アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

中古車

マニュアル車祭り 追加編 その4!

 3月末まで延長致しましたマニュアル車祭りに、また1台、マニュアル車が加わりました。

アテンザスポーツワゴン23Sアテンザスポーツワゴン 23S 初度登録平成17年3月 5速MT 走行2.4万km 車検無し ワンオーナー 純正(パナソニック)DVDナビ・TV BOSEサウンドシステム BOSEウーハー ETC 純正17インチアルミ HIDヘッドライト


 お問い合わせは、プロフィールにもございますが、
「アップル板橋環七店 〒173-0037 東京都板橋区小茂根4-10-6  TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間10:00〜20:00 水曜定休日」まで。

 何卒宜しくお願い申し上げます。

※売約済となりました。

マニュアル車祭り 追加編 その2!

 好評開催中のマニュアル車祭りに、また1台、マニュアル車が加わりました。

アウディA41.8Tクワトロアウディ A4 1.8Tクワトロ 5速MT 4WD ターボ ディーラー車 左ハンドル 走行19.1万km 車検ごと以上の点検記録有り 車検平成23年2月5日

 
 
 お問い合わせは、プロフィールにもございますが、
「アップル板橋環七店 〒173-0037 東京都板橋区小茂根4-10-6  TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間10:00〜20:00 水曜定休日」まで。

 何卒宜しくお願い申し上げます。

※売約済となりました。

贅沢を遊ぶ、ラグレイト

ブログネタ
中古車 に参加中!
ラグレイト フロント 
 このクルマに接した多くの人が、「大きい・・・。」という第一印象を抱くのではないでしょうか?それもそのはず、長さ5105mm、幅1935mm、高さ1740mmというこのクルマは、国内において上級ミニバンといわれる、アルファード(長さ4865mm、幅1840mm、高さ1900mm)、エルグランド(長さ4835mm、幅1815mm、高さ1910mm)、エリシオン・プレステージ(長さ4920mm、幅1845mm、高さ1790mm)などよりも、長さと幅が一回り大きいのですから。

 これだけ大きければ、存在感を主張するのに、凝った意匠のヘッドライトやボデーラインなど不要です。奇を衒(てら)わない、直線を基調とした飽きのこないベーシックなスタイルで充分。強いて、大きさ以外に外見上の特徴を挙げれば、フロントグリルとバンパー中央が突き出て尖(とんが)っているところでしょうか。ホンダ高級車に多いデザインですが、威圧感のある顔つきが演出されています。全長、全幅の割には車高が低いので、エアロパーツを装着すると、スポーティにさえ見えます。

 それにしても、何故、こんなに大きいのでしょう?実は、このクルマは、ラグレイトという日本名の他に、オデッセイという北米での名前を持っています。北米版2代目オデッセイとして現地で生産・販売されていました。もともと北米サイズであった為、国産サイズより大きいものとなっているのです。

日本市場で爆発的に売れた初代オデッセイですが、北米市場においては、「サイズが小さい。」、「エンジンが非力。」といわれ、日本のように売れなかったそうで、2代目にモデルチェンジする際に、日本版2代目オデッセイとは異なる、冒頭のボデーサイズにパワフルなV6 3.5L VTECエンジンを奢った北米版オデッセイとして、このクルマが生まれたといわれます。(それでも、北米市場では、ミドルサイズだそうですが。)

ラグレイト 脱着可能キャプテンシート 
 写真は、平成15年5月初度登録のラグレイト エクスクルーシブ。同年4月に実施された最後のマイナーチェンジ(イモビライザーの標準装備化)を経たモデルです。翌16年4月の国内販売終了までの一年間に、何台販売されたのかはわかりませんが、ただでさえ流通台数の少ないラグレイトですので、希少な最終モデルといってよいかと思います。

