アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

モデルチェンジ

新型プリウス205万円!インサイトとの価格差16万円!攻めるトヨタ

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg ハイブリッド・カー販売競争において、好調なホンダ インサイトを足留めすべく、トヨタが大きく動きました。

 これまでも、新型プリウスの外見・内装・性能などの情報を、まだまだ数ヶ月も先の発売であるにも拘らず、かなり流出させてきたトヨタ。

 あたかも「もうすぐ、こんなに良いものが出ますよ。だから(インサイトを購入せずに)待っていて下さい。」と言っているような感があります。

 しかしながら、排気量拡大・車体大型化・性能向上に加え、新型になる度に値上げを繰り返してきた経緯から、新型プリウスは250万円くらいからの価格設定になるのではないかと噂され、「新型プリウスが出るのは知っているけれど、どうせ高くて買えない。」とでも思われてしまったのでしょうか、189万円からの価格を訴求するインサイトの好調な売れ行きを食い止めるには至っていなかったようです。

 発売後一ヶ月で、インサイトは18,000台の受注を得ました。その中には、新型プリウスを待ちきれずに、もしくは新型プリウスは高額そうだからと、インサイトを購入したお客様もいらっしゃったかも知れません。新型プリウス発売まで、まだあと約二ヶ月あります。この状況を放置しておくことは出来ない。トヨタは、そう思ったことでしょう。

 ついに、5月中旬に発売予定の新型プリウスを205万円からの価格設定にすると、今月発表してしまいました。今まで流してきた新型プリウスの情報に、価格まで加えてしまうとは、もう発売したも同然?注文書も作成可能?前回、現行プリウスのオーダーストップが早すぎるような気がすると申しましたが(2009年2月 新車乗用車販売台数ランキング(軽自動車と輸入車を除く)について)、この価格発表とも関連がありそうです。

 インサイトとの価格差16万円。自動車は数年間使用します。5年間使用すれば、年間32,000円の差、一ヶ月約2,667円高い計算となりますが、これくらいなら、新型プリウスであれば、インサイトとの燃費の優劣で解消可能かも知れません。また、200万円以上の買物をしようというお客様にとっては、物が良ければ、あと16万円は、出せる金額ではないでしょうか?

 これにより、新型プリウスも見てから、インサイトと比較検討するというお客様も増えるに違いありません。更にトヨタは、2011年には200万円以下の新型ハイブリッド車を発売すると追撃ちもかけてきました。おまけに、廉価版として新型発売後にも継続販売されるという現行プリウスも、新型が205万円であれば、当然インサイトと同じくらいの価格となることが予想されます。

 トヨタが、ハイブリッド・カーに関して、攻勢に転じます。守勢にまわるホンダは、どう迎え撃つのか?

 そして、中古車相場への影響は?新型プリウスの新車が205万円であることを基準とすると、その納期にもよりますが・・・・・・。そのお話は、弊店店頭にて。
にほんブログ村 車ブログへ 

エスティマ&エスティマハイブリッド、マイナーチェンジ!

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg スタイリッシュな高級ミニバン、エスティマがマイナーチェンジ致しました。フロントグリル・バンパー、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ、アルミホイールなどの変更により、イメージが一新されました。

 個人的には、マイナーチェンジ前の、なんとなくマスクを被った顔のように見える先進的で独創的なフロント部デザインを、現在の多くの人が受け入れられるデザインに変更したような気がします。段のついたような、ちょっと複雑なヘッドライトの造形には、洗練された新しさを感じますが、以前よりも普通のフロント部に見えます。

 トヨタ車には、独創さや、奇抜さよりも、多くの人が受け入れ易い最大公約数的デザインで上手くまとまっているという印象を受けていますが、そういう意味では、エスティマは一層トヨタ車らしくカッコ好くなったと思います。

 また、外装だけでなく、内装色の追加、ユーカリ茶木目調パネルの採用、レザーパッケージの設定などインテリア面も変更しています。
 
 気になったのは、アエラスレザーパッケ−ジとGに標準装備となった、運転席と助手席の快適温熱シート。ヒーターの温度分布の最適化により、肩や腰、脚部に心地よいぬくもりをもたらすというもので、今のような寒い時季にとてもよさそうです。

 メーカー小売希望価格は、消費税込2,740,000円から3,980,000円ですが、更に安全・快適となるオプションが多数存在します。全部付けたらオプションの金額だけで、軽自動車くらい買えそう?

