Googleが企業向けのクラウド推進で重要な人物を獲得した。VMwareの共同創業者として知られるDiane Greene氏だ。Greene氏は自身のベンチャー企業とともにGoogleに入り、クラウド製品を統合した新しい事業部を統轄する。Amazon、Microsoft、IBMに後れをとっているとされるGoogleだが、この新しい血でゲームを変えられるのだろうか?

■ VMware共同創業者を迎え、企業向けクラウドを統合
 Googleは11月19日、Diane Greene氏の起用を発表した。あわせて、「Google for Work」「Cloud Platform」「Google Apps」などの企業向けのクラウド製品を集めて一つの事業にし、開発、営業、マーケティングなどの取り組みを統合・協調するとした。この新事業部をGreene氏が統括する。
 GoogleのCEO、Sundar Pichai氏は公式ブログで、Greene氏が創業したベンチャー企業Bebop Technologiesの買収も発表した。Bebopはステルスモードで活動しており、エンタープライズ向けのクラウドアプリの開発プラットフォームを開発しているという。金額や条件などの詳細は非公開で、取引完了後Greene氏とともにBebopのメンバーもGoogleに移籍する。
 Greene氏とGoogleは既に深いかかわりがある。Greene氏は1998年に共同創業したVMwareを2003年にEMCに6億3500万ドルで売却。2008年にEMCを去った。その後はエンジェル投資家としてベンチャー支援に回っており、Cloudera、Niciraなどのスタートアップにかかわってきた。
 New York Timesによると、Greene氏は企業の幹部として再び表舞台に立つことに“恐怖”を感じているとのことだが、Googleに大きなチャンスを感じて同意したとのことだ。

■ 企業向けで後れをとるGoogle
 Greene氏の起用に対するアナリストの評判は良い。「Googleはクラウドで企業に真剣に耳を傾けられるようになりたいと考えており、そのために必要なことをするという意図を示したものだ。これによって、Amazon Web Services、Microsoftとの接戦に持って行こうというつもりだ」とのアナリストのコメントをReutersは紹介している。
 Googleの意図とそのための対策は間違っていないようだ。New York TimesはGoogleの課題として、エンタープライズにおけるマインドセットがないことを挙げているが、エンタープライズ分野に強いConstellation Researchの創業者、R Ray Wang氏は「Googleには(Greene氏のように)コンシューマー級の体験を備えつつエンタープライズ級のスケールとプラットフォームの考え方ができる人材が必要だ」とTechCrunchに語っている。
 Googleのクラウドにおける現在のポジションは、決して同社にとって好ましいものではない。Pichai氏は「Fortune 500企業の60%以上がGoogle for Workをアクティブに使っている」と強調するが、TechCrunchは社員30万人という大手顧客だったGE(General Electric)がライバルMicrosoftの「Office 365」に乗り換えたことを指摘する。
 Googleはその後、他社と契約中の顧客に対し、契約終了まで無料とする乗り換えキャンペーンを発表している。Bitglassは今年8月、Office 365の契約がGoogle Apps(Googleは9月に「Google Apps for Business」を「Google Apps for Work」に改称している)を上回ったことを報告している。

