2007年02月20日

コーン、綿花>原油

Corn and Cotton May Beat Oil in 2007, Barclays Says (Bloomberg)

2007年、コーンと綿花が原油を打ち負かす!?-Barclays

「今年、コーンと綿花は中国の需要とエタノールを含む代替燃料の生産高の増加により、原油よりも優れたパフォーマンスを残すでしょう。」-Barclays Capital

Barclaysの商品調査部長、Paul Horsnell氏は、今日ロンドンで記者とのブリーフィングの中で、「綿花には、中国からの需要が増大しているという大変強気の材料があります。これまで以上に、農産物により強気になっています。」と述べました。

昨年、シカゴコーンは81%上昇し、原油や銅よりも良いパフォーマンスをあげました。Barclaysによるクライアントへの調査によると、年金基金や保険会社、資産運用するマネージャらは、ここ2年商品投資を増やすことを計画しています。

NY綿花は、昨年、ポンドあたり7.2%安の52.32セントまで下落しています。原油は、7月14日に記録的な高値をつけて以来、7.7%値を下げています。NY時間の4:44の原油価格は82セント安の58.57ドルでした。

Horsnell氏は、NY原油の今年の平均価格を66ドルと予測しています。昨年は、66.25ドルでした。

「2月15、16日に調査したBarclaysの270のクライアントのおよそ52%が、2008年の終わりまでに商品投資が1,500億ドルにまで増えることを期待しています。およそ32%のクライアントは、2008年の終わりまでに1,500億ドルを超えると思っています。」
                  -商品ファンド販売のディレクター、Kamal Naqvi氏

◆Pension-Fund Investment◆
「とても大きな投資家がまだ商品に投資していません。」- 前出のNaqvi氏

調査したクライアントのおよそ19%が、昨年、自らのポートフォリオの10%以上を商品に振り向けました。昨年は12%で、05年は8%にすぎませんでした。
2004年は67%と比べて、昨年は33%のクライアントが商品に全く投資をしませんでした。

昨年の商品の記録的な高値が、年金基金をひきつけました。アメリカ最大の年金基金、The California Public Employee's Retirement Systemは11月、商品インデックスに5億ドル投資する計画があることを発表しました。New Jerseyの760億ドルの資産を運用する年金基金は7月、商品に30億ドル投資することに合意しました。

◆商品インデックス◆
Barclaysの調査したクライアントの37%は、向こう3年で自身のポートフォリオの10分の1を商品に投資しようと思っていると回答しました。2005年は31%のクライアントがそのように答えました。およそ22%のクライアントは、ポートフォリオの10%以上を商品に投資すると答えました。昨年そのような回答をしたのは、全体の19%でした。

「1999年の50億と比べて、昨年末はおよそ1,200億ドルが商品に投資されました。」
−Barclaysのエネルギー・貴金属トレーダー部長、Roger Jones氏
商品インデックスに連動するファンドは、投資家が原材料を所有することなく、多くの原材料の上昇と下落にかけることができます。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
注目サイト


商品ファンド
農産物ファンド




商品新時代


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)