 参考までに調べたところ、主なものは以下のとおりでした。標準装備もしくは装着不可となっているグレードやパッケージ装着車もあります。また、装着するグレード、パッケージ装着車によってオプション金額は異なります。なお、ナビ&オーディオ・ビジュアルは種類が豊富ですので、詳しい設定については販売店におたずねくださいとのことです。

★大型ムーンルーフ(フロント:チルトルーフガラス、リヤ:固定ガラス)& サンシェード(フロント:手動、リヤ:電動)は、85,000円〜89,250円。(※一部装着不可。)

★S-VSC(ステアリングアシステッド・ビークル・スタビリティ・コントロール)+ヒルスタートアシストコントロールは、60,000円〜63,000円。

★SRSサイドエアバッグ(フロントシート)& SRSニーエアバッグ(運転席)& SRSカーテンシールドエアバッグ(フロントシート・セカンドシート・サードシート)+上下調整式ヘッドレスト〈セカンドシート中央席(8人乗り)・サードシート中央席〉、リヤELR付3点式シートベルト〈セカンドシート中央席(8人乗り)・サードシート中央席〉は、78,000円〜89,250円。

★インテリジェントパーキングアシスト(駐車空間検出機能付)+ワイドビューフロント+サイドモニターは、80,000円〜84,000円。(※HDDナビゲーションシステムを選択した場合に装着できます。)

★プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)+レーダークルーズコントロール +レーンキーピングアシスト(LKA)は、481,950円〜459,000円(※3.5LのGのみ装着可。プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール+レーンキーピングアシストを選択した場合、トップシェードは装着されません。S-VSCを選択した場合に装着できます。なお、プリクラッシュセーフティシステムを装着した場合、センサーの装着によりフロントバンパーの意匠が変更となります。)

★パワースライドドア(イージークローザー・挟み込み防止機能付) デュアル(両側)は、50,000円〜52,500円。

★パワーバックドア(イージークローザー・挟み込み防止機能付)+6:4分割・電動床下格納機能付サードシートは、135,000円〜141,750円。(※一部装着不可。4WD車は、販売店装着オプションのスペアタイヤを選択できます。なお、販売店装着オプションのスペアタイヤと6:4分割・電動床下格納機能付サードシートは同時装着できません。)

★本革シート+ UVカットグリーンガラス(フロントサイド)〈撥水機能・IRカット機能付〉、ドアトリム(ソフトレザー)は、180,600円。(※3.5LのGのみ。)

★HDDナビゲーションシステム&エスティマ・パノラミックスーパーライブサウンドシステム+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター+アクセサリーコネクター(AC100V)、ガラスアンテナ(ダイバシティ・地上デジタルTV用)【ナビ】 高精細8型ワイドVGAディスプレイ(タッチ式)、Bluetooth®対応ハンズフリー機能、FM多重VICS、G-BOOK mX対応【オーディオ・ビジュアル】 DVD、MD、CD、AM/FM、地上デジタルTVチューナー、サウンドライブラリー、11スピーカー、後席9型ワイドVGAディスプレイ(リモコン付)、マイク&マイクアンプ(音声認識&ハンズフリー)、ビデオ端子は、601,000円〜631,050円。(※一部装着不可。2.4L車でHDDナビゲーションシステムを選択した場合に、NAVI・AI-SHIFTが同時装着されます。ディスクによっては再生できない場合があります。)

