アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2009年08月

アップル タイアップ映画 「湾岸ミッドナイト THE MOVIE」

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
湾岸ミッドナイトポスター
 以前勤めていた会社でのこと。私を含めた従業員4人で、スバル・サンバーバンに乗って、近くのコンビニへ昼食を買いに出掛けたことがあります。

 後部座席で揺られながら、エンジン音を聞いていると、漫画 湾岸ミッドナイトのセリフが浮かんできました。
「そういえば、サンバーはRR(リアエンジン・リアドライブ)だ。すると、サンバーの命(いのち)は、トラクション・・・・・・。」

それを聞いた、後輩が続けます。
「ゆえに、フロントリフトに悩まされる。皮肉だ。」

すかさず、メカニックのMさんがツッコミます。
「サンバーのパワーじゃ、フロントリフトに悩まされないから。皮肉でもなんでもないから。」

更に、私。
「コーナー進入時、ブレーキングによる加重移動で、前後重量配分が50:50になる・・・・・・。」

後輩。
「絶妙なコーナリング性能。」

私。
「おまけに、売ってるまんまで、ツクバ(筑波サーキット)でポンと1分4秒台。」

メカニックMさん。
「この車で飛ばしたら、絶妙にひっくり返るから。サンバーどんなにイジっても、1分4秒台、無理だから。(ポルシェ)964RSじゃないから。」

メカニックYさん。
「だめだこりゃ。湾岸ミッドナイトにハマり過ぎ。」


 アップル本部から、湾岸ミッドナイト THE MOVIEのポスターとチラシが、販促ツールとして送られて来たとき、こんなやり取りが思い起こされました。

 この映画、若い人は、イケメン男子や、かわいい女子に注目してもよいでしょう。また、おじさんは、昔のスポーツカーを懐かしんでもよいでしょう。ただ、私のように「走り屋気取りのお兄さん」だった人は、ご覧になったあとの運転には、お気をつけて。「本物」の真似は危険です。絶対にヤメましょう。

湾岸ミッドナイト THE MOVIE オフィシャルサイトはこちら
にほんブログ村 車ブログへ 

高速道路での横転事故写真と、トンネル内の緊急放送について

ブログネタ
◆写真で伝える色々な情報♪♪◆ に参加中!
BlogPaint
 数日前、高速道路の長いトンネル内において、のろのろと走っては止まるを繰り返す渋滞の最中、ラジオを聴いていると、突然、トンネルの先で車輌横転事故があるというアナウンスが流れ出しました。

 オーディオに触った覚えはないけれど、何かの拍子でハイウェイラジオ(1620kHz、ISR、TIなど)にチューニングされてしまったのだろうかと、ラジオの周波数表示を確認するも、聴いていた放送局のまま。それに「放送を中断してお伝えします。」と断ってからでしたので、ハイウェイラジオとは様子が違います。いわば民間放送局の放送が、電波ジャックされたような状況です。ラジオ番組の演出かなとも考えましたが、全国規模の放送で、唐突にローカルな事故情報をひとつだけ伝える訳もないですし、爾後そのことに一切触れることなく、番組は進行しています。

 よくトンネルの入り口にラジオが聴けるという表示がありますが、民間の放送に割り込む形で、近辺の異常事態を知らせる緊急放送が流れるサービスであったのかと、このとき初めて知りました。実際に体験してみないと分からないものです。

 お盆の時期だけに、てっきり帰省ラッシュによるものと思っておりましたが、事故が要因であったとは。高速道路上、降り口もない山の中ゆえ、それを知ったところで、迂回も出来ず、このまま渋滞にハマり続けることに変わりはありません。それでも、この先の横転事故が原因だという情報を知り得たことにより、少しは気が楽になりました。そのような事故であれば、恐らくこれは見物渋滞であり、その先は、すいているであろうと。

 上にあるのが、その事故の写真です。このような現場を見ると、慣れて漫然とした運転に対して襟を正されます。そして、これからはラジオの表示があるトンネルでは、CDなどを聴かずに、ラジオにしようと思いました。もし、トンネル火災にでも遭遇したら、情報は大切ですから。小学生の時分、テレビで日本坂トンネルの火災事故を見て、長いトンネルって危ないんだと感じたことを想起しました。
にほんブログ村 車ブログへ 

2009年 夏休みのお知らせ

ブログネタ
中古車 に参加中!
75a32f5c.jpg
 明日、2009年8月11日(火)から8月14日(金)まで、アップル板橋環七店は夏休みとさせて頂きます。

 ちょうどその期間にお車をご売却しようと計画されているお客様には、誠に申し訳ございません。

 そこで、ここはひとつ、夏休みの間は、今のお車で楽しい思い出を作り、それからご売却の段取りとされてはいかがでしょう?

