空を見上げて
トップページ » 安くて美味しいスローフード実践
安くて美味しいスローフード実践

今年のホップ

例年より一ケ月近く生育が遅れており

BlogPaint (2) (3)
5月13日になってようやく誘引ロープが張れるようになった。

BlogPaint (5) BlogPaint
6月近くでようやく絡んで攀じ登り始めた。



@y(アッティー)apoc_works  at 12:00コメント(0) この記事をクリップ! 

今年も安納芋を植えた

HCを物色しても安納芋苗は購入できなかったので今年も amazonを利用して鹿児島県産の安納芋の苗を注文した。

(1)JOY本の紅はるか (2)CAINZの苗 (3)amazonの安納芋苗
JOYFUL本田の売り場    CAINZホームの売り場   アマゾンの売り場

(4)amazonの安納芋苗-2価格は昨年同様の 680円/10本だが送料は若干だが安くなったが、10本 x3セットの注文に対し入り数は 31本はあんまりじゃないの?!
5/25 月曜日に注文
5/26 火曜日に発送
5/28 木曜日午前に配達、午後に植付け

(6)畝の準備 (5)安納芋-1 (7-2)雨天の中での植付け
早朝そら豆の跡地10mの畝を耕運し、午後からマルチ後 30cm間隔で斜め植えを始めたらポツリポツリ。植え付け後にはザァーザァー降りになったが念のためにジョロでたっぷり灌水しておいた。  約4ヶ月後(9月下旬か?)の収穫までの主な管理は「つる返し」のみ。 
動画はこちら


@y(アッティー)apoc_works  at 16:18コメント(0) この記事をクリップ! 

玉葱とニンニクの収穫

未だ茎や葉が倒伏状態には至っていないが「今日一杯は晴天が持つ」の予報だったので早朝に抜いて天日干しした。 
(3)玉葱とニンニクの収穫 BlogPaint BlogPaint
今年の作付けは例年の半分の 100株だったが苗が不揃い且つ天候不順で 66%の歩留まり。ニンニクは 16/18位か。 

ニンニクと玉葱の収穫 (5)勝手口横の野菜ストッカーへ (6)ベランダ天井の野菜ストッカーへ
午後から葉と根を挟みでカット後取り込んで保存した。 


@y(アッティー)apoc_works  at 09:18コメント(0) この記事をクリップ! 

今朝の畑の野菜

(1)そら豆 (2)アスパラ (4)にんにく
空を向いたそら豆。アスパラの収穫は葉が茂ってから。ニンニク株はシッカリしてきた

(5)たまねぎ (6)さやえんどう BlogPaint
歩留まりが悪い玉葱。   エンドウ豆は成長不足。 発芽率100%近いじゃが芋

@y(アッティー)apoc_works  at 08:32コメント(0) この記事をクリップ! 

今年も味噌は自家製で

2020/04/07:
地元調達で味噌材料コストが大幅に下がるわけではないのでこれまでに品質の安定と出来上がりに実績のある通販から調達と決めた。が、 4月になってもクーポンが届かないので割安の 10kgセット(税送込 5,700円)を注文した。


2020/04/18:
10kgキットがクロネコヤマトクール便で届いたので準備開始。
(0-1)電動ミンサー BlogPaint (0-4)ポリ袋
電動ミンサーはの点検整備。各パーツの錆や腐食を落とし、軸受けやカッターに菜種油を注油して動作の確認も。
12型(12リットル)味噌樽の洗浄と滅菌。特厚の 46x60以上ポリ袋の滅菌。

2020/04/19:
8:30AM

(1)材料 BlogPaint (3)水付け開始
(4)約10時間後 (5)煮込み開始 (5)煮込み中
大豆3.0kgは予め煮沸してカルキ抜きした羽村の水で水洗い後寸胴で約10時間同7リッターの水でふやかす。
水切り後2つの鍋に分け約7Lの水で加熱開始。灰汁の色が真っ白なのが良質の仕上がりを予感させる。

煮こぼれた灰汁は乾くと始末に負えないので灰汁取り、水の追加、火量調節を怠らないこと。

(6)米麹を解す (7)米麹に天塩を加える BlogPaint
煮てる間の時間を利用して「塩きり麹」。「蕎麦用の捏鉢」で生米麹 3kgの塊りが粒になるまで解した後に赤穂の塩1.2kgと充分に混合しておく。

12:30
(11)材料加工完了洗浄と滅菌処理(沸騰水と70%エチルアルコール)した洗濯盥に広げて荒熱処理中に家族での昼食。
後工程での固さ調整用として茹で汁を 100ml程確保していくことを忘れないように。
茹でた鍋は直ぐに汚れを落とさないと乾くと頑固化して往生する。茹でた大豆は荒熱を取る


13:00
(10)材料加工完了 (13)製造ライン (14)途中休憩
盥の中で 2大豆と塩切り麹を混合する。抗菌・耐カビ効果があると言われる「クエン酸」だが今回は混入を見合わせた。ミンサー作業は2人いると能率が上がる。空気を抜きながらの樽詰め。

14:30
BlogPaint (17)梱包 (18)保管
最後は周辺部をピッチリと空気を遮断して塩を振り周辺部を高くする。
空気を抜きながらポリ袋を閉じガムテークで封印して御終い。
後片付けは主にミンサーの水洗い、天日乾燥、布バフ、注油、梱包保管。手前の樽は
2018/03/24日に漬け込んだビンテージ味噌(!?)