★HDDナビゲーションシステム& エスティマ・パノラミックライブサウンドシステム+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター+ガラスアンテナ(ダイバシティ・地上デジタルTV用【ナビ】 高精細8型ワイドVGAディスプレイ(タッチ式)、Bluetooth®対応ハンズフリー機能、FM多重VICS、 G-BOOK mX対応【オーディオ・ビジュアル】 DVD、MD、CD、AM/FM、地上デジタルTVチューナー、サウンドライブラリー、9スピーカー、マイク&マイクアンプ(音声認識&ハンズフリー)、ビデオ端子は、425,000円〜446,250円。(※2.4L車でHDDナビゲーションシステムを選択した場合に、NAVI・AI-SHIFTが同時装着されます。ディスクによっては再生できない場合があります。)

★G-BOOK mX Pro専用DCM(通信サービス/盗難追跡/ヘルプネット®対応)は、63,000円〜66,150円。(※HDDナビゲーションシステムを選択した場合に装着できます。)

★寒冷地仕様 熱線式ウインドシールドデアイサー、ヒーター付電動格納式リモコンカラードドアミラー、リヤヒーター などは、27,000〜68,250円。(※寒冷地仕様にすると、エアスパッツがフロントのみとなり、リヤフォグランプが装着可能となります。寒冷地での使用を考慮して、バッテリーの強化(3.5L車)・ワイパー機能等の向上を図っております。なお、北海道地区には寒冷地仕様が全車に標準装備となります。)

という具合ですが、どれもこれも、あったらいいなと思うものばかりで、装着するかどうか悩むところですね。上記はご参考として頂き、ご購入の際にはディーラーの営業スタッフへ必ずご確認下さい。
livedoorニュース
にほんブログ村 車ブログへ 

次期レガシィは、こんな感じ?レガシィ・コンセプト、北米自動車ショーで初公開!

ブログネタ
自動車 自動車調査 に参加中!
75a32f5c.jpg 2009年1月11日より開催される北米自動車ショー(デトロイトショー)において、「次期レガシィは、こんな感じですよ。」とでもいうような「レガシィ・コンセプト」が、世界初公開されるそうです。

 前回のフルモデルチェンジで現行モデルが発売されたのが、2003年5月にワゴン、同年6月にセダンであったことと、以降、毎年5月に改良が行われていることから、次期レガシィも来年5月あたりに発売かと目されてはおりますが、個人的には、もう見せちゃうの?現行モデルが売りづらくなってしまわないのかな?という気がしてしまいます。

 今のところ、正面画像1枚のみで全貌は定かになっておりませんが、縦目2列のHID?ヘッドライトに、大きめなフロントグリルで、ちょっと押し出し感を高めているように見えます。エンジンも現行と同じ水平対向ながら、3.6Lに拡大されているそうです。

 この傾向からするとレガシィも、最近フルモデルチェンジをしたアコード同様、高額付加価値商品と実用経済性商品の2極化が進むセダン市場を鑑みて、よりプレミアム側へ移行するつもりかと思われます。今年10月に発売されたインプレッサのセダンが157万円〜217万円の価格帯を引き受けたとなると、レガシィの上級グレードは400万円以上にでもなるのでしょうか?

 すると、名機EJ20ツインターボエンジン搭載車が残るかどうかが心配なところですが、そういえば、WRCから撤退し、レガシィを高級にし、3列シートのエクシーガがあり、SUVのフォレスターがあり、軽自動車があるスバルは、あとワンボックス系があれば、F1から撤退し、アコードを高級にし、3列シートのオデッセイやストリームがあって、SUVのCR-Vがあって、軽自動車があるホンダと似てきます。

 ということは、現在の自動車不況の中、生き残る為に同じ道を歩まざるを得ないとなると、インプレッサWRXがある以上、EJ20ツインターボにビルシュタインの足まわりなどというレガシィのスポーツ系グレードは消滅?そうなったら、なんとなく淋しい、アラフォー世代な私です。
livedoor ニュース
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ 

マツダ ロードスターのマイナーチェンジと、ISEという装置について

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg オープン&ライトウェイトスポーツとして有名な、マツダ ロードスターがマイナーチェンジ致しました。

