アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アメ車

贅沢を遊ぶ、ラグレイト

ブログネタ
中古車 に参加中!
ラグレイト フロント 
 このクルマに接した多くの人が、「大きい・・・。」という第一印象を抱くのではないでしょうか?それもそのはず、長さ5105mm、幅1935mm、高さ1740mmというこのクルマは、国内において上級ミニバンといわれる、アルファード(長さ4865mm、幅1840mm、高さ1900mm)、エルグランド(長さ4835mm、幅1815mm、高さ1910mm)、エリシオン・プレステージ(長さ4920mm、幅1845mm、高さ1790mm)などよりも、長さと幅が一回り大きいのですから。

 これだけ大きければ、存在感を主張するのに、凝った意匠のヘッドライトやボデーラインなど不要です。奇を衒(てら)わない、直線を基調とした飽きのこないベーシックなスタイルで充分。強いて、大きさ以外に外見上の特徴を挙げれば、フロントグリルとバンパー中央が突き出て尖(とんが)っているところでしょうか。ホンダ高級車に多いデザインですが、威圧感のある顔つきが演出されています。全長、全幅の割には車高が低いので、エアロパーツを装着すると、スポーティにさえ見えます。

 それにしても、何故、こんなに大きいのでしょう?実は、このクルマは、ラグレイトという日本名の他に、オデッセイという北米での名前を持っています。北米版2代目オデッセイとして現地で生産・販売されていました。もともと北米サイズであった為、国産サイズより大きいものとなっているのです。

日本市場で爆発的に売れた初代オデッセイですが、北米市場においては、「サイズが小さい。」、「エンジンが非力。」といわれ、日本のように売れなかったそうで、2代目にモデルチェンジする際に、日本版2代目オデッセイとは異なる、冒頭のボデーサイズにパワフルなV6 3.5L VTECエンジンを奢った北米版オデッセイとして、このクルマが生まれたといわれます。(それでも、北米市場では、ミドルサイズだそうですが。)

ラグレイト 脱着可能キャプテンシート 
 写真は、平成15年5月初度登録のラグレイト エクスクルーシブ。同年4月に実施された最後のマイナーチェンジ(イモビライザーの標準装備化)を経たモデルです。翌16年4月の国内販売終了までの一年間に、何台販売されたのかはわかりませんが、ただでさえ流通台数の少ないラグレイトですので、希少な最終モデルといってよいかと思います。

 最終モデルは、インパネ内にイモビライザーのマークが点灯するかどうかの違いくらいでしか見分けがつきません※が、大きく前期と後期を区別する場合には、205psから240psへのエンジン出力UP、4速ATから5速ATへの変更、HIDヘッドライト採用(ハイ・ロービーム)、リヤディスクブレーキ採用、フロントグリルやアルミホイールのデザイン変更、エクスクルーシブに後席TV採用といった大改良が行われた平成13年11月のマイナーチェンジを境にするといわれています。※もしくは車体番号RL1-1400001以降が最終モデルだそうです。

ラグレイト 後席モニター
 当時の新車価格は、エクスクルーシブが消費税込4,383,750円、ベースグレードが3,963,750円。前者と後者の主な装備の違いは、本革インテリア※(シート/ドアライニング/シフトノブ)、ホンダ・インテグレーテッド モニターシステム(7インチワイドディスプレイ)ワイヤレスヘッドホン×2、リモコン+クリップ式リモコンホルダー、AV入力端子/音量調節機能付ヘッドホン端子×3の有無となっていました。※一部を除く

 大きなボデー、3.5Lエンジン、革シート、前席ナビ・TV・バックモニター、後席TVモニター、両側パワースライドドア、438万円という新車時価格と、かなり贅沢なクルマです。写真のラグレイトには、おまけで、エアロパーツ、DVD再生デッキ、ルーフキャリア&ルーフボックスも付いています。

2列目のキャプテンシートに座って、再生機能確認の為に、DVDビデオなんぞを見ていると、そこはかとなくラグレイトが欲しくなってきます。その他、特筆すべき点と致しましては、2列目シートが脱着可能なこと。2列目シートを取り外し、3列目シートに座れば、常人ならば、前席に足など全く届きません。更に3列目シートを床に収納すれば、布団を敷いて眠れそうです。ルーフボックスに荷物を入れて、2列目シートを取り外して旅行にでも出掛けたら面白いかな・・・・・・おっと危ない、ラグレイトの世界にハマりそうになってしまった。

 ラグレイトを選択された方は、大きなボデーサイズと、滅多に同じ車に出会わない希少性に、特に満足していらっしゃるようです。ホンダのミニバン系フラッグシップモデルでしたので、販売されていた当時にも、そこそこ人気はあったと思われますが、大き過ぎるのと高額であったので売れなかったという短所を、長所として捉えているようですね。

 ホンダのホームページでラグレイトを検索すると、「贅沢を遊ぶ。」、「贅沢のパフォーマンス。」、「贅沢な時間のために。」というインデックスがあります。
贅沢なラグレイトについて詳しく知りたい方はこちらへ
 今時、本当に贅沢なクルマのような気がします。ラグレイトの世界にハマらないよう、ご注意下さい。




人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ 

7000cc・511psでも、意外に低燃費?!コルベットZ06!

