空を見上げて
トップページ » 楽しいガレージワーク
楽しいガレージワーク

ランクルの再塗装(準備編) 149,818km

ルーフのあちこち、左右のフェンダー、左クォーターパネル等でクリアー塗装の剥離が目立ってきたので再塗装に出します。183(ダークブルイッシュグレーメタリック)塗色の左リアオーバフェンダーの6M1(ダークグリーンマイカ)への塗り替えや右クォーターパネルの突起箇所の修復もついでにやってもらいます。

BlogPaint BlogPaint (10)フェンダー
(11)クオータ上部 (12)クオータ下部 (13)クオーターベルト部

塗装屋さんに持ち込む前に取り外す部品と方法、再使用不可部品の調達をしておきます。
再使用不可パーツ上から;
クオータベルトモールディング:左(75670-60020)、右(75660-60020)
パッド:61794-60030-C0
ストライプ:75994-60080-13




(1)スカッフプレートの取り外し
(1)スカッフプレートの位置 BlogPaint
 ベッドとの相対位置を正確に復元しないとベッドと車体を固定するボルトが入らなくなる。

(2)ルーフキャリアの取り外し
(6)運転席側ルーフキャリア (5)助手席側ルーフキャリア
 戻す時の位置を覚えておきます。

(3)クォータトリムパネル取り外し
BlogPaint (4)助手席側オバフェンの固定ボルトとクリップ 
 運転席側はアクセス容易だが、助手席側は手も工具も入らず最悪位置。 

(1)再利用不可パーツ壊して抜いたグロメット(90189-06005 @70円)とクリップキャップ(90467-09077 @70円)。 
左から2016年12月から車内残置されていた助手席側グロメット。
真ん中は今回壊した運転席側グロメット。
右は破壊して取り外したクリップのキャップ(90467-09077)。



(4)泥除け、バンパー取り外し
(7)助手席側泥除け撤去 (8)助手席側リアバンパー撤去 (3)
 車両下からの作業では工具とマフラーが干渉します。引き出す時にリアゲート下を閉じておかないと干渉して傷つきます。  

(5)オーバーフェンダー取り外し前
(9)助手席側 (4) 
 これを取るとタイヤがはみ出すので公道を走ると「整備不良車輛」になります。turboストライプ(75994-60080-13)はサンダーで削り取られる。その下の分厚いモールディングは脱着困難なのでマスキング対応してもらう。
(1)助手席側 (2)運転席側
 フロント側オーバーフェンダは(リベット固定箇所が多くて作業が面倒なので)取り外さずマスキングで対応してもらう。コーナーとターンシグナルランプは現場で取り外す。

(6)オーバーフェンダー取り外し後
(5) (6) (7)欠損部の加工
 助手席側のステン製自作固定金具とスプリングワッシャ(90183-06016 @70円)は紛失しないように確保しておく。 テールランプASSYは現場で取り外す。

(3)助手席側パネルのへこみ (4)助手席側パネルのへこみ (5)運転席側パネル 
 左ドアとクオーターパネル付近が右と比較して凹んでいるように見える。これはもうしょうがない。

(6)運転席側のパネル出っ張り (7)ルーフの凹凸
  右クオーターパネルのデッパリやルーフの凹凸が塗装だけでどこまで目立たなく修復できるか?
  
(3) (8)新品グロメット
 運転席側も固定方式をリベット方式から新品グロメット(90189-06005 @70円)に交換してスクリュー(90159-60182 @160円)固定方式に変更する。



@y(アッティー)apoc_works  at 20:40コメント(0) この記事をクリップ! 

