2026年12月31日

Facebookページ

光るナス@らくらく塾・小
野口整体に特化したfacebookページです♪
困ったときは光るナス@らくらく塾
調べてみよう・訊いてみよう・・・
みたいな感じお役立てください。 (^o^)

ぜひぜひ「いいね!」をポチッ♪と押して、参加・ご利用ください。

☆ 今月・11月21日の岡島瑞徳研究会のお知らせはこちら

☆ 富士吉田での愉氣の会は、12月3日(木)です。
  (中村会館で行ないます)

☆『野口整体の智恵 季節と体』シリーズ、
    『初夏の体・実践編』2021年4月の予定です。
                    (於:葛西)

☆『野口整体の智恵 上手な風邪の過ごし方』、
        第一回目は12月7日(月)の予定です。
                    (於:葛西)

☆ 御殿場・十里木での季節のお話し会は、
   次は11月23日(月・祝日)「冬の体と そのケア」です

☆ 葉山での愉氣の会&個人指導は延期になりました。


☆ 富士での愉氣の会は、諸事情により 当分の間 お休みとします。

*当ブログ内検索窓は、一番上のブログタイトルの下です。↑ ↑

最新の記事は、この下。↓ ↓  

Posted by appie_happie at 23:59

2020年11月24日

全生

彼岸花


僕は大学時代に、けっこうバンカラで愉しい寮で寮生活を送り、「僕の財産は 友人、先輩、後輩です!」と言い切れるくらい、ありがたい人間関係に恵まれているのですけれど。
『第二男子寮の思い出 〜〜 』

その第二男子寮の7コ下の後輩Yくんが、10日くらい前、突然 亡くなった。
まだまだ若いのに。。。

同じ寮ではあるものの、彼と僕は同じ時期に一緒に暮らしてはおらず、OB会などで顔を合わせるくらいの関係でした。
けれど やはり同じ寮で暮らすということが親密さを醸すのでしょう、なぜかけっこう積極的に話しかけてくれて、入れ違いの世代ではあるものの いろいろと話をさせてもらいました。

彼とのやりとりはいろいろな気づきを僕にもたらしてくれ、それに端を発してものの見方や考え方が豊かになっていく感じがすごくあって、よき友の一人と身近に感じていました。
そんなこともあって、とても信じられない気持ちです。
今もまだ信じられない。
一緒に暮らした連中たちは なおさらでしょう。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 14:04Comments(0)考えたこと

2020年11月20日

『メイキング・オブ・モータウン』

スクリーンショット 2020-10-27 13.03.45


       『メイキング・オブ・モータウン』
       2019年製作 アメリカ・イギリス合作


映画館で予告編を観て、とても興味が湧いて観に行った映画です。
2019年に創設60周年を迎えた音楽レーベル「モータウン」の歴史を描いたドキュメンタリーです。

創設者ベリー・ゴーディに密着しつつ、関係者や所属アーティストの回想や証言など貴重な映像群から構成されています。
もうスゴいです。

なおかつ、ゴーディの親友&戦友のスモーキー・ロビンソンと旧交を温めながら、1972年にロサンゼルスに移転するまでの初期のモータウンの歴史、そのレーベルの魅力を解き明かしていきます。

ご存知の方も多いでしょうけれど、このモータウン・レーベルは、ソウルやR&Bのヒットを数多く連発し、多くのスターを世界に送り出しているんです。
スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、ジャクソン5、ダイアナ・ロス&シュープリームス、テンプテーションズなどなど、
今やこの時代の音楽の先駆者として崇められるアーティストたちが、レーベルの出発点となった一軒家「ヒッツヴィル」で、膝を突き合わせてレコーディングしていた。

そこから光り輝く大スターになっていったんですね。
創設者ゴーディの才能と手腕おそるべし! です。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 16:29Comments(0)日常

2020年11月17日

ウォーミングアップ体操

雨の日


前回の話はこちらから。

前回、いろんな理由から息が浅くなってくると、眠りも一緒に浅くなってきてしまう、
眠りが薄まったような状況ですから、深い人と同じだけ確保しようと思ったら、どうしても長い時間を眠らないといけなくなる。
それで、眠っても眠っても眠い、二度寝して三度寝して、まだ眠いというようなことになってくる・・・
といったお話をしました。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 17:14Comments(6)整体

2020年11月13日

二度寝・三度寝はいけないの?