 最終モデルは、インパネ内にイモビライザーのマークが点灯するかどうかの違いくらいでしか見分けがつきません※が、大きく前期と後期を区別する場合には、205psから240psへのエンジン出力UP、4速ATから5速ATへの変更、HIDヘッドライト採用(ハイ・ロービーム)、リヤディスクブレーキ採用、フロントグリルやアルミホイールのデザイン変更、エクスクルーシブに後席TV採用といった大改良が行われた平成13年11月のマイナーチェンジを境にするといわれています。※もしくは車体番号RL1-1400001以降が最終モデルだそうです。

ラグレイト 後席モニター
 当時の新車価格は、エクスクルーシブが消費税込4,383,750円、ベースグレードが3,963,750円。前者と後者の主な装備の違いは、本革インテリア※(シート/ドアライニング/シフトノブ)、ホンダ・インテグレーテッド モニターシステム(7インチワイドディスプレイ)ワイヤレスヘッドホン×2、リモコン+クリップ式リモコンホルダー、AV入力端子/音量調節機能付ヘッドホン端子×3の有無となっていました。※一部を除く

 大きなボデー、3.5Lエンジン、革シート、前席ナビ・TV・バックモニター、後席TVモニター、両側パワースライドドア、438万円という新車時価格と、かなり贅沢なクルマです。写真のラグレイトには、おまけで、エアロパーツ、DVD再生デッキ、ルーフキャリア&ルーフボックスも付いています。

2列目のキャプテンシートに座って、再生機能確認の為に、DVDビデオなんぞを見ていると、そこはかとなくラグレイトが欲しくなってきます。その他、特筆すべき点と致しましては、2列目シートが脱着可能なこと。2列目シートを取り外し、3列目シートに座れば、常人ならば、前席に足など全く届きません。更に3列目シートを床に収納すれば、布団を敷いて眠れそうです。ルーフボックスに荷物を入れて、2列目シートを取り外して旅行にでも出掛けたら面白いかな・・・・・・おっと危ない、ラグレイトの世界にハマりそうになってしまった。

 ラグレイトを選択された方は、大きなボデーサイズと、滅多に同じ車に出会わない希少性に、特に満足していらっしゃるようです。ホンダのミニバン系フラッグシップモデルでしたので、販売されていた当時にも、そこそこ人気はあったと思われますが、大き過ぎるのと高額であったので売れなかったという短所を、長所として捉えているようですね。

 ホンダのホームページでラグレイトを検索すると、「贅沢を遊ぶ。」、「贅沢のパフォーマンス。」、「贅沢な時間のために。」というインデックスがあります。
贅沢なラグレイトについて詳しく知りたい方はこちらへ
 今時、本当に贅沢なクルマのような気がします。ラグレイトの世界にハマらないよう、ご注意下さい。




人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ 

試乗車と展示車

ブログネタ
車について に参加中!
75a32f5c.jpg 前回のブログにて、新車の登録台数にはお客様に購入して頂いたもの以外に、ディーラー名義に登録した試乗車も含まれると申しましたが、試乗車について触れたついでに、新車ディーラーに在籍していた経験から、試乗車にまつわるアドバイスをいくつかお話させて頂きます。

 まず、新車ディーラーにおいて、どこの店舗にもあるくらい、たくさん試乗車が用意されている車種は、供給過多の傾向にあると思われますので、新車交渉時にサービス(露骨に申しますと、値引きです。)が期待出来そうです。通りから見えるショールームの脇あたりに、マグネットでくっつく試乗車ステッカーをつけて止まっていたりしますので、同一銘柄ディーラーで複数の店舗の前を通る機会がある方は、お目当ての車種をチェックしておいてもよいかも知れません。

試乗車として社用車登録するよりも、お客様へ販売したほうが、もちろん利益が上がりますし、それが本来の姿。ましてや、大人気で納車待ちのお客様が多数いらっしゃるのであれば、試乗車よりお客様の車の登録を優先するはず。にも拘らず、試乗車がたくさんあるということは、・・・・・・余っている車種?新たに生産ラインへ注文を入れるものはダメですが、在庫車であれば、ディーラーさんにとっても売りたい車でしょうから、そこにつけ込んで下さい。

 つけ込んでというと表現が悪いですが、大丈夫。この自動車不況下なら、ディーラーさんも、営業スタッフさんも、売りたい車には、是非つけ込んで!安くしますから!と思っているに違いない!?余談ですが、昔、私が新車販売をしていた頃には、完成検査切れ間近な長期在庫車など会社が売りたい車に、賞金がついたことがありました。値引きは許してもらえるし、賞金は貰えるしで、嬉しかったものですが、そんなときには、つけ込んでもらいたい??

