2018年04月02日

モンクレとブラムリー

モーニングトン・クレセント 東京 (Mornington Crescent Tokyo) の記事で、

ブラムリー のこと、

そして、ブラムリーファンクラブのことも紹介されています。


私たちにとっても、

ステイシーさんとの出会いは、

大きなプレゼントだと思っています。


イギリスの食生活、

ブラムリーをはじめとした果物の活用など、

多くのことを教えていただいています。


沢山のファンがいるステイシーさんの魅力が溢れるコラムで、

読みながら温かな気持ちになりました。

https://tabicoffret.com/article/75055/index.html



2018年03月23日

日本における「クッキングアップル」とは…

FullSizeRender

「クッキングアップル」を共に考えるセミナーで
お話しをさせていただきました。

FullSizeRender

弘前大学と青森県の板柳町は、
これからの日本のりんご産業を見据えて、
料理用のりんごの品種について
共同研究を行っています。

日本に西洋りんごが導入されたのは、
明治に入ってから。

欧米から沢山の品種を取り寄せ、
その中から、育てやすく、
日本人が好むりんごの
市場を作り上げてきました。

フジを頂点としたイーティングアップルが
日本のりんご産業の主軸となりました。

そんな中、1990年に長野県の小布施町が、
ブラムリーの栽培にチャレンジ!

クッキングアップルという、
日本にはなかった
「りんごの新ジャンル」を作りました。

それは、りんご革命と言えるものだったと
思います。

どんなりんごが日本のクッキングアップルとして受け入れられていくのか…まだ、途中でもあります。

FullSizeRender

弘前大学に1本だけ残る
カルヴィル・ブラン
(Calville Blanc)に気づいた
仏蘭西菓子研究家の三久保さん。

FullSizeRender
(弘前大学のカルヴィル・ブランの木)

ご縁は、そこから始まりました。

FullSizeRender


カルヴィル・ブランは、
14-5世紀に誕生した古い品種ですが
20世紀初頭まで人気のあった品種。

現在、フランスでも市場では見られなくなった品種ですが、
伝統的な品種にこだわる方々により
少量の生産が今もあるそうです。

FullSizeRender

ビタミンCの含有量が多いのは、
ブラムリーと同じ!

そして、タルト・タタンにピッタリの品種です。

FullSizeRender

弘前大学が保存していた
カルヴィル・ブランで、
タルト・タタンを用意。

FullSizeRender
(カルヴィル・ブランのタルト・タタンを切り分ける三久保さん)

無事に最後の焼成を行い、
参加者の方々に、
試食していただけました。

FullSizeRender

タルト・タタンには不向きとされる
ブラムリーを応援する私にも、
講演の機会をいただいたのは、

可能性が未知数の品種に取り組むハードルを
欲しいという声を集め、生産者側にも、
また、消費者側にも発信し、
橋渡しをするユニークな活動を
重要だと感じてくださったからです。

ブラムリーは、ニーズが育てた珍しい品種です。

欲しい人たちが、生産量が少ない時期から
応援し、広め、そして市場を作るお手伝いを
一人一人がファンとして行ってきました。

始まりはブラムリーでしたが、
今では、国光といった古い品種や
紅の夢のような新しい品種まで、
りんごの奥深さや楽しさを
分かち合うようになりました。

板柳町は、
「りんご丸かじり条例の町」であり、
「タルト・タタンの町」となる。

それを応援して欲しい。

ここに、カルヴィル・ブランがあることを
知って欲しい。

日本のカルヴィル・ブランの物語の
始まりに立ち会えたことに
感謝したセミナーでした。

FullSizeRender

FullSizeRender

このセミナーには、
青森県立板柳高等学校 調理部のみなさんも
参加されました。

先輩が考案した
「アップルクリスピー」は、
今までのりんごのドライとは、
全く違う食感で、まさに、クリスピー!

