アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

トヨタ

トヨタ Will Viについて

ブログネタ
中古車 に参加中!
Will Vi 前
 最近の車は、ヘッドライトやボデーラインの意匠は凝っているものの、空気力学だの居住性だのを考慮している所為か、だいたい形が似ており、面白くない。もっと個性的な車はないものか。などとお嘆きのお客様、このような車はいかがでしょうか?

 この車、前から見ますと、ボンネットにある3本の窪みと、フェンダーが膨らみ、所謂ブリスターフェンダーになっているところが、ちょっと変わっております。

 そんな程度では、まだまだ個性的とはいえないな。と、ご指摘されるお客様も多いことでしょう。たしかに、前から見ますと、まだ他の車と似ているという概念から脱却しているとはいえなそうです。

Will Vi 横
 しかし、真横からご覧下さい。リヤウィンドウの上端が、下端よりも後方にあるように見え、リヤウィンドウが普通の車とは逆に傾斜しているようです。ここは、他の国産車のいずれにも似ていません。

 この形は、おそらく空気力学や居住性を犠牲にして成り立っています。モチーフとしたカボチャの馬車を彷彿させるべく、カボチャを包丁で切ったような切り口をリヤウィンドウに表現することを優先に。斬新奇抜すぎて売れないかも知れないという冒険をした、トヨタらしからぬ、その芸術至上主義を好ましく思います。

Will Vi 後
 尤も、カボチャの馬車に乗って、玉の輿にも乗ってしまったシンデレラのように美しい奥様やお嬢様をメインターゲットとしたこの車は、スピードをあまり出さないだろうから空力もそんなに関係しないとか、ちょい乗りの買い物車としての用途が多く、後部座席に乗るのも子供主体であろうから、多少狭くても大丈夫などという計算あってのことでしょうけれど。

Will Vi 車内 
 そんなこの車は、内装だってお洒落です。外装は前述のカボチャの馬車ですが、内装のインパネはフランスパンだそうです。いわれてみれば、そんな気もします。でも、そのようなデザインより、運転席と助手席の二人の間を妨げるセンターコンソールが無い、ベンチシート&コラムシフトであることのほうが、ポイントかも。

 また、この車に限っていえば、ボデー色も個性的。せっかく、色の種類が豊富なコンパクトカーを選択するのですから、セダン、ミニバン、SUVに多い、即ち全体的に多い、ブラック、(パール)ホワイト、シルバーは避け、このような色を選択するのもありではないでしょうか。

 ちなみに新車でしたら、ボデー色による購入価格があまり変わりませんので、お嫌いでなければ、今のところ売却時に他の色と比較して高値が付く可能性が高い、パールホワイトやブラックあたりがお勧めではあります。

 ですが、中古車で購入する場合、人気色の車は高値で仕入れられた分、高値で販売されております。ボデー色を重視しない、購入後リセールバリューが無くなるくらい長い年月使用する、というようなお客様へは、同じ予算で品質が良いものが購入出来ると思われますので、少数派の色、悪く言えば不人気色もお勧めです。

 ところで、この車の名は、「Will Vi(ウィル ヴイアイ)」と申します。グレードは、屋根の開くキャンバストップ仕様。本日現在、アップル板橋環七店に展示中です。ご興味のあるお客様は、こちらまで。 売約済でしたら、ご勘弁下さい。何卒宜しくお願い申し上げます。

※このWill Viは、売約となりました。

にほんブログ村 車ブログへ 

レクサスRX & プリウスにおけるトヨタの継続販売戦術について

ブログネタ
トヨタ車について に参加中!
75a32f5c.jpg ラグジュアリーセダンの快適性とSUV(Sport Utility Vehicle)の高い実用性を併せ持つ、換言すると、頑丈ではあるが乗り心地の悪いトラックのようなフレームボデーではなく、乗り心地の良い乗用車に近いモノコックボデーを用いながら、ある程度のオフロード走破性を有する。そのようなクロスオーバーと呼ばれる車種の先駆け、レクサスRXが先月、国内デビュー致しました。