 フロントまわりや、アルミホイールのデザインを変更し、エンジンを高回転型に改良。エンジンの出力ピークを従来の6700rpmから7000rpmに、レブリミットを7000rpmから7500rpmとし、出力ピークを超えても伸び感が伴い、パワーを使い切ったと実感出来るような味付けにしたということです。

 そういったデザイン変更やエンジン改良などは、マイナーチェンジともなれば、よくある内容であり、あまり気にはなりません。しかし、非常に興味をそそられたのは、新機構であるISE(インダクション・サウンド・エンハンサー)という、走行性能重視の6速MT車に搭載されるもので、なんと、吸気音を増幅し、わざわざ室内に伝えるという、サウンドチューニングの極みのような装置!?これは面白そうです。

 私も、かつては、エアクリを換え、パイピングを換え、エキマニを換え、タービンを換え、フロントパイプとマフラーも換えて、ガォーッ(吸気音)、キュィーン(タービン回転音)、ブオーン(マフラー排気音)、キュルルルッ(バックタービン音)と、賑やかな音のするクルマに乗っておりましたので、一見、不要な装置のようですが、そんなISEを付けたマツダ開発者さんの気持ちが、よく分かります。

 まぁ、そのくせ、そのような音をすべて否定するようなオーディオを装備したりするのも、昔からの定番だったりします。矛盾ではなく、走りの高揚感を高める音も、デートの時のクリアな音楽も、両方欲しいものですから。

 それはさておき、今回のマイナーチェンジでは、鍛造クランクシャフトの採用や、樹脂製サージタンクの形状および肉厚の最適化、ロワーカバーやドアの高剛性化、制振材・遮音材から、フロントサスクロスメンバーへの発砲ウレタン充填(RHT)まで、こと音に関係するチューニングが凝っています。

 たかが音、されど音。運転を楽しむにあたり、音に着目したマツダの姿勢に共感です。それにしても、昔なら、マフラー(あまりに爆音はいけません!)だけで足りたものですが、排気音が大きく出来ないから吸気音を増幅し室内に伝播させるとは・・・・・・時代ですね。
livedoor ニュース
にほんブログ村 車ブログへ 

新型 キューブ 発表!

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg 日産キューブが6年ぶりにフルモデルチェンジ致しました。初めて見た感想は、「なんとなくタレ目、タレ尻だな。」、「先代そっくりな形ながら、更にすっきり、まったりとして、いい感じかな。」、「ちょっとクネクネした内装に、障子シェード、面白いな。」です。顔付きだけ、まだ新型故の違和感がありますが、現物を見慣れれば、気に入りそうな予感がします。

 そんな今回のキューブは、今までと違い、国内だけでなく欧米でも販売するそうです。ライバルのトヨタも、小さな「iQ」を欧米に投入するそうですが、もともと小さなクルマの多い欧州はともかく、アメリカまでとは、世界的にコンパクトカーの流れなのですね。
 
 また、流れといえば、先にデビューしたライフにもあった、バックモニター付オーディオが、このキューブにもオプションながら採用されているのが気になります。ホンダとニッサンが同じ答えを出したということは、やはり要望するユーザーが多いということでしょう。たしかに、今のところまだワンボックスが中心ですが、小売の際、バックモニター付をご所望されるお客様が多いという実感はあります。

 そこで、新車購入をご検討されていらっしゃるお客様に、ひとつアドバイスさせて頂きますと、ご予算的に可能であれば、ナビ・TV+バックモニター、そうでなくても、オーディオ+バックモニターの装着をお勧め致します。この流れですと、下取り・買取の際に、有利になろうかと思われます。

 それにしても、今まではバックモニターなど無くても、ピッタリ後ろにつけて止めるのが、運転の上手さのひとつであったのに。このまま行くと、そのうちどのクルマにもバックモニターどころか、ボタンひとつで車庫入れしてくれるくらいのパーキングアシストシステムが装備されるようになるのかな?
にほんブログ村 車ブログへ 

新型「ホンダ ライフ」登場!