大学学生寮の同期会に参加

学生時代に自治寮ですごした仲間との隔年実施の同窓会にランクルで参加しました。これまで小生幹事の 2009年5月の東京都に始まり 2010年11月20日は石川県、2012年9月8日は鳥取県2014年6月29日は北海道2016年11月4日は佐賀県、そして今年の11月1日は富山県・宇奈月温泉が会場となり次回は静岡県での開催が決まったようでした。

10月29日(月):
(1) 2018-10-29 8 28 36 (3) (3)
   ばんや朝食@1,000円          立ち寄り箇所             輪島朝市P
(4) (5) 15 50 28 (6)
         足湯                 今日の反省            明日の予定
 1:47AMに自宅発。道の駅氷見には8:22到着した時はかなりの雨。「ばんや朝食@1,000円」と回転寿司で腹ごしらえして「のと千里浜」へ向かうが天候が悪いので砂浜走行を諦めて輪島を目指す。車中泊地の「海の駅・六銘館」はオフシーズンなのかトイレ利用する以外に魅力は無く銭湯へ行く代わりに無料の足湯で寛いだ。

10月30日(火):
(1) (2) (3)
   朝市で唯一の定食屋でのどグロ朝食を                セルフの炭火焼き
(4)かます (5)すずの塩田での虹 (6)狼煙
   カマスの干物           すす塩田での虹
(7)狼煙での灯台 (8)総湯 (9)
  
(10)マリンパーク
 7:30に朝市に出かけのどグロ定食@800と炭焼くコーナーで炙ったカマスの干物@500が朝食になった。市内で満タン給油後能登半島を先端まで右回りに走ったが昼食地には恵まれなかった。途中から「里山海道」を利用して能登島経由で七尾市へ。和倉温泉の総湯でさっぱりした後2度目の満タン給油して道の駅能登食祭市場へ。シーフードカレー屋が閉店間近で仕方なくタイムセールお寿司をゲット。デッキのテーブルで能登湾を眺めながらビールで流し込んで夕食とした。

10月31日(水):
(1)これまで (2)10-31の予定 (3)氷見の足湯
      ここまで              今日の予定            氷見の足湯
(4)高岡の鋳物資料館 (5)廣貫堂資料館 (6)富山城
  高岡市鋳物資料館          広貫堂資料館               富山城
(7)北回り船 (8)親不知名物セット (9)まるたん坊から
   北前船廻船問屋            親不知名物セット        まるたん坊からP方面
(10)これまで
   これまでのトレース
 6:50に出発して氷見着7:24。足湯でリラックス後、前夜に計画してナビに登録した順路に従い高岡市鋳物資料館広貫堂資料館富山城北前船廻船問屋を見物して親不知ピアパーク到着は14:30。お昼は富山城近くでの「鱒の寿司」調達にしくじりここのげんぎょ丼とたら汁のセット親不知名物セット@1,000円になったがこれが最悪。酸化した油で揚げた深海魚(ノロゲンゲ)や野菜の天婦羅とゴワゴワのダマ状御の飯に甘ったるいタレが滲みこんでおり胸焼けはするし歯を磨いても口の中がいつまでもさっぱりしない。 
風雨が強かったが北陸自動車道のガード下駐車スペースでは傘をささずにトイレ往復できた。寒いのでお風呂にでも、と「まるたん坊」に行ってみたが侘しく不潔そうなのでギブアップ。 

11月 1日(木):
(1)今日のドライブプラン (2)駐車場所 時計の誤表示
 前夜悩んだ末に朝日町から南下する下路で出発、と思いきや80のデジタル時計の表示が変。直そうといじっているとアラームが鳴り始めどのボタンを押してもキーSWのON・OFFでも鳴り止まない最悪に。ボタンの組み合わせで押しまくっている内に止ったがとても不安が残る。
5:05に出て 6:51にホテル着。ホテル前Pはほぼ満車状態だったがホテルの許可を得て 2台分駐車させてもらいキーを預けた。
(4)ホテル外観 BlogPaint (6)祖母谷温泉
  トロッコからのホテル黒部       トンネル内の照明          祖母谷温泉         
BlogPaint (8)地獄谷 (9)地獄谷
     露天風呂                地獄谷                源泉
8:17 - 9:33欅平行き。途中から雨も上がり紅葉の渓谷と漂うガスと青空が見事。祖母温泉には30分で到着したので 13:31発の宇奈月行きまでの 2時間を露天風呂でのビール、地獄谷でのおにぎり昼食等でゆっくりできた。
BlogPaint (11)宴会 (12)宴会
   宴会会場                  料理               宴会スタート