 また、試乗車そのものをねらうのも手です。こちらは、ディーラーでも中古車センターの扱いになります。高年式で、純正オプションが多数付いているものがあったら、試乗車であったかどうか、スタッフに尋ねてみるとよいかも知れません。ストレートに聞かずに、「この車、この年式で、この距離で、この装備なのに、なんで前のオーナーは、手放したのでしょうかね?」と、ちょっと違う方向から攻めると、お客様の不安を払拭する為、「いやぁ、実は試乗車だったんですよ。」と打ち明けられたりします。

試乗車は、お客様に「こういうオプションがあります。いかがでしょう?」とアピールする目的もあり、ナビなどの装備が充実していることが多いので、その点お得です。そして、ディーラーさんも、試乗車であったことに引け目みたいなものを感じるのか、身内からの仕入れなので原価が安いのか、店頭プライスも割安だったりすることが多い気がします。ディーラ自身の車ですので、点検整備の履歴もバッチリ。

 あと、たまに間違われるのが、展示車が安いという噂。あの、ショールーム等に飾ってある車です。たしかに、多くの人が触ったり、座ったりしたので、安くなりそうですが、キズでもない限り、普通の新車と同じに販売されるでしょう。むしろ、ディーラーによっては、砂利の敷かれた埃だらけの新車置場より、保管状況が良好であったりします。

 展示車が安くなるとすれば、展示車だからというよりも、在庫車だから安くすると考えたほうが、ディーラーの考えに近いと思います。

 でも、ちょっとヤリ手の営業スタッフでしたら、お客様次第では、展示車は安いというお客様の思い込みを否定せずに利用し、「そうなんです。展示車だから特別お安くなります。でも、展示車だからといって、キズも無いし、他の新車と変わりませんよ!」という作戦で来るかな?

 車にあまり興味が無く、購入したからには、(下取り査定が無くなるくらい)長く乗ろうと思っていて、購入時価格(値引き額)を最重要視するという新車購入予定のお客様は、新車ディーラーの営業スタッフが、特にこれでしたらお安く出来ますとすすめる車があれば、ひとつご検討してみて下さい。

 営業スタッフは言わないでしょうが、そういう車のキーワードとなるのは、(長期)在庫車、月内登録可能、不人気色、不人気グレード、モデルチェンジ前の型、登録前キャンセル車といったところでしょうか。別に長期在庫でも腐るものではないし、色もなんでもいいし、不人気グレードといっても、エアコン・パワステ・パワーウィンドウ等の基本装備がついていない訳でもなく、エアロパーツなんてなくてもかまわない、特別安くなるのであればというのでしたら、おすすめ。

 少し前ですが、ホンダさんが、新型オデッセイ発表後にも旧型の新車を販売していたことがあります。新車とはいえ、既に生産ラインは新型のものになっており、メーカーオプションや色など、在庫からしか選択出来ない状況下のことです。その代り、大幅なお値引きをしていました。ディーラーの売りたい車を購入するとお安くなるという典型的な例といえます。

 そうではなく、車にこだわりがあり、数年後には高い下取り金額をねらうお客様へは別のアドバイスがございますので、そちらは、ご来店時か、またの機会にでも。
にほんブログ村 車ブログへ 

2008年11月の登録台数について

ブログネタ
中古車 に参加中!
75a32f5c.jpg 車が売れません。製造メーカーでは、記録のある1941年3月期から営業利益の黒字を維持してきた、あのトヨタでさえ、2009年3月期の連結決算では、初の赤字となる見通しとなってしまいました。大日本帝国のゼロ戦が飛んでいた頃から赤字無しであったというのも凄いですが、今がいかに悪いかという象徴のような気がします。

