空を見上げて
トップページ » スローエクササイズで健康管理
スローエクササイズで健康管理

道具祭で高水三山へ

(1)軍畑駅 (2)出発 (3)樹林帯
9:30AM 山岳部OBの8名が軍畑駅の登山口から入山。整備された樹林帯を渡る風は涼しくて気持ち良く下界の 30℃越えの真夏日が嘘みたい。

  9:35 最初の分岐(平溝川沿いの細めの舗装堂に入る。)

  9:5010:00 登山道入口(高源寺トイレ休憩)

10:15 六合目水場よりもかなり手前。階段が急でちと休憩。

10:25 標高450mとも530mとも、各人の高度計はマチマチ。

10:55 2つ目の分岐(標高 600m

11:3011:40 9合目、常総院にてトイレ休憩。


(4)下山尾根 (4)もぐもぐ (5)もぐもぐ
12:30 予定より遅れているので高水山でお昼。で延々とおしゃべり。

12:0013:30 高水山頂(759m)にて道具祭を開催。お昼ご飯の誘惑が

    次の最高峰、岩茸石山(793m)にての祭祀の目標点到達よりも優る。

    祭司は橋本さん。手短な八が岳バージョンにて祝詞を挙げ、

    待望のお神酒で身を清める。乾杯!今年の安全登山を祈願した。

(6)案内図 (6)山ガール (7)明るい尾根 
お洒落に完全装備した単独行の山ガールに出会いました。14:00 に出発。広葉樹林と針葉樹林の間の尾根筋は快適。

(8)岩茸石山 里程標にて小休止 (9)御嶽駅 

14:25 岩茸石山頂上。コースタイム通りの到達。三山踏破できそう。

14:50 歩きやすい尾根とも言えぬ林の中を進む。

15:15 里程標にて小休止。

15:45~15:55 惣岳山(756m)を巻かずに三つ目をクリア。青渭神社という祠がある。

      30分ほど、コースタイムよりも掛かったが、一応皆さん元気。

16:05 御岳駅まであと3kmの標識で元気をもらう。

16:35 小休止。

16:50 四つ角通過。17:00 御岳駅まであと1kmの表示。

17:40 御岳駅到着。青梅行は、18:02とかで、駅のホームで、やっと

      Tシャツに着替えられた。

 

https://youtu.be/B1PSSfCLrgw



@y(アッティー)apoc_works  at 16:34コメント(0) この記事をクリップ! 

シバゲン除草剤の効果

4月22日
BlogPaint BlogPaint 

5月19日
BlogPaint BlogPaint
約4週間後チドメグサは殆ど消滅或いは減退し、ティフトンに覆われつつあります。あれだけ地中に頑固に喰らい着いていたツメクサも容易に手で抜ける状態に勢力が減退しています。

6月14日
BlogPaintホップに近い側で未だ生き残っており梅雨の中休みを狙っての再散布を計画中。



@y(アッティー)apoc_works  at 21:27コメント(0) この記事をクリップ! 

今年のメニューは「脳ドック」

SASオプション(睡眠時無呼吸症候群診断)では外部機関からSpO2測定器が宅配されてきましたので早速一晩測定して着払いで返送しました。
脳ドック 2018-03-31 13 26 15 SPO2

結果は「経過観察」でした。
SAS検査-1  SAS検査-2
相当頻度で酸素濃度低下しているようです。


@y(アッティー)apoc_works  at 10:45コメント(0) この記事をクリップ! 

ホップの生育と株分け

4月16日の誘引ロープ設営後の生育の様子です。

(1) (4) BlogPaint
今年はホップ株からの蔓は数は多いが(太くて丈夫な)成長力が旺盛な蔓は少ないようです。

BlogPaint (7) (8)
芝生領域へ侵入した株を掘り起こして植木鉢に株分けしたが果たして根付いてくれるでしょうか?

かいこがねキリンビールのサイトにカイコガネ情報が掲載されていました。いまでも「一番搾り とれたてホップ」に使われているとは知りませんでした。


@y(アッティー)apoc_works  at 15:05コメント(0) この記事をクリップ! 

ツメクサが蔓延ってきた

チドメグサ対策に集中していたら今まで芝と紛れて気付かずにいたツメクサが蕾を膨らませて来たので侵入しているのに気が付きました。

BlogPaint BlogPaint 除草剤
こいつもティフトンの根元に絡んで成長するので厄介だが根が一本の値から放射状に枝を伸ばすのでチドメグサよりは抜き取りやすい。花が咲き種子をばら蒔く前に抜き取るのと再発芽しないようにシバゲンDFを散布することで撲滅します。
http://www.baroness-direct.com/fs/baroness/c/0000000511/



@y(アッティー)apoc_works  at 16:00コメント(0) この記事をクリップ! 

