アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ハイブリッド

ハイブリッド車や電気自動車に、なんちゃってエンジンサウンド義務化!?

ブログネタ
自動車 自動車調査 に参加中!
75a32f5c.jpg
 昨夏、このブログで取り上げた、「なんちゃってエンジンサウンド発生装置」ですが、低速走行時にエンジン音や排気音を発しないハイブリッド車や電気自動車などへ、装着しなければならなくなりそうです。
参考:なんちゃってエンジンサウンドについて

 車輌近くの歩行者に対して、「自動車の走行状態を想起させるような音」にするそうですので、アクセルの踏み具合に合わせて「ブオン」とか「フオン」とか、従来のガソリンエンジンの回転するような音が出るようになるのでしょうか??ただ、その擬音がスピーカーから出てきたら、ちょっと興醒めな気が・・・・・・。

 個人的には、「実際に発生している音」を使って欲しいと思います。例えば、アイドリング時は冷却系のファンが回転している音、走行時にはモーターなり車軸なりの回転する音を、それぞれ増幅して歩行者に聞こえるようにするのはいかがでしょう?イメージ的には、アイドリング時が「ウィーーーン」、走行時が「キュイーン」なんて。

 それともこうなったら、フェラーリV12サウンド版とか、アメリカンV8サウンド版とか、ポルシェフラット6版とかの擬似エンジン音で、新しいチューニング、エンジンサウンド・チューンと洒落てみますか!(少しも速くはなりませんが。)
参考:スポーツカーのエンジン音で女性は興奮する!?

人気ブログランキング にほんブログ村 車ブログへ

プリウス、断トツ!6月新車乗用車登録台数ランキング(及び1〜6月ランキング)

ブログネタ
トヨタ プリウス に参加中!
75a32f5c.jpg
 6月の新車登録台数ランキングが発表されました。5月に続き首位を獲得したプリウスは、新型の月産国内割り当て台数といわれる2万台を超える22292台の登録台数を達成。このペースで登録されては、4月首位のハイブリッド車インサイトも、昨年年間首位のフィットも、しばらく太刀打ちできそうもありません。

 おまけに、6月のプリウスの登録台数は、2007年12月のフィット以来、追い越せなかった軽自動車1位の登録台数(ワゴンR 16185台)をも大幅に上回りました。

2009年6月新車乗用車登録台数ランキング(軽自動車・輸入車除く)
順位 車名   メーカー 台数   前年同月比
1.  プリウス  トヨタ  22,292   357.8
2.  フィット  ホンダ  13,016   88.5
3.  ヴィッツ  トヨタ  9,092   92.3
4.  インサイト ホンダ  8,782
5.  パッソ   トヨタ  7,692   114.7
6.  セレナ   日産   6,657   99.1
7.  フリード  ホンダ  6,495   121.8
8.  カローラ  トヨタ  6,468   50.0
9.  ウィッシュ トヨタ  6,022   209.9
10. ヴォクシー トヨタ  5,765   111.2

 分かっていたこととはいえ、(参考:プリウス時代の幕開け!?新車乗用車登録台数ランキング)2位以下と、こんなにも大差ですと、あらためてプリウス人気を痛感します。既に注文書の枚数は20万枚を超え、7月1日以降注文の工場出荷予定は、来年3月上旬過ぎだとか。納車まで、待ちくたびれてしまいそうですね。

 ちなみに、年間の首位争いは、以下の通り。今のところ、フィットが首位ですが、今後も6月と同じくらい差がついていきますと、あと2ヶ月でプリウスに抜かれます。約17万台の受注残に月2万台の供給能力を誇るプリウスに、もはや敵はいません。

2009年1〜6月新車乗用車登録台数ランキング(軽自動車・輸入車除く)
順位 車名   メーカー 台数   前年同月比
1.  フィット  ホンダ  65,589  66.9
2.  プリウス  トヨタ  51,410  144.8
3.  ヴィッツ  トヨタ  50,451  74.0
4.  パッソ   トヨタ  47,950  121.2
5.  カローラ  トヨタ  44,586  55.6
6.  インサイト ホンダ  36,457
7.  セレナ   日産   33,489  78.2
8.  フリード  ホンダ  32,244  454.1
9.  ノート   日産   29,231  81.2
10. ヴォクシー トヨタ  28,668  72.9

