコントロール画面を表示する。
・アンテナマークをタップしてオーディオ出力先一覧を表示して希望する
 オーディオ出力先デバイスにチェックを入れる。

(6) 山岳部のZoom新年会早速 YHP山岳部OB新年会に参加。BTヘッドセットを使うことで 2時間の Zoom時間中は会話しながらキッチン、ダイニング、トイレ、洗面所等を自由に移動して家事もできたし便利な世の中になったものだ。


@y(アッティー)apoc_works  at 18:03コメント(0) この記事をクリップ! 

80の定期点検整備   155,341km

2021/01/18    155,223km
継続車検の準備は恒例のネッツトヨタ多摩での「車検前点検付きオイル交換」サービス。
ネッツトヨタ請求書 (1) (2)
オイルやグリース漏れ、各部のガタ、ヒビや亀裂の有無を調べてもらったが「緊急を要する整備個所無し」。強いてあげれば「運転席側のバッテリーが弱り気味」の指摘だった。件のOPTIMAバッテリーは 2003/02/22に16,695円で購入した年季入りもので⊕端子の根本は白い硫酸塩に囲まれている。

2021/01/31        155,341km
(3)交換前の電圧 (4)#5に交換 (5)交換後の電圧
ナビの電圧計でも 11.1v程度でスタータ反応もつっかかり気味なので予備バッテリー#5と入れ替えた。11.7vに上昇しスタータは元気に瞬時で始動するようになった。

その後
 OPTIMAバッテリー専用放電器によるトリクル補充電でのバッテリーリハビリ結果
(7) O`PTIMA放電特性 Optima ランクル12ヶ月定期点検簿
   2021/01/31           2021/02/27
青(#4助手席側)と緑(#5運転席側に入れた予備品)は車載中のバッテリー。
茶(#1取り出して 4時間充電後)は 約1ヶ月間の補充電で回復したように見える。

以上で 12ヶ月点検整備を完了し、整備簿に記録した。


@y(アッティー)apoc_works  at 10:34コメント(0) この記事をクリップ!