アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

メルセデスベンツ

メルセデスベンツ AMG C43

ブログネタ
車について に参加中!
AMG C43 1998年式メルセデスベンツ AMG C43。スリーサイズは、全長4525mm、全幅1770mm、全高1390mm。サイズで比較すれば、ちょっと幅広ではあるものの、当時のマーク2やローレルといった国産ミドルクラスよりも小柄なクルマです。

 しかしながら、新車価格は、9,900,000円(消費税別)!国産ミドルクラスの約3〜4倍に匹敵していました。いくら「外車」で「ベンツ」とはいえ、このサイズで何故?

 理由の一番には、最高出力306ps(225kW)/5850rpm、最大トルク41.8kg・m(409.9N・m)/3250〜5000rpmという性能を誇る11346型V型8気筒4265ccエンジンを搭載していたことが挙げられます。ちなみに、300psを超える出力は、メーカー自主規制280psに縛られていた、この頃の国産乗用車には、通常では存在していませんでした。

AMG C43 エンジン AMG C43は、小さなボデーに、高出力なV8 4.3Lエンジンを搭載したことに、むしろ値打があるといってよいと思います。

 道路や駐車場が狭くて、大きな排気量のクルマを諦めていらっしゃったお客様に好いかも知れません。
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ

魅惑のメルセデス、AMG 600SEL

ブログネタ
車買取 に参加中!
AMG 600SEL 昭和後半に青春時代を迎えた私にとって、ベンツのSクラスといえば、W126型とW140型の印象が強いです。写真は、94年式W140型メルセデスベンツAMG 600SEL。現在は買収されメルセデスベンツの一部門となっているAMGですが、当時は別会社であり、そのモデルはメーカー公認チューナーの製作車という感じで、今よりも特別な存在とされていたと思います。そんな当時のAMGが、ベンツのフラッグシップモデルSクラスのトップグレード600SELを手掛けたのがこのクルマです。

AMG 600SEL エンジン エンジンは、AMG0097型 V型12気筒5980cc。車検証上のボデーサイズは、長さ5m21cm、幅1m89cm、高さ1m48cm。車輌重量2300kg。乗車定員4人。

 軽自動車9台分以上の排気量。4気筒エンジン車3台分の気筒数。8人乗りの国産ミニバンよりも、長く、幅広く、重いのに、たったの4人乗り。どんだけ贅沢!?

AMG 600SEL 内装 サイドウインドウは希少な2重ガラスとなっており、天井には大きなガラス製スライディングルーフがあります。ドアとトランクリッドには、半ドア状態まで閉めればモーターの力で完全に閉めてくれるイージークローザーを装備しています。

 シートやドア内張りの本革と、毛足の長いフロアカーペットから天張りまでクリーム色の内装は、標準ではなく、ワンオーナーである前オーナーがセレクトした仕様とのことで、それだけで何百万円??もするらしいです。ステアリング、ダッシュパネル、センターコンソール、ドア、リヤセンターアームレストなどに用いられたウォールナット材と相まって、とても豪華な雰囲気。シートは前席、後席とも電動調整式。

AMG 600SEL 内装(後) 当時まだ珍しい18インチアルミホイールを装着し、路面追従性能の高い足まわりも入って、車高も下がっているようです。テールエンドには、AMGロゴの刻印された四角い独特な出口形状を持つマフラーが、輝いています。

 まだAMGの正規代理店が無かった時代(※間違いです。既に、エーエムジー・ジャパン株式会社がありました。)の新車並行輸入車とのことですが、総額は2000万円を上回ったと思われます。エンジン、ボデー、内装、価格、あきれてしまうほど凄いです。

 あの頃は、夢のクルマだったけれど、省エネやエコロジーが叫ばれる昨今、手の届く範囲のものとなって来ました。なんと魅惑的なクルマでしょう!うーん、見ていると欲しくなってしまう・・・・・・。
にほんブログ村 車ブログへ 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