 月間ランキング、年間ランキング(軽自動車・輸入車除く)とも、1位・2位は、ほぼ決まってしまったようです。あとは、ハイブリッド車インサイトが、どこまで上がるか?かつての王者カローラが、どこまで下がるか?トヨタ、ホンダ、日産以外の車が何台ベストテン入りするのか?(マツダの販売台数筆頭デミオ、スズキの販売台数筆頭スイフトあたりがどうなるか?)、突如彗星のごとく現れてベストテン入りする車が出てくるのか?そんなところに注目して行きたいと思います。
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ 

新型プリウス205万円!インサイトとの価格差16万円!攻めるトヨタ

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg ハイブリッド・カー販売競争において、好調なホンダ インサイトを足留めすべく、トヨタが大きく動きました。

 これまでも、新型プリウスの外見・内装・性能などの情報を、まだまだ数ヶ月も先の発売であるにも拘らず、かなり流出させてきたトヨタ。

あたかも「もうすぐ、こんなに良いものが出ますよ。だから(インサイトを購入せずに)待っていて下さい。」と言っているような感があります。

 しかしながら、排気量拡大・車体大型化・性能向上に加え、新型になる度に値上げを繰り返してきた経緯から、新型プリウスは250万円くらいからの価格設定になるのではないかと噂され、「新型プリウスが出るのは知っているけれど、どうせ高くて買えない。」とでも思われてしまったのでしょうか、189万円からの価格を訴求するインサイトの好調な売れ行きを食い止めるには至っていなかったようです。

発売後一ヶ月で、インサイトは18,000台の受注を得ました。その中には、新型プリウスを待ちきれずに、もしくは新型プリウスは高額そうだからと、インサイトを購入したお客様もいらっしゃったかも知れません。新型プリウス発売まで、まだあと約二ヶ月あります。この状況を放置しておくことは出来ない。トヨタは、そう思ったことでしょう。

 ついに、5月中旬に発売予定の新型プリウスを205万円からの価格設定にすると、今月発表してしまいました。今まで流してきた新型プリウスの情報に、価格まで加えてしまうとは、もう発売したも同然?注文書も作成可能?前回、現行プリウスのオーダーストップが早すぎるような気がすると申しましたが(2009年2月 新車乗用車販売台数ランキング(軽自動車と輸入車を除く)について)、この価格発表とも関連がありそうです。

 インサイトとの価格差16万円。自動車は数年間使用します。5年間使用すれば、年間32,000円の差、一ヶ月約2,667円高い計算となりますが、これくらいなら、新型プリウスであれば、インサイトとの燃費の優劣で解消可能かも知れません。また、200万円以上の買物をしようというお客様にとっては、物が良ければ、あと16万円は、出せる金額ではないでしょうか?

 これにより、新型プリウスも見てから、インサイトと比較検討するというお客様も増えるに違いありません。更にトヨタは、2011年には200万円以下の新型ハイブリッド車を発売すると追撃ちもかけてきました。おまけに、廉価版として新型発売後にも継続販売されるという現行プリウスも、新型が205万円であれば、当然インサイトと同じくらいの価格となることが予想されます。

 トヨタが、ハイブリッド・カーに関して、攻勢に転じます。守勢にまわるホンダは、どう迎え撃つのか?

