ドラフト10位は上位からのウェーバーでした。
10位はシルクでずっと追っていた馬の中から黒岩厩舎のカナロア牝馬、ユーディキウムを指名しました。
中間の調整過程は最初は心肺機能を絶賛されていて、ゲート試験も一発合格、早めをやったらイマイチで天栄に戻したら、まだ緩く、じっくり乗り進めるとのこと・・・
4月中旬生まれですから、もう1回鍛え直すのはありかと思います。
とはいえ、調査不足と選択に疑問も・・・
好きなのになかなか指名できないアスコルティの仔は去年はアスコリピチェーノ、今年は晩成っぽいコンサートマスターというサトノダイヤモンド牡馬と黒岩厩舎は難しいんですよね。
友道先生のジュン軍団、ジュントミー・ジュンライデンや情報がほとんどない木村厩舎のスワーヴリチャード牝馬、高野シルク軍団やショウナン庭先取引馬など、いろいろ迷いましたが、自分を信じるしかありません。

ということで、ドラフト10位の指名馬です。

肘井10位 グレインワーク牡(オルフェーヴル×エスメラルディーナ)池添学 シルクR
奥貫10位 トロピカルレイン牝(サートゥルナーリア×シュガーショック)斉藤崇 エムズレーシング
中嶋10位 マルターズヴェロス牡(キズナ×トップオブドーラ)手塚 藤田在子
須藤10位 ルージュレアリーズ牝(レイデオロ×ラストグルーヴ)福永 東京HR
丹羽10位 ユーディキウム牝(ロードカナロア×ファイナルディシジョン)黒岩 シルクR
岡田10位 エイヘンハールト牡(ブリックスアンドモルタル×リバティハイツ)高野 社台RH
稲富10位 コーチェラバレー牡(キズナ×キャンプロック)安田翔 キャロットF
阿部10位 マンオブノーブル牡(キズナ×キトゥンズクイーン)池江 ノースヒルズ
中山10位 トルストイ牡(サートゥルナーリア×ジェラシー)杉山晴 近藤英子
小川10位 ヤマニンエイドロン牡(サトノクラウン×ヤマニンアドーレ)辻 土井肇

稲富くんのコーチェラバレー、素晴らしいフットワークをしますが、忘れていましたw
小川マイ血統にあっぱれ!、肘井さんはまたダート血統、奥貫くんのシュガーショックはリスト馬でしたね。
輝ちゃんのマルターズもなかやんの2代目トルストイ、誰が予想します!?
岡田くんはリバティハイツの初仔、阿部ちゃんはトゥデイイズザデイの弟ですか・・・
10位は個性が出ておもしろいですね。
本戦は以上120頭の戦いになりました。
個人的にはダービーに出たい、勝ち組に復帰したいですね。
では、続いてスポンサー肘井さんプレゼンツの日高杯・新種牡馬杯です。