 敢えて国内デビューと申しましたのは、レクサスRXは1998年以降、既に米国において販売されている為。今般のフルモデルチェンジを機に、国内レクサス店より販売されます。

 ご存知の方も多いと思いますが、実は、フルモデルチェンジ以前のレクサスRXは、日本ではハリアーと呼ばれています。そこで、型が変わってから車名を変え、レクサス店の扱いにするという経緯は自然です。

 しかし、今回は、ちょっと不自然なことがあります。通常、後継モデルが発表される頃には、それまで現行であったモデルは生産中止となっているものです。つまり、旧型レクサスRXであるハリアーは消滅し、新型レクサスRXのみとなるのが普通でした。もしくは、レクサスを名乗らず、国内においては、そのまま新型ハリアーとして販売するのが普通です。ところが、レクサスRXもハリアーも、両方販売し続けるのです。

 加えて、まだ次期モデル未発売ですが、更に不自然さを感じるのがプリウスの販売方法です。なんと、同じ車名の新型と旧型を併売し続けるそうです。レクサスRXとハリアーは、車名も、レクサスとトヨタというブランドも異なりますので、国内においては別物として扱っても良さそうですが、同じ車名で新旧併売をするとはトヨタとしては異例中の異例。

 このことは、近々190万円以下からの価格設定で登場するとされる、ホンダのインサイトに価格で対抗する為、値上げとなる次期プリウスの廉価版として、現行モデルを存続させるのではと言われています。装備を一部簡略化し、現行モデルを200万円前後からの価格設定とする模様です。

 旧型が、まだまだ使えると見るや、新型発表後にも旧型を販売し続ける方向に転換するとは、トヨタの、なりふりかまわぬ必死さが窺えます。今までの儲けが、たんまりあるから、不景気になっても、今までのやり方で行きますよ。という感じは全く無いですね。

 それにしても、プリウスの新旧併売が前例となると、今後モデルチェンジを実施する人気のある現行モデルに、各メーカーが新旧併売を適用するのか興味の湧くところです。モデルチェンジをしたら人気が無くなったということもあるでしょうから、少しの間なら旧型を生産し続けてもいいのかな?尤も、モデル末期になって人気が沸騰したプリウスや、モデルチェンジ直後の中古車オークションにおいて、新型のBCNR33型よりも高値で取引されたというBNR32型スカイラインGT-Rのような車があればの話でしょうけれど・・・・・・。
にほんブログ村 車ブログへ 

エスティマ&エスティマハイブリッド、マイナーチェンジ!

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg スタイリッシュな高級ミニバン、エスティマがマイナーチェンジ致しました。フロントグリル・バンパー、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ、アルミホイールなどの変更により、イメージが一新されました。

 個人的には、マイナーチェンジ前の、なんとなくマスクを被った顔のように見える先進的で独創的なフロント部デザインを、現在の多くの人が受け入れられるデザインに変更したような気がします。段のついたような、ちょっと複雑なヘッドライトの造形には、洗練された新しさを感じますが、以前よりも普通のフロント部に見えます。

 トヨタ車には、独創さや、奇抜さよりも、多くの人が受け入れ易い最大公約数的デザインで上手くまとまっているという印象を受けていますが、そういう意味では、エスティマは一層トヨタ車らしくカッコ好くなったと思います。

 また、外装だけでなく、内装色の追加、ユーカリ茶木目調パネルの採用、レザーパッケージの設定などインテリア面も変更しています。
 
 気になったのは、アエラスレザーパッケ−ジとGに標準装備となった、運転席と助手席の快適温熱シート。ヒーターの温度分布の最適化により、肩や腰、脚部に心地よいぬくもりをもたらすというもので、今のような寒い時季にとてもよさそうです。

 メーカー小売希望価格は、消費税込2,740,000円から3,980,000円ですが、更に安全・快適となるオプションが多数存在します。全部付けたらオプションの金額だけで、軽自動車くらい買えそう?

