2010年11月17日

長屋や、お知らせや、

雨上がり


I先輩のフォト・ギャラリー 125、更新しました♪


それから、『傷はぜったい消毒するな』ですが、僕がこの本の存在を目にしたのは、こちらの記事↓↓で・・でした。
もう1年以上も前だったんですけどね。 (^_^;)

雑念する「からだ」 「お肌の生態系


ずいぶん前からお気に入りのブログで、いろんな示唆を受けていたんですが、去年でしたか おととしでしたか、どうやら一緒に整体の講座を受けていた方だった・・ということに気がつき、すんごいビックリしたものです。

細菌つながりでは、こちらの記事なども。
モノからコトへの相転移

最近のこの記事などは、素晴らしいです♪
贈与と子ども


*前後のエントリーは左上の「過去の記事とシリーズ」からとべます♪

雨上がり2


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/appie_happie/51880451
この記事へのコメント
アキラさん、こんばんは。
ブログの紹介&コメントをありがとうございます。

じつは私もこちらにはちょくちょくお邪魔して、そのたび記事を拝見させていただいております。
毎回アップされる記事がどれもとても興味深い内容で、また私の関心と重なることも多々あるので、いつも非常に楽しみにしています。

「傷はぜったい消毒するな」は良い本でしたね〜。
あれから絆創膏業界(?)ではたちまちその新しいトレンドに乗って、「湿潤療法」の理論に基づいた新しい「傷パッド」を作り上げて、バンバン販売してますね。
今やドラッグストアの絆創膏の棚は、半分ほどそれで占められていますよ。
そのしたたかさには舌を巻きますが、まあでもいい傾向と言えるんでしょうかね。

でも、そうなんですよね。
じつは岡島先生のところでもしかしたらお会いしていたかもしれないんですね。
今でもたびたび勉強会をやられているそうで、いつかまた参加したいなと思っているのですが、なかなか予定が合わずに伺うことができていません。
いつかまたぜひお邪魔したいと思っているので、そのときはどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by RYO at 2010年11月17日 23:38
・RYOさん

こんにちは。
こちらこそ、いろいろとありがとうございます。

とりあえずもろもろの前に、実は以前ダーウィンの記事にRYOさんからコメントをいただいたとき、なんと3年半も気づかずにいたんです。。。 (^_^;)
http://blog.livedoor.jp/appie_happie/archives/50158271.html#comments

本当にすみませんでした。
それに気がついてお返事コメントしたのが、去年の7月30日になってますね。
この時点で「お目にかかったことはありませんが」って書いてますから、このときにはまだRYOさんをリアルRYOさんとして認識してなかったってことですね。 (^o^;)

ということで、岡島先生の講座で、間違いなく何年もご一緒してます♪
組んで稽古したことは、多分1〜2回くらいしかないと思いますが。
そのときから『雑念する「からだ」』のファンだったのですが、まさか一緒に勉強してる方のブログだとは・・・
RYOさん 寡黙でしたでしょ?
「ネコをかぶる」、いや「能ある鷹は爪を隠す」とはこのことですね。 (^o^)

僕は当時 講義録を作ったり、講座内ではヒザあてをつけた作務衣姿で、エラそうな顔をしてヘラヘラと聴講していた者です。 (^_^;)
Posted by アキラ@RYOさん at 2010年11月18日 09:30
ワセリンを買いに行ったとき、絆創膏の棚 見ました。
仰るように、いろいろありました。
ただ、使い捨てなのに高いのが、珠にキズですねぇ。
ラップでいいや・・って思いましたよ。 (^o^)

『傷はぜったい消毒するな』は、ホント痛快でした。
中途半端な時間をつぶすために入った本屋さんで、たまたま見かけたんです。
RYOさんのブログの記事を思い出して、お!っと思ってゲットしました。
早くヤケドして、実験したいです。 (^o^)

岡島瑞徳研究会、通称「オカ勉」。
RYOさんにいつか来ていただけるとは、光栄の至りです。
というか、緊張して勉強会にならないかも・・です。 (^_^;)
RYOさん、先生なんですから、是非是非 講師でいらしてくださいよ。
Posted by アキラ@RYOさん2 at 2010年11月18日 09:30
いやあ、講座ではなるべくこそっとしておりましたのでね(笑)。
失礼いたしました。

私としては、人にものを教わるときはいったん全部白紙にして学ぶのが礼儀(というよりそうでなければ何も学べませんが)と思っておりましたので、「ところ変われば入門者」という心構えで、初歩的なこともいろいろ質問して勉強させていただいておりました。
おかげさまでとても楽しくまた充実した時間を過ごすことができました。

教える側に立つと、教わる側に立つことの意味が、また違う意味を持ってきますからね。
「教わる側」の立ち位置は、一生持ち続けようと思っています。
私もまだまだ修行中の身でありまして、ぜひぜひともに整体を学ぶ仲間たちといろんな勉強をしていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by RYO at 2010年11月19日 07:55
・RYOさん

>私としては、人にものを教わるときはいったん全部白紙にして学ぶのが礼儀(というよりそうでなければ何も学べませんが)と思っておりましたので、
<
いや、素晴らしい。仰るとおりで。

教える側に立つと、教わる側に立つことの意味がまた違う意味を持ってくるということも、本当に身に滲みます。
僕も自分の地元の集まりでは細々と勉強会などやっていましたが、ひょんなことから岡島先生のところに集まっていた仲間たちと勉強会を始めることになって、改めて伝えることの難しさ、そうしてただただ教わることの有り難さ、そういうことに日々身悶えしまくっています。 (^_^;)

同じ先生から教わった者同士、またご一緒に伝え・教わり、精進していきたいですね。
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by アキラ@RYOさん at 2010年11月19日 10:33