アップル板橋練馬環七店ブログ( 板橋・練馬・豊島・文京・新宿・中野・北区の車買取・廃車 )

 平成7年に、日本初の車買取専門店チェーン、『アップル』の看板を板橋区小茂根に掲げた『アップル板橋環七店』でございましたが、要町通り延長の為、平成29年5月、移転致しました。  移転先は、旧店舗から環七通り外回りを150mほど練馬方面へ戻った、「トヨタ部品共販さん」と「焼肉・安楽亭さん」の間にある2階建の建物です。環七通りを挟んだ向かい側には、「ラーメン一番さん」がございます。( 練馬区小竹町2-73-1 )  黒い建物のトヨタ部品共販さんまでは板橋区ですが、そこから幅3.5mの道路を隔てた新店舗より練馬区となります。そこで、『アップル板橋 練馬 環七店』と命名致しました。22年間営業してきた実績による、お客様から得た安心と信頼の店舗名に、新天地名を加えたものでございます。電話番号は以前と変わりません。( 03-3554-5008 )今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

登録台数

プリウス時代の幕開け!?2009年5月 新車乗用車登録台数ランキング

ブログネタ
新車?新古車?中古?ワゴン?ミニバン?軽? に参加中!
75a32f5c.jpg
 月別の新車乗用車登録台数ランキング(輸入車及び軽自動車を除く)において、4月はホンダ インサイトがハイブリッド車というカテゴリーで初の首位を獲得し、先月5月もハイブリッド車であるトヨタ プリウスが当月18日の発表にもかかわらず首位となりました。長い間、首位といえば大抵フィットかカローラであったという潮流が、これから変わりそうです。

 昨年のガソリン価格高騰に端を発し過熱した人気に、低価格な新型車投入とエコカー減税政策が拍車を掛け、10年ほど前には、同クラスの車と比較して割高、かつ新機構につき耐久性・信頼性に乏しいのではともいわれ売れなかった、あのハイブリッド車が、今やベスト3圏内に1位プリウスと3位インサイトの2台です。昨年あたりからは、そうなりそうな気配も感じられてきましたが、一昨年あたりまでは、ハイブリッド車が首位になるとは予想だにしないことでした。

 そして、現時点で14万台の受注を得ているプリウスが、月産5万台の増産体制となり、国内向けに月2万台づつ供給され順調に登録が進めば、今後しばらくプリウスが首位の時代となることでしょう。

 ところで、5月に関していえば、発表前から既に8万台の予約を抱えていたとはいえ、18日の発表でプリウスが首位とは、驚嘆しました。

 と申しますのは、お客様の都合で取得された印鑑証明を受け取りに自宅などへ訪問したり、各管轄警察署へ車庫証明を提出し、数日後に取得に行ったりと、営業スタッフなどが奔走して書類を揃える。それを各営業所から本社へと回送し、登録書類作成(代書など)後、各管轄陸運支局にて登録する。という流れがあったと思われるのですが、発表日を入れても車庫証明の提出・取得及び登録業務が行えるのは平日の10日間しかありませんでしたので、それらを発表後から始めたのでは、首位となる程の1万台を超える登録は無理ではないかと考えたからです。印鑑証明には3か月の有効期限がありますので、新車予約後お客様に予め取得しておいて頂き、車庫証明は車台番号を記入せずに提出しておいたとしても、早い気がします。

 気になって関連記事を読んでみたところ、なんと、トヨタディーラー全拠点に試乗車を1台づつ配備し、それだけで5千台の登録台数を得ていたとのこと。それは当然、お客様名義だけではなく、ディーラー名義の試乗車も含まれていると考えるべきでしたが、5千台とは。道理で5月18日の発表にしては、2月からオーダーストップをかけていた訳です。やはり、あれは反撃の狼煙(のろし)であったようです。(→ 過去の記事 2009年2月 新車乗用車登録台数ランキング )

 ホンダの販売力とインサイトの売れ行きから察するに、トヨタ全拠点の販売力を結集し、価格も205万円からにしようという、新型プリウスが売れるのは間違いないと踏んで、その頃から生産ラインを練り、5月の発表前に1万台分の車台番号を用意し、うち5千台を試乗車として登録する作戦であったのでしょう。やはりハイブリッドNo.1はトヨタだと、発表当月からインサイトを上回り首位を狙えるであろう登録台数1万台オーバーを目標として。それに、発表後は、お客様に購入して頂いた車を優先するべきでしょうから、先に生産しておかないと試乗車のほうが間に合わなくなってしまいますし。

 その他、以下のランキングから、気がついたことは、2代目ウィッシュが好調なこと。4月には14位のセレナが最上位で1台もベストテン入りしなかった日産が、NECO(NISSAN ECO)プロジェクトが奏功してきたのでしょうか、3台もランクインしたこと。

 あと、33年間にわたり車名別日本国内販売台数第1位であり、確かなことはわかりませんが、おそらく40年以上の間ベスト4圏内にはいたであろう、あのカローラが7位となってしまったこと。プリウスの首位に隠れて注目されませんが、これも大きな出来事のように感じます。

