2031年12月31日

お知らせ、タイトル一覧 など

光るナス@らくらく塾・小
野口整体に特化したfacebookページです♪
困ったときは光るナス@らくらく塾
調べてみよう・訊いてみよう・・・
みたいな感じお役立てください。 (^o^)

ぜひぜひ「いいね!」をポチッ♪と押して、参加・ご利用ください。

   メールはこちらから

☆ 次回の岡島瑞徳研究会は、3月16日(土)です。

☆『野口整体の智恵』シリーズ、次回は4月8日の予定です。
                    (於:葛西)

☆ 御殿場・十里木でのお話し会は、次は3月25日(月)の予定です。

☆ 富士吉田での愉氣の会は、不定期開催になりました。
  (中村会館で行ないます)


*当ブログ内検索窓は、一番上のブログタイトルの下です。↑ ↑

記事タイトル3(08年2月〜)
  記事タイトル2(06年6月〜〜08年1月)
  記事タイトル(04年10月〜06年5月)
  カテゴリー別一覧

最新の記事は、この下。↓ ↓  

Posted by appie_happie at 23:59

2024年02月28日

口内炎と腰の鈍り

並んで


乾燥が強くて、また電気暖房機器を長い時間使う冬場の方が多いかとは思いますが、口内炎ができる人がいますね。
僕などは滅多にならないのですが、できちゃう人はわりによく出たりしているみたいです。

口の中というのは消化器官の始まりですから、食べ過ぎてしまうと口内炎になると思っている人が多いんじゃないかと思いますが、基本的には腎臓系統のくたびれの反映として出てくるものです。
いわば体内の水の循環ですね。

いつもお話ししているように、潤いの基礎となっている体の水分が足りなくなってくると、全体の水の循環がうまくいかなくなってくる。
そうすると、それが腎臓系統のくたびれ状態として表れてくるわけです。

食べ過ぎていると、過剰栄養の代謝に多くの水分を使いますから、結果的に水の循環が悪くなってきて、
あるいはドロドロ状態になってくると言ってもいいかもしれませんが、結果的にそれが口内炎となっていく、
ということが多いということです。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 09:42Comments(0)整体

2024年02月21日

『PERFECT DAYS』

スクリーンショット 2024-01-18 15.17.33


              『PERFECT DAYS』
                2023年 日本

『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』などで知られるヴィム・ヴェンダース監督の新作です。
大好きなロードムービーの巨匠が、役所広司を主演に迎えて、東京・渋谷を舞台にトイレの清掃員の男が送る日々を描いた、そう聞いてしまったら、これはもう観に行くしかありませんでした。

東京・渋谷でトイレの清掃員として働く平山。
淡々とした同じ毎日を繰り返している。
毎朝 外を掃除する竹ぼうきの音で目覚め、同じように支度をし、同じように出かけていき、同じように夕食を食べる。
昔から聴き続けているカセットと、休日のたびに買う100円の古本文庫を読むことが楽しみ。

そして木が好きな平山は、いつも小さなフィルムカメラを持ち歩き、木々のさざめきの写真を撮る。
そんなある日、思いがけない再会を果たしたことをきっかけに、彼の過去がそこはかとなく窺われる・・・・
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 10:25Comments(0)日常

2024年02月15日

「分かっとく」って大事かも

秋の空


前回のお話はこちらから。
 『「お土産」を出す』

これらのことから、改めて
「なるほど 左右型的な人たちは、話の内容というわけではなく、それについて感じていた気持ちの方に共感し合うんだなぁ」
と気がつきました。

僕はともかく先に内容の方を聴いてしまうので、まずその気持ちの方にポンと共感するというのが、けっこう難しいなぁと思ってしまいます。

この延長で気がついたのが、例えば映画などを観て「すごい泣けました」といった感想を言う人たちがいることです。
あれが僕はよく分からない。 (^_^;)

いや、分かるんですよ、泣いてしまうほどいい映画でした、ってことは。
「全米が泣いた!」
とか、ちょっと前までの映画のCMではやってましたしね。
(今は見ないですねぇ)
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 10:53Comments(0)整体

