アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

希望ナンバー

希望ナンバー付車の傾向と対策? 後編

ブログネタ
車買取 に参加中!
drawing
 そこで、これら希望ナンバー付車の傾向を中古車選びの観点に加えるとするのであれば、まず注目すべきは、スポーツカー系といえるでしょう。某中古車販売店の店長などは、車輌型式やエンジン型式などの希望ナンバー付車は品質が良いものが多いと、オークション会場での仕入れポイントのひとつにしているくらいです。

前述のようなマニアックな希望ナンバーを付けていた前オーナーなら、車を大切にし、オイル交換等のメンテナンスも、きちんとしていた可能性が高いという判断です。

 また、1188(いいパパ or いい母)の車では、お子様が車内で、有色のジュースやガム・アメなどのお菓子を飲食したり、靴のままシートの上を移動したりして、汚していないかなどチェックしておくのもよいかも知れません。

 もちろん、個人的に好きな数字、誕生日や記念日にちなんだ数字、カードの暗証番号(これは、やめたほうがイイです。)が希望ナンバーであった場合などには、前オーナーさんを推測することなど不可能でしょう。

あと、意外と多いのが以前の車と同じナンバー。ナンバーが変わると、勤務先などへの申請が面倒だから、新しいナンバーを覚えるのが面倒だからなどという理由もよく耳にします。対象となる以前の車が希望ナンバーでなければ、前オーナーさんが何故その数字を選択したかなど、わかる訳がありません。

 でも、希望ナンバーを見かけると、「何故、あの人は、あの数字を選択したのだろう?」なんて、つい、考えてしまいませんか?

 以上、希望ナンバー付車には、そのような傾向があるのではないかという、私の経験から得た主観に基づく内容ですので、希望ナンバー1122の車から、こわいお兄さんが降りてきたり、エンジン型式のナンバーが付いていた中古車が、ぜんぜんメンテナンスされていなかったりしても一切責任は持てません。あしからずご了承お願い致します。

<参考資料:抽選となる希望ナンバー>
特に人気が高いと考えられる希望ナンバーは、全国的に抽選制となっています。
(1・7・8・88・333・555・777・888・1111・3333・5555・7777・8888)
また、上記の他、地域によって抽選となる希望ナンバーが設定されています。
大 宮(1122) 品 川(3・5・11・33・55・77) 横 浜(3・5・55・77・1000・1122) 名古屋(3・5・55・1122・1188) 京 都(3) 大 阪(3・5・55・77・1122) 神 戸(3・5・11・55・77・111・1122・1188)
間違っていたらすみません。ご参考にはなりましたでしょうか?
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ

希望ナンバー付車の傾向と対策? 前編

ブログネタ
車買取 に参加中!
drawing
 前回、「崖の上のポニョ」で希望ナンバーの話題に触れましたので、たまには車屋さんらしく、希望ナンバー付車についてお話させて頂きます。

 まずは、希望ナンバーの簡単な見分け方。一般的な、自家用小型乗用車の場合、上段にある小さな3ケタの数字が5から始まり、その次の数字が3以上となります。(例531、532など。)自家用普通乗用車も、上段の小さな3ケタの数字は3からですが、同じくその次の数字が3以上です。(例331、332など。)例外もあるかも知れませんが、大抵はこれで見分けられると思います。

 希望ナンバーで多いのは、1・7・8のひとケタ系や、88・777・3333などのゾロ目系でしょうか。一番、ラッキーセブン、八は末広がりで縁起がいい、パチンコの当たり数字、ゾロ目は目立つからなどと人気を博しているようです。また、1122(いい夫婦)、1188(いいパパもしくは、いい母)も定番ですね。

 私の経験から申しますと、ひとケタやゾロ目のVIP系高級車には、ちょっとやんちゃなお客様がお乗りになられることが多いように感じられます。追突でもしたら、こわいお兄さんが降りてくるかもしれませんので、そのような車とは車間距離をあけられることをお勧め致します。

1122や1188は、お子様がいらっしゃるようなファミリー層、ミニバンやワンボックスのお客様に好まれているようです。1122に関してましては、30歳代以上でミドルクラスのセダンにお乗りのお客様あたりにも、けっこう見受けられます。

そして、スポーツカー系ですが、これには面白い傾向がございます。なぜなら、この系統のお客様には、いわゆる「車オタク」的なかたが多く、自車に関連するマニアックな数字をもってくる場合が多いためです。

例えば、スカイラインGT-Rなら、32・33・34。(車輌型式BNR32・BCNR33・BNR34から。)シルビアなら、15・14。(車輌型式S15・S14から。)RX-7なら、7・13。(車名のセブン、13B型ロータリーエンジンから。)ランサーエボリューションなら、463。(4G63型エンジンから。)というような感じです。

インプレッサには555というゾロ目をよく見かけますが、これはWRC(世界ラリー選手権)でスバルのスポンサーであったブリティッシュ・アメリカン・タバコのブランドを意識してのものでしょう。

つづきを読む
にほんブログ村 車ブログ 走り屋(車)へ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