(13)宴会 (14)宴会 (15)宴会
        2次会             記念撮影
ホテル黒部に 15:00チェックインし入浴後の 18:30から宴会。料理の内容はあまり記憶に残っていない。

11月 2日(金):
(1)朝食 (10)
 7:00の朝食前に荷造りとナビ入力を済ませていたので 7:30に快晴の中を出発できた。8:05に有磯海SAで白山林道管理事務所に通行規制の確認電話。白山ICで下りたがなかなかGSが見付からない。一ヶ所で満タンにした後山ほどGSは現れた。場違いなお姉さんの「すしべん」屋で昼飯調達ごホワイトロードに入った。
(2)ホワイトロード (3)ホワイトロード (4)駐車場
ホワイトロードの加賀側            飛騨側                鍋平駐車場

BlogPaint (6)夕食 (7)トイレは閉鎖
第2ロープウェー乗り場              夕食                 トイレは閉鎖

(8) (9) (10)
     右は西穂               笠岳の冠雪             走行プラン
紅葉は加賀側が綺麗で飛騨側に入ると大したことなかった。道の駅白川郷はP一杯でスキップ。高山もバイパス道を通過し、平湯経由で鍋平高原Pに 14:05に到着。Pから高原駅まで1.0km弱の急坂を歩いて夕食の「飛騨牛入りコロッケとおやき」を調達して目一杯暖かくして早目に就寝。トイレは閉鎖されていたのでそこいらで処理するしかなかったが処理中に仰いだ満天の星空には圧倒された。

11月 3日(土):
 R158と中央道の渋滞や夜間割引きを考慮して 22:30に出発。R158は過去利用したよりも走りにくく感じたが23:41に立ち寄った道の駅風穴の里は雰囲気が良さそうだった。0:34に諏訪湖SAで再度 6:00辺りまで仮眠した。ここから自宅まで約2時間だったが中央道の下りのあちこちで長い渋滞を見かけた。

全走行距離: 1,478km(127.8L)、総交通費: 46,591円、飲食泊費用: 30,673円



@y(アッティー)apoc_works  at 17:33コメント(0) この記事をクリップ! 

台風24号でBAJAが転倒   32,396km

風を孕まないように、とボディーカバーをたくし上げて置いたにも拘らず4:00AMに倒れているBAJAを発見。寸でのところで隣に駐車中のBMW i3とは接触を免れたが左側のバックミラーとウインカーレンズが床との衝撃で脱落してしまった。幸いにもミラーは折れたのではなくネジが緩んでの脱落だったので捩じ込んで修復を終えた。

左ウインカーの修理:
BlogPaint ウインカー 
  30°以上戻さないと正面           見出番号16
     を向きません          プラグ、ホール 8MM

ヘッドライトガードに溶接されているランプステーが衝撃で曲がっており修複するにはランプASSYを一旦取り外さねば工具が入らないことが判明。取り外すにはラバーと共締めしているプラグを抜くのだが内部構造が不明。
BlogPaint (2)クリップ剥がし (3)両ステイ
純正プラグ(91606-SE3-003 @151円)を購入して検分の結果ランクル用の内貼り剥がしで抜くことができ、再利用も可能と判断した。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
曲がったガード側のステイをウォータープライヤで銜えてクラックを生じさせないように丁寧に元の形状に戻す。ついでに若干曲がっていた右側ステイも真正面を向く様に修復。

ヘッドライトの光軸調整:
ヘッドライトガードを弄っていてヘッドライトケースにガタツキがあり水平光軸とケースを固定している前側のボルトが無くなっていることを発見。締付けトルク不足に走行振動が加わり脱落したようだ。パーツリストと現物との比較で食い違いがあった。品番を特定する為に 3 種類とも発注して正しい部品表と組立図になるように赤字加筆した。
BAJA部品発注 ヘッドライト ライト分解

BlogPaintV光軸は下向きに、H軸は左路側を照射するように調整して完了。早朝試走して LOは 5~10m先の道路上を、HIでは 100m先の道路標識を照射していることを確認。




