アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

三菱

三菱(ダイヤモンドスター) エクリプス GSR-4について

ブログネタ
中古車 に参加中!
エクリプス前
 エクリプスGSR-4という、アメリカンなマシーンがあります。フロントには赤い三菱マークのエンブレムがあり、リヤガーニッシュには大きくローマ字で MITSUBISHI と書いてありますので、「三菱って日本のメーカーでしょ、どこがアメリカンなの?」と思われるかも知れません。

 ところが、近づいてドアを開けた時、いつもの国産車とは異質な光景を目のあたりにします。「あれっ?ハンドルが逆(左)だ。」「シートベルトが、こんな所(フロントピラー)から伸びている。」「スピードメータが180km/hではなく、240km/hまであり、MPHという表示もある。」などというように。

エクリプス内
 また、車検証を見ると、車名が三菱ではなく、ダイヤモンドスターとなっていることに気付きます。ダイヤモンドスターとは、かつて三菱がアメリカにおいて、クライスラーと共に設立した会社の名前。つまり、このマシーンは、アメリカで生産された逆輸入車なのです。アメリカンと申しても過言ではない内容を有しています。

 そのように、中身は殆どアメ車でありながら、三菱マークと MITSUBISHI の文字を誇示しているスタンスを、なんとなく素敵に感じます。他の日本メーカーにも逆輸入車はございますが、右ハンドルにせず、左ハンドルのまま持って来たのは、三菱とホンダくらいでしょうか。一説には、売れそうもなかったから、右ハンドルにするコストを掛けなかったともいわれておりますが、日本車なのに左ハンドルというのはインパクトがあり、面白いと思います。

エクリプス後
 いにしえのスーパーカーも採用していたリトラクタブルヘッドライト、高性能エンジンの搭載を連想させる左側が膨れ上がったボンネット、そしてダウンフォースを発生させる大型リヤスポイラーなどのエアロパーツ。それらを具有した3ドアハッチバック・クーペスタイルは、得体が知れない存在感とあいまって、速そうな雰囲気を醸し出しています。

 もちろん、雰囲気だけではなく、実際の速さもなかなかのもの。なぜなら、このエクリプスGSR−4には、あのWRC(世界ラリー選手権)で活躍したギャランVR−4や、ランサーエボリューションと同じ、名機4G63ターボエンジンが搭載されているのです。駆動システムも同様に、トラクションに優れた4WDが採用されています。

エクリプスエンジン
 生まれ故郷アメリカでは、兄弟車(プリムス・レーザーとイーグル・タロン)が沢山売れたらしいのですが、日本では希少車に属するようです。同じ車とすれ違わない、他人が知らない車に乗っている、比較的注目度が高いなどという満足感を充分味わえることと存じます。更に、前述の特徴を武器?として、有効的に活用出来るのではないかと考えてみました。
 
 たとえば、この車で、女の子を初めてドライブ・デートに誘うとします。車名は言わず、赤い三菱の車などとだけ伝えておくと良いでしょう。待ち合わせ場所へ到着しましたら、車を降り、車から少し離れて待ちます。やって来た彼女、まずは、名前も分からない、今では少数派のスポーツカーを見て、好印象とは限りませんが、少しは驚いてくれることでしょう。

 そのまま、自分は車から少し離れた位置を保つようにして、彼女が先に車へ向かうように仕向けます。三菱の車という前知識がありますので、おそらく自然と車輌の左側へ行く筈です。左ハンドルに気が付かないうちに、「あれっ、運転してくれるの?」と、とぼけてみましょう。

 彼女が、右側の助手席に座る際、変な所から伸びているシートベルトについて質問してきましたら、「じっとしてて。」と言い、おもむろにイグニッションをひねります。突然、フロントピラーからセンターピラーへ移動し始め、体を固定してくる自動装着式シートベルトには、かなり驚いてくれることでしょう。ついでに、「このシートベルトは、もう、外れないんだ。」と言ってみてもよいですが、怒って帰ってしまうかも知れませんのでご注意下さい。

 あとは、現在の日本車において、右ハンドルのオートマを普通であると仮定すると、この車は左ハンドルのマニュアルという異常な状態ですが、それを何事も無いようにスムースに運転しましょう。ただ、高速道路の料金所はETC付ですので大丈夫ですが、駐車券を取るような駐車場では、右側の彼女にお願いすることになります。彼女が、喜び率先して、駐車券を取ってくれるようになれば、前途は明るいかも?
にほんブログ村 車ブログへ 

新車が売れないアメリカ市場が、見放された??