 参考までに調べたところ、主なものは以下のとおりでした。標準装備もしくは装着不可となっているグレードやパッケージ装着車もあります。また、装着するグレード、パッケージ装着車によってオプション金額は異なります。なお、ナビ&オーディオ・ビジュアルは種類が豊富ですので、詳しい設定については販売店におたずねくださいとのことです。

★大型ムーンルーフ(フロント:チルトルーフガラス、リヤ:固定ガラス)& サンシェード(フロント:手動、リヤ:電動)は、85,000円〜89,250円。(※一部装着不可。)

★S-VSC(ステアリングアシステッド・ビークル・スタビリティ・コントロール)+ヒルスタートアシストコントロールは、60,000円〜63,000円。

★SRSサイドエアバッグ(フロントシート)& SRSニーエアバッグ(運転席)& SRSカーテンシールドエアバッグ(フロントシート・セカンドシート・サードシート)+上下調整式ヘッドレスト〈セカンドシート中央席(8人乗り)・サードシート中央席〉、リヤELR付3点式シートベルト〈セカンドシート中央席(8人乗り)・サードシート中央席〉は、78,000円〜89,250円。

★インテリジェントパーキングアシスト(駐車空間検出機能付)+ワイドビューフロント+サイドモニターは、80,000円〜84,000円。(※HDDナビゲーションシステムを選択した場合に装着できます。)

★プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)+レーダークルーズコントロール +レーンキーピングアシスト(LKA)は、481,950円〜459,000円(※3.5LのGのみ装着可。プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール+レーンキーピングアシストを選択した場合、トップシェードは装着されません。S-VSCを選択した場合に装着できます。なお、プリクラッシュセーフティシステムを装着した場合、センサーの装着によりフロントバンパーの意匠が変更となります。)

★パワースライドドア(イージークローザー・挟み込み防止機能付) デュアル(両側)は、50,000円〜52,500円。

★パワーバックドア(イージークローザー・挟み込み防止機能付)+6:4分割・電動床下格納機能付サードシートは、135,000円〜141,750円。(※一部装着不可。4WD車は、販売店装着オプションのスペアタイヤを選択できます。なお、販売店装着オプションのスペアタイヤと6:4分割・電動床下格納機能付サードシートは同時装着できません。)

★本革シート+ UVカットグリーンガラス(フロントサイド)〈撥水機能・IRカット機能付〉、ドアトリム(ソフトレザー)は、180,600円。(※3.5LのGのみ。)

★HDDナビゲーションシステム&エスティマ・パノラミックスーパーライブサウンドシステム+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター+アクセサリーコネクター(AC100V)、ガラスアンテナ(ダイバシティ・地上デジタルTV用)【ナビ】 高精細8型ワイドVGAディスプレイ(タッチ式)、Bluetooth®対応ハンズフリー機能、FM多重VICS、G-BOOK mX対応【オーディオ・ビジュアル】 DVD、MD、CD、AM/FM、地上デジタルTVチューナー、サウンドライブラリー、11スピーカー、後席9型ワイドVGAディスプレイ(リモコン付)、マイク&マイクアンプ(音声認識&ハンズフリー)、ビデオ端子は、601,000円〜631,050円。(※一部装着不可。2.4L車でHDDナビゲーションシステムを選択した場合に、NAVI・AI-SHIFTが同時装着されます。ディスクによっては再生できない場合があります。)

★HDDナビゲーションシステム& エスティマ・パノラミックライブサウンドシステム+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター+ガラスアンテナ(ダイバシティ・地上デジタルTV用【ナビ】 高精細8型ワイドVGAディスプレイ(タッチ式)、Bluetooth®対応ハンズフリー機能、FM多重VICS、 G-BOOK mX対応【オーディオ・ビジュアル】 DVD、MD、CD、AM/FM、地上デジタルTVチューナー、サウンドライブラリー、9スピーカー、マイク&マイクアンプ(音声認識&ハンズフリー)、ビデオ端子は、425,000円〜446,250円。(※2.4L車でHDDナビゲーションシステムを選択した場合に、NAVI・AI-SHIFTが同時装着されます。ディスクによっては再生できない場合があります。)