(12)カラ―を紛失ヘッドライトケースを取り外す時にスクリューにカラーが付いていることを失念し 1個を落下紛失してしまった。
カラー、ヘッドライトセッティング(61304-379-690 @260円)




転倒の原因と再発防止:

(5)スタンドの定位置転倒の原因は車体が強風で左右に煽られる度にスタンドが浮き、勾配を徐々に後退してセメントブロックから外れて泥濘地面に埋没したため、と推察できた。再発防止は...
①後退しないようにリアタイヤに煉瓦等を噛ます。
②芝生地に移動し給油レバーをSTOP位置、バックミラーは取り外して車体を倒す。



@y(アッティー)apoc_works  at 17:12コメント(0) この記事をクリップ! 

BMW i3の乗換時期は?  21,415Km

先日(9月6日PM) 東久留米の BMWを奥さんと訪ねていろいろと情報交換したら 1週間後に見積書が送られてきました。
      new i3見積(PW1141)      BMW Connected  2018-09-18 8 57 22  
買取り車価格の 2,851,530円は頑張ってくれていますが肝心のカラーが「フルードブラックしかない」とのことで却下となりました。(支払総額6,551,530円にも呆気に取られてしまいますが)

無題そもそも今の i3は色はもとよりアクセルワークや最小回転半径4.5Mの取り廻しの良さが気に入っているし数百円の満充電で150km以上の距離を走ってくれる。部品点数が少なく故障しないので維持費がかからない車なので 2021年辺りまで減価償却費を100万円/年を積み立てながら乗り続ける積りでした。

再延長保証と、は言っても保証がないと怖いのが不意の高額修理。いろいろさがしていたら
BMW i3スペシャルサイトにBMW新車延長保証プログラム〈再延長プラン〉が登場していました。
2014年初度登録車も契約できるかどうかを問い合わせ中です。



@y(アッティー)apoc_works  at 19:00コメント(0) この記事をクリップ! 

芝刈り機は4年で寿命か?

2014-07-06に購入したGHC-250(7,980円@JOYFUL本田)芝刈り機の調子が悪くなりました。密生場所で車輪が滑りカッター刃の回転が止まり刈れないのです。強引に押すとカッターに挟まった芝が抜けそうになるので切れ味が鈍ったと診断する。 (車輪を押し付けるように圧力をかけてハンドルを押すこともポイントです)
(1)左側 (2)分解整備 (3)右側
切れ味を取り戻すべく分解してラッピングペーストや砥石で磨いてもなかなか改善しない。夏のシーズン中は 3日毎に 4年間フル稼働したのでもう寿命かも知れない。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
シーズン中の芝刈り作業は待ったなしなので新品を購入することにしました。件のHC特売コーナーでは GHC-200(中国製 7,980円)と GSD-2000N(日本製 15,800円)が置いてあり、刈幅250mmは倍以上の価格帯です。

amazon(14,652円)に注文した GSD-2000Nが届いたのでカッターの刃の部分を比較してみました。
(7)GSB-2000N (1)正面 (2)裏返し
(5)固定刃 (3)固定刃 (4)固定刃
固定刃の作りが全く違います。 分厚くて研ぎもしっかりしています。刃当たりの自動調整機能は今一ピンときません。


@y(アッティー)apoc_works  at 17:40コメント(0) この記事をクリップ! 

物干し場屋根の波板修復

先日の台風で壊れた物干し場の波板屋根の修復です。壊れた波板 5枚を撤去して近所のHCで特売していたポリカ波板に入替えしました。足場がなく手が届かない場所の窮屈な隙間に波板の両端を挿入するのは難作業でした。
(2)撤去築30年近くの経年劣化と雹害で穴だらけに傷ついた塩ビ製の波板を 5枚を撤去。フレームの溝の中には積年の汚泥が溜まりこびり付いていました。