一度は、特許取得を勧められたという
特別なものでした。

残念ながら高校の統廃合が決まり、
作り方を町の企業などが
引き継いでもらえないか、
探しているそうです。

様々なドライアップルを食べてきましたが、
この「アップルクリスピー」は、
他に類が無いのです。

カルヴィル・ブランの
「アップルクリスピー」が登場する日が来ることを祈らずにはいられないほど、
感激の一品でした。






apple5555 at 23:06|PermalinkComments(0)clip!りんご全般 

2018年03月13日

イギリスのブラムリー

IMG_5488


イギリスのブラムリー事情の発信を始めた
フェイスブックのページです。

興味深い一枚がありました。

An interesting visit to No 10 Downing Street.
 It was John Majors 50th Birthday, 
and he clearly had to be given a Birthday Cake
 ( Bramleys in the mixture of course!) 

Sian, my Grandaughter, 4 at the time, 
presented him with a basket of Bramleys, 
well one can never have too many.

Ian Mitchell was keeping an eye on things, 
and did so much to help the industry, 
as did the media coverage, 
the sales went up by 20%, 
I call that a result!

写真解説【メモ】

イギリス メージャー元首相(在任1999-1997)の50才の誕生日。

(誕生日から推察すると写真は1993年頃)


ブラムリーがスーパーの棚から消えつつあった時代の首相です。


バースデーケーキを持つのが、

今もブラムリーの普及活動を行う

セリアさん。

(ブラムリーを全英に広めた種苗家のひ孫)


ブラムリーのバスケットを持つのは、

当時4才のセリアさんの孫、シャンさん。


メージャー氏と、もう1人の男性は、

イアン・ミッチェル氏。

ブラムリー産業を後押しし、

結果、20%も市場拡大に成功しました。


イアン・ミッチェル氏が、どのような方か、

セリアさんに聞いてみます。








apple5555 at 09:28|PermalinkComments(0)clip!英国事情 

2018年02月28日

イギリス WI レシピ ブック

337885C0-2A4D-4E5A-86D4-159A01D1FC7C


イギリス料理に興味のある方も

日本のブラムリーを応援しているので、

ノッティンガムの本屋さんに、

日本向けの特別通販サイトを

立ち上げていただきました。

100周年記念レシピブックです。


りんごを使ったレシピも幾つかあります。


特別に北野佐久子先生に、

このレシピブックについて

教えていただきました。


IMG_5423

(写真提供:北野佐久子先生)



カナダで1897年に始まり、イギリスでは1915年、第一次大戦中に始まった

WI(Women‘s Institute)、

いわゆる「婦人会」と訳される組織があります。


戦争中、食糧不足で悩む田舎に住む女性たちに食料となるものを栽培し、

貯蔵することを進める活動から生まれました。


今やイギリス各地に6300もの組織になるまでに発展し、

女性たちが教育の機会や新たな技術の得たり、

暮らしにかかわる地域の活動を支援するために活躍しています。


ブラムリーの原木のあるサウスウェルのあるノッティンガムシャーにあるWIは、

昨年2017年に創立100周年を迎えました。


サウスウェルの大聖堂で毎年秋に開かれるブラムリー・フェスティバルは

2018年に25周年を迎えますが、

最初からこのWIが深くかかわってきました。


ブラムリーがイギリスの家庭で、主婦が料理やお菓子に生かすリンゴだからです。


514C78C3-552C-4028-96A9-1F4CBEDF98C4

(写真提供:北野佐久子先生)


フェスティバルでは会員によるブラムリーのアップルパイが販売され、

ブラムリーを使ったお菓子のコンテストも開かれます。


2009年にブラムリーの原木の樹齢200年を記念して、

WIの会員によるブラムリーのレシピブックが出版されましたが、


昨年2017年は、ノッティンガムシャーのWIの創立100周年を記念して、

イベントなどで提供されて、人気のあるレシピが1冊にまとめられました。


00883BD2-A512-4E55-A065-46023FF1677F

(総124ページ)


祖母から教わった昔ながらのレシピも、

よりヘルシーな材料や電子レンジを使うなど、

今の生活に合うように工夫されているのも魅力。


スターター(前菜)、メイン、デザート、ケーキ、ジャムなどの保存食という

5つの項目に分けられて紹介されています。


6B843DCF-6F36-4DB8-A627-31780B25DA2C

(写真が殆ど無いが、レシピがびっしり並ぶ)



ミンスパイを作りましたが、ヘーゼルナッツ入りのペストリーは簡単で、

おいしいものでした。


IMG_5430

(写真提供:北野佐久子先生)


