2007年02月23日

小麦価格高騰で、

パン・めん値上げの可能性も…日清が小麦粉価格改定 (YOMIURI ONLINE)

国内で消費される小麦の9割は政府が輸入して製粉会社に売り渡している。その政府売り渡し価格が、4月から、24年ぶりに主要5銘柄平均で現行価格より1.3%引き上げられることに伴う措置だ。

政府の売り渡し価格は、1952年から、国際相場の影響を受けない「年間固定価格制」が導入されてきた。しかし、4月からは、国際相場に連動した「変動価格制」に移行する。一方で、小麦の国際価格は10年ぶりの高値となっている。
                                   (文中より)

いままで、固定価格制だったんですな。しかも、政府が9割輸入して、それを売り渡す仕組みになっていたとは。
でも変動価格制になったら、当然シカゴ小麦相場の影響を受けるわけで・・・
政府はこれからの高騰に備えて、リスクヘッジしてないんでしょうか??
ま、そんなこと考えてるようには見えませんね。今の状態をみていると。

【参考】
シカゴ小麦3月限 489.50セント(+13.50セント)

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
注目サイト


商品ファンド
農産物ファンド




商品新時代


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)