2024年02月09日

「お土産」を出す

冬富士


前回のお話はこちらから。
 『自分のことを話すのは “美味しい”』

これに絡んで、もう一つ僕が面白いなと思ったことがありました。
こういう左右型的な感受性の話を、ある女性としていたときのことです。

女の人にはわりと多いですけど、相手の話に対して自分の話で返す人 いますよね、って話の流れから、
よく喫茶店でマダムが4人くらいでお喋りしているときに、
「こないだ○○があってさ〜」
「わたしなんか こないだ△△でね〜」
「え〜 あたしはどっちかというとXXよ〜」
なんて、お互い自分のことばっかりワアワア言い合っていて、
相手の話なんか聞いちゃぁいない、みたいに見えるの “あるある”ですよねぇ。 (^_^;)
・・・と振ったんです。

そうしたら、その方、
「そうそう、わたしもかなりそういうタイプなんですけど、あれ、ひとつひとつお土産出してる感じなんですよね」
って言うんです。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 12:25Comments(5)整体

2024年02月07日

2月・勉強会のお知らせ

燃える


今月の勉強会のお知らせです。

「岡島瑞徳研究会」
日 時 2月17日(土) 13:00〜17:00前
場 所 :千歳船橋商店街会館
   (東京。小田急線・千歳船橋駅下車すぐ)
参加費:3,300円

東京で開かれている研究会です。
亡き我が師・岡島瑞徳先生の講義録をテキストにしながら、整体の心得・技術などをじっくり学んでいきます。
都内近辺の方、是非 ご参加を♪

新しい講義録に入ります。
三側のことの延長として、上頸・中頸・下頸が出てきます。
実習を含め、今一度しっかりとおさらいしておきましょう。

まったくの初心者でも、もちろん大歓迎です♪
ただし単発のセミナーではありませんので、是非是非しっかり勉強したい気持ちのある方、継続的に学んでいきたい方ということでお願いします。

詳しいことについて、また参加希望の方は、まずはメールにてご連絡ください
件名に「岡島瑞徳研究会の件で」みたいなことを書いてくださいね。
迷惑メールで処理されちゃう可能性があるので。 (^_^;)

なお、主催はサカエカンパニー、リード役を僕がやっているという体裁をとっています。
一応僕はエラそうにはしてますが、みんなで岡島先生から伝えられたことを勉強していこうというスタンスですので。 (^^)


*前後のエントリーは左上の「過去の記事とシリーズ」からとべます♪

うららか
  
Posted by appie_happie at 08:52Comments(0)お知らせ

2024年01月31日

自分のことを話すのは “美味しい”

20230828_200828


15年以上前の記事で、「あるタイプ」の人の話を書きました。
 『「あるタイプ」のお話 その1 〜 それ、問いかけなんだ!? 〜』

ま、いわゆる体癖で言うところの左右型傾向の強い人たちなのですけれど。
当時はこういう現場的な感じがわからなくて、おまけに自分は今よりも無自覚な前後傾向が強かったので、ずいぶん不思議というか、困ったことだと思っていたものでした。
今では、そういうものだと分かっているので、それなりのやりとりをするというか、出来るわけですが、当時はなかなか難しかったですね。 (^_^;)

左右型傾向の強い人というのは、特にやはり三種傾向の人ですが、とにかく自分の話をするわけです。
コミュニケーションをとっている間の、おそらく8割以上が、いや9割以上かな、自分のことを話している。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 10:15Comments(0)整体

2024年01月24日

何ごとかを成す のではなく

燃えたつ


楽々塾の会員さん向けに毎月出している会報が、何と300号の節目を迎えたので、今回はちょっと思い出話を。
もう20年以上前の話です。

僕は20代の頃からブルースとレゲエが大好きで よく聴いていたんですが、その中でもオーティス・レディングやボブ・マーリーが大好きでした。
2人ともあんなにスゴい功績と足跡を残しているのに、オーティスは26歳で事故死しているし、ボブは36歳で病死しています。

有機農業にガッツリ取り組んでいた20代にオーティスを越えて生き、
野口整体にどハマりして学んでいる30代にボブの年齢を越えたとき、
「あぁ、オーティスやボブより長生きしているけど、僕はまだ何ごとも成せていない」
とよく思っていたものでした。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 08:56Comments(0)整体