もちろん「アップル・トレイ・ベイク」など、

ブラムリーを使ったケーキのレシピも入っています。


FullSizeRender

(写真をクリックして見てください)


自分のお気に入りのレシピを仲間と共有して生かすという、

WIの信念が伝わってくる、

家庭ですぐに作ってみたくなるレシピばかりです。


7AE3E7FC-310E-4A4D-86CD-84EFF3D74140

(写真提供:北野佐久子先生)


「この本を見たら、すぐにでも台所に行って、料理をしたくなることでしょう。

家族や友人たちに美味しい食事を用意するのは、何よりの喜びです。」


この本の編集に携わったノッティンガムシャーのWIの会長、ジェーンさんの言葉です。

(写真 右から2人目)


イギリスでも日本同様、共働きの家庭が増え、

料理に時間を割くことが難しくなってきている今だからこそ、

家庭の味というものの豊かさを楽しむ一冊にもなることでしょう。


(筆:北野佐久子先生)


北野先生、ありがとうございました!


fu_aoringo_01


【注文方法】


IMG_0368

(航空便で1週間ほどで届いた!)



注文先 Nottingham Bookcase


1冊注文と、2冊注文が可能です。

2冊以上希望する場合は、

直接、問い合わせてください。

こちら


イギリス国内の場合は、

国内向けを利用してください。


また、このレシピ本は、WI と本屋さんの連携による

特別販売のため、取り寄せ等で時間がかかる場合もあります。


祝祭日等により、郵送日数がかかる場合もご理解ください。


1冊(送料込み)  16.50 ポンド

こちら


2冊(送料込み)   26.40 ポンド
こちら

1. ADD to Basket をクリック

FullSizeRender


2.  Checkout をクリック

FullSizeRender

3.メンバー登録
(以前登録したのですが、
わからなくなり、新規登録しました)

FullSizeRender

4. 住所等の入力

FullSizeRender

5. 受け取り方法と住所の確認
必ず丸がついているか、確認。
送料込みの金額なので、
0ポンドを選んでください。
FullSizeRender

6. 支払い方法
FullSizeRender

7. 最終確認
店で受け取りになっていますが、
送料込みの価格なので、OKです。
Confirm Order を押すと、
少し時間がかかる感じがしますが、
じっと待ちます。
FullSizeRender

8. クレジットカード情報の入力
FullSizeRender

以上です。

Bookcaseから、注文を受けた旨のメールが来ます。
あとは、ゆっくりお待ちください。

重量があるので、送料を心配しましたが、
本屋さんが上手にまとめてくださいました。

お友達と一緒なら、2冊は断然お得です。

多くのレシピを見てきた北野先生の評価もいただき、
ご紹介することができて、嬉しいです。

ノッティンガムWI 、そして
今回も快く日本向けに対応してくださった
ノッティンガム ブックケイスの皆様に感謝しています。











 



apple5555 at 21:00|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月26日

『シードルの事典』

IMG_0452
※写真提供:日本シードルマスター協会

りんご友の小野さんから、
シードルの本を出したので、
是非、ご一読を…とお知らせがありました。

小野さんは、
日本のりんご産業に新たな風を吹き込むお一人。
「あとがき」は、りんご愛に溢れています。

シードルの事典
海外のブランドから国産まで
りんご酒の魅力、文化、生産者を紹介
こちら


書店、通販サイトでも販売中ですが、
日本シードルマスター協会に直接注文すると、

アマゾンでも一部ページが見られます。
(テイスティングノートは付いてないです)

fu_aoringo_01

日本のシードルに使われる
りんご図鑑(P20-21)に
ブラムリーも紹介されています。

シードルは、発酵させるので、
りんごの特徴と共に、
作り手の生み出す味わいを楽しめるもの。

甘み、酸味、苦味、香り、
それぞれの特徴あるりんごをブレンドし、
個性豊かなシードルが日本でも作られています。

ブラムリー が日本にあって良かった!と
思っている作り手さんがいたら、
嬉しいです。

fu_aoringo_01

シードルの生産量は圧倒的に
ヨーロッパが多いが、

その中でイギリスが
生産量、消費量ともに1位。
(p18)

