アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

スポーツカー

ポルシェな人々

ブログネタ
ポルシェ に参加中!
ポルシェ911カレラ黒
 前回ブログの湾岸ミッドナイトネタに登場した、メカニックのMさんとYさんですが、実は二人とも930型のポルシェ911に乗っています。

 そういえば、知人で「911乗り」って多いな〜と思い、数えてみると5人いました。「やっぱり、俺はポルシェって柄じゃねえな。フェラーリのほうが似合うな。」と、一週間で911ターボからF430に乗り替えた人などまで含めれば5人以上になりますが、現在乗っていない人は除いて。ちなみに全員、現役の車屋もしくは車屋であった人達で、女性である一人以外は、911乗りといえば、「※島達也」どころか、いにしえの「※早瀬佐近」まで知っている連中です。

ポルシェ911カレラ黒エンジン
 そんな、こよなくポルシェ911を愛する5人と、以前ポルシェ911の話をした際、印象に残った言葉をご紹介致します。


メカニックMさん(930型)
「空冷でなければ、ポルシェではない!気合で乗るんだ!」

メカニックYさん(930型)
「空冷、リヤエンジンでなければ、他にも沢山いいクルマは存在するので、ポルシェに乗る意味が無いかな〜。」

中古車販売店営業兼メカニックだったKさん(930型)
「兄貴のマシン(かつて私が乗っていた、SR20エンジンのT518Zタービン交換車)で、俺のポルシェについてこられるかな!?」

中古車販売店仕入部長Iさん(993型)
「俺のポルシェ買え。」

中古車販売店勤務Mさん(女性)(964型)
「昔つきあっていた彼氏が走り屋で、私もそういう車(スポーツカー)が好きになって・・・・・・。そして、元旦那は年収1000万円男で、ポルシェ911を買うと言ったので結婚したの。あれは、そのポルシェ。」


 「911乗り」の911に関する言葉とは、なんとなく、その人がどんな人か解るような言葉ではないでしょうか??

※島達也:漫画 湾岸ミッドナイトで、ブラックバードと呼ばれる964型ポルシェ911ターボに乗る人物。
※早瀬佐近:漫画 サーキットの狼で、ポルシェ911カレラRS2.7や、ポルシェ930ターボなどに乗る人物。
にほんブログ村 車ブログへ 

三菱(ダイヤモンドスター) エクリプス GSR-4について

ブログネタ
中古車 に参加中!
エクリプス前
 エクリプスGSR-4という、アメリカンなマシーンがあります。フロントには赤い三菱マークのエンブレムがあり、リヤガーニッシュには大きくローマ字で MITSUBISHI と書いてありますので、「三菱って日本のメーカーでしょ、どこがアメリカンなの?」と思われるかも知れません。

 ところが、近づいてドアを開けた時、いつもの国産車とは異質な光景を目のあたりにします。「あれっ?ハンドルが逆(左)だ。」「シートベルトが、こんな所(フロントピラー)から伸びている。」「スピードメータが180km/hではなく、240km/hまであり、MPHという表示もある。」などというように。

エクリプス内
 また、車検証を見ると、車名が三菱ではなく、ダイヤモンドスターとなっていることに気付きます。ダイヤモンドスターとは、かつて三菱がアメリカにおいて、クライスラーと共に設立した会社の名前。つまり、このマシーンは、アメリカで生産された逆輸入車なのです。アメリカンと申しても過言ではない内容を有しています。

 そのように、中身は殆どアメ車でありながら、三菱マークと MITSUBISHI の文字を誇示しているスタンスを、なんとなく素敵に感じます。他の日本メーカーにも逆輸入車はございますが、右ハンドルにせず、左ハンドルのまま持って来たのは、三菱とホンダくらいでしょうか。一説には、売れそうもなかったから、右ハンドルにするコストを掛けなかったともいわれておりますが、日本車なのに左ハンドルというのはインパクトがあり、面白いと思います。

エクリプス後
 いにしえのスーパーカーも採用していたリトラクタブルヘッドライト、高性能エンジンの搭載を連想させる左側が膨れ上がったボンネット、そしてダウンフォースを発生させる大型リヤスポイラーなどのエアロパーツ。それらを具有した3ドアハッチバック・クーペスタイルは、得体が知れない存在感とあいまって、速そうな雰囲気を醸し出しています。