ブログネタ
新車?新古車?中古?ワゴン?ミニバン?軽? に参加中!
75a32f5c.jpg ホンダ軽自動車の看板商品「ライフ」が、モデルチェンジ致しました。

 これまでのライフは、今年4月〜9月の新車販売台数において、(社)全国軽自動車協会連合会データによると、並み居るライバルに押され第5位。ちなみに上位は、1位スズキワゴンR、2位ダイハツムーヴ、3位ダイハツタント、4位ダイハツミラでした。4位ミラとは僅差ですが、1位〜3位にはダブルスコア以上の台数差をつけられています。はたしてモデルチェンジで起死回生となるでしょうか?

 新型ライフは、デザインが一新され、今までより四角っぽくなった気がします。9月にモデルチェンジした最大のライバル、ワゴンRが、標準モデルとスティングレーの2モデルに絞ったのに対し、より細かくユーザーのニーズに合わせられるよう設定したのでしょうか、カジュアルな「G」、オシャレな「パステル」、スポーツタイプの「ディーバ」を基本とする6つのグレードで攻めるようです。

 最大の武器は、人気装備「バックモニター」の付いたオーディオが、1つのグレードを除き標準装備となっていることでしょうか?きっと、ナビはいらないけれど、バックモニターは必要という調査結果などがあってのことでしょうが、バックモニターまで付けるのなら、ナビ&TV機能も、それに追加可能としてもよかったのかなと、ちょっぴり思います。他車との価格競争の問題でしょうか?

 また、駐車時の前後進を自動操舵してくれる、HONDAスマートパーキングアシストシステムも、オプションながら有効な武器であると思います。運転に自信が無く、ぶつけるのが怖くて、小さな軽自動車を選択するようなお客様には、お勧めの心強い装備かと。

 更に、エアバッグは乗員の着座位置、衝突形態に幅広く対応する、世界初の運転席用i-SRSエアバッグシステム<連続容量変化タイプ>という最新装備となっています。安全性の向上は嬉しいですね。

 機能満載の新型ライフ登場により、市場が活発になりますように。
引用記事http://news.livedoor.com/trackback/3889517

参考「2008年4月〜9月軽四輪車通称名別新車販売」
  メーカー 通称名  本年累計 前年累計 前年累計比
1  スズキ   ワゴンR  96074  106911   89.9
2  ダイハツ  ムーヴ   82778  96217   86
3  ダイハツ  タント   81496  48035   169.7
4  ダイハツ  ミラ    40535  41772   97
5  ホンダ   ライフ   39296  40768   96.4
6  スズキ   パレット  37206   08−01
7  スズキ   アルト   31384  35431   88.6
8  日産    モコ    27870  25875   107.7
9  三菱    eK    22537  25458   88.5
10  スバル   ステラ   21403  23092   92.7
11  ホンダ   ゼスト   20509  24388   84.1
12  スズキ   エブリイW 16314  15554   104.9
13  ダイハツ  エッセ   16255  16611   97.9
14  マツダ   AZ−ワゴン14769  14196   104
15  日産    オッティ  13755  16549   83.1
※ 通称名については同一車名のものを合算して集計しています(アルト、ムーヴ、ミラなど)
人気ブログランキングへ

12月デビューの新型フェアレディZ、チラ見開始!

ブログネタ
自動車情報 に参加中!
75a32f5c.jpg あの「Z」が再来月、モデルチェンジするそうです。最近のホンダと同じ戦法で、正式発表前の新型をホームページにて、チラッと公開し始めました。
新型フェアレディZ最新情報

 子供の頃、憧れていたS30Z、130Z、運転免許を取得した頃に販売していたZ31、典型的なロングノーズ・ショートデッキのスタイルが大好きでした。FRながらフェラーリのようなミッドシップエンジンを連想させるスタイルのZ32が出た時には、そのカッコ良さに驚きました。Z32以降、一時絶版車となっていたZのコンセプトカーとして後のZ33が出展された際にも、Z復活に心躍ったものです。

 そして今回6代目となるフェアレディZですが、先代Z33で初代S30Zに近づいたスタイルが、更にそれに近づいているように感じます。

 これは、漫画「湾岸ミッドナイト」に登場する「悪魔のZ」のS30Z型が、日本と世界のZファンを最も魅了するであろうという日産の読みでしょうか?売れる、売れないは別として、個人的にはS30Zへの回帰、賛成です!