2024年01月17日

『私の生理のしまい方』

71tGRuMH0OL._SL1500_


              『私の生理のしまい方』
              原あいみ KADOKAWA

少し前に、女性の更年期の意味合いについて書きました。
 (『女性の更年期の意味合い』

閉経を迎えるための大きな変動の時期で「年を更める時期」、後半生に向けて自分が新しくなっていく時期。
体がそれまで持っていたいろいろな無理を、洗いざらい出してしっかりやり替えてリフォームしていく大掃除の時期です。

やり替えをしていきますから、そのために体はどうしても脆くなる。
そんなことをお話ししました。
『大事な大事な更年期』 『更年期的問題の背景』なども参照してくださいね)

それを聞いた友人が、「こんなコミックがあるんだよ♪」と紹介してくれたのが、この『私の生理のしまい方』です。
これはなかなかいいと思いました。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 09:30Comments(0)整体

2024年01月10日

「乾きが強い人ほど水が滲みない」問題

冬の山並み


本格的な冬に入って、急激に空気が乾くようになりました。
加えて電気暖房器具を多用するようになってもいるからでしょう、
体が強い乾燥にうまく対応できなくて、呼吸器にまで影響が出ているような人をよく目にします。

毎冬お話ししているかと思いますが、冬場はお水をチビチビ飲んでいくことで、体の潤いを保つ、あるいは今よりも貯水量を増やしていく季節です。

ここで毎回 問題になるのが、体の乾きが強い人ほどお水がうまく滲みていってくれない、ということなんですね。
お水を飲む必要がある人ほど、実はお水が滲みない問題、です。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 10:04Comments(0)整体

2024年01月05日

1月・勉強会のお知らせ

際立つ


本年もよろしくお願いいたします。

今月の勉強会のお知らせです。

「岡島瑞徳研究会」
日 時 1月20日(土) 13:00〜17:00前
場 所 :千歳船橋商店街会館
   (東京。小田急線・千歳船橋駅下車すぐ)
参加費:3,300円

東京で開かれている研究会です。
亡き我が師・岡島瑞徳先生の講義録をテキストにしながら、整体の心得・技術などをじっくり学んでいきます。
都内近辺の方、是非 ご参加を♪

前回に引き続き、胃潰瘍の操法の実習をやっていきます。
一つ一つ覚えていくのと一緒に、全体を一つのまとまりとして掴まえていくことも大事です。

まったくの初心者でも、もちろん大歓迎です♪
ただし単発のセミナーではありませんので、是非是非しっかり勉強したい気持ちのある方、継続的に学んでいきたい方ということでお願いします。

詳しいことについて、また参加希望の方は、まずはメールにてご連絡ください
件名に「岡島瑞徳研究会の件で」みたいなことを書いてくださいね。
迷惑メールで処理されちゃう可能性があるので。 (^_^;)

なお、主催はサカエカンパニー、リード役を僕がやっているという体裁をとっています。
一応僕はエラそうにはしてますが、みんなで岡島先生から伝えられたことを勉強していこうというスタンスですので。 (^^)


*前後のエントリーは左上の「過去の記事とシリーズ」からとべます♪

存在感
  
Posted by appie_happie at 09:16Comments(0)お知らせ

2023年12月27日

『怪物』 映画と脚本

605128


             『怪物』 2023年 日本


大好きな映画監督の一人である是枝監督の最新作です。
是枝監督は自分で脚本も書くのが普通なのですが、今回はテレビドラマなどで人気の脚本家・坂元裕二氏によるオリジナル脚本での作品です。

是枝監督は「自分で脚本を書かないなら坂元裕二さんにお願いしたい」と以前から言っていたらしく、今回それが実現したということです。
音楽は、今年他界したあの坂本龍一氏。

映画を観た後、これはちょっと原作も読んでみたいと思っていたところ、友人?が文庫になったものを貸してくれたので、そちらも拝読。
小説を映画化したのだと思ってたのですが、文庫になっているものは坂元氏の脚本でした。
でも、映画では分からなかったことやカットされていることなど読めたので、映画も観て脚本も読むことをお勧めしたいです。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 09:01Comments(0)日常