 もちろん、雰囲気だけではなく、実際の速さもなかなかのもの。なぜなら、このエクリプスGSR−4には、あのWRC(世界ラリー選手権)で活躍したギャランVR−4や、ランサーエボリューションと同じ、名機4G63ターボエンジンが搭載されているのです。駆動システムも同様に、トラクションに優れた4WDが採用されています。

エクリプスエンジン
 生まれ故郷アメリカでは、兄弟車(プリムス・レーザーとイーグル・タロン)が沢山売れたらしいのですが、日本では希少車に属するようです。同じ車とすれ違わない、他人が知らない車に乗っている、比較的注目度が高いなどという満足感を充分味わえることと存じます。更に、前述の特徴を武器?として、有効的に活用出来るのではないかと考えてみました。
 
 たとえば、この車で、女の子を初めてドライブ・デートに誘うとします。車名は言わず、赤い三菱の車などとだけ伝えておくと良いでしょう。待ち合わせ場所へ到着しましたら、車を降り、車から少し離れて待ちます。やって来た彼女、まずは、名前も分からない、今では少数派のスポーツカーを見て、好印象とは限りませんが、少しは驚いてくれることでしょう。

 そのまま、自分は車から少し離れた位置を保つようにして、彼女が先に車へ向かうように仕向けます。三菱の車という前知識がありますので、おそらく自然と車輌の左側へ行く筈です。左ハンドルに気が付かないうちに、「あれっ、運転してくれるの?」と、とぼけてみましょう。

 彼女が、右側の助手席に座る際、変な所から伸びているシートベルトについて質問してきましたら、「じっとしてて。」と言い、おもむろにイグニッションをひねります。突然、フロントピラーからセンターピラーへ移動し始め、体を固定してくる自動装着式シートベルトには、かなり驚いてくれることでしょう。ついでに、「このシートベルトは、もう、外れないんだ。」と言ってみてもよいですが、怒って帰ってしまうかも知れませんのでご注意下さい。

 あとは、現在の日本車において、右ハンドルのオートマを普通であると仮定すると、この車は左ハンドルのマニュアルという異常な状態ですが、それを何事も無いようにスムースに運転しましょう。ただ、高速道路の料金所はETC付ですので大丈夫ですが、駐車券を取るような駐車場では、右側の彼女にお願いすることになります。彼女が、喜び率先して、駐車券を取ってくれるようになれば、前途は明るいかも?
にほんブログ村 車ブログへ 

ホンダ S2000、生産中止へ!

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg ホンダが、今年の6月でS2000の生産を中止すると発表しました。これで、また一つ、スポーツカーが消滅します。

 10年前の1999年、創立50周年記念車として約30年ぶりに、S600、S800の血統を受け継ぐオープンボデーのFR(フロントエンジン・リヤドライブ)スポーツカーを復活させたホンダ。

当時、「S(スポーツ)」を冠し、後ろに排気量を表す「2000」をつけるという、往年の名車にちなんだ名前を引っ張り出してきたあたりからして、これはヤル気マンマンだなと感じました。

とりわけ、市販の2000cc自然吸気エンジンで、最高出力250PS/8,300rpm、最大回転数9,000rpm、最大トルク22.2kg・m/7,500rpmを発生したエンジンには、ホンダの技術、VTEC恐るべしと思ったものです。

 S2000は世界64か国で販売され、全世界累計販売台数は昨年末の時点で11万台とのこと。そのうち国内販売台数が2万台。さて、これから弊店では、この2万台のうち何台を買い取り、再び流通させることが出来るかな?

 次期NSXは開発中止(ホンダ、次期「NSX」開発中止について)となり、S2000も生産中止に。残るホンダのスポーツモデルは、シビック・タイプRのみですが、この調子では、それも長くはなさそうな気がします。

 しかしながら、ホンダは、企んでいます。ハイブリッド・スポーツという、新しいジャンルを開拓しようと。来年発売予定である、噂のCR-Zが成功すれば、いつの日にか、ハイブリッド車や電気自動車となって、NSXやS2000が復活することもあるかも??
にほんブログ村 車ブログへ 

12月デビューの新型フェアレディZ、チラ見開始!