ブラムリー のふるさと、
イギリスは、欧州の中でも
ダントツに りんご大国だとわかりました。

お菓子やお料理のレシピにも、
シードル(サイダー)を使うものがあり、
今後は、日本でも国産シードルを使用したケーキなど
身近になるといいなぁと思います。

おつまみレシピ(p155〜)には、
カクテルのレシピも沢山出ています。

fu_aoringo_01

IMG_20180226_091459

使用りんご をみれば、
どこで、どんな品種が作られているかもわかります。
下戸のkitaroですが、
各シードルの「使用りんご」の品種を見ているだけで
楽しい一冊です。





apple5555 at 09:00|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月21日

ブラムリーのハロウィン装飾

(写真提供 Desing Team Liviu

横浜山手西洋館 234番館にて、

『魔女が運んだマムとブラムリーアップルで飾るハロウィン』

展示が始まりました。

234番館
こちら

【装飾】

Desing Team Liviu 

石畑 真有美 葛西 知子

【協力】

(有)ジャパンフラワードリーム

仙北果樹園

(株)サカタのタネ 

ブラムリーファンクラブ 

横浜山手西洋館は、全7館あり、
全て入館無料で、
写真撮影可能です。



今年は、様々なりんごも飾りたいと
相談がありました。


日本最北端のブラムリーの生産者、
仙北果樹園さんをご紹介でき、

たくさんのりんごが届きました。

私が楽しみにしているのは、
イギリスのジャムを作る道具の展示!


Desing Team Liviu の葛西さんが
この道具を使って作成した
ジャムやアップルジェリーも
展示されているそうです。


りんごの香りに包まれた展示は、
10月31日まで…




apple5555 at 12:05|PermalinkComments(0)clip!イベント 

2017年10月20日

北野先生、サウスウェルに到着


#ブラムリー が誕生した
イギリス サウスウェルに到着した
北野 佐久子 先生から、
Daily Telegraph の記事画像が届きました!

個人宅にある瀕死の原木を、
その家と敷地ごと保存していこうと
大学が名乗りを上げました。

200年以上前に種を蒔いた少女、メアリーアン。
たわわに実る頃、そのりんごに目を留めた
17才の苗木商、ヘンリー・メリーウェザー。
その時に、この家に住んでいたブラムリー氏の名前をつけることを条件に、苗木販売を開始。

物語がはっきりしている理由は、
メリーウェザー氏が、几帳面に記録を残しているからです#ブラムリー が誕生した



apple5555 at 07:27|PermalinkComments(0)clip!英国事情 

2017年10月14日

北海道 増毛ブラムリーの仙北さんの記事


北海道 増毛町(ましけ)の
仙北さんが、
北海道NOSAI10月号で紹介されました。

PDFで記事が読めます。
こちら

イギリスへ
ブラムリーの原木を訪ねた話まで、

ブラムリー愛溢れる内容です。

ファンクラブのことも
お話しくださり、
ありがとうございました。


2017年10月12日

ダロワイヨ ブラムリー マカロン

長野県のご担当者様から、
お知らせがありました。

(一社)長野県観光機構では、

国内外7つの一流ブランドが信州産の原料(農産物等)を使 用して開発した、

数量・販売期間ともに限定の希少価値の高い商品を、

県観光機構が運営する インターネットショッピングサイト「NAGANOマルシェ」で販売。

ネットショップのみの販売です。

こちら

チェリーキッスは、ノーススターという

サワーチェリーの品種で、

小布施の商標です。

独特の香りと酸味が特徴。

ブラムリーと同じ、クッキング用の品種です。



2017年10月11日

北野佐久子先生、ブラムリーフェスティバルに来賓として招待!