 ただ、くれぐれも、「どうせ手放してしまう車だから。」と、雑な運転をされないようお願い致します。車から気持ちが離れていると、車のほうも拗(ス)ねるのか、思わぬところで、ぶつけてしまうことがあるものです。最後のドライブは、お車に対して、「いままでありがとう。」という気持ちで、丁寧に運転してあげて下さい。

 2009年8月15日(土)からは通常通り(水曜定休)の営業とさせて頂きます。

 何卒宜しくお願い申し上げます。

プリウス売れ過ぎ?! 2009年7月 新車乗用車登録台数ランキング(軽自動車・輸入車除く)

ブログネタ
新車?新古車?中古?ワゴン?ミニバン?軽? に参加中!
75a32f5c.jpg
 7月の新車乗用車登録台数ランキングが発表されました。首位は言わずもがな、今すぐ契約しても登録・納車は来年4月以降の予定という、プリウス。月2万台であった新型の国内供給台数を、5,000台ほど増加させたとのことで、登録台数は27,712台にも及びました。なんと、2位フィット(17,003台)に1万台以上の大差をつける圧勝です。そのフィットも、今年初めて前年比を上回り、今年最高の登録台数をマークして、3位のヴィッツに4,637台の差をつけたのですから悪くはないのですが、プリウスが凄すぎます。

2009年7月新車乗用車登録台数ランキング(軽自動車・輸入車除く)
   車名   メーカー 台数   前年比(%) 
1.  プリウス  トヨタ  27,712   392.6
2.  フィット  ホンダ  17,003   104.4
3.  ヴィッツ  トヨタ  12,366   91.2
4.  インサイト ホンダ  10,210
5.  パッソ   トヨタ  8,911   129.7
6.  セレナ   日産   8,752   122.8
7.  カローラ  トヨタ  8,242   56.7
8.  ヴォクシー トヨタ  8,230   105.9
9.  ノート   日産   7,931   135.8
10. ウィッシュ トヨタ  7,519   199.1

 これで3ヶ月連続の首位と大人気のプリウスですが、最近、売れ過ぎ?による弊害が生じています。と、申しますのは、前述のように登録が来年の4月以降になってしまうと、今から注文するお客様は、13年以上経過し、本人名義で1年以上使用した車を解体して、新車エコカーを購入・登録(購入した新車は1年以上使用の条件あり)すれば登録車で25万円(軽自動車12.5万円)交付される、もしくは解体を伴わなくとも新車エコカーを購入・登録すれば登録車で10万円(軽自動車5万円)交付されるという、あのエコカー補助金(H21.4.10からH22.3.31までに手続き完了が条件)の対象外となることが明らかになってきたのです。

 尤も、エコカー補助金は、補助金予算分しか交付されませんので、予算が底をつけば、来年3月までの対象期間内に登録されても貰えない可能性はあります。ただ、明らかに貰えないとなると、次はハイブリッド車をと考えているお客様が、他のハイブリッド車へ流れないとも限りません。トヨタとしては、レクサスのハイブリッド車、HS250hに流れるのは良いとしても、ホンダのインサイトに流れてしまうのは悔しいところではないでしょうか。しかも、そのHS250hも予想以上の売れ行きで、納期がどんどん長くなっている始末。(今のところレクサスHS250hの8月7日以降の注文は、来年2月上旬以降の工場出荷予定だそうです。)

 プリウスには、エコカー補助金の追風は止んでしまったようです。これから先のハイブリッド車販売競争、インサイトには、チャンスと思われます。エコカー補助金の追風で、順風満帆といけるかどうか。ただ、インサイトは月産台数の関係なのか、月1万台くらいまでしか登録していないようですので、今のところプリウスに追いつくのは無理そうですが。
 
 なお、エコカー補助金ではなく、エコカー減税のほうは、プリウス、インサイト、レクサスHS250hとも、自動車取得税が平成24年3月末日まで、自動車重量税が平成24年4月末日まで、新車を登録すれば対象となります。まだまだ猶予期間がありますので、ご安心を。