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg あの「Z」が再来月、モデルチェンジするそうです。最近のホンダと同じ戦法で、正式発表前の新型をホームページにて、チラッと公開し始めました。
新型フェアレディZ最新情報

 子供の頃、憧れていたS30Z、130Z、運転免許を取得した頃に販売していたZ31、典型的なロングノーズ・ショートデッキのスタイルが大好きでした。FRながらフェラーリのようなミッドシップエンジンを連想させるスタイルのZ32が出た時には、そのカッコ良さに驚きました。Z32以降、一時絶版車となっていたZのコンセプトカーとして後のZ33が出展された際にも、Z復活に心躍ったものです。

 そして今回6代目となるフェアレディZですが、先代Z33で初代S30Zに近づいたスタイルが、更にそれに近づいているように感じます。

 これは、漫画「湾岸ミッドナイト」に登場する「悪魔のZ」のS30Z型が、日本と世界のZファンを最も魅了するであろうという日産の読みでしょうか?売れる、売れないは別として、個人的にはS30Zへの回帰、賛成です!

 ちなみに、北米仕様(名称:370Z)は、11月19日のロサンゼルスオートショーでデビューするそうです。北米でもヒットするといいですね。
引用記事http://news.livedoor.com/trackback/3880516
にほんブログ村 車ブログへ 

Newオデッセイ発表!

ブログネタ
車/バイク に参加中!
75a32f5c.jpg 先月から「NEWオデッセイ スペシャル先行情報サイト」にて、チラ見させて頂いていた4代目オデッセイが、ついに発表されました。

 開発責任者がミニバンのスポーツカーたる存在を意識したというその姿は、先代の印象を残してはいますが、より鋭く攻撃的な雰囲気を漂わせているように感じます。

 走りのほうも、エクステリアに相応しく、走らせる歓びを存分に味わって頂くようなものになっているとのこと。

 そして、個人的に最も気に入ったのは、そのTVCM。ビージーズのステイン・アライブをBGMに、「いいクルマが好きだ。男ですから。」とのコピーが流れる。景色はフロントガラス越しの暗いワインディングロードのみ。クルマの姿は一切映らない・・・・・・。

 正直、オヤジ心が浮足立ちました。クルマが大好きだったことを思い出しました。若者達ばかりでなくオヤジ達にもクルマ離れが懸念されている昨今、こういうCMを作るとは、ホンダさんも市場活性化に頑張っていらっしゃいますね。

http://news.livedoor.com/trackback/3861167
NEWオデッセイ情報サイト
人気ブログランキングへ

スイスで高級車・大型車禁止令、制定なるか!?

ブログネタ
車/バイク に参加中!
75a32f5c.jpg 自動車メーカーを驚かす法案が、スイスで国民投票にかけられそうです。スイスの緑の党が直接民主主義における国民投票に必要な署名を集め、1km走行あたり二酸化炭素排出量250グラム以上のクルマを使用禁止とする法案を提出したというのです。

 250グラム以上といえば、「現地走行モードでガソリン燃費が1リットル当たり10km以下。V6の3リットル以上の大型車がほぼ対象となる」(業界関係者)とのこと。フェラーリ、ポルシェ、アストンマーチンなどの高級スポーツカーや、ハマーのような大型SUVは、もちろんヤバいです。

 スイスはモナコなどに次いで、そのような車を購入出来る富裕層の比率が高いらしく、「じつは環境問題よりも階級闘争的な意味合いが強い。むしろ、大衆が富裕層への反感のため、こぞって投票する可能性が高い」(欧州の業界関係者)という状況で結果は未知数だそうです。

 環境問題は重要ですし、一庶民として富裕層に対する気持ちも分かりますが・・・・・・。立法制度の異なる外国のこととはいえ、自動車業界人として、考えさせられるニュースです。
livedoor ニュース
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ

お父さんの味方、ランサーエボリューション!

ブログネタ
三菱 に参加中!
ランエボ トミマキ ランサーエボリューション・マニアいわく、パワーウィンドウやオートエアコン標準のGSRグレードにおいては、エボ6よりもエボ5の方が走りが良いという。理由は足まわりが、エボ5の方がターマック(舗装路)向けのハードなセッティングになっているからとのこと。

 ちなみに、写真のランエボは、エボ6のトミーマキネン・エディション。マニア好みなエボ5仕様のハードな足まわりを標準とし、車高も10mm下がっています。フロント部にダウンフォースを発生させるカナード形状の専用バンパーは、インタークーラーなどに走行風が沢山当たるよう、フォグランプを廃してまで開口部を広げられ、インテーク用に丸いダクトも追加されています。アルミホイールは専用のエンケイ製17インチ、シートは同じ形状ですがトミーマキネンの文字が刺繍されています。