ブラムリーが生まれた
イギリス ノッティンガム州
サウスウェル では、
毎年10月の第3土曜日に
ブラムリーフェスティバルが開催されます。

北野佐久子先生のブログで、
来賓として招待されたことが発表されました。
こちら

今年は、10月21日です。
来賓は、北野先生と
アメリカの子供の教育関係者で
作家のSusan Allen さん。
作家の二人の女性と紹介されています。

オンライン記事…こちら

北野佐久子さんは、複数の著書でブラムリーを記し、
また、イギリスの伝統や習慣を紹介してきた。
特に食について深く、
ブラムリーフェスティバルにふさわしい一人だ。

というようなことが、書かれています。

2015年には、
松本先生が来賓として
フェスティバルに参加しました。
こちら

サウスウェルの方々が、
ブラムリーを通じて
日本を身近に感じていることが
嬉しいです。

また、瀕死の原木の様子も
報告があるでしょう。

仙北さんが訪ねた原木について
こちら

フェスティバルへ旅人として訪問した
ミセス アップルクランブルさん
こちら







apple5555 at 07:08|PermalinkComments(0)clip!英国事情 | イベント

2017年10月01日

10/9 いいづな りんご並木フェスタ


現在、英国りんごフェア期間中の
長野県 飯綱町の
いいづなアップルミュージアム。

開館20周年の特別イベントが
開催されます。

チラシのPDFをダウンロードできます。
こちら

開館当時、イギリス、
英国王立園芸協会ウィズリーガーデンから
17品種のりんごの穂木が贈られ、

それが りんご並木 になりました。

このフェスタのために、
8月頃から順次収穫した りんごを
保存してきたそうです。

基調講演の小池先生は、
シナノゴールドをヨーロッパへと
繋いだ立役者。

鎧塚氏については、
説明の必要もないでしょう。


アップルミュージアムのグッズも
りんご好きにはたまりません。

お天気に恵まれますように!

行かれたら、ぜひ、発信してくださいね。




新宿タカノ ブラムリーフェア

新宿タカノ 
ブラムリー フェア が始まりました。
こちら

小布施町フェア、ウィークエンドマルシェなど、同時開催。

ブラムリーの生果の販売も🍏

Frupla フリーペーパーも開いてみてください。


2017年09月29日

ブラムリー 生果の販売情報

現在、ブラムリーの生果を販売している方々のリストです。
他にも、販売をされている生産者さんはいます。
また、催事やファーマーズマーケットなどで
販売されることもありますが、
ネット販売が主軸です。

長野県

小布施町 小布施屋
こちら… 

特徴
日本でのブラムリーの商業生産を
最初に取り組んだ町。

飯綱町 山下フルーツ農園
こちら

特徴
農薬を半分に減らしたエコファーム。
ベルドボスクープなど、他にも希少品種がある。

北海道

増毛 仙北果樹園
こちら

特徴
日本最北端のブラムリー農園。
イギリスの原木を訪ねるほど、
ブラムリーの物語にも精通。

余市 三氣の辺
こちら

特徴
除草剤を使わず、
有機栽培へと力を入れている。

岩手県

盛岡
サンファーム吉田
こちら

(ブラムリー販売終了)

特徴
コックスオレンジピピンの販売はこれから。
サワーチェリーやベリー類など
年間を通じ、珍しいフルーツを扱う。


苗木

菊地園芸
こちら

生産者さんも使える苗木。
園芸家にも、1本から販売してもらえます。





2017年09月28日

ブラムリーが紹介されます。

金曜イチからスペシャル
「秋のごちそう いただきます!」
9月29日金曜 NHK総合1 
午後7時30分〜 午後8時43分 

長野の"りんごの里"ではタレント・鈴木ちなみさんが新品種のりんごを見つけ、想定外のおいしさにびっくり!

飯綱町の ブラムリー と 高坂りんごをなど、珍しい品種が登場するそうです。

関東を中心としたエリアでの放送らしいので、確認してください。

こちら



apple5555 at 18:36|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月22日

第11回小布施ブラムリーを楽しむ会

2017年9月20日

ブラムリーシーズンもたけなわ。

今年40トンの生産高をあげた、
長野県小布施町。
すでにその実りを受け取られた方も
多いことでしょう。


小布施町主催の昼食会
「小布施ブラムリーを楽しむ会」も
 11回目を迎えました。


今年も東京ステーションホテルの
エレガントなレストラン
「ブランルージュ」で、
総料理長石原雅弘氏の手による
正統派フレンチのフルコースを
いただきました。
前菜からデザート、お茶まで、
お料理も話題もブラムリーづくし。