ブログネタ
車について に参加中!
75a32f5c.jpg いくら新車販売が不振とはいえ、2位の我国の倍以上、圧倒的に世界一の自動車保有台数を誇るアメリカで最も名のあるモーターショーに、出展しないほうが良いという判断を下すとは・・・・・・。

 そんな判断を下したのは、日産自動車、三菱自動車、スズキ。来年1月に開催される、北米国際自動車ショー(デトロイトショー)への出展を見送るそうです。

アメリカのデトロイトショーといえば、日本の東京、ドイツのフランクフルト、スイスのジュネーヴ、フランスのパリで開催されるモーターショーとあわせて、世界5大モーターショーと呼ばれる、世界自動車産業の一大イベントであるはず。世界のメディアの注目度も高く宣伝効果も期待出来るとされる世界5大モーターショーに、大手メーカーが出展しないとは、異例の事態です。

 日産も三菱もスズキも、アメリカでクルマを売っているのに・・・・・・。特に日産は、アメリカでのウケを狙ったデザインのクルマが多い気がするのですが、いいのでしょうか?あのデトロイトショーに出展するより、その分経費を削減したほうがマシであるとは、アメリカ自動車業界の不況は相当なものらしいですね。日本も大変ですけれど。
引用記事http://news.livedoor.com/trackback/3913631
にほんブログ村 車ブログへ 

お父さんの味方、ランサーエボリューション!

ブログネタ
三菱 に参加中!
ランエボ トミマキ ランサーエボリューション・マニアいわく、パワーウィンドウやオートエアコン標準のGSRグレードにおいては、エボ6よりもエボ5の方が走りが良いという。理由は足まわりが、エボ5の方がターマック(舗装路)向けのハードなセッティングになっているからとのこと。

 ちなみに、写真のランエボは、エボ6のトミーマキネン・エディション。マニア好みなエボ5仕様のハードな足まわりを標準とし、車高も10mm下がっています。フロント部にダウンフォースを発生させるカナード形状の専用バンパーは、インタークーラーなどに走行風が沢山当たるよう、フォグランプを廃してまで開口部を広げられ、インテーク用に丸いダクトも追加されています。アルミホイールは専用のエンケイ製17インチ、シートは同じ形状ですがトミーマキネンの文字が刺繍されています。

4G63ターボ その他、コンプレッサー側の羽根とサイズを変更したチタンアルミ合金タービン採用により、最大トルク発生回転数を下げ、立ち上がりを良くしたり、ステアリングギアレシオを変更し、クイックな操舵性としたり、旋回時の燃料片寄りをさらに抑えた燃料タンクとしたりと、ベースのエボ6とは大幅に内容が異なる為、やはりマニアの間では、エボ6.5などと呼ばれ人気となっています。

 そして、それは私が小売をしていた頃、そんなマニアックなお客様がご来店された時のことです。そのお客様は、エボ5かトミーマキネンエディションを探していらっしゃるとのことでした。年齢30代後半で、お子様がお二人。奥様を説得し、やっとのことで、「4ドアセダン」購入を了解してもらったそうです。

 その奥様は?と尋ねると、クルマには興味が無いので家にいるとのこと。私のかみさんなんか旦那がクルマ屋なのに、クルマに興味が無いんですよと相槌を打ちながら、
「あっ、もしかして、奥様に、その4ドアセダンがランエボであるということは・・・・・・。」

お客様の顔に不敵な笑みが浮かびました。
「もちろん、言ってない。」
 
 おおっ、これは久々に頼もしいお客様だと思いつつも、いくら4ドアセダンであるとはいえ、まさか、こんな形の車とは思ってないのでは?本当に大丈夫なのですかと念を押す。
「大丈夫。ウソはついていないし、しっかり約束したよ。」

ランエボ青 それからトントン拍子に商談が進み、ご契約頂きましたが、最後にひとつお願いをされました。
「リヤスポイラー、外してくれる?」
「ええっ!?あっ、それならGTウィングでもお付けになるんですか?」
「いや、なるべく普通の車に見せたいのでね。」

 数日後、フロントバンパー開口部から覗くインタークーラー、エアダクトの開いたボンネット、ふくよかなブリスターフェンダーに、リヤスポイラー以外のエアロパーツをまとった普通の車?は、店頭にて納車されました。

 納車当日にも奥様はいらっしゃいませんでした。小学生くらいのお子様がお二人、納車されたランエボの後部座席に飛び乗り、楽しそうにしています。

 お見送りしながら思います。ランエボよ、お父さんの、仕事や家族サービスに対するモチベーションを高め、幸せな家庭を築くことに貢献するんだぞ・・・・・・ご自宅の奥様、現物を見ても、どうか怒らないで下さい。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