おしゃべり


二度寝・三度寝がよくないということはしばしば言われることですが、どうしてよくないのでしょう。

よく、夜中にオシッコに起きてしまうのだけれど、オシッコに行って そのあとまた寝たら二度寝になるのでしょうか?と聞かれることが多いのですが、残念ながらそれは整体的には二度寝になっちゃうんですね。 (^_^;)

眠っている間というのは、そもそもオシッコが出ないように生理的にはなっているものなんです。
だから、目が覚めるからオシッコがしたくなる、わけですね。
オシッコしたくて目が覚めるわけではないんです、そもそも。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 15:16Comments(0)整体

2020年11月10日

11月・勉強会のお知らせ

雨の日


今月の勉強会のお知らせです。

「岡島瑞徳研究会」
日 時 :11月21日(土) 13:00〜17:00前
場 所 :千歳船橋商店街会館
   (東京。小田急線・千歳船橋駅下車すぐ)
参加費:3,300円

東京で開かれている研究会です。
亡き我が師・岡島瑞徳先生の講義録をテキストにしながら、整体の心得・技術などをじっくり学んでいきます。
都内近辺の方、是非 ご参加を♪

今回は、中毒操法に入ることのできない「それ以前の問題」について、学んで実習していきたいと思います。
出ている人はレジュメを持ってきてくださいね。

まったくの初心者でも、もちろん大歓迎です♪
ただし単発のセミナーではありませんので、是非是非しっかり勉強したい気持ちのある方、継続的に学んでいきたい方ということでお願いします。

詳しいことについて、また参加希望の方は、まずはメールにてご連絡ください
件名に「岡島瑞徳研究会の件で」みたいなことを書いてくださいね。
迷惑メールで処理されちゃう可能性があるので。 (^_^;)

なお、主催はサカエカンパニー、リード役を僕がやっているという体裁をとっています。
一応僕はエラそうにはしてますが、みんなで岡島先生から伝えられたことを勉強していこうというスタンスですので。 (^o^)


*前後のエントリーは左上の「過去の記事とシリーズ」からとべます♪

あっちこっち
  
Posted by appie_happie at 19:57Comments(0)お知らせ

2020年11月06日

息する欣び(野口先生語録)

よろこび


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いのちのリズムが繰り返されて
その都度都度に自然の空気
無限の生くる力が 我がうちに流れ入り
我が裡なる老廃の気は流れ出し
一呼一吸 息する毎に新らしくなり 生気に満つ
いのちの続く限り 一瞬の休みもなく
この自然の恵み 息することは続けられて
我等は無限に新らし 嬉しきかな


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


もっとも基本的な、そして端的な、この紛れもない事実を、僕らはいつも忘れて生活している気がします。

なにを解説することも、なんの想いをつづることも必要ない、野口先生の簡潔で完璧な一文。

コロナ禍の今年は、当たり前に思って意識もしていなかったあれこれが、いかに大事なことだったか、改めて想い起こさせる時間になっているのではないでしょうか。

この自然の恵み 息することは続けられて
 我等は無限に新らし 嬉しきかな


この一番根本のことも、また改めてしっかりハッキリ想い起こしておくべきだと思いました。
自戒を込めて。



野口整体に関する記事は「光るナス@らくらく塾」に、だんだんとりまとめ中。

*前後のエントリーは左上の「過去の記事とシリーズ」からとべます♪

期待
  
Posted by appie_happie at 12:55Comments(2)野口先生語録

2020年11月04日

御殿場(十里木)での『季節と体』のお話会 「冬の体と そのケア」編


MG_3312_R1200-1


お知らせするのをすっかり忘れていましたが。。。

御殿場は十里木にある『ホリスティックはうす・癒しん坊 心粒こつぶさん。
十里木高原別荘地内にあるロケーション、近代数寄屋づくりのとても素敵な空間、穏やかないいところです。

9月のはじめに「秋の体と そのケア」の話をさせてもらいました。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 20:24Comments(0)

2020年10月30日

更年期と副腎の働き

彩り


前回のお話はこちらから。

前回、甲状腺というのは卵巣と拮抗し合いながら働いている、ということをお話ししました。
その一方で、この甲状腺は副腎とも拮抗し合いながら働いている。

更年期に卵巣ホルモンの分泌が目立って減ってくると、ですから拮抗関係のある甲状腺は 逆に働きっぱなしになりやすいわけですが、そうなると副腎の働きもなかなか活発になりづらい・・ということも出てきます。

副腎というのは、急速に毒素を処理するような働きを持っているんです。
緩慢に働く腎臓を急激に働かせるのが副腎の作用だ、と言ってもいいでしょう。

ですから、副腎が働くと、体のいろんな働きがガッと急速に亢まるんですね。
ですから排泄にしても、溜まっているものをサッと捨てられる。
更年期になると、この副腎の働きが甲状腺との拮抗関係から鈍ってきやすいわけです。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 12:59Comments(7)整体

2020年10月27日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

200215_bokuhayellow-441x633


    『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』
         ブレイディ みかこ 新潮社


インターネット上の「AERA dot.」で読める『鴻上尚史のほがらか人生相談』がけっこう好きで、時間があるときにちょこちょこ読んでいるんです。
苦労人の鴻上さんの返答が、本当に絶妙なんですよね。
いつもかなり勉強になります。