ブログネタ
アメ車 に参加中!
75a32f5c.jpg 一時期のガソリン価格高騰以来、低燃費のクルマが求められており、最近ではスポーツカーでさえ、昔のように「高出力だから燃費が悪くて当たり前。」とはいかないようです。

 そんな中、時代に逆行しているような、V型8気筒7000cc・最高出力376kW(511PS)/6300rpm・最大トルク64.9kg-m/4,800rpmという、いかにも燃費の悪そうな大排気量・高出力エンジンを搭載した、アメリカン・スポーツカーの雄、「コルベット」最強モデル「Z06」2009年モデルが発売となりました。
http://news.livedoor.com/trackback/3901023

 アメ車で、大排気量の、高出力な、スポーツカーです。燃費を悪くする条件を選んで組み合わせたような、このコルベットZ06ですが、実は意外にも、燃費が良いのです。

 と申しますのも、本年10月にイギリスで行われたエコラン大会「MPGマラソン2008」にて、ワインディングロードも含む一般道だけを約660km走り、30.96マイル/ガロン(約10.9km/L)を達成、なんと、燃費改善カテゴリー優勝の実績を収めていたのです。

 この大会は、単純に燃費の良さを競うものではなく、欧州のECE燃費データに対して、実走行でどれだけ燃費がアップしたかの「改善率」を競うものである為、ドライバーの匙加減がものをいい、Z06が優勝出来たともいえますが、それでも乗り方次第では7000cc・500psオーバーのマシンが一般道を(イギリスの道ですが)、リッター10km以上走ることが出来るなんて、なかなかではありませんか。

 私も以前には、社外タービンに交換した2000cc・400psオーバーのマシンに乗っておりました。当時、減るものは仕方が無いからと、燃費を計測したことはありませんでした(本当は燃費を知るのが怖かった??)が、リッター10kmは走らなかったと思います。

スポーツカーもいいなと思っていらっしゃる、余裕のあるお客様、コルベットZ06、いかがでしょう?ちなみに本体価格は、9,850,000円です。
にほんブログ村 車ブログへ 

キャデラックセビルのナビ外し

ブログネタ
車/バイク に参加中!
キャデラック セビル 大国アメリカの高級車ブランド、キャデラック。写真は1996年式AK34K型セビル。長さ5m21cm、幅1m89cm、車輌重量1760kgの巨躯ながら、1m39cmという、このクラスでは比較的低い車高の為、外見からは重厚というよりもむしろスポーティな印象を受けます。今でもカッコイイですね。

 しかも、このセビルをご売却下さいましたお客様は、なんともかわいいお嬢様。つい、ナビを外すのもサービスしますと言ってしまいました。(決して、それがサービスの基準という訳ではございません。只今、可能な限り、すべてのお客様のナビ外しをサービス致しております。)ということで、作業開始。

ノーススターエンジン まずは、なんとなく、モニターとVICS受光部から手を付けてみましょう。モニターはオンダッシュ装着の土台から簡単に外れますし、VICS受光部は両面テープをはがせばOK。が、問題はそのコード達です。それはグローブボックス下部へと伝わっています。ネジ3本で留まっているグローブボックス下部を開くと、コード達はドアとの境にある室内右端の内張りの中へ。連結しているセンターピラー内装カバーを引っ張って取ると、ドアとの境の内張りを外すネジが2本出てきました。それを外し、コード達を手繰って行くと、リヤシート座面下へ伸びています。リヤシート座面を外そうとしましたが、なかなか外れません。ここで転進。

 トランクルーム内にある本体に着手します。コネクター類を外すと、本体は簡単に取れました。残ったコード達を手繰る為、リヤシート背もたれ裏面のトランクルーム内装を外すと、トランク側を正面にしてヒューズボックスがありました。本体の電源コード達は、その裏へ向っています。これはもしかして・・・。早速、トランクルーム側にある、リヤシート背もたれを固定しているナット2本を外し、リヤシート背もたれをめくってみると、ここでした。電源を取っていたのは。車速の配線もあり、ECUもここにあるようです。AK34Kは、ここなんだ。

セビルのシート裏 コネクターなどで接続されていた電源コード類と、リヤシートヘッドレストの後ろにあったGPSアンテナは、引き抜いて外せました。最後に、上手くいかなかったリヤシート外しを、なんとか成功させ、モニターとVICS受光部を取ることが出来ました。コツは、リヤシート座面下部、左右にあるロック部を、奥へ強く押しながら、上に引くといった感じです。

 AK34Kにお乗りのお客様、ご参考になりましたでしょうか?
にほんブログ村 車ブログへ

カマロSS復活!同様に国産車も復活しては?

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg
 かつて、マッスルカーと呼ばれた類の絶滅していたアメ車達が、子供の頃あこがれた昔のモデルを彷彿させるデザインで復活致しますと、なんとなく嬉しいですね。今よりも、あの頃のほうが、車が好きだったな・・・・・・。

 フォード・シェルビー、ダッヂ・チャレンジャー、そして先月22日に発表されたシボレー・カマロなど。カマロは今月2日、最強モデルとなるSS(スーパースポーツの略)の写真が公開されましたね。→livedoor ニュース

 このようなアメリカのマッスルカー復活のニュースに触れますと、日本メーカーもトヨタ2000GTや、S30Z、ダルマセリカにセリカLB、ケンメリスカイラインにC130ローレル2ドアHTなど、特徴的なスタイルの旧車を現代版にリメイクして出してくれないかなと思ってしまいます。

 トヨタが一時、クラシック(トヨダAA型)やオリジン(初代クラウンRS型)を出しましたが、その時、やっぱり2000GTはトヨタにとって「禁じ手」なのかなと感じました。クラシックで本体価格800万円くらい、オリジンで本体価格700万円くらいだそうですから、2000GTとなると、それらの倍くらいしてもおかしくないですね。出たところで、買えはしませんが、存在したら面白いな。

 む、もしかして、メーカー各社、最後の禁じ手として、自社の名車復活計画を隠しているのでは?
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