アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ターボ

マニュアル車祭り 追加編 その3!

 先月、たまたまマニュアル車が5台揃ったことにより、思いつきで始めたマニュアル車祭りですが、東京23区内の弊店におきましては、マニュアル車は、もうそんなに集まらないであろうと思っておりました。

  ところが、その後4台追加となり、更にキャンペーン終了直前になって、珍しい車が入庫致しました。


マーク2ツアラーV5MTマーク2 ツアラーV 純正5速MT 1JZターボエンジン 車検平成24年1月19日迄 フロントエンジン・リアドライブ 純正アルミ ディスチャージヘッドライト 純正リアスポイラー 走行1.5万km ワンオーナー 


 上の写真をご覧になられて、いわゆる100系のマーク2ですので、どこが珍しいの?と思われるかも知れませんが、この車、平成9年式でありながら、走行距離が約1.5万kmなのです。しかも、5速MT、ターボ付エンジン、フロントエンジン・リヤドライブという改造されやすい条件の揃ったツアラーVでありながら、社外マフラーや社外アルミさえも入っていない、ノーマル状態。サンバイザーやドアの内張りには、新車時のビニールカバーまで付いています・・・・・・。

 このような車が入庫してしまっては、マニュアル車祭りを継続するしかありません!ということで、3月末まで継続することと致しました!

 お問い合わせは、プロフィールにもございますが、
「アップル板橋環七店 〒173-0037 東京都板橋区小茂根4-10-6  TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間10:00〜20:00 水曜定休日」まで。

 何卒宜しくお願い申し上げます。

※売約済となりました。

マニュアル車祭り 追加編 その2!

 好評開催中のマニュアル車祭りに、また1台、マニュアル車が加わりました。

アウディA41.8Tクワトロアウディ A4 1.8Tクワトロ 5速MT 4WD ターボ ディーラー車 左ハンドル 走行19.1万km 車検ごと以上の点検記録有り 車検平成23年2月5日

 
 
 お問い合わせは、プロフィールにもございますが、
「アップル板橋環七店 〒173-0037 東京都板橋区小茂根4-10-6  TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間10:00〜20:00 水曜定休日」まで。

 何卒宜しくお願い申し上げます。

※売約済となりました。

アルファロメオGTVのETC取り外し作業

ブログネタ
車/バイク に参加中!
アルファロメオGTV
 1996年式アルファロメオGTV 2000ccV6ターボ 左ハンドル 5MTが入庫致しました。お客様とのお約束で、ETCを取り外し、お返ししなければなりません。アルファロメオGTVの内装をバラすのは初めてですが、さて、やってみますか。

 まず、グローブボックス内に設置されたETC本体から、センサーのコードと電源コードを外してみる。外したコード達は、ダッシュボードの奥へ向かって伸びている。イグニッションまわりには、それらしきコード類が見当たらないので、おそらく電源はオーディオ裏の配線から取っているのであろう。そこで、オーディオ、燃料計、時計、エアコンコントロールが付いているセンターパネル外しを試みる。

 とりあえず手前に引っ張ってみるが、しっかり固定されていて取れない。パチンとツメで引っ掛かっているような、微妙にぐらつく手ごたえが感じられない。こういう時は、どこかに隠しネジがあるはず。パネル上部のエアコン吹き出し口を引っ張ると外れた。隠しネジが2本ある。しめた、楽勝だな。ところが、そのネジを外しても、パネルは取れない。

 どうやって外すのだろう。シフトレバーまわりのセンターコンソールも外さなければならないのかな、そうなると面倒だ。悩んでいると、店舗の電話が鳴る。電話が終わり作業を再開し、また悩む。また、電話が鳴る。また悩む・・・・・・一時退却。

 別の方面から攻めることとする。フロントガラスに両面テープで接着されているセンサーをはがし、そのコードを手繰って行く。コードは予想通り、フロントガラスと天張りの間を伝いフロントピラーへと続く。ピラーのカバーは国産車のように簡単に外れた。コードは、ダッシュボードの中をくぐり、運転席フットペダル奥から、やはりオーディオの裏へ伸びている。

 ステアリングの下にもぐり、そのコードを手繰っていると、カーペット張りのフロアトンネル、アクセル脇とシフトレバー下方にビスを発見した。ビスで固定されていたフロアトンネル左側面が開かれると、オーディオ裏面が覗きやすくなった。

 覗きながら、一時退却したセンターのパネル外し作戦を練る。作戦成功のカギは、パネルが、どのように固定されているか理解することだ。が、まてよ。このパターンは・・・・・・。

 ここで初めて、私は、正面からオーディオを注視した。オーディオ本体の左右に、それを固定しているツメらしきものが・・・・・・。

 これは、アメ車やマツダなどの戦法!ここまでトヨタ、ニッサン系のオーディオ外し攻略法を用いてきたが、このパターンだったとは。エアコン吹き出し口の裏に隠しネジを見付けた時に、すっかりセンターのパネルを外すものと思い込んでしまったようだ。試しに左右のツメを同時に押しながら引っ張ると、オーディオ本体が出てくるではないか。
アルファロメオGTVのETC外し
 取り出したオーディオ本体裏の配線に、コネクターによって接続されていた、赤(ACC)、黄(常時)、黒(アース)のコードを外して引っ張ると、なんとか抜くことが出来た。それら3本のコードとまとめられていたセンサーのコードも引き抜けた。

 ということで、作業に入る前には、よく確認してからがよいですね。また、アルファロメオGTVにお乗りのお客様、ご参考になりましたでしょうか?
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ

チキチキマシーン

ブログネタ
今日の関心事 に参加中!
SR20T518Z
 子供の頃、「チキチキマシーン猛レース」というTVアニメが放送されておりました。ブラック魔王とケンケンというキャラクターは、今でも有名かと思います。ゴールを目指して11台の車(基本的には自動車の範疇であると思われますが、中には、むしろ飛行機に近いものもあったようです。)が、競争するというものでした。

 11台全ての車が、かなり個性的でしたが、とりわけ私が気になりましたのは、「岩石オープン」という車でした。名は体を表すと申しますが、その通り、岩石で造られたオープンカーです。乗員二人が乗れるよう、中央をくり抜かれた岩石に、岩石のタイヤが四つ、木製の車軸でついているという構造を有しておりました。

 そして、それは、どのような仕組であるのか不明ですが、乗員である二人の原始人達が、お互いの頭をこん棒で殴り合うことにより前進するらしいのです。(私の記憶ですと、追込みをかける際には、乗車したまま、車体後部をこん棒で叩いて加速することもあったかと思います。)そのような操縦法から考察するに、どうやら内燃機関が存在していないようなのです。

 今思えば、これぞ究極のエコカーでは!

 ・・・・・・燃料警告灯が点灯しているのを見て、今日の帰りはガソリンスタンドへ寄らねばと思った時、ふと、そんなことを考えてしまいました。

※画像と本文は関係ありません。

人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