4G63ターボ その他、コンプレッサー側の羽根とサイズを変更したチタンアルミ合金タービン採用により、最大トルク発生回転数を下げ、立ち上がりを良くしたり、ステアリングギアレシオを変更し、クイックな操舵性としたり、旋回時の燃料片寄りをさらに抑えた燃料タンクとしたりと、ベースのエボ6とは大幅に内容が異なる為、やはりマニアの間では、エボ6.5などと呼ばれ人気となっています。

 そして、それは私が小売をしていた頃、そんなマニアックなお客様がご来店された時のことです。そのお客様は、エボ5かトミーマキネンエディションを探していらっしゃるとのことでした。年齢30代後半で、お子様がお二人。奥様を説得し、やっとのことで、「4ドアセダン」購入を了解してもらったそうです。

 その奥様は?と尋ねると、クルマには興味が無いので家にいるとのこと。私のかみさんなんか旦那がクルマ屋なのに、クルマに興味が無いんですよと相槌を打ちながら、
「あっ、もしかして、奥様に、その4ドアセダンがランエボであるということは・・・・・・。」

お客様の顔に不敵な笑みが浮かびました。
「もちろん、言ってない。」
 
 おおっ、これは久々に頼もしいお客様だと思いつつも、いくら4ドアセダンであるとはいえ、まさか、こんな形の車とは思ってないのでは?本当に大丈夫なのですかと念を押す。
「大丈夫。ウソはついていないし、しっかり約束したよ。」

ランエボ青 それからトントン拍子に商談が進み、ご契約頂きましたが、最後にひとつお願いをされました。
「リヤスポイラー、外してくれる?」
「ええっ!?あっ、それならGTウィングでもお付けになるんですか?」
「いや、なるべく普通の車に見せたいのでね。」

 数日後、フロントバンパー開口部から覗くインタークーラー、エアダクトの開いたボンネット、ふくよかなブリスターフェンダーに、リヤスポイラー以外のエアロパーツをまとった普通の車?は、店頭にて納車されました。

 納車当日にも奥様はいらっしゃいませんでした。小学生くらいのお子様がお二人、納車されたランエボの後部座席に飛び乗り、楽しそうにしています。

 お見送りしながら思います。ランエボよ、お父さんの、仕事や家族サービスに対するモチベーションを高め、幸せな家庭を築くことに貢献するんだぞ・・・・・・ご自宅の奥様、現物を見ても、どうか怒らないで下さい。

若年層の自動車離れ

ブログネタ
車について に参加中!
75a32f5c.jpg
 自動車に関する調査が行われ、20代男女の約3割が「自動車に興味を持ったことがない。」とのこと。若者の車離れを如実に示す結果ですが、既に、多くの車屋さんは、それを肌で感じておりました。個人的には、むしろ3割で済むの?とさえ思います。もっとも、いくばくかの興味があったとしても、残りの7割が皆、車を購入するとは限りませんが。

 若者の車離れについては、その因果関係などを考察したコメントも多数あり、今更の話ですので、私は、同調査における自動車に興味を持ったきっかけとして、「父親の影響」が男女とも19.5%であり、「友人の影響」が男性22.6%、女性32.6%であったという点に着目致しました。

 父親の影響で車に興味を持つ子供が約2割です。お父さん、子供達に車の話をしてあげたり、車でいろいろなところへ連れて行ってあげて下さい。最近は、若者だけではなく、「オヤジのクルマ離れ」も、かなり進行してしまっているのではと感じています。車に対する、かつての情熱を取り戻して下さい!

 車好きの男子・女子、お友達をドライブに連れて行って下さい。ちなみに、男子諸君、車内は女子と二人きりになるチャンスでもあります!臨機応変の字のごとく、機に臨み変に応じて適宜な手段を施されたし。車種はテストステロン値をグングン上昇させるスポーツカーがいいかも!?→テストステロン値について

 そのような草の根活動により、自動車に興味を持つ人が増え、販売台数も増えれば、関係する商売である、売買、整備、修理、オーディオ、コンピューター、保険、輸出、輸入、鉄、アルミ、ゴム、プラスチック、布、革、ガラス、塗料、石油、道路、駐車場などに携わる人から、国(税金など)まで含め、多くの人々の収入を増加させてくれるはず。

 その儲かったお金で、自動車を原因とする環境問題を改善したり、他業界の製品を購入して他業界も潤えば、いいのになと思います。
livedoor ニュース
にほんブログ村 車ブログへ

スポーツカーのエンジン音で女性は興奮する!?

