2019年10月29日

小布施ブラムリーを楽しむ会 第13回

20190903

「小布施ブラムリーを楽しむ会第13回」

東京ステーションホテル  ブラン ルージュ


IMG_4358


IMG_3462


FullSizeRender


2019年、私の初ブラムリーの幕開けは、

東京ステーションホテルでの昼食会

「小布施ブラムリーを楽しむ会」から

スタートです。


FullSizeRender


実は、私たちファンクラブ運営三人で

食後にお話をすることになり、

ドキドキして準備しています。


FullSizeRender


司会はブログでもお馴染みの

小布施屋太郎さんこと、

小布施町産業振興課の冨岡さん。


検疫で一年隔離栽培された苗木を

横浜から小布施に持ち帰った、

小布施ブラムリーの誕生の目撃者。


IMG_3467


小布施町長の市村良三氏は

ブラムリーの新宿高野へのデビューを

取り持たれ、応援してきた経過を

ご挨拶されました。

小布施の町中ではぐくまれ、幸せ者のブラムリー!


FullSizeRender


乾杯のご挨拶は、

日本のブラムリーの父、

小布施町にブラムリー栽培を提案した

荒井さんです。


FullSizeRender


FullSizeRender


総料理長の石原雅弘のメニュー説明。

さすがに13回目と回を重ねると

フレンチといえども自由度をプラスして

「今年は酢豚」でいくそうです。



FullSizeRender

FullSizeRender

前菜ではブラムリーのジュレをドレッシングにした、

生ハムとサラダ。

香ばしいのはヘーゼルナッツでしょうか。


 FullSizeRender


仁淀川の鮎の低温燻製(頭と骨はカリカリのフライ)

物部川のアマゴとともに、

2種類の味でいただきます。

一つはエミュルジョン(乳化)した泡状のソース。

もう一つは

生姜と出会うことで和風度がぐんと上がる、

生ブラムリーのトッピング。


FullSizeRender


バルサミコ風味の酢豚。

ブラムリーは衣に凝り、

アーモンドの粉、米粉、セモリナ粉をまぶして

カリッと揚がっています。


FullSizeRender


さらにブラムリーソースをからめていただく

歯応えのあるハンバーグ風の挽肉料理と続き、

とても満腹です。


FullSizeRender


別腹のデザートは

ブラムリーのプリンとソルベ、

ブラムリーのお茶でしめくくりました。


fu_aoringo_01


IMG_4363

(写真中央 荒井茂生氏)


食後のお話タイム、

最初は荒井さんの甥御さん、

荒井茂生さんによる、

ブラムリー生誕の地サウスウェル視察の報告。

栽培、剪定を生産者として伝授されたが

小布施の寒暖差はサウスウェルに比べ過酷で、

現地の通りにはいかないとのお話。


IMG_2831


いよいよ出番となりました!

きたろうさんはサウスウェル大聖堂での

ブラムリーフェスティバルに参加し、

壇上でスピーチしたことと、


IMG_3634

(英国展 トークショーの様子)


日本橋三越の英国展は、911日からブラムリーがテーマで、

セリアさん、北野佐久子先生とのトークショーのお知らせを。


IMG_4364

(スライド写真)


ふじっこは、ブラムリーとの出会いを

小布施での思い出にからめて。


IMG_4365

(スライド写真)

えのっちさんは日本地図を示して、

産地やお店、

イベントの広がりと取材の楽しさを語りました。


IMG_3466


お話をすることで、古い資料も発掘でき、 

ブラムリーの十数年の足どりを振り返ることができて、

しみじみとした思いです。


FullSizeRender


良い機会をいただき、ありがとうございました。        

(ふじっこ)       