2023年12月20日

お腹伸ばし

今宵


前回のお話はこちらから。
 『お腹の奥をしっかり伸ばそう』

お待たせしてしまったかもしれませんね。
お腹の奥の筋肉(大腰筋)をストレッチする体操です。

スクリーンショット 2023-12-19 15.47.24足先までスッと伸ばした状態でうつ伏せになります。
胸のすぐ横に両手を各々ついて、その腕を伸ばしながらゆっくり上体を起こしてきます。

そのまま肘を伸ばし切って 腕をつっかえ棒のようにして体重を預け、顔は前を向いて、あとはお腹や腰のあたりはなるだけ脱力する。
図1のような状態ですね。

そのままゆっくり10くらい数えます。
数えたら、ゆっくりとうつ伏せの状態まで戻る。
少し休んで、またゆっくりと上体を起こして・・・
 と、何セットか無理のない気持ちのよい範囲でやりましょう。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 08:56Comments(0)整体

2023年12月14日

お腹の奥をしっかり伸ばそう

受信


今回は「お腹の奥がしっかり伸びないと腰は伸びない」というお話です。

腸腰筋お腹の奥、腹筋よりも奥に大腰筋という太くて長いしっかりとしたインナーマッスルがあるんです。
図1のように腰椎部から大腿骨の内側までを結んでいて、体の前側で上半身と下半身をつないでいると言えるでしょう。

そして、その間にある骨盤の角度や位置、また姿勢全体を支えて正しく保つ役割がある大事な筋肉なんです。
これはまた、主に脚を上げる・ヒザを上げるときにも使われます。

僕は解剖学はよく知らないですし、野口整体ではそのようには人の身心を理解するわけではないのですが、ごくざっくりと腰まわりを支えている筋肉の説明をしますと、
大腰筋と共に腸骨筋というのがあって、骨盤の内壁から これまた大腿骨の内側までをつないでいて、大腰筋と一緒になって「腸腰筋」とも呼ばれています。
ほかにもありますが、一応これらが腰や骨盤を内側から支えている筋肉群なんですね。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 10:01Comments(0)整体

2023年12月09日

開型の特徴(野口先生語録)

朝が来る


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

閉型というのはその異常はみな一側という椎側のそばに出て、普通の関連部位には変化を現わしていない。
ところが開型となるとどこにも変化はない。
ないのに異常を訴える。
そこで「と思い込んだ」為の変動であろうと考えて、いろいろな暗示法をやってみたが、サッパリ効果がない。

そういうように椎骨との関連がなくて異常を起こすのは、腸骨が余分に開いている時だけなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・
月経がとまらないという場合に、普通なら腰椎の三番や仙椎を治さなくてはならないのに、開型の場合には側腹をつまむと良くなってしまう。
ですから側腹をつまんでおいてから、腸骨を緊めれば良い。
その関連は判らなくとも、腸骨を緊めれば良くなってくるのが開型の特徴です。

昔、私がまだ病気を対象にして操法をしておりました時代には、どうしても判らない場合には、骨盤を拡げて、それで異常がひどくなる場合には腸骨を緊めれば良いと見当をつけました。
つまり腸骨を縮めて良くなるのにはある日数がかかるのですが、拡げて悪くなる方は、もう翌日悪くなるのです。
その為にまず拡げてみて、悪くなったらサッと緊めるという行き方をとりました。

腸骨を拡げますと、共通して眠っても眠っても眠くなってしまうのですが、腸骨を拡げて眠くなり、且ついろいろな異常状況を強く感じ出した場合には、開型の操法、つまり腸骨を緊めればどこの異常も変ってくる。


・・・・・・・・・・・・・・・
そういうような訳で開型の体は共通して野蛮であり、頭は純真で、頭が俗世的にこまごまと働くことが不得意である。
だから悪いことをした人であろうと、善いことをした人であろうと、抱え込んでしまえば同じように可愛がってしまう。

そして計算もしない、利害得失も考えない。
いや考えないのではなくて、考える頭がないというのが本当なのですけれど、そういう俗な考えを持たずに純真に動作出来る。

だから年をとらないのです。
いくつになっても若く、そして人相が良いのです。
その人相の良い三分の二くらいは、俗世間的な頭の働きを持っていないからだと解釈して良いくらい、目はいつも輝いています。

従ってそういう人が病気をするのは矛盾しているので、天は治りやすいようにしているのだろうと思うのです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 10:28Comments(4)野口先生語録