 ハイブリッド車が1位となり、カローラが7位となる。本当、時代が変わりました。

2009年5月 新車乗用車登録台数ランキング(輸入車及び軽自動車を除く)

順位  車名     メーカー  台数    前年比
1.   プリウス   トヨタ    10,915   214.9%
2.   フィット   ホンダ    8,859   77.3%
3.   インサイト   ホンダ   8,183
4.   ヴィッツ   トヨタ    6,619   81.9%
5.   ウィッシュ   トヨタ   6,428   236.1%
6.   パッソ    トヨタ    5,914   102.8%
7.   カローラ   トヨタ    5,290   46.5%
8.   キューブ   日産    4,420   166.9%
9.   セレナ    日産    4,392   95.7%
10.   ノート   日産    4,319   111.3%

人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ 

2008年11月の登録台数について

ブログネタ
中古車 に参加中!
75a32f5c.jpg 車が売れません。製造メーカーでは、記録のある1941年3月期から営業利益の黒字を維持してきた、あのトヨタでさえ、2009年3月期の連結決算では、初の赤字となる見通しとなってしまいました。大日本帝国のゼロ戦が飛んでいた頃から赤字無しであったというのも凄いですが、今がいかに悪いかという象徴のような気がします。

 そんな新車の話題と比較すると、ニュースの少ない中古車ですが、だからといって、決して良い訳ではありません。先月11月の中古車登録台数(軽自動車別)は、前年同月比16.3%減の299,829台で、27年ぶりの低水準とのこと。

 それでも、同月の新車登録台数(軽自動車別)を見ると、215,783台(前年同月比27.3%減)であり、まだまだ中古車は売れていると思われるかも知れません。

しかし、この日本自動車販売協会連合会のデータは、「中古車登録台数は、新規登録台数と所有権の移転登録台数及び使用者名の変更登録台数の3業務合算のナンバーベース。」というもので、一般のお客様が購入した台数と同じとはいえなそうな数字です。

何故かと申しますと、例えば、オークション等で落札された車検付の車が、約一ヶ月間の名義変更期限までにお客様に売れずに、中古車販売店の名義に登録されたものなども、多数含まれていると思われるからです。業者と業者の間を、ぐるぐるまわっていて、お客様に売れていない車も登録台数にカウントされてしまうのです。

 新車のほうも、試乗車などの社用車登録があったりしますので、全てがお客様へ売れた台数ではありません。ただ、中古車販売店の自社名義変更よりは、遥かに少ないでしょう。

 とは申しましたが、中古車販売店の自社名義変更も、新車ディーラーの社用車登録も、毎年のことですので、自販連のデータを参考にするのは良いと思います。本当はお客様に、どれだけ販売されたのか知りたいところではあります。知ってしまったら、実際にお客様に販売された台数との差に、愕然とするかも知れませんが。

<参考資料>
平成20年11月度中古車登録台数
車種       当月台数  前年台数 前年比%
普通乗用車   124,089  142,294   87.2
小型乗用車   131,575  163,477   80.5
小計       255,664  305,771  83.6
普通貨物車   15,549  17,705   87.8
小型貨物車   19,817   24,091   82.3
小計       35,366   41,796   84.6
バス       939    1,021    92.0
その他      7,860   9,644   81.5
合計       299,829  358,232   83.7

1)中古車登録台数は、新規登録台数と所有権の移転登録台数及び
使用者名の変更登録台数の3業務合算のナンバーベース。
2)「その他」は特種用途車・大型特殊車・小型三輪貨物車の合計。


平成20年11月新車販売台数(登録車)
車種     当月台数  前年台数  前年比%
普通乗用車    81,061   119,870  67.6
小型乗用車    105,493  138,935   75.9
小計        186,554  258,805   72.1
普通貨物車    10,357   13,410   77.2
小型貨物車    17,981   23,755   75.7
小計        28,338   37,165   76.2
バス        891     884    100.8
合計        215,783  296,854   72.7

1)特殊車・トレーラー等を除く。
2)統計基準はナンバーベース。
人気ブログランキングへにほんブログ村 車ブログへ 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新記事
ブログランキングに参加しております!オモシロかったら、どれかひとつに、愛のクリックを!ご協力、感謝致します!↓↓
置手紙
おきてがみ
プロフィール

車買取 アップル板橋練馬環七店

 車買取・廃車・無料査定のアップル板橋練馬環七店です。当店は、副都心線・有楽町線・西武有楽町線の小竹向原駅まで徒歩約8分、小竹町2丁目バス停まで徒歩約2分と、ご売却後のお帰りも安心。その為、遠方のお客様にも、よくご利用頂いております。国産車、輸入車、軽自動車からバン・トラックまで、無料査定ですのでお気軽にどうぞ!新車ディーラー&中古車販売店の経験があるスタッフがいる当店へご相談下されば、いいことあるかも?どうぞ宜しくお願い致します! 〒176-0004 東京都練馬区小竹町2-73-1 TEL:03-3554-5008 FAX:03-3958-1316 営業時間:10:00〜20:00 平日水曜定休

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