apple5555 at 16:10|PermalinkComments(0)clip!イベント 

2019年10月25日

飯綱町りんごスイーツコンクール

IMG_4223

こちら

第1回目の審査発表会に行きました。

IMG_4224

りんごの配合量が全体の40%以上という
難しい課題です。

IMG_4226
IMG_4227
IMG_4228
IMG_4229

ずらりと並ぶお菓子には、
ブラムリーをはじめ、
ベルドボスクープ、
ラセットなど、
飯綱町産の
様々なりんごが使われていました。

IMG_4191

審査の方法は、
まず、1人1人が良いと思うものを5つ選び、
2人以上が選んだものから再度選ぶ。

1位は満場一致で決まったそうです。
IMG_4225

2位
FullSizeRender

3位
IMG_4142

特別賞
IMG_4151

IMG_4159

審査員の先生の総評では、
全体の40%にりんごを使うという課題により、
タルトタタン系が多かったこと、

その中で、個性を出す組み合わせや
酸味、甘み、キャラメリゼの加減、
火入れの加減による食感など
それぞれの工夫があったこと、

そして、初めてのりんごと向き合う時間が短かったが
最初の書類審査から
よりグレードアップし、練られた作品が本審査会に出されたこと…

などが語られました。

9月には、飯綱町のりんご視察ツアーも
開催されていました。

審査員の大森先生が投稿されています。

こちら

こちら

審査員の先生方も、
「初めて聞く品種、初めてのりんご。
勉強不足を痛感。」とおっしゃる姿勢に、
このコンクールに関わる全員が
りんごと真摯に向き合う
素晴らしい雰囲気が
わかると思います。

IMG_4230

山下さんもいらしていました。

久しぶりの再会に
つい、お父さん…とお呼びしてしまいました。

ブラムリーやベルドボスクープも
年々収量を増やしている。

9月に多くのパティシエの方々に
見学に来ていただいた。
どんな場所で、
どんな木で、
どんな風に
りんごがなるのかを
見てもらえて、
そして、今日のお菓子になったことに
とても感銘を受け、感慨深いと
コメントされました。

FullSizeRender

飯綱町の町長さんは、

今回の台風被害で、長野県の
多くのりんご農家が被災した。
あまりにも被害が大きく、
離農を考えている方もいると聞く。
だからこそ、りんごの魅力を日本中に知らせて、
被災した方々がもう一度やろう…と思えるように
このコンクールを通じて伝えていきたい。

とおっしゃいました。

IMG_4206

地域活性化事業でもあり、
日本のりんごの多様性を広く知らせる
コンクールでもあり、
そして、日本から世界へ
新たなりんごの魅力を発信する
素晴らしい会に立ち会えたことに
深く感謝しています。
第2回も予定されているようです。
また、そこでお会いできるのを
楽しみにしています。

事務局の方が
審査員の先生方にご紹介くださり、
ブラムリーFCにも
コメントの機会をくださったことに
深く感謝します。
(kitaro)

審査員の大森先生が
飯綱町の珍しい品種の食べ比べ動画も
配信されています。
こういうのを、私もやりたい!









apple5555 at 09:30|PermalinkComments(0)clip!イベント 

2019年09月27日

ブラムリーが紹介されます

FullSizeRender

9/27(金) 午後11時〜11時30分放送

NHK BSプレミアム

「晴れ、ときどきファーム」


こちら


再放送予定

9/29 (日) 午前5時30分〜

NHK BSプレミアム



2019年08月21日

【#ブラムリー 販売】日本橋三越 英国展 Part2

FullSizeRender

英国ファンが毎年楽しみにしている
日本橋三越の英国展。

今年のPart2のテーマは、
「ブラムリーアップルな生活」
2019年9月11日〜9月16日

こちら

たくさんのブラムリーと出会えます。

そして、ブラムリーファンクラブも
北野佐久子先生と
セリアさんとのコラボで
出店します!
FullSizeRender

是非、会いに来てくださいね。
セリアさんのレシピを
北野佐久子先生が監修。
ブラムリーとくるみのスコーンや
ジンジャー・デーツ・アップルケーキなどを
販売します。

レシピは、
販売される北野先生の新刊本で
紹介されますし、
お隣の小布施屋さんが
ブラムリーの生果を販売しますので、
ご自宅でも作れますよ。

IMG_3337
セリアさんは、
ブラムリーを全英に広めた
種苗家 ヘンリー・メリーウェザー氏の
ひ孫です。
今でもブラムリーの普及に尽力し、
コミュニティオーチャードでは
消えつつある地域に残る
古い品種を育て、
毎年、ジュースを絞り
サイダー(シードル)を仕込んでいます。