 そんな新車の話題と比較すると、ニュースの少ない中古車ですが、だからといって、決して良い訳ではありません。先月11月の中古車登録台数(軽自動車別)は、前年同月比16.3%減の299,829台で、27年ぶりの低水準とのこと。

 それでも、同月の新車登録台数(軽自動車別)を見ると、215,783台(前年同月比27.3%減)であり、まだまだ中古車は売れていると思われるかも知れません。

しかし、この日本自動車販売協会連合会のデータは、「中古車登録台数は、新規登録台数と所有権の移転登録台数及び使用者名の変更登録台数の3業務合算のナンバーベース。」というもので、一般のお客様が購入した台数と同じとはいえなそうな数字です。

何故かと申しますと、例えば、オークション等で落札された車検付の車が、約一ヶ月間の名義変更期限までにお客様に売れずに、中古車販売店の名義に登録されたものなども、多数含まれていると思われるからです。業者と業者の間を、ぐるぐるまわっていて、お客様に売れていない車も登録台数にカウントされてしまうのです。

 新車のほうも、試乗車などの社用車登録があったりしますので、全てがお客様へ売れた台数ではありません。ただ、中古車販売店の自社名義変更よりは、遥かに少ないでしょう。

 とは申しましたが、中古車販売店の自社名義変更も、新車ディーラーの社用車登録も、毎年のことですので、自販連のデータを参考にするのは良いと思います。本当はお客様に、どれだけ販売されたのか知りたいところではあります。知ってしまったら、実際にお客様に販売された台数との差に、愕然とするかも知れませんが。

<参考資料>
平成20年11月度中古車登録台数
車種       当月台数  前年台数 前年比%
普通乗用車   124,089  142,294   87.2
小型乗用車   131,575  163,477   80.5
小計       255,664  305,771  83.6
普通貨物車   15,549  17,705   87.8
小型貨物車   19,817   24,091   82.3
小計       35,366   41,796   84.6
バス       939    1,021    92.0
その他      7,860   9,644   81.5
合計       299,829  358,232   83.7

1)中古車登録台数は、新規登録台数と所有権の移転登録台数及び
使用者名の変更登録台数の3業務合算のナンバーベース。
2)「その他」は特種用途車・大型特殊車・小型三輪貨物車の合計。


平成20年11月新車販売台数(登録車)
車種     当月台数  前年台数  前年比%
普通乗用車    81,061   119,870  67.6
小型乗用車    105,493  138,935   75.9
小計        186,554  258,805   72.1
普通貨物車    10,357   13,410   77.2
小型貨物車    17,981   23,755   75.7
小計        28,338   37,165   76.2
バス        891     884    100.8
合計        215,783  296,854   72.7

1)特殊車・トレーラー等を除く。
2)統計基準はナンバーベース。
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ 

伝説のメカニック、Mさん

ブログネタ
中古車 に参加中!
75a32f5c.jpg
 ある中古車屋さんでのお話です。
 比較的涼しい初夏のある日、メカニックのMさんとYさんが、エアコンの調子が悪いとお客様が持ち込んだ車を診ていました。Yさんはエンジンルーム側、Mさんは車内に居ます。

Yさん 「どう?風は出てるの?」

Mさん 「おー、風、出てるよ。エアコン効いてるな〜。」

Yさん 「本当にエアコン効いてる?」

Mさん 「うん。これくらいなら問題無いかな〜。」

Yさん 「本当〜に、効いてる?」

Mさん 「うん・・・どうして?」

Yさん 「だって、コンプレッサー回ってないよ。」

Mさん 「・・・えっ!?」

 ちなみに、Mさんは走行性能を重視するあまり、エンジンに負荷のかかるエアコンを取り外した車に乗っているそうです。ですので、エアコンの感度は、あやしいですが、腕は確かなメカニックです。
にほんブログ村 車ブログ 走り屋(車)へ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