ブログネタ
ひとりごと に参加中!
75a32f5c.jpg
 随分以前からTVの「暴れん坊将軍シリーズ」は知っていた。断片的に観たことはあったかも知れないが、一つの話を最初から最後まで、きちんと観た記憶は無い。これが初めてである。わくわくしながら、観ていた。
 
 時代劇によくあるパターンが展開される。悪代官が悪徳商人と結託し、私腹を肥やす為の悪だくみを実行する。その過程で善人が犠牲となってしまう。悪代官と悪徳商人は、どこに持っていっても立派な悪人となり、成敗される大義名分を負う。徳田新之助こと将軍吉宗(松平健)の奥底から悪を許さぬ心が沸騰する。

 夜、悪代官の屋敷において、悪代官と悪徳商人が、悪だくみの成果と今後の展開について談合している。皮算用に満足な悪代官が笑う。「はあっはっはっは。」

「そうは上手く行くかな。」エコーのかかった声が聞こえ、貧乏旗本の三男坊の姿をした将軍吉宗が現れる。

「貴様何奴!」凄む悪代官に、平然と吉宗が言い放つ。「余(よ)の顔を見忘れたか。」、「余だと・・・。はっ、上様〜!」将軍と気付き、平伏する悪代官。吉宗に悪事を暴かれ、「潔く腹を切れ。」と一喝される。

「ええい、上様が、斯様な処に来られる訳が無い。曲者じゃ!」開き直る悪代官。「出合え!出合え!」瞬く間に悪代官の家臣多数、刀を抜き吉宗を囲む。吉宗も刀を抜く。カチリと刀身を返し、峰打ちの構えをとる。

 ここで、聞き覚えのあるBGM。いかにも時代劇らしいストーリーである。素晴らしい。嬉しくなって、隣で観ている妻に話し掛ける。
「吉宗は、柳生新陰流免許皆伝の腕前だから、強いよ。」
「ふーん。」
暴れん坊将軍(というよりも松平健?)が好きという妻に、ウンチクを垂れてみたが興味が無さそうである。じっと画面を観ている。

「おい、ちょっと。」
「なによー。」
「ほら、このズビュッという効果音。この忍者達、切ってるよ。」
「そうよ。いつも。」
「吉宗に向かって行ったのは峰打ちなのに、忍者に向かって行ったら切られちゃうんだ?!」
「悪い奴は切られちゃうの!」
「切られちゃうのって・・・・・・。」

 吉宗と御庭番に家臣達をみな倒され、遂に立っているのは悪代官と悪徳商人の二人となった。「成敗!」吉宗が命じると、御庭番達は、悪代官と悪徳商人を切る。悪人達は、絶命した。 亡くなった善人は、悪人の死によって浮かばれ、勧善懲悪なエンディングで幕をとじた。

 ふと思う。あの御庭番に切られた家臣達は、主人の悪事を知っており、それに加担していたという自覚があったのであろうか・・・・・・。例えれば、社長の悪事を知らずに、ただ会社に忠誠を尽くした普通のサラリーマンなのでは?それに、同じく勇敢に戦ったのに、峰打ちと、刃で切られるのでは、運、不運の大きな違いを感じるな〜。

物思いにふけっていると、妻が言う。
「お昼ご飯、何にする?」
そうだ、この妻のように、そういうことは考えないほうが良い。世の中は、もともと不平等で、そういうものだ。
「ラーメンが、いいかな。」
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