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg
 スポーツカー好きな男性に朗報です!海外のある保険会社が委託した研究において、スポーツカーのエンジンサウンドが女性を興奮させると、科学的に証明されたらしいのです。

その実験によると、スポーツカーのエンジンサウンドを聴くと、性的興奮を測る基準でもあるテストステロン値が男女とも上昇し、特に女性は著しく上昇するとのこと。

 これはもう、全国のお父さん、スポーツカーに乗るしかない!?

 実験に使われたのは、イタリア車のマセラティ、ランボルギーニ、フェラーリ。なかでも、マセラティのエンジンサウンドが一番効くとか。でも、普通のお父さんには、ちょっと手が出せない車達ですよね。

 しかし、同じスポーツカーなら、国産だって、そこそこイケるはず!今ではすっかり元気の無くなったお父さんだって、昔、スポーツカーに乗っていた頃は、お母さんのテストステロン値をグングン上昇させていたに違いありません。まだまだ!

 また、別な視点から、アメリカでの調査において、10人中9人近くの女性が、ポルシェに乗っている男性よりも、ハイブリッドカーに乗っている男性と話したいと思っているという結果があり、こちらのデーターも捨てがたい。

 そうすると、乗って頂くまでの端緒は、環境問題を考慮したハイブリッドカーにアドバンテージがあり、乗って頂いてからは、女性に原始的な生理反応をもたらしてくれるスポーツカーにアドバンテージがあるということ?

 つまり、これらの実験、調査結果からすると、ハイブリッドカーに、マセラティのエンジンサウンドを発生させる装置をつければ最強という結論に至ります?!

 ここはひとつ、やはり、英ロータスエンジニアリングさんに、「なんちゃってエンジンサウンド発生装置」(→なんちゃってエンジンサウンド発生装置について)の「マセラティサウンド版」を作ってもらわねば。そうすれば、環境にやさしく、お財布にやさしく、歩行者にやさしく、女性にもやさしい?、お父さんの夢の車が生まれるかも??

 詳しくはこちら→livedoor ニュース
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ
ハイブリッド車ってどうなのよ?

リッター29kmの低燃費で、最高速度は320km/hのスポーツカー!?

ブログネタ
車について に参加中!
75a32f5c.jpg
 技術の進歩は素晴らしい。そんな車が来年発売されるなんて。どこのメーカーの、なんという車だろう? Trident Iceni って、トライデントは、どこかで聞いたことがありそうな名だが、車名はなんと読むのだろう?

 それにしても、かつては、時速320km(約200mile/h)をねらうなら、「地獄のチューナーこと北見さん」がしたように、L28(日産のエンジン)のボア(内径)を目一杯拡げ、タービンを二機掛けるくらいのことをして、大量のガソリンを消費せねばならなかったのに、ある一定の条件(時速約110km/hで走行)でのリッター29kmとはいえ、その気になれば、時速200マイルも出せるし、リッター29kmでも走れるなんて、凄い!

 車の形も、まるで造形美術品。特に、屋根からリヤガラスにかけてのデザインにおいては、視覚的アピール度バッチリ。性能からして、このくらいの大胆さは、あってもいい。ヘッドライトだけ、もうちょっと、なんとかならないのかな?

 燃料は、バイオ燃料を使用とあるが、普通のレギュラーガソリンでも走るのかな?

 でも、販売価格1500万円って、・・・・・・ガソリン代が年間30万円としても、50年分!?それなら、安い車を買って、燃料代をそこそこ払ったほうが・・・・・・。

 以上、この記事を読んだ感想です。→livedoor ニュース

 後に調べてみたのですが、「Trident Iceni」は、トライデント アイシーニと読むらしいです。トライデントはイギリスのメーカーで、アイシーニは辞書で調べると、イケニ族(イングランド東部に住んでいた部族 A.D.61年にローマ人と戦った)とありました。イタリア車に対抗する心意気を込めた名前なのでしょうか?

※「地獄のチューナこと北見さん」は、「湾岸ミッドナイト」という漫画に登場しております。比喩として用いましたが、良い子は、マネをしてはいけません。決して、公道で320km/hねらわないように。交通ルールを守りましょう。
にほんブログ村 車ブログ 走り屋(車)へ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