@y(アッティー)apoc_works  at 16:59コメント(0) この記事をクリップ! 

じゃが芋、そら豆、玉葱、にんにく

(1)じゃが芋 (2)そら豆 (3)にんにく、たまねぎ
じゃが芋が新芽を伸ばしてきた。そら豆の可憐な花が満開。ニンニクと玉葱の葉は分厚くなって盛んに地下茎に養分を供給している。

@y(アッティー)apoc_works  at 15:16コメント(0) この記事をクリップ! 

じゃが芋、夏野菜の作付け準備

 暫くの間は新型コロナウイルス感染の心配のない「野良仕事」で健康管理に努めたい。

今時の野菜達だ。
(1)そら豆 (2)にんにく (5)ほうれん草
     そら豆、      ニンニク、       ほうれん草、

BlogPaint BlogPaint
      玉葱、      ニラ  は順調に生育中なのでこれらは残して...

(6)ブロッコリー (7)施肥 (8)
収穫期を終えたブロッコリー、春菊、大根、小かぶ等は株とマルチを撤去して春・夏野菜の土造りをした。

(10)種芋キタアカリの種芋(3kg/866円)はSサイズが 40個入り。10m畝に 40㎝間隔の2条植えには 50個必要なので 100g以上のサイズは 2分割にカット後風通しの場所で保存して紫色の丈夫な芽が出揃ったら定植する。




2020/03/12
JOYFUL本田瑞穂店でキヌサヤとブロッコリー苗を調達して定植。
キヌサヤ苗 ブロッコリ苗 そら豆苗
キヌサヤ苗定植 ブロッコリ定植

2020/03/16 じゃが芋の植付け
(1)じゃが芋の植付け (2)キヌサヤとブロッコリー苗 (3)植付け後
50株植え付けた。 種芋の間には 8-8-8化成肥料と完熟牛糞堆肥を一掴みづつ施肥後土をかぶせて灌水。


@y(アッティー)apoc_works  at 09:52コメント(0) この記事をクリップ! 

味噌づくりスタート

2020/01/16:
2018年春に漬けた樽が底をつく前に、と今春の漬け込み準備を開始した。毎年材料が高騰するので近所の調達先を物色してみた。

鈴木こうじ店
味噌キット手作り 米 味噌セット10キロ出来上がり5,700円(税送込)
米こうじ      1升(1.50キロ)x2
北海道産大豆    1升(1.25キロ)x2
あらじお      600グラムx2

ポイントやクーポン活用で約5,000円前後。


・生米麹 満寿喜屋
満寿喜屋コメント3kgだと 3,300円。







・大豆 3kg
BlogPaint 業務スーパーの大豆
ファンタス 1,944円   業務スーパー 1,614円

・塩  2kg
ファンタスの塩 業務スーパーの塩
ファンタス 613円    業務スーパー    270円

地元調達でコストが大幅に下がるわけではないのでこれまでに品質の安定と出来上がりに実績のある通販のクーポンを待ってから調達しようと思う。



@y(アッティー)apoc_works  at 18:29コメント(0) この記事をクリップ! 

年越し蕎麦は手打ちで

恒例の手打ち年越し蕎麦。粉の計量は二八で 750g。この量がのし台や保管容器の大きさから一回で打てる限界。 自家製の本返し、鰹だし、ネギに修善寺みやげの生わさびを摺り下ろして美味しくいただきました。
(1) (2) (3)
(4) (5)

皆さん、良いお年を!


@y(アッティー)apoc_works  at 10:46コメント(0) この記事をクリップ! 

畑の野菜

(1)全体 (2)そら豆 
そら豆は冷害を受けにくいこの位の大きさのままで越冬してほしい。

(3)ほうれん草 (4)ほうれん草
2週間の間隔で播種したほうれん草。春菊は収穫を開始した。

(5)ブロッコリー (6)ブロッコリー
防虫ネットを撤去したブロッコリーだか、頂花蕾(ちょうからい)の成長は遅れ気味。


@y(アッティー)apoc_works  at 11:27コメント(0) この記事をクリップ!