★G-BOOK mX Pro専用DCM(通信サービス/盗難追跡/ヘルプネット®対応)は、63,000円〜66,150円。(※HDDナビゲーションシステムを選択した場合に装着できます。)

★寒冷地仕様 熱線式ウインドシールドデアイサー、ヒーター付電動格納式リモコンカラードドアミラー、リヤヒーター などは、27,000〜68,250円。(※寒冷地仕様にすると、エアスパッツがフロントのみとなり、リヤフォグランプが装着可能となります。寒冷地での使用を考慮して、バッテリーの強化(3.5L車)・ワイパー機能等の向上を図っております。なお、北海道地区には寒冷地仕様が全車に標準装備となります。)

という具合ですが、どれもこれも、あったらいいなと思うものばかりで、装着するかどうか悩むところですね。上記はご参考として頂き、ご購入の際にはディーラーの営業スタッフへ必ずご確認下さい。
livedoorニュース
にほんブログ村 車ブログへ 

「トヨタモデリスタパーツ」で、個性的な「トヨタiQ」にしてみては?

ブログネタ
トヨタ車について に参加中!
 全長3m以下のボデーに、4人乗りという驚異のパッケージング。9つのエアバッグを装備した安全性。10・15モード走行23km/Lの低燃費。2008年度の日本カー・オブ・ザ・イヤーとグッドデザイン大賞という実績を携え、2009年には欧米での販売を開始し、世界的ヒットが予想される、トヨタiQ。

 そのままでも存在感は充分にありますが、その特徴的なデザインを素材に、ファッションやクルマに興味がある方なら、まわりの人々や世界中のiQユーザーに、自分だけのドレスアップしたiQを披露してみたくなりそうです。

 オシャレに?スポーティに?ちょい悪に?全国のネッツトヨタで扱っているモデリスタiQカスタマイズパーツ、「MAXI(マキシ)」と「MIXTURE(ミクスチャー)」なら、お好みに合わせてクリエイトOK。色だけでも、9色のボデーカラーに、それぞれ3色のバリエーションと多彩です。

 もちろん、それぞれのパーツは、トヨタ純正品のクオリティ。寸法もピッタリとマッチングしますので安心。iQに乗るなら、全部は無理でも、何か一点、モデリスタiQのカスタマイズパーツを入れてみると面白そうですね。どんな感じに仕上がるのか、どんなパーツがあるのか、詳しくは以下のサイトへ。

 モデリスタiQが観賞出来るスペシャルコンテンツはこちら→iQ MAXI&MIXTURE (iQ マキシ&ミクスチャー)

にほんブログ村 車ブログへ 

あのトヨタが下期決算、大赤字!?

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg あのトヨタが下期(08年10月〜09年3月)の連結決算において、180億円の黒字から赤字へ転落する見通しとなってしまったそうです。

 ついこの間、トヨタ以外の某メーカーにお勤めのお客様と、トヨタは営業利益が、なんと1兆円!減少しても、この状況で、まだ年間6000億円以上も儲けるんですから、やっぱり大したものですね〜。などという話をしたものですが、1兆円の減額見込みでも足らず、下期に限っては、ついに赤字!GMが倒産しそうなくらいにコケて、今年は生産台数、販売台数とも世界一確実。名実ともに世界一となる自動車メーカーが。

 下期になり、欧米はもとより、中国などの新興国までも販売台数の落ち込み激しく、1ドル=100円、1ユーロ=130円と想定していた為替相場も12日には13年ぶりに1ドル=88円台をつけるほど円高となってきた影響によるそうです。

 トヨタクラスの大きな商いになると、1円円高となっただけで、対ドル年間400億円、対ユーロ年間60億円の利益が減少するとのこと。もしも、このまま円高が進み、1ドル=85円くらいで安定してしまったら、あのトヨタの、通期の利益さえも危なくなってしまうのでしょうか?それでまた更に、リストラでもされたら、ますます景気が・・・・・・。
livedoor ニュース
にほんブログ村 車ブログへ 

トヨタ、需要の種まき!カーライフ3D仮想空間!