りんごの栽培にも詳しい方です。

FullSizeRender

そんな私たちの
トークショーも実現します。
是非、応援に駆けつけてください。
とっても緊張してますが、
ファンの方々がいらっしゃったら
心強いです。

FullSizeRender

興味深いトークショーがもう一つ、
モーニングトン・クレセント東京の
ステイシーさんが
ブラムリーをお話しします。

ステイシーさんは、
「日本でブラムリーが手に入ると知った時の
喜びは、言葉にできないほどだった」と
以前、話してくださいました。

こちらも是非、一緒に拝聴しましょう。

FullSizeRender

ビッグニュースはまだ続きます。

ブラムリーが誕生した
サウスウェルから
ティールームが来ます!

ザ・クロックハウスは、
パティシエのレベッカさんと
エドワードさんの共同経営で
営まれるティールームです。

IMG_1148

昨年、
ブラムリーアップル フェスティバルで
お味見するチャンスがあり、

IMG_2126
IMG_2121

とても気になって、
連れて行っていただいた場所。

この英国展のためのメニューで
登場します。

サウスウェルを愛し、
ブラムリーを愛する方々の
作るお菓子を体験できるのです。

fu_aoringo_01


日本で、これほどの
ブラムリーの体験ができる日が来るとは、
正直なところ、想像していませんでした。

多くの出会いがあり、
たくさんの協力と支援があり、
そして、
ブラムリー愛が実現させてくれた
夢のような一週間です。

みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。




2019年08月05日

募集開始 サンクゼール 「ブラムリーりんごを楽しむ会」

FullSizeRender


2019年8月28日 (wed)

イギリス生まれ飯綱育ちの青りんご“ブラムリーズ・シードリング”の季節がやってきます。

特徴的な酸味を生かした、シェフ特製のスペシャルコースをご用意。
飯綱町のりんごを存分に楽しむ1日です。

▽費用
 お1人様 5,000円(税込)

▽内容
・ブラムリーを使ったスペシャルコース料理
・ブラムリーシードル
・アップルミュージアム出張講座(ランチ内で)
・りんご生果直売会
・ワイナリー&蒸溜機見学ツアー

▽スケジュール
10:40 長野駅東口ユメリアバスパーク集合
10:45 長野駅出発
11:30 レストランにてランチ
13:30 ガーデンにてりんご生果直売会
   (山下フルーツ農園さま)
13:45 ワイナリー&蒸溜機見学ツアー
14:00 ワイナリー本店(自由時間)
※希望者はアップルミュージアム・直売所さんちゃんまでご案内します。
15:30 サンクゼール出発
16:20 長野駅到着(予定)

※当日予定が変更になる場合がございます。
※ご予約時に、.丱垢砲茲訌迎を希望されるか飲酒の有無をお伝えください。
※長野駅までの交通費は実費負担となります。
※集合時間に合う東京方面からの新幹線時刻は次の通りです。参考(8:44東京発→10:20長野着)

ご予約・お問合せ
 ワイナリーレストラン・サンクゼール
 026-253-8070



2019年07月27日

募集開始 小布施屋ブラムリーを楽しむ会

FullSizeRender

FullSizeRender

こちら

今年の 

小布施ブラムリーを楽しむ会 

(東京ステイションホテル)にて

ブラムリーファンクラブ 運営の三人で

お話しさせていただくことになりました。


2006年に応援ブログを立ち上げ、

各々の興味の向くままに続けてきた趣味の活動。

自分が来年も食べたいから…という

エゴから始めて、沢山の方々と出会い、

多くのサポートを得て、

しあわせな時間を過ごしてきました。


りんごは、人と人をつなぐ

不思議な力があります。

ブラムリーは、そんな不思議な

りんごワールドへの扉なのです。


FullSizeRender






2019年07月26日

小布施 ブラムリー 予約開始!