 ちなみに、北米仕様(名称:370Z)は、11月19日のロサンゼルスオートショーでデビューするそうです。北米でもヒットするといいですね。
引用記事http://news.livedoor.com/trackback/3880516
にほんブログ村 車ブログへ 

Newオデッセイ発表!

ブログネタ
車/バイク に参加中!
75a32f5c.jpg 先月から「NEWオデッセイ スペシャル先行情報サイト」にて、チラ見させて頂いていた4代目オデッセイが、ついに発表されました。

 開発責任者がミニバンのスポーツカーたる存在を意識したというその姿は、先代の印象を残してはいますが、より鋭く攻撃的な雰囲気を漂わせているように感じます。

 走りのほうも、エクステリアに相応しく、走らせる歓びを存分に味わって頂くようなものになっているとのこと。

 そして、個人的に最も気に入ったのは、そのTVCM。ビージーズのステイン・アライブをBGMに、「いいクルマが好きだ。男ですから。」とのコピーが流れる。景色はフロントガラス越しの暗いワインディングロードのみ。クルマの姿は一切映らない・・・・・・。

 正直、オヤジ心が浮足立ちました。クルマが大好きだったことを思い出しました。若者達ばかりでなくオヤジ達にもクルマ離れが懸念されている昨今、こういうCMを作るとは、ホンダさんも市場活性化に頑張っていらっしゃいますね。

http://news.livedoor.com/trackback/3861167
NEWオデッセイ情報サイト
人気ブログランキングへ

新車情報! ワゴンR、フルモデルチェンジ!

ブログネタ
車について に参加中!
75a32f5c.jpg 自家用軽四輪乗用車のベストセラーであるワゴンRが、今月25日にフルモデルチェンジ致しました。

 先代までの3タイプ(標準、RR、スティングレー)から、購買層の重複するRRとスティングレーを、スティングレーに一本化し、2タイプのスタイルで攻めるようです。

 今までも人気があった車種ですので、あまり斬新にせず、先代のイメージを残す作戦のように思われます。標準タイプは先代の四角に近い縦長ライトが、フェンダーのほうまで伸びた菱形に近い縦型ライトになりました。スティングレーのほうは、ライトとグリルの形は、かなり先代のデザインに近いようですが、バンパーが分厚くなり、パンパー開口部が大きくなって、押し出し感がUPし、よりスポーティな雰囲気になったように感じます。

 いずれのタイプも、ボンネットがフロントフェンダーまで被った、初代及び現行のムーヴに近いデザインで、サイドウィンドウが尻上がりに見える形をしています。

 また、形だけでなく、より広くなった室内、NAでもターボでも10・15モード走行で20km/L以上の燃費という売れるツボも、しっかり押さえています。

 いつの日にか査定した際、じっくり観察させて頂きたいです。
livedoor ニュース スズキ ワゴンR 新型発表
人気ブログランキングへ

新型オデッセイ、ホームページでチラッと公開!

ブログネタ
車/バイク に参加中!
75a32f5c.jpg ミニバンのビッグネーム、オデッセイが来月モデルチェンジするそうです。只今、ホンダさんのホームページにて、チラッと公開されておりますので、ご興味おありでしたら、御覧になってみてはいかがでしょう?

 今度のモデルチェンジで4代目になるとのことですが、個人的には、やはり初代の印象が強いですね。初代オデッセイがデビューした当時、私はトヨタディーラーに勤務しておりましたが、それまで他車にはほとんど負けた事の無かったエスティマやエスティマ・ルシーダの商談が、オデッセイには、だいぶ負けたものでした。あのアダムスファミリーを起用したインパクトのあるTVCMにも、やられていましたね。
livedoor ニュース
NEWオデッセイ スペシャル先行情報サイト
にほんブログ村 車ブログへ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