ブログネタ
自動車 自動車調査 に参加中!
75a32f5c.jpg 
 日本自動車輸入組合より、2008年の車名別新車輸入車販売台数ランキングが発表されました。



1. VW ゴルフ 23,280台
2.  BMW 3シリーズ 17,809台
3. メルセデス・ベンツ Cクラス  14,427台
4. BMWミニ ミニ   12,744台
5. トヨタ タウン/ライトエース 10,908台
6. VW ポロ 9,829台
7. BMW 1シリーズ 7,220台
8. アウディ A4シリーズ 5,976台
9. メルセデス・ベンツ Bクラス 5,033台
10. メルセデス・ベンツ Eクラス 4,657台


 首位はVW ゴルフ。日本自動車輸入組合のホームページで2003年から公開されているモデル別ランキングでは、2003年〜昨年まで常にNo.1。強いですね。

 2位のBMW 3シリーズも、2003年以降では、2004年にトヨタ アベンシスに2位の座を譲り3位になった以外、2位をキープしています。

 3位は、上位の2台のように指定席という感は薄いですが、BMWミニが、2005年から2007年まで3年連続3位でした。

 全体的には、2008年の輸入車販売台数は、21万9231台の前年比マイナス17.3%という、惨憺たる結果。ピークであった1996年の42万7525台の約半分で、15年ぶりの低水準とのこと。

 それは、上記ランキング内の海外メーカーである、VW(フォルクスワーゲン)が前年比マイナス12.4%、メルセデス・ベンツがマイナス21.0%、BMWがマイナス23.7%であったという結果にも表れています。

 しかし、残るアウディだけは、このような状況下にありながら、プラス5.4%を達成。1967年の輸入開始以来、過去2番目に多い台数で、日本メーカーを除いた純輸入車市場シェア(乗用車)では、1998年のアウディ ジャパン発足以来、過去最高となる8.3%(前年は6.6%)を記録したそうです。

 最近のアウディ、バンパー下部迄に及ぶ巨大なフロントグリルにより、高級感というか、偉そう度というか、押し出し感というかがアップし、LEDポジショニングランプが新しい雰囲気で、カッコイイなと思っていたら、やっぱり売れていたんですね。

 それにしても、資料を見て、今更ながら、純輸入車って、ほとんどドイツ車なんだな〜と思いました。上記ランキング・ベスト10内の純輸入車は全てドイツ車ですし、ベスト20まで見ても、ドイツ車以外は、フランスのプジョー207と、スウェーデンのボルボ70シリーズのみ。いくら自国に世界一の市場があるとはいえ、ビッグ3といわれるメーカーの車が日本のベスト20に一台も無いのは寂しいな、アメリカ・・・・・・。
にほんブログ村 車ブログへ