西洋芝の除草

i3と BAJA駐車場所の西洋芝(ティフトン419)は 2014-05-17 の自家育成ポッド苗の植付け以来(芝刈り、水やり、施肥、WOS策等の)管理を心掛けてきましたが雑草、特に「チドメグサ」の繁茂への「テデトール」対策はお手上げ状態なのでチドメグサに有効な茎葉処理剤のタイプを調べてみました。
BlogPaint BlogPaint BlogPaint

ホルモン剤: 日本芝向け薬剤例 ザイトロンアミン液剤 
 早い効果の発現が期待でき、ある程度生育の進んだチドメグサにも効果的である。しかし、処理する時期によっては芝生に対する影響が出ることもあり、春先のコウライシバ、ノシバの萌芽期時期、夏場の高温時期には黄化などの薬害がでる可能性があり、芝生が枯死することはないものの一時的に影響がある。したがって、萌芽時期や高温時はなるべく避けて処理することが望ましい。また、寒地型芝草には強い薬害がでるので使用しない。

SU剤: 西洋芝(ティフトン419)向け薬剤例:「シバゲン水和剤」
 効果が出るまでの時間がかかる。しかし、芝生への安全性が高い剤が多く、土壌処理効果も含まれた除草剤もあるので種子から発生するチドメグサにも有効となる。ホルモン剤ほどに芝生に薬害をだすことは少なく、あまり目立つことなく枯らすには有効だが除草効果が遅いからといってすぐに再処理しないようにし、2~3週間は様子を見るようにする。


シバゲン」を購入してみました。最終有効年月(西暦下2桁)20・10  021380
(4)除草剤除草剤の20gの薬量は 200Lの水で希釈して10aの面積に散布できる量なので 10㎡換算では 1/100。つまり 0.2gを 2Lの水で希釈することになります。
展着剤の希釈倍数は5,000倍~なので 2Lの水だと 0.4ml。
以上は一回の使用量なので除草剤は残り 2年半で 100回、展着剤に至っては 21・10までに 250回も散布出来る訳です。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
さて問題は 0.2gと 0.4mlを計量するには計量スプーンは DAISOで間に合わせました。
sサイズの計量スプーンの摺切り一杯が 1.0g、1.0ml なので夫々 1/5、2/5となります。

BlogPaint芝刈り機の刃をラッピング後、刈高20mmで全面を舐めた後で除草剤 2L調合してを散布しましたが 1Lを使い切るのがやっとだったので家の周りにも気持ち散布しておきました。



@y(アッティー)apoc_works  at 11:06コメント(0) この記事をクリップ! 

金木犀の剪定

今日の庭仕事は脚立を立ててシルバー人材の真似をすることにしました。花期が終わり冬を迎える11月と 3月が適期だそうです。樹形としては隣家にはみ出さない様に円柱形に整えるのと虫が寄り付かないように内部を大幅に透いて風通しを良くすること、が目的ですのでネット記事を参考にしながら熱中症に気を付けながらの作業です。

2016-11-21の剪定後の樹形:かなり刈り込みましたが、果たして「こんもり」となってくれるでしょうか?
BlogPaint BlogPaint BlogPaint

2017-10-20の花芽:未だこんもりとは行きませんが花芽は一杯付けてくれました。
BlogPaint BlogPaint BlogPaint

2018-04-21の剪定前樹形:樹形はややまとまってきた。害虫が付く前に風通しを良くしたい。
BlogPaint BlogPaint BlogPaint

BlogPaint既にバイクカバーの上には害虫の排せつ物が多量に落下し来ています。
直径 1mmの大きさなので体長1cm前後か? 5mmを超えると10cm以上の大型青虫になります。







同 剪定後: 外形のシルエットに変化ありませんが、内部はスカスカに梳きました。
BlogPaint BlogPaint BlogPaint


@y(アッティー)apoc_works  at 09:07コメント(0) この記事をクリップ! 

モリタウン通いの最短記録 

蜀咏悄 2018-04-04 9 13 44 帰路 2018-04-25 11 36 11
 2018-04-04 9 13 44    2018-04-25 11 36 11
たまたま信号のタイミングが良いのが重なったからなのでしょう。
この記録は破れそうにない、また安全運転運転優先なので破ろうともしません。


@y(アッティー)apoc_works  at 09:13コメント(0) この記事をクリップ! 

BAJAヘッドライトのLED化     (3/3)

果たして空冷ファンとヘッドライトケース間の位置関係はどうなっているのかを知るために左側ヘッドライトケースを取り外して寸法を測り直すことにしました。
BlogPaint BlogPaint (3)寸法 2018-03-24 9 20 17
口金と光源まで長さ比較。 口金からLEDファン後端までは 36mm。ライトケースからLEDファン後端までは80mm。一方ライトケースの内法は77mmでしたのでLEDの方が 3mm長いので入りません。 さてどうするか? 

(5)直付けしてみた 2018-03-24 11 44 58 BlogPaint BlogPaint
40mmの穴開けする前にLEDをライトケースに直付けする方法を試しました。PH8口金を取り除くと4mm稼げてしかもケースのケーブル避けの土手(?)の中にすっぽり入ってシッカリ固定されました。

BlogPaint BlogPaint BlogPaint
鏡に向かって OFF、LOW、HIGHに切り替えて 4mmの光源移動の影響を調べました。焦点は遠方になったはずですが確認は無理でした。

ケース中央に12Φのベンチレーション穴を開けた後に BAJAに装着してみました。
(14)詰め込み 2018-03-24 16 59 17 BlogPaint BlogPaint
近いうちに路上で照射テストをしてGOとなれば右の球も交換ですが直ぐに壊れる気もするのでそうしたらハロゲンを使い続けるだけのこと。

無題-3  無題-2
路上でも満足な照射機能なので右側を発注しました。


@y(アッティー)apoc_works  at 17:49コメント(0) この記事をクリップ! 

BAJAヘッドライトのLED化   (NG編)

BlogPaint  BlogPaint
2000lmのこの1,283円の商品は変換部内臓はいいのですがその分ファンがつっかえて入りそうにない上に光源の位置がハロゲンと比べて高い位置にあるのでリフレクターとの相性に疑問が残ります。


@y(アッティー)apoc_works  at 19:54コメント(0) この記事をクリップ!