■ 開発ツールが企業クラウドに食い込むカギに
 Googleはクラウドで先行はしたが、企業向け分野では、AWS(Amazon Web Services)、Microsoftにリードを許している状態だ。Synergy Researchが4月に発表したクラウドインフラサービス市場(IaaS、PaaaS、プライベートとハイブリッドクラウド)のレポートによると、GoogleはAWS、Microsoft、IBMに次いで4位。Salesforceを僅差で制した格好だ。なお、AWSの売上高は2位以下5位までの4社を合わせた合計よりも大きい。Seeking Alphaはこれを紹介しながら、Googleの差別化を「開発者のニーズに応じること」としており、Bebopの技術によって補強できるとみる。
 実際、今回の取引ではGreene氏だけではなく、Bebopの技術への高い評価もメディアから上がっている。TechCrunchによると、Generaly CatalystのベンチャーキャピタリストでVMwareのCTOを務めた経験を持つSteve Horrod氏は「Greene氏は素晴らしい人材であり、瞬時にクラウドでのGoogleのゲームが変わるだろう」と予言し、「Bebopの開発チームも卓越しており、エンタープライズのDNAをGoogleにもたらすだろう」と述べたという。
 New York Timesもクラウド戦略における開発ツールの重要性を強調している。「開発者がクラウドアプリを構築するためにあるベンダーの開発ツールを利用した場合、開発したアプリをそのベンダーのコンピューティングクラウドで動かす可能性が高くなる」。そして、「GoogleおよびGoogleと競合する企業にとって重要なことは、土台の技術とビジネスソフトウェアのためのプログラミングツールを提供することで、クラウドコンピューティング向けのOSと同じ価値になること」というアナリストたちの見解を紹介した。
 Googleの技術インフラ担当シニアバイスプレジデントUrs Holzle氏は11月のイベントで、「2020年までにクラウドカンパニーとしてGoogleが語られるようになること」と目標を語ったとSeeking Alphaは伝えている。そして5年後にはクラウド事業が広告事業を超える規模になると予言したという。

 クラウドストレージ企業のBoxは米国時間11月11日、「Box for Windows 10」ユニバーサルアプリをリリースした。ユニバーサルアプリとは、比較的わずかなコード変更でWindows 10の各種バージョンに対応可能なアプリだ。BoxはMicrosoftと緊密に協力し、 同アプリを開発した。

 同アプリはBoxの個人アカウントまたは企業アカウントを持つユーザーであれば、誰でも無料でダウンロードできる。Windows 10のPCやタブレットで利用可能だ。「Windows 10 Mobile」を搭載するWindows Phoneでは、同OSがリリースされた約3週間後に正式に利用できるようになるとBoxの広報担当者は述べた。

 同アプリはWindows 10の新しいファイルピッカーに対応しており、「Word」や「Excel」「PowerPoint」といったOfficeファイルで作業し、Officeを離れることなく変更をBoxに直接保存できる。また、Boxに保存されているファイルを直接開くことができる。

 BoxはWindows 8のデスクトップアプリとWindows Phone Silverlightアプリを組み合わせる形で、新しく統合されたWindows 10ユニバーサルアプリを開発した。Microsoftは、Windows 10へのアプリ移植プロセスのスピード向上やシンプルさをアピールし、Windowsのほか、iOSアプリやAndroidアプリのWindows 10対応を促そうとしている。新しく統合されたWindows Storeは、開発者がアプリを公開したり、一部のユーザーを招待してベータ版をダウンロードできる仕組みを提供している。

 なお、Microsoftが先日発表したOneDriveのサービス内容改定に不満を持つユーザー向けに何らかのクラウドストレージサービスを提供する可能性についてBoxにコメントを求めたが、現時点で回答は得られていない。

 日本マイクロソフト(株)は29日、32bit版の「Microsoft Office 2010」を利用している環境において、64bit版「Microsoft Office 2010」の更新プログラムが“Microsoft Update”に表示される現象が確認されていることを明らかにした。

 同社によると、10月28日以降、32bit版「Microsoft Office 2010」を利用している環境において“Microsoft Update”で適用すべき更新プログラムとして、以前は検出されていなかった64bit版「Microsoft Office 2010」向けの更新プログラム「KB2687413」「KB2837582」「KB2687455」が検出される現象が発生しているという。このうち「KB2687413」「KB2837582」は正常に適用が完了するが、「KB2687455」は適用に失敗してしまう。

 これらの更新プログラムは32bit版「Microsoft Office 2010」には不要であるため、“Microsoft Update”の適用対象から除外してもよい。Windows 10には更新プログラムを適用対象から除外するためのユーザーインターフェイスが用意されていないが、公式のツール「Show or hide updates」を利用すれば非表示にすることが可能。

 また、「KB2687413」「KB2837582」がすでにインストールされてしまった場合は、アンインストールせずそのまま利用してかまわないとのこと。

↑このページのトップヘ