ブログネタ
東京モーターショー に参加中!
75a32f5c.jpg
 今年の東京モーターショーには、トヨタからレビン・トレノ最後のFR(フロントエンジン・リヤドライブ)である通称86(ハチロク)を、ホンダからはCR-Xを、それぞれコンセプトとした小型スポーツカーが出展されていました。

 86レビン・トレノとCR-Xといえば、昭和末期から平成初期の峠やサーキットにおいて、1600cc NA(自然吸気エンジン)クラスの覇を競ったライバル同士。どちらの車名も既に生産中止となっておりますが、奇しくも20年以上の歳月を経た東京モーターショーにて、双方の流れを汲む車が出会うとは、感慨深いものです。

 トヨタ出展のFT-86は、あの86をコンセプトと謳うだけに、FRスポーツカー愛好者にウケを狙っているようです。東京モーターショー トヨタ出展車紹介ページにある FT-86 Concept スペシャルムービー(ゲーム グランツーリスモのCGのようです。)には、なんと、FT-86とAE86が揃ってドリフトする場面が!(かつての86乗りとしては、ちょっと感動したりして。)その意図するところが、伝わってきます。トヨタのボデーに、スバルの水平対向エンジンを搭載するアイデアも面白いですね。

 一方のCR-Zは、FR復古調なFT-86とは異なり、新たなジャンルの開拓を目論んでいるように見受けられます。ハイブリッドのスポーツカーという新ジャンルの先駆者となり、メーカーとしても、その代名詞となれるか注目したいところです。普通のハイブリッド車では、インサイトを復活させるも、プリウスを筆頭とするトヨタ勢に水をあけられた感のあるホンダですので、ここは一発、ハイブリッド・スポーツならホンダという観念を逸早く世に固着させ、リードしたいところではないでしょうか。ハイブリッド・スポーツが成功すれば、NSX・S2000・インテグラ&シビック タイプRを擁し、F1にも参戦していた、熱いスポーツカー・メーカーですので、NSXまでハイブリッドで復活させるかも??

 若者ばかりか、かつて車好きであったオヤジ達さえも、車に興味が薄れているように感じられるこの時世に、スポーツ系が売れるのか心配ではありますが、この2台が起爆剤となって自動車市場が賑わうようになればと思います。

東京モーターショー トヨタ FT-86 Concept 紹介ページ(スペシャルムービー)はこちら

東京モーターショー ホンダ CR-Z Concept 紹介ページはこちら

にほんブログ村 車ブログへ