 そして、中古車相場への影響は?新型プリウスの新車が205万円であることを基準とすると、その納期にもよりますが・・・・・・。そのお話は、弊店店頭にて。
にほんブログ村 車ブログへ 

ホンダ インサイト復活について

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg 希少車ですので、ご存知無い方もいらっしゃるかと思いますが、10年前の1999年、当時世界最高の低燃費を誇る量産ガソリン車がホンダから発売されていました。

 徹頭徹尾、低燃費に拘泥したその車は、1000ccガソリンエンジンと電気モーターのハイブリッドシステム、アルミフレーム、2ドアハッチバッククーペボデー、樹脂製フロントフェンダー、5速MT(CVTも設定あり)を採用。乗車定員さえも2名に抑え、空気抵抗軽減の為、リヤタイヤまでホイールスカートと呼ばれるカバーで覆っていました。その結果、車重820kg、Cd値0.25という軽量かつ空力に優れた車体を得、10・15モード35km/Lを達成。驚くべきことに、発売から10年後の今でも、トップクラスの低燃費です。

 その車の名は初代インサイト(ZE1型)。冒頭、希少車と申した通り、発売された1999年から2006年の生産中止までの販売台数は、世界全体で約17,000台。国内において同社のフィットが、1ヶ月で達成可能な台数しか売れませんでした。

 実用性に乏しい2シータークーペのリヤタイヤを隠した奇抜なスタイルで、当時のシビックやインテグラのような動力性能も無く、排気量にしては割高となる本体価格とあっては、多くのお客様の心をつかめなかったようです。2008年夏頃のようなガソリン価格高騰という背景でもあれば、トヨタのプリウス同様、販売台数の激増もあったかも知れませんが。

 そんな旧型の販売実績からすると、どうもホンダは、それ自体での商売の成功は諦めて、環境にやさしいハイブリッド車、世界最高の低燃費車を持つメーカーであるというブランドイメージの向上を主としていた感があります。NSXばりのアルミフレームに、リヤホイールスカート付の独特なスタイルなんて、こんなに面白い車は他には無かったのに、売れるようにしなかったなんて、勿体なかった気がします。そのままのスタイルを上手く延長して4ドアにしていたら、燃費こそ落ちるものの販売台数は増加していたかも?

 ・・・・・・と、新型インサイト(ZE2型)の発表にあたり、懐かしい旧型インサイトに思いを馳せてしまいました。今回は、実用性の高い5ドアハッチバックとし、アルミフレームなどの凝った造りは止めてコストを削減、販売価格を抑えて、割高感の強かったハイブリッド車を、ハイブリッドではない1800cc車クラスの価格である189万円で売り出すとは、売る気マンマン。燃費こそ10・15モード30km/Lと、旧型インサイトやライバル視されているハイブリッド車プリウス(G&S系グレード)より、リッターあたり3〜5.5kmほど劣りますが、プリウスより40万円以上安価であるのは、かなり魅力です。

 「環境、環境といっても高いと買っていただけない。魅力的な価格と、企業として経営できる価格を実現した。低価格のハイブリッドはインサイトが最初だ。」と語る、新型インサイト発表会見でのホンダ社長の記事を目にした時、かつて初代プリウスが発売された頃、トヨタ店の営業スタッフが、「プリウスは値引きが出来ない。コストが掛かり過ぎて、この価格では割に合わないところを、世に広める為に無理をして売っているから。」と言っていたのを思い出しました。それはきっと、初代インサイト販売時も同様であったと思いますが、採算の合わないようなハイブリッド車を、長きにわたって作り続けたトヨタとホンダには、先見の明があったということでしょう。今のハイブリッド人気、よほど良い電気自動車が出現するまでは、続きそうですし。

 日の目を見て、更に発展するであろうハイブリッド車市場で競う、プリウスとインサイト。前述の新型発表会見において、軽量、コンパクトな5ナンバーサイズ、ハイブリッドを感じさせない走りのインサイトは、プリウスとは領域が違うので競合しないとするホンダに対し、競合を予見し、現行プリウスに廉価版を登場させ、新型プリウス発売後にも新型と旧型を併売するという異例の対策を採るトヨタ。どちらの読みが当たるでしょうか?個人的には、競合するというトヨタの読みに賛成ですが、はたしてどちらが多く売れるのかは・・・・・・。
にほんブログ村 車ブログへ 