 その他、ランキングで気になったところは、ベスト10の車種が前月と殆ど入れ替わっていないということ。6月に11位であったノートが9位にランクインし、7位であったフリードが11位に転落しただけです。順位も、1位プリウスから6位のセレナまで先月と同じ。それと、前年比のないインサイトは別として、ヴィッツとカローラ以外、前年同月比を上回ったことも気になります。全体では、前年同月に及ばないものの、人気車達は前年よりも売れていたのですね。

 販売台数が、売れる車種、売れるメーカーにばかり偏るのは、どうかと思いますが、売れないよりは良いです。それにしても、今年のベスト10ランキングにおいては、トヨタ、ホンダ、日産以外のメーカーが殆どいないのを寂しく感じます。1月に10位のデミオ(マツダ)と、3月に7位のスイフト(スズキ)しかいないのです。加えて1位から4位まで、1月からずっと、トヨタとホンダで分け合っています。各メーカーが、もっと拮抗したほうが、業界全体が盛り上がると思うのですが・・・・・・。
にほんブログ村 車ブログへ 

劇団四季の俳優さんがいらっしゃいました!

ブログネタ
日記 に参加中!
劇団四季ポスター
 低く黒い雲が来て雨が降ったかと思えば、高く白い雲間に青空が覗けるほど晴れもする。晴雨定まらぬ、ある7月下旬の午後。店舗建物に隣接する車輌置場にて、洗車の最中であった。折りしも、降り出していた雨が急に激しさを増し、車輌置場のトタン屋根を、せわしない雨音で賑わせ始めていた。

 突然、雨音を貫くように、澄み切った女性の声が響く。

「すみませーん。」
「はい!いらっしゃいませ。」
 
 振り向くと二人の女性が、それぞれに紙袋を下げ、傘をさして、微笑みながら立っている。商売柄、まず車を確認しようとするも、彼女達の背後に車は無い。歩いて来たようである。

 スーツ姿の女性が二人。このパターンは、生命保険の勧誘か、雑貨の販売であろうか?それにしても、美しい。立ち姿がきちんとしている。紺やグレーではなく、淡く華やかな色彩のよそおいは、普通の営業職では無いようだ。高貴な感さえある。只者ではない。

「劇団四季と申しますが。」
「えっ!?・・・あの有名な。」

 劇団四季といえば、そういうものに疎い私でさえ知っている。それが、何故、このアップル板橋環七店に??

「今、より多くの方に知って頂くために、ポスターを貼らせて頂くことをお願いして、まわっているのですが、よろしいでしょうか?」

そう言いながら、「キャッツ」の紙袋から取り出して示されたのは、「南十字星」というミュージカルのポスターであった。気が付けば、もうひとつの紙袋は、「ライオンキング」である。

 その美しい姿態と、澄んだ声に、恍惚としてしまい、まるで魔法使いに魔法をかけられたように、頭の中が混乱する。これは、※メダパニをかけられたか?

 混乱しながらも考える。弊店にも、いろいろなお客様が来店されるので、主義主張を唱える政党などのポスターは不味いが、演劇は芸術的・文化的なものである。全く異業種であり、不快感を抱く人もおらず、なおかつ有名で、お客様との話の種にもなるであろう。なにより、私は芸術的なものを好む。

「かまいませんが、外ではご覧の通り、ポスターが雨に濡れてしまいます。店内の方が好いかも知れません。」
「本当ですかー!ありがとうございます。」

 香水の香りが鼻腔をくすぐる距離から、笑顔でお礼を言われると、あまりの魅力にクラクラしてきた。魔法で虜(とりこ)になってしまいそうなので、彼女達が店内でポスターを貼っている間、外でまた洗車を続ける。

「終わりましたー。ありがとうございました。」

 名刺を頂く。俳優のかたと、広宣部のかたであった。彼女達が店を出ると、雨は小降りになっていた。遠い空は既に明るく、晴れているようだ。彼女達は、帰って行った。

 そうであろうとは思っていたが、やはり、俳優さんであったか。凡人の私をして、只者ではないと感じさせ、圧倒する存在感。単に容姿端麗なだけではない。立居振舞や声が、別段、女らしさを武器に媚びている訳ではないのに、魅力的なのである。本物とは、かくあるものなのか・・・・・・。

 雨と共に来りて、雨と共に去りぬ。なかなか魔法の解けない私は、空を仰いだ。



※メダパニ:ゲーム「ドラゴンクエスト」において、相手を混乱させる呪文。
にほんブログ村 車ブログへ 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