その鴻上さんのある返答の中に、このブレイディみかこさんの本のことが出てきていて、すごく興味が湧いたので読んでみたのでした。

エッセイのようなスタイルになっていますが、アイルランド人の父と日本人の母を持つ「ぼく」が過ごす、英国・ブライトンでの中学校生活の最初の1年半を綴りながら、母である著者が英国だけでなく世界にはびこる社会問題を問う作品になっています。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 13:38Comments(0)日常

2020年10月23日

更年期鈍りと甲状腺の働き

のびのび


前回のお話はこちらから。

更年期の体の変化として、骨盤が開きながら捻れて鈍ってくるのに連なって、どうしても影響を受けがちな頸椎四番
以前の話で、甲状腺の働きとも密接に関係していると書きました。

整体的には頸椎四番の三側、「中頸ちゅうけい」と呼ばれる処が その関係の中心となっています。
更年期の時期に 特に問題になりやすいのは、臓器的な話で言うと、この甲状腺の働きの関係なんですね。

この甲状腺というのは、副腎と、それから卵巣とも拮抗し合いながら働いているんです。
ですから、副腎の働きが亢まるときには 甲状腺の働きが鎮められる。
甲状腺の働きが亢まるときには、副腎の働きが鎮められる。

また、卵巣の働きが亢まるときには 甲状腺の働きが鎮められる。
卵巣の働きが亢まるときには、甲状腺の働きが鎮められる。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 13:35Comments(0)整体

2020年10月20日

『季節と体 実践編』講座・『冬の体へのアプローチ』のお知らせ

宵の始まり


東京:葛西の自然療法サロン「YASUMU」さんで、去年は座学で『季節と体』講座をやりましたが、
今年は再び6回シリーズで、『季節と体 実践編』として、操法としての実際のアプローチを できる限り実習していきます。

今回は、操法(施術的なアプローチ)の紹介と実習がメインです。
それに付随して、指導(施術)をした相手に日常生活の中でやってもらうための自己ケアなどを、操法の延長上としてお伝えしていくつもりです。

各季節のお話は去年やりましたから、説明は極力少なくして、可能な限り 実習をたくさんしていきたいと思っています。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 19:55Comments(0)お知らせ

2020年10月16日

更年期的問題の背景

雨の日


さて、前回の話を受けての、更年期あたりに起こるお話です。

せっかくですから、10年以上前に書いた こちらの記事も参照してくださいね。

『大事な大事な更年期』

更年期というのは、女性ホルモンの一つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減少する、あるいは男性の場合には男性ホルモンであるテストステロンの量が減少する「閉経(50歳前後)をはさんだ約10年間」あたりのことを指すそうです。
整体では、胸椎十一番が特殊な硬さになってくるところから始まる、と言われています。

女性の場合には、完全に閉経するまでですから変化が具体的ですね。
実際には、40歳すぎから55歳くらいまででしょうか。
厳密にいえば、一般的には35歳くらいから更年期の準備が始まる、と言われています。
女性は37歳前後、男性は42歳前後が厄年ものね、ちょうどハマる感じです。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 13:11Comments(0)整体

2020年10月12日

頸椎四番という処

華やかに


合宿のテーマに絡んで更年期の話をしたいのですが、その前に頸椎四番というところについて。

頸椎は7つありますから、場処としては ちょうど首の真ん中くらいに位置する椎骨です。
これまでもちょこちょこいろんなことに絡んでお話ししていると思いますが、この頸椎四番、まぁ本当にいろんなことと関係が深いんです。

羅列的に挙げてみると、とにかく いの一番に耳の働き、それに絡んで平衡を保つ働き、
それから口腔、ガク関節、腕(特に肩)の筋肉、
大事なところで甲状腺の働き、肺の収縮・拡張などに関連があります。

肺の拡縮と関係が深いですから、頸椎四番の動きが悪くなると、息が浅くなってしまいます。
特に頸椎四番は、ホッと息を吐く働きと関係が深い。
ホッとひと息つけて、肩が弛む・・ということが出来るかどうかと、直結しているんですね。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 15:32Comments(0)整体

2020年10月06日

原作『透明なゆりかご』

9784063409574_w


       『透明なゆりかご』 沖田×華ばっか 講談社


以前 紹介したドラマ『透明なゆりかご』、本当は原作のコミックを先に読もうと思ったのですが、絵がちょっと独特すぎて「読み進めるのがムリかも・・」と思ってしまい。。。
とりあえずドラマの方を観ることにしたのですが、あまりに素晴らしいドラマだったので、結局 後から原作の方も読みました。
(全8巻)

こちらも当然のことながら、一話一話の内容が重い。
けれどそれがひとつひとつの「祈り」のようなお話になっている。

絵に関しては作家の沖田さん本人が「姪っ子よりもヘタだ」と言っているくらいなのですが (^_^;)、不思議なことに途中からまったく気にならなくなり、
むしろこの絵だからこそ、物語がそのまま素直にスッと心の中に入ってくるのではないか?と思えてしまうほどになっていました。
  続きも読んでね♪
Posted by appie_happie at 14:38Comments(0)日常