(1)購入-H (3)カット
通常1,000円以上する 6尺物(1,820mm)のポリカ波板が748円(税込)で特売中。5枚購入してランクルで搬送。 金バサミで所定の長さ1,515mmに切り揃えた。
「差し込んで行くだけだから簡単!」の考えは以下の点で甘かった。
・当たり前だが縦方向には曲げ難く上下のスリットに挟みこめない。
 -> スリットの異物洗浄と潤滑が必要だったかも。
・圧入使用にも特に奥の方は足場なしでは手が届かない。
・2.5山の重なり部分のスリットに挟みこむのは物理的に不可能に思える。
 -> どうしても隙間が空いてしまった箇所はコーキング剤を充填しておいた。

已む無く以下の方法で進めた。
・両端の山約 5mmはスリットにぶつからない様にパイププライヤーで喰えて潰しておく。
・奥の左から4/3が入ったら一ヶ所セットボルトで軽く固定して手前側を嵌め込む。
・2.5山の重なりを確認しながら右奥は山がスリットに入るように山を、右手前は尻を
 交互に叩いてスリットに入れる。
・右奥がスリットから抜けないように要所をセットボルトで留めて右手前側をスリットに
 強引に圧入するがどうして入らない時は1~5mm幅をカットする。

(3)セットボルト穴セットボルト(3/8、50mm @17円)を通す5mm径の貫通穴は半田鏝で溶かし、付属のナットは8Mソケットで締め付けると効率的で楽ちん。




(4)進捗 (5)進捗
4時間かけて 4枚交換したところで午後になり西日があたってフレームが火傷するほど高温に熱せられ、高温の為に体調変化が感じられたので冷たいシャワーと飲料水で体温を下げて休憩。完成は後日に持ち越します。 仕上がりには不満足ですが難作業だったので諦めます。

8月28日(火)
午後遅くからはポツポツ降りで穏やかな気温になったので作業を仕上げました。


(6) BlogPaint (8)
最後の 1枚は出っ張りがあったり幅寸が台形だったりするので金鋏で現場合わせになったが、概ね作業完了。



@y(アッティー)apoc_works  at 15:04コメント(0) この記事をクリップ! 

ホップ・グリーンカーテンの修復

他愛もなく破損した継はぎだらけの細い横棒に替えて長さ 210cmの太さ20cmの野菜支柱へと強化した。重機を使わずの単独作業で長尺の重量物を持ち上げる為には工夫が必要でした。
(1)自在金具 (2)7合目 (3)9合目
新品横棒をシッカリ固定後colemanタープ用の「自在金具付きロープ」4本使って破損棒を徐々に引き上げる。

(5)完成 (6)完成 BlogPaint
最後まで吊り上げ、誘引ロープを付け替え、破損した支柱を抜き取れば完了。一週間もすれば傷んだ枝・歯・毬花は萎れたり枯れたりするので取り除くことになります。


@y(アッティー)apoc_works  at 08:28コメント(0) この記事をクリップ! 

グリスニップルの交換ツール

ランクル・プロペラシャフトに使2種類のグリスフィッティングを着脱するためのソケットの検討です。

80ペラシャフトニップル nga-k-sunpou-1 GB709   
96451-00600のサイズは A(M6.0,PT1.0)、B(13.5)、C(M7.0)。ネジ部はテーパーです。
90416-06004は 96451-00600が取付済みのようですがペラシャフトへの取付方法は不明です。
GB709はJOY本で 3個入りで 200円でした。

ニップルを回すソケットのサイズ要件(C= 7mm、B-D= 9.2mm )であるが一般的なスタンダードタイプでは深さが 6mm程度しかなくフィッティングの丸い頭が干渉してCまで届かない。

リーマ加工 Sディープソケット7mm BlogPaint
M7、1/4"ソケットの干渉部分を M6.5のドリル錐で深さ 10mmまでボーリングを試みたがソケット素材が半端なく硬くて切削できない。無理をすると錐を破損しそうなので深さ20mmのセミディープソケットを購入するしかなった。



@y(アッティー)apoc_works  at 15:49コメント(0) この記事をクリップ! 