IMG_0155

いよいよ、今年もブラムリーの季節が
始まりました。

小布施屋さんの予約開始です。
こちら

注意事項としては、
受取日の指定ができないこと。

8月末頃より発送開始予定。
収穫が始まり次第、順次発送いたします…

とのこと。

今年もハッピーな
ブラムリーの季節を
みんなで楽しみたいです。


2019年07月07日

ブラムリー セゾン

FullSizeRender

今年の販売情報1号です。

セゾンとは、春先に仕込むビールで、
イギリスでは、それぞれの農家が
夏の繁忙期に
「うちのセゾンは美味しいから
働きに来て」と、
それぞれが工夫していた…と。

セゾンとは
こちら

元々は、ベルギーのフルーツビールからだったようです。

きっと夏にぴったりのお味でしょう🍏🍺


2019年04月10日

いいづな シードルガーデン

FullSizeRender

今年も いいづなシードルガーデンが
長野県飯綱町の
サンクゼール・ワイナリーで
開催されます。
こちら

最寄りの牟礼駅からの
無料シャトルバスも運行されるので、
時間を確認してください。

フード&ドリンクの前売り券は
昨年はとっても可愛いりんごチケットの
デザインでした。

このイベントでは、
ブラムリーとフジのシードルや
和りんごの高坂りんごのシードルなど、
樽から出したての味を
体験できます。
あのフレッシュな感動は、忘れられません。

また、希少で大人気の
アップルブランデー(カルバドス)も
アップルミュージアム(徒歩5分)の
りんご並木で味わえます。

シードルセミナーでは、
今年は何種類の飲み比べができるでしょうか!
毎年、日本&世界のシードルが
解説と共に飲み比べられて、
とってもお得。

詳細は、上記のリンク先で!


2019年02月15日

いいづな あっぷるブランデー 第2弾

21CA6201-D1DA-4625-BFF5-A8F5A9AE7C59

サンクゼール

いいづなアップルブランデー 第2弾

フジ&ブラムリー 🍎🍏


こちら



2019年01月11日

奥田シェフ、小布施ブラムリーを訪問 記事

FullSizeRender

小布施町の担当者のご厚意で
特集記事のフリーペーパーを
送っていただきました。

東北&信越等の
新聞購読者向けのフリーペーパーのようです。

入手は困難かなぁ(残念)

FullSizeRender

1ページ目だけ、ご紹介します。

この特集記事には、奥田シェフによる
味の分析図があり、
また、加熱と共に変化する魅力が
書かれています。

日本のクッキング・アップルの定義を
これから考える上で、とても参考になります。

奥田シェフの
2014年のブラムリー の食事会は
こちら



2018年10月26日

趣味の園芸

クッキングアップル特集
ブラムリー も紹介されています。



apple5555 at 16:47|PermalinkComments(0)clip!書籍 

2018年10月13日

サウスウェル ブラムリーフェスティバル

FullSizeRender

ブラムリーは、1809年に
少女メアリーアンが遊びで種を蒔き、
偶然生まれたりんごです。

イギリスのサウスウェルには、
200年を超え、
今も原木が生きています。

毎年、10月の第3土曜日に、
町をあげて、
ブラムリーフェスティバルが開催。

今年は25周年の記念の年です。

今年のゲストは、
昨年に続き、
北野佐久子先生と、
アメリカ人作家の
スーザンさん、

そして
ブラムリーFCの
kitaroです🍏

たった1日だけのお祭りで、
盛りだくさんの行事や販売ですが、
できる限り、
沢山の方々とブラムリー愛を
分かち合って、
日本のファンの方々のことを
伝えたいと思います。

こちらは、
現在 静岡大学の松本先生が
ゲストだった時の動画です。





apple5555 at 07:40|PermalinkComments(0)clip!英国事情 | イベント

2018年10月12日

いいづな りんご並木フェスタ

FullSizeRender
FullSizeRender

長野県飯綱町が
ブラムリーの栽培にチャレンジして
10年を記念したフェスタでした。

EE667A8F-8B02-4AF5-95CD-9DDE9F03B5CA
D7932CB6-DE4A-4B40-B1E2-F14D9474ED6B


モーニングトン クレセント東京の
ステイシーさんの
アップルパイ デモンストレーションや

B16BD8D8-66CA-40CE-9704-B4FB5EBDED45

4D381C70-1F58-4D20-A065-A59E74CE3273
FDD2DA02-67B6-4521-A826-890B8EE88760
037B7CD6-1241-4412-8CED-CB2C7FD24452

見てるだけでも楽しい
販売コーナー

D75E2141-58D5-4526-9D75-F79C81C0ACDA
E0785028-BC28-43B4-A93F-D44A2F7415AD
F6E10EF5-EB75-453A-954F-A5B8EAB378C5
5B7B1C77-53F0-4477-973B-9893C8964111
F3C51FB9-FF67-493F-B3AA-177D6911ECEE
729AB195-A8B2-41FA-A8B2-68CD12359246