ブログネタ
車/バイク に参加中!
75a32f5c.jpg 若年層の自動車離れを懸念するトヨタ自動車は、将来の市場活性化の為、小学生には学校の授業を利用して、車の魅力・楽しさ、車と環境・経済との関わりを学習してもらう戦術(トヨタ、需要の種まき!他メーカーも是非!)を用いますが、小学生以上にはインターネット仮想空間を利用するようです。

 未来都市「TOYOTA METAPOLIS(トヨタメタポリス)」というバーチャル世界の中で、クルマを購入したり、走らせたり、イベントに参加したりして楽しめるというもので、コンテンツ内容や都市デザインを、若年層を中心に最近話題となった映画「スカイ・クロラ」の押井守監督が監修しているとのこと。

 私なんぞは、本当の現実ならともかく、仮想の現実でクルマを持つことなど考えにも及びませんでしたので、4月17日の試験運用からの来場者が既に10万人以上と知り、その効果に目からウロコです。

 引用記事には、ネットリサーチを分析し、「自動車免許を取得するまでのティーンエイジャーの時期、自動車への興味関心が空白状態になることが、若者の車離れの根本にあると考えられる。」とし、そこを突いたものであるとありますが、なるほどです。引用記事http://news.livedoor.com/trackback/3867043


 クルマ業界の一人として、将来の需要の種をまいて下さるトヨタさんに感謝致します。同時に、市場を活性化するのであれば、メーカー間の競争もあったほうがよいと思います。他のメーカーさんも頑張って下さい。手をこまねいていると、小学生の頃からトヨタファンにされてしまう可能性もあるのではないでしょうか?

にほんブログ村 車ブログへ

トヨタ、需要の種まき!他メーカーも是非!

ブログネタ
トヨタ車について に参加中!
[トヨタ] ブログ村キーワード
75a32f5c.jpg 以前このブログでもご紹介させて頂いた「若年層の自動車離れ」に危機感を抱いた為の対策でしょうか。トヨタ自動車が、車の魅力・楽しさ、車と環境・経済との関わりを学習してもらうための授業を、年内に5か所の小学校で実施すると発表したそうです。小学生に車への興味を深めてもらい、将来的に国内市場の活性化につなげていくことが狙いとのこと。

 そういえば、その「若年層の自動車離れ」について調査した際に、自動車に興味を持った具体的な時期について、男性は「小学校1年〜3年生の頃」からコンスタントに自動車に興味を持つ人が増えていき、女性は、「高校生の頃」から徐々に自動車に興味を持ち始めるとありました。livedoorニュース 20代の男女3割が「車に興味ない」、若年層の自動車離れ顕著に

 ということは、トヨタさん、まずは男子からですね。かくいう私も、小学生時代に到来したスーパーカーブームが端緒となって、クルマ好きとなってしまった一人ですし、この時期に熱中させることに成功すれば、かなり将来の需要につながりそうです。男子好みのスポーツカーなどを中心に是非。

 また、私の新車営業スタッフとしての経験上、たとえ小学生でも、車に興味があるお子様が味方について下されば、商談時の強力な援軍となります。競合他車を打ち破り、難攻不落なお客様の財布の紐を緩めて下さる、リーサルウェポンとなることも。まさか、トヨタさんは、トヨタ車を教材に用い、小さなトヨタファンを増加させ、それも狙っているのでは?

 そして次は、女子高生好みのドラマかなにかで、女子好みのコンパクトカーあたりを、さりげなくアピールと。また、小学生時代から既にクルマ好きとなった男子と交際などすれば、きっとクルマに興味を持ってくれる筈。

 トヨタさんだけでなく、どうか全メーカーさん一丸となって、盛り上げて下さいますようお願い致します。
livedoorニュース トヨタ、小学生対象にクルマの魅力伝える授業を開始
人気ブログランキングへ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