空を見上げて
トップページ » 街のプロデューサ(CミュニティBジネス)
街のプロデューサ(CミュニティBジネス)

80タイヤのローテーション   141,625Km

ツール5,000Km毎を目安にしていましたが前回の 134,686Kmからすでに 7,000Km。 フロントのナックル&ハブをOH時に保留していたホイールに蓄積したグリースと泥でベタベタのスラッジを除去することにしました。
適切に除去しないと
ベトベトなスラッジがタイルに付着し高温で溶け出したり履物で踏んで拡散したりと始末に悪いです。
除去作業からの教訓:

・個体(粉)のままで除去した後で溶剤(アルカリ洗浄剤、等)を用いる

・ステンレスタワシは能率が良い。
・タイルや目地のスラッジは灯油やペイントうすめ液で除去できる

76a08262タイヤのローテーションは動物公園駐車場の隅っこを利用しました。守衛さんが 8:40過ぎに自転車で開錠した後で最奥のスペースを確保。 8:50に右後ろのタイヤを外すことからスタートしました。今回は作業椅子を用意したのと電動インパクトレンチを駆使したので 9:30には全作業を完了できました。               
 



@y(アッティー)apoc_works  at 09:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

80ブレーキ系統の保守   140,379km

47-08ブレーキチューブ全ブレーキホースと前後パッドの新品交換の為に 1PMにネッツトヨタ(株)に入庫したら5PM過ぎに「クリップが壊れたので納車は明日午後6PMになる」との電話がありました。 話の内容ではホース周辺ではなくキャリパ周辺のクリップらしい。と、なれば思い当たるのはフロントディスクブレーキASSYです。

(1)クリップとウィズホールピンブレーキパッドを押さえている十字型のアンチラトルスプリングやパッドを支えている上下2本のアンチラトルピンには抜けないように穴があいており、アンチラトルクリップが差し込まれています。パッドを取り出す時に最初にこのクリップをセンターから抜いて取り外さずにピンの方を先に捩じったりするとクリップは曲がったり折れたりします。

47-05フロントディスクブレーキもしトヨタのメカニックさんが作業手順を間違えて折っちまったのならクリップは1本 80円で大したことないんですが部品入手のために 1日待たされるのは何とも迷惑な話です。
 









ブレーキホース&パッド交換請求書請求書です。
工賃は全ブレーキホース交換の8,316円は厄介さを考えると納得。ブレーキパッド交換前後其々の6,490円は高過ぎ。 総合計で37,000円。





@y(アッティー)apoc_works  at 18:05コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

パワステ液漏れ対策     140,340km

これまでの対策履歴をまとめると:
20100910 115,789km   フルード交換(ATFの残りを流用)
20120109 119,765km   ATシールコートG132を添加
20120219 119,800km   ポンプの洗浄

これまでにポンプのOHや関連ホースの交換はしていないようなのでダメ元でWAKO'sパワステ&ATシールコートG132(350ml) での効果を試してみることにしました。
(0) (1) (2)
車止めしてジャッキアップしたら馬を確実にセットします。1,300mlの全フルード量に対して5-6%程度ですから75ml添加することになります。 2回目の添加なので残量が 200mlになるまで添加しました。

G132-2 キャップ (3) 
3回くらいに分けながら充填しますがその度にステアリングを大きく左右にロックされるまで切れるようにします。 画像はこちら。 
来週のブレーキメンテナンス入庫時に滲んだオイルの拭き取りと修理見積を依頼しようと思います。

修理の場合に備えて構造、修理方法、費用を勉強しました。
パーツカタログでは:
    Fig. 45-02ベーンポンプ          Fig. 45-03パワステホース
    45-02ベーンポンプ              45-03パワステホース
 04446-60070 ガスケットキット     90430-16168 プレッシャーホース
           x1 @2,450                 x4 @290
                           90430-17002 ユニオンボルト
                                    x2 @190
OHのパーツ価格は大したことないのですがポンプやホースの脱着や分解・組立にはリフトしたり特殊工具が必要なのでD.I.Yは無理。従ってディーラー依頼となり工賃がかなりかかりそうです。

ネットでの修理情報:
http://delica-sg4m40.way-nifty.com/currysova/2012/10/post-a391.html
http://delica-sg4m40.way-nifty.com/currysova/2012/10/post-2bb8.html
http://lc80lc80.blogspot.jp/2016/01/80.html
パワステポンプ修理費用:
新品は 65,000円。
修理なら34,500円(リビルトポンプ20,000円、Oリング500円、パワステオイル2,200円、プレッシャーフィードホースガスケット 800円、技術料11,000円)。

ディーラーさんに見積もってもらいました:
       パワステ&ナックル見積書1of2      パワステ&ナックル見積書2of2
ナックル・ハブは左右で 170,000円。 パワステポンプのOHだけだと 16,000円だがチューブ交換を含めると 70,000円かぁ~!