音楽の演奏も♪
C9923E44-C976-4C3D-A2C7-29554D439B49
F02901E6-1A5A-4228-8541-47FCDC8800FA

りんごシンポジウムでは、
Kitaroもお話ししました。

4B37F273-5942-46A7-9255-0BD5E0CBCECA

そして、
ステイシーさんの
アフタヌーンティーパーティー❣️

IMG_0649
F4902630-A01C-4690-9965-7BBF4A4C7DA8
IMG_0650
4DED0281-E9EE-4744-A967-9015774498DC

朝から準備をされてました。
56F8F78D-C5DE-44F5-8986-CD2BE02D7A14

せっかくですから、
会場のアップルミュージアムも見学。
E1967F27-48BC-43BC-B4C4-E2D72567F76A
B301CEAB-84EC-4190-9829-7AB88498CCBF
D8A467A6-5000-41AB-9001-55395F0FD58E
FullSizeRender

台風が心配され、
会場は室内のみとなりましたが、
雨も降らず、
りんご並木も歩きました。

C401AC03-6BB8-4487-AFE2-5F96EAB7A0F5

CA0D610E-F508-44BA-9522-86EBB801DD17
D88DA5DF-BED9-4C2B-A76F-8799AE69510E

りんごって、
本当に面白く、
可愛く、
人々をつなぎ、
笑顔を作ってくれます。

来年のイベントも
楽しみにしています。

8C18D415-AD9F-4A8B-B6F6-A92CF9599DB4
カフェで、名物の
りんごの生搾りジュースを飲みながら
ニンマリ座っていたのが
Kitaroです。











apple5555 at 15:32|PermalinkComments(0)clip!イベント 

2018年10月07日

Dean & Deluca ブラムリー を語る

FullSizeRender


販売期間 : 10月19日(金)〜21日(日)

信州地養豚とブラムリーアップルのポークパイ

ブラムリーアップルクリームパン

http://www.deandeluca.co.jp/contents/sfg_1810.html


FullSizeRender




私たちのこと
10年後も
国産ブラムリーを食べたい!

『イギリスの
【料理用りんご】って
知ってる?』と
紹介されたのが2003年。

それから夢中で
色々なことを調べたり、
試作したりしてきました。

クッキングアップル
【ブラムリー】から

新しい食文化を
楽しみませんか。

皆様からの情報も
お待ちしています!
 
きたろう&えのっち&ふじっこ

メール
bramleyfanclub@gmail.com




お知らせ
本ブログの写真や情報、
レシピ等は、
本ブログ内での
使用に限り
許可を頂いています。
無断転用はご遠慮ください。

使用を希望する場合は
メールでご相談ください。

ご協力をお願いいたします。

当ブログは、
消費者ファンの仲間で
運営しているため、
販売等については、
お答えできません。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




「幸福なイギリスの
田舎暮らしをたずねて」
北野 佐久子
集英社

ブラムリーも紹介されてます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




「英国の暮らしとおやつ」
山口もも
新紀元社

ブラムリーも紹介されてます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



BISES(No62)2009年秋号に
ブラムリーが
8ページ特集されています。
イギリス、日本の歴史、
販売店情報など
盛りだくさん!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



「dancyu」2008年11月号に
ブラムリーの特集が
出ています。
巻頭5ページです。
情報満載で、
ブラムリーが好きな方が
書いてくださっているのが
よくわかります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



「スイーツ王国」2007年12月号に
ブロードハーストさんの記事中に
ブラムリーのことが出ています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



☆「ミセス」2007年10月号に
ブラムリーの紹介が
2ページで掲載されています。
ファン1号の
広田せい子先生の執筆です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Categories
!アクセス!
ブログ内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索


   次のページへ