台風20号による我が家の被害

8月23日(木)夜半に徳島に上陸して真鶴湾辺りに抜ける際の強風で 2箇所やられた。

その1)2階北側のベランダ子屋根:
波板破損-1H 波板破損-2
バタンバタンとうるさいにのは何処の家だ? とチェックしたら波板が 1枚剥がれかかっていた。ここは十年以上前に雹害の修理個所付近。フックボルトが吹っ飛び強風に煽れて破け跳びそうだったので応急的に丸めて縛っておいた。
復旧は 波板5枚とフックボルトの交換となる。


その2)2階南側ホップの横支柱:
ホップの支柱-1H ホップの支柱-2
西側の2箇所だけで辛うじて屋根の横樋にぶら下がっていた。横樋に這わせた野菜の支柱を固定する針金(東側4か所)の強度不足/経年劣化。
復旧方法は野菜支柱と針金の強化。蔓の吊るし直す段取りに苦労する。

9月4日(火)
台風21号でのダメージ猛烈台風21号のために根元がブロックと接触して3~4本の幹が擦り切れてしまいました。事前に保護の為にスパイラルテープを巻いていたのですがペグが緩んだり抜けたりして接触位置が変わることを想定していなかったことを後悔しています。


@y(アッティー)apoc_works  at 17:40コメント(0) この記事をクリップ! 

80ペラのグリスアップ     147,666km

ランクル80 フロント&リア プロペラシャフトのグリス交換です。 過去自分で交換した覚えがないのでかなりの距離無交換のままでした。エンジンオイル交換と同程度の交換頻度が必要な箇所なので、幸い異音やショックなどの症状はありませんが『ヤバイ』状態だと思います。
37-01プロペラシャフト-価格6カ所に 2種類のニップル(グリースフィッティング)が使われています。
96451-00600   @100円 x4箇所
90415-06004   @220円  x2箇所



グリスガン・グリースガンは期限切れ間近のポイントがあった Web!keから購入することに。
 
詳しいページがありました
・二硫化モリブデングリスは飛び散りやすく水で流されやすいのでリチュームグリスを選択し、全箇所で 200ml位なので 3本購入。
・交換作業場所は貸しガレージの 4軸リフトか自宅(前後タイヤの片側に車止する)でジャッキアップ。シフトをN、ブレーキ解除でペラ位置を動かせるはず。
・フロント側はアンダーカバーで隠れています。
・注入グリス量は UJ側は古いグリスが排出仕切るまで。 「スライディングシャフトダストカバー」側はカバー円筒が移動し始めた時。

20180812: 
リアホーシングをジャッキアップ、シフトとトランスファーをN、ハンドブレーキOFFにしてプロペラシャフトを回転させ 3つのグリスフィッティングを地面に向ける。

リアデフ側 BlogPaint
   リアデフ側          トランスファー側
試しにグリスガンのチャック付きノズルを差し込み充填レバーを数回操作してみたらノズルチャックとフィッティングの隙間からウニョウニョ漏れ出てきた。鋼球部にブレーキクリーナを吹き付け数回押し込んでみても漏れは止まらない。
フロント側もをジャッキアップして同様にグリスフィッティングを地面に向ける。
BlogPaint フロントトランスファー側
     フロントデフ側       トランスファー側
「スライディングシャフトダストカバー」のグリスフィッティング充填口の鋼球ボールは陥没ぎみだったがここだけは漏れなかったので 10プッシュほど充填してみた。


グリスアップ作業は中断して漏れの原因究明をすることに:
・グリスフィッティングを抜いて状態を確認したい。
・お盆明けの 8/15に新品フィッティングを入手してそれに合うツール(M7ボックスレンチ?)を選ぶことにする。
・解決しない時は修理工場からグリスアップ作業の見積もりをお願いしよう。

その他、作業中に気が付いたこと:
BlogPaint BlogPaint
      M8x17                     Fデフオイル滲み
・アンダーガードを取り外したら断熱・防音シート上にサイズM8x17のボルトが 1本転がっていた。何時から?何処から?は不明。
・フロントデフのコンパニオンフランジ付近にオイル滲みを発見。オイルシールの劣化か?
・BAJAの前後ブレーキキャリパー部にもグリスアップしたがこちらでの漏れは最小限でした。
BAJAフロント BlogPaint
     フロントブレーキ側         リアブレーキ側



@y(アッティー)apoc_works  at 11:55コメント(0) この記事をクリップ!