@y(アッティー)apoc_works  at 11:04コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

緊急漏水修繕工事(3)

タイル張りと目地仕上げは朝10から始まり、3時間以上をかけて丁寧に仕上げてくれました。
(1) (2) (3)
(4) (5)


@y(アッティー)apoc_works  at 17:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

緊急漏水修繕工事(2)

朝8時過ぎからモルタル充填工事が始まりました。
(1) (2) (3)
モルタルが乾いて後にパイル張りするまでカラーコーンを置いて帰りました。タイルは以前に剥がしたタイルと現物支給することにしました。



@y(アッティー)apoc_works  at 08:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

緊急漏水修繕工事(1)

引き込み栓からの漏水修繕工事の為に市の水道事務所の委託業者が来ました。
(1)看板 (2)掘り下げ (3)漏水箇所
作業員2名が軽トラに電動工具の発電機を積んでやってきました。150□のタイルを16枚斫って掘り下げて漏水個所を特定しました。止水栓の嵌合部からピューッと勢いよく漏水しています。
(4)水道事務所員 (5)新品に交換 (6)埋戻し
水道事務所に連絡しご担当の小○氏が留守だったので本○氏に立会いと修繕費用の負担先を確認してもらいました。新品の止水栓に交換後土を埋め戻しましたがモルタルを流しての仕上げとタイル貼りは後日となりました。


@y(アッティー)apoc_works  at 15:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

新しいおやじの会の暑気払い

おやじの会メンバー20数名で暑気払いをしました。今回は模擬店メニューですが大騒ぎしながら作って食べました。
(1)担当表 (2)打合せ (3)焼き鳥係
(4)炭火 (5)会館 (6)盛り付け
(7)出来上がり (8)乾杯 (9)オスプレイ
いつもと違う爆音に見上げたらオスプレイの2機編隊が低空で旋回飛行していました。


@y(アッティー)apoc_works  at 12:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

芝生の悩み

芝生の異変 芝生の異変-2 20140919
 奥の方から枯れて来ています     原因は不明。軸刈り? 薬害?        20140919頃の芝
                            虫害? 病気感染?

芝生-1 芝生-2 2Fから 
歩道に移植した方はすこぶる元気です。が、隣まで匍匐侵略し始めました。市には「歩行者の迷惑や危険に鳴らないように管理します」とは届けてあるのですが。


@y(アッティー)apoc_works  at 13:12コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

新しいおやじの会の「ぶらおやじ」企画

昨夜から降り続く雨は想定内だったので、ドタキャンは1名だけ。
コミュニティバス発乗車から始まり約2Kmの工程を2時間かけての生涯学習の時間でした。


(1)
 (2) (3)
 羽村駅前バス停。10:06発に乗ります。13名でほぼ満席。SUICAが利用できました。

(4) (5) (6)
起点で下車して講師と合流。 横田基地フェンスから真西に向かって貫く真っ直ぐなルートを工業団地、産業道路、住宅街、商業地域を迂回しながら辿ります。
(7) ぶら親父
要所要所で学芸員さんから詳しい質問とQ&A。ゴール地点のねがらみ水田着12:10。 水車小屋でおまかせランチをいただき解散しましたが数か月前から予約していたにも拘わらず内容が貧弱な上にサービスは最低。時間通り到着したのに人手が足りないとかで全員同じ「漬け丼定食」なのに料理が出るまで 20分以上待たされ、定食なのに汁物や漬物が付いていない。コーヒーはほぼセルフサービス。思惑とは逆の悪い口コミが参加者から広がるのではないでしょうか。

@y(アッティー)apoc_works  at 14:09コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ドアロックモーターのOH

ドアロックの不具合はアクチュエーターのパワー低下が原因。殆どのケースで直流モーターのブラシ磨滅に起因しています。ドアロックアクチュエーターはバックドアも含めて 5箇所で使われており、頻発が予想されるので修理手順を確立して必要部品を確保しておくことにします。

分解 モーター モーター3 
古いアクチュエーターを分解してお勉強しました。6本のスクリューを取るとケースはパックリ2つに割れます。直流モーターをウォームギアで減速後、往復レバー運動に変えているようです。モーター軸に圧入されているウォームの交換は困難そう(2.5Φ -> 2.0Φのテーパード)なので修理方針としては不調モーターのブラシだけを新品と交換することになると思います。

モーター4 ブラシ部 洗浄後
半田付け配線を外して 2箇所の爪を起こすと電機子軸からブラシASSY部が引き抜けます。 ブラシの磨滅粉が真っ黒に付着しているので綺麗にしましょう。ブラシは 1mm残っていましたのでこの個体に限ってはブラシが主原因ではなかったようです。
 
jigゼムクリップで JIGを作りました。2カ所の穴に差し込んでブラシを押し広げて電機子の整流子を軸受けに挿入出来るようにする必携治具です。




代替ブラシ左のオークション( 400円)で入手したブラシを試しましたがケースの切欠きや端子形状がなかなか一致しません。ブラシそのものの厚さは 1mmで変わりがありません。

汎用モーター(FC280PC - 22125)なら 1,000円位で オークションや アマゾンから手に入ります。



@y(アッティー)apoc_works  at 15:54コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!