王者プリウスVS復活のインサイト

75a32f5c.jpg
 世界的にハイブリッド車市場を席捲しているトヨタの「プリウス」に対抗すべく、ホンダは、絶版となっていたハイプリッド車「インサイト」を、新型ハイブリット車として復活させる模様です。

 なんでも、現状ホンダのハイブリッド車は、全車種を合算してもプリウス一車種の4分の1しか売れていないそうで、その要因とされるハイブリッド車専用ボデーではなかったことを克服、専用ボデーをまとい、更に価格をハイブリッド車中、世界一安価として勝負するとのこと。

 記事では、その新型インサイトの形が、プリウスに似ていると批評しておりますが、皆さんはどう思われるでしょうか?(新型インサイト画像→livedoor ニュース)確かに、今やハイブリッド車の代名詞のようになっている、その形を真似れば、一目でハイブリッド車と認識させやすく、売る為の作戦としては上策かと。

 顔は別として、屋根の中央が盛り上がった、おむすびのような形が似ているようにも思われます。といって、過去にはホンダさんのストリームに似ていると思われる車を、トヨタさんも発売しましたし、似てる似てないという辺りは、ある程度どのメーカーもお互い様なのかな?
にほんブログ村 車ブログへ

ハイブリッドカー自作キットが近日発売!?

ブログネタ
車/バイク に参加中!
75a32f5c.jpg
 そんなニュースが目にとまった時、そのようなものが自作出来る訳が無い、おもちゃの話だろうと思いました。

 ところが、写真を見ると、けっこう大きそうです。おまけに、なかなか斬新なデザイン。こういう車は、おもちゃにしろ、これくらい未来的な雰囲気で攻めたほうが良さそうだしな〜などと感心しつつ、動画も見てみると・・・・・・外国ですが、人が乗って公道を走っています。

 どうやら、おもちゃのほうではなく、自動車のほうのカテゴリーに属するものらしい。でも、自作キットって、どこまで自分で作るのでしょうか?エンジン、ミッション、ボデーなどが、バラバラで配達されてきても、それなりの設備や工具がなければ、普通の人には組み立てられなさそうな気がしますが。

 それなら、完成品を販売したほうが・・・・・・と思ってはいけないのかな?日本の車検制度には対応するのかな?などと、車屋の視点から、いろいろ考えてしまいました。

 そして、ハイブリッドカーなど電力により走行する車の話題で思い出すのが、やっぱり、「なんちゃってエンジンサウンド発生装置」のこと。どうせなら、フェラーリーV12サウンドや、アメリカンV8サウンドなどのバリエーションもあるといいかも!?いかがでしょう、英ロータスエンジニアリングさん。
livedoor ニュース
なんちゃってエンジンサウンド発生装置について
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ
ハイブリッド車ってどうなのよ?

なんちゃってエンジンサウンド!?

ブログネタ
ガソリン価格 に参加中!
75a32f5c.jpg
 昨今のガソリン高騰や環境問題も追い風となり、ますますハイブリッド車が流行となっているようですね。しかし、それに伴い今度は、電気により走行している車はエンジン音などが無く、特に視覚障害者のかたにとって接近を察知しにくい為、危険であるとの指摘が出て来たそうです。

 そこで、英ロータスエンジニアリングというところが、電気自動車やハイブリッドカー向けに車外騒音発生装置なるものを開発したとのこと。静かな電気モーターで走行している時に、車速信号やスロットルペダルの動きまで考慮して、あたかもガソリンエンジンで走行しているようなリアルなエンジン音を発生するらしいです。

 それにしても、今まで削減しようとしていた音を、今度は作り出さねばならないとは・・・・・・。

 かつてターボ車全盛の頃、ターボが付いていないのに、ターボ車特有のプシュッというブローオフバルブの音を出す、なんちゃってブローオフバルブというような装置がありましたが(今でもあるのかな?)、そんな装置と比較して、時代を感じてしまう今日この頃です。
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ
ハイブリッド車ってどうなのよ?
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