アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

スーパーカー

ホンダ、次期「NSX」開発中止について

ブログネタ
車について に参加中!
75a32f5c.jpg V型10気筒の新エンジンを搭載したその姿を来年には拝める予定であった、国産スーパーカーの次期NSXですが、ホンダは、その開発を中止したとのことです。

 クルマ好きアラフォー世代の私にとってホンダは、「高性能エンジン」、「VTEC」、「走り」、「F1」、「レース」、「レーサー系バイク」などというイメージばかりが先行してしまうメーカーです。きっとホンダも、世界中に、そのようなイメージを抱かれるのは望むところであったと思います。

 しかし、そのようなものは、もう時代ではないようですし、F1を撤退し、次期NSXの開発もヤメてしまったとあっては、これからは「エコ」、「高級」、「ミニバン」、「軽」などというイメージのホンダを目指すのでしょうか?ちょっと淋しく感じます。

 現在の世界的な自動車不況の煽りを受けては、あくまでも商売だから致し方ありませんが・・・・・・。
 
 納車まで1年待ちから最長5年待ちとまで言われ、初期の頃、すぐに中古車オークションに出品したら、店頭価格の倍近くで落札されたという伝説を持つ、NSX。嗚呼、そんなバブル景気よ、再び!

http://news.livedoor.com/trackback/3947589?tc=969e37ec9dc2ff725fddc39028a0677d
にほんブログ村 車ブログへ 

或る自動車屋の小学生時代

ブログネタ
車/バイク に参加中!
75a32f5c.jpg 先日、小学生に車の魅力・楽しさなどを訴求する授業を、トヨタが一部の小学校にて実施するというブログ(「トヨタ、需要への種まき!」)を書きましたが、書きながら、自身の車好きであった小学生時代が思い起こされました。

 小学生の頃、もともと幼い時分からミニカーなど車のおもちゃが好きだった私は、あのスーパーカーブームの直撃を受け、すっかりそれにハマってしまいました。なかでも傾倒したのは、スーパーカー・カードの収集です。学校の勉強に対する知識欲は、宿題をきちんとやった記憶が一度も無い程ですが、スーパーカーに対する知識欲は旺盛で、お小遣いのほとんど全てを、それに消費していました。

 スーパーカー・カードは、中身が見えない濃色の袋に入っており、封を開け、カード裏面に、「大当たりラッキーカード きみはついている。」というスタンプがあれば、カードを入れるスーパーカー・アルバムを貰えるという、クジの性格も有しておりました。自身で当てたものとカード収集に飽きた友人から貰ったもの、合わせて15冊程のアルバムを所有し、そのうち10冊くらいには、友人と交換し合い重複しないよう揃えたカードが、びっしり詰まっていました。

 そんなものを毎日眺めたり、3連丸テールのサニー・エクセレントクーペ1600GXや、シャークマスクのコロナ・マーク2ドアハードトップ2000GSSに乗ったクルマ好きな親戚のお兄さん達の話を聞いたり、そのお兄さん達から貰ったカー雑誌(当時のカー雑誌にはセクシーなグラビアがつきものでしたが、私の教育上、それは切り取られていました。)を読んだりして、スーパーカーだけでなく国産車に関しても、小学生としては、なかなかのクルマ通(ツウ)となっていたと思われます。

 ですので、当時、東京12チャンネル(現テレビ東京)で放送していた「対決!スーパーカークイズ」も、TVの前で高い正答率でした。写真やシルエットからスーパーカーの名前を当てる問題などは、スーパーカー・カードにあるものでしたら、ほとんど判りました。ただ、どうしてもエンジン音からスーパーカーの名前を当てる問題が出来ず、とても悔しかったと記憶しています。今思えば、聞いたこともない12気筒や8気筒のエンジン音から、小学生が何の車のエンジン音であるかなど判る筈もないですが。

 そして、「対決!スーパーカークイズ」が放送を終了した頃、スーパーカーブームは去り、時代はブルートレイン等を中心とした電車ブームへ。誰もスーパーカーの話などしなくなってしまい、クラスのクルマ博士としての権威は失墜しました。

 それからは、電車の写真を撮りに行く友人達に付き合い、大きな駅などへ行くようになりました。電車の知識を得て電車に詳しくなろうとも努力致しましたが・・・・・・スーパーカーのようには覚えることが出来ません。電車の写真を撮りに来ている一団の中で、自分だけは、いつまでもスーパーカーブームを引きずっているという疎外感にさいなまれていたものです。

 そんな電車ブームも、いつの間にか終焉を迎え、約30年後の現在、私はクルマ屋をしております。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