至福のひと時を市村良三小布施町町長、
ブラムリーを愛する40人の方々と分かち合いました。


2004年の初回より11回、
ブラムリーらしさを引き出すレシピを
50以上も実践された石原シェフ。

細やかな技術を駆使しつつ、
豊かさと満足感たっぷりのお料理に
小布施の野菜もふんだんに盛り込み、
今年も腕をふるってくださいました。


一皿目、ゆっくりとスモークされた信州サーモンと、ブラムリーのムースを、
ブラムリーのピューレードレッシングと
サワーチェリー&ブラムリーの深紅のソースでいただきます。
透けるほどに薄いブラムリーの果肉の白、彩り豊かな前菜です。


二皿目、赤海老と、イタリアではスキャンピと呼ばれるらしい手長海老ラングスティーヌ、
二種類の海老をブラムリーのソースで。

カリッと焦がしたチーズが味のアクセントです。

 
三皿目、スープと具材とを盛り分けたポトフです。
信州牛、ソーセージ、ロールキャベツ、
バラエティー豊かなお肉を、
マスタード3種でいただきます。

お隣とおしゃべりしてては、マスタードの違いを食べ分けられません。
ロールキャベツのひき肉にも、
ブラムリーを感じました。


四皿目、デザートです。デニッシュのようなタルト・プロンヌの生地に小布施の栗、ブラムリーが包まれています。
手前はカラメリゼされて香ばしいブラムリーをアーモンドミルクのアイスクリームとともに。


ブラムリースライスを乾燥させて作られた薫り高くコクのあるお茶を飲みながら、ゲストお二人のお話を聞きました。



晩年の葛飾北斎が逗留し、町中に多くの肉筆画を所蔵する小布施町と
北斎の生まれ育った東京都墨田区とは、
北斎が結ぶご縁で友好都市となっているそうです。

昨年11月、超現代的な建築として
オープンした「すみだ北斎美術館」
学芸員の五味和之氏から、
ユニークな人物像と、富嶽三十六景
神奈川沖波裏の波の描き方などのお話をうかがいました。


ブラムリー生産者を代表して、会長の平松興一氏のお話。
2015年9月に日本テレビで放映された
「満天 青空レストラン」出演し強烈にブラムリーをアピールされましたが
番組の反響の大きさにビックリ!
ユニークなトークに、会場は笑いの
渦に巻き込まれました。

今回の会をプロデュースされ、
再びブラムリー担当にもどられた
小布施町の冨岡さんと


スマートな司会もこなされた竹内さん。


小布施ブラムリーの父、荒井 豊さん
素晴らしい会を、ありがとうございました。
       (ふじっこ)


私たちのこと
10年後も
国産ブラムリーを食べたい!

『イギリスの
【料理用りんご】って
知ってる?』と
紹介されたのが2003年。

それから夢中で
色々なことを調べたり、
試作したりしてきました。

クッキングアップル
【ブラムリー】から

新しい食文化を
楽しみませんか。

皆様からの情報も
お待ちしています!
 
きたろう&えのっち&ふじっこ

メール
bramleyfanclub@gmail.com




お知らせ
本ブログの写真や情報、
レシピ等は、
本ブログ内での
使用に限り
許可を頂いています。
無断転用はご遠慮ください。

使用を希望する場合は
メールでご相談ください。

ご協力をお願いいたします。

当ブログは、
消費者ファンの仲間で
運営しているため、
販売等については、
お答えできません。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




「幸福なイギリスの
田舎暮らしをたずねて」
北野 佐久子
集英社

ブラムリーも紹介されてます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




「英国の暮らしとおやつ」
山口もも
新紀元社

ブラムリーも紹介されてます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



BISES(No62)2009年秋号に
ブラムリーが
8ページ特集されています。
イギリス、日本の歴史、
販売店情報など
盛りだくさん!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



「dancyu」2008年11月号に
ブラムリーの特集が
出ています。
巻頭5ページです。
情報満載で、
ブラムリーが好きな方が
書いてくださっているのが
よくわかります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



「スイーツ王国」2007年12月号に
ブロードハーストさんの記事中に
ブラムリーのことが出ています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



☆「ミセス」2007年10月号に
ブラムリーの紹介が
2ページで掲載されています。
ファン1号の
広田せい子先生の執筆です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Categories
!アクセス!
ブログ内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索


   次のページへ