November 14, 2006

今はまだ夢の途中

こっちで知り合った一人の女の子がいる。
名前はさち
彼女の存在は友達を超えて妹のような存在。
このカナダの生活で色んな事を一緒に乗り越えてきた。

「二人でやれば、何でも上手く行く」

というのが二人の合言葉。

カナダに来て振り返ると、ガイドの仕事を通して沢山の事を学んだけれど、一番学んだ事は人との出会いを通じてだった。

「今はまだ夢の途中」

さちが今でも口癖のように言っているこの言葉。

彼女が日本に帰って、大学を卒業して社会に出ると言った時は母親のような気持ちで泣きたくなった。

この子の成長を誰よりも近くで見たのはこの私。そして、1月11日、彼女と同じ日に日本に帰ります。私は一時帰国で、2007年の春にまたここカナダでガイドを続けます。

なので、この冒険日記は引き続き続行しますが、またひとまわり大きくなって戻って来れる様に、しばらくはこのブログを離れて、mixiで日記を更新していきます。


Thank you and see you again!





apple_ai123 at 14:36|PermalinkComments(5)TrackBack(0)Apple's mind 

November 11, 2006

4年ぶりのアメリカ合衆国

SI

この日をどれだけ待ったことか。長かったようであっという間の4年間。ニューヨークでの留学を終えてから4年ぶりにアメリカに戻りました。バケーションとして。
この写真は私が住んでいたニューヨーク市スタテンアイランドから撮ったマンハッタンの景色。24時間運行しているマンハッタンとスタテン島をつなぐこのフェリーはなんと無料で運行。途中自由の女神の前を通るので、旅行客も多い。昔はここで出会いもあったなぁ。

ニューヨークでは、母校に行ったり、懐かしい友人との再会、一緒に旅をしたガイドの同期の友達とチーズケーキを沢山食べたりと、とっても充実した旅だった。


ニューヨークの前に訪れたボストンは都会すぎず、可愛らしい建物の多さに驚き。まるでイギリスのような雰囲気のボストンは予想以上に素敵な街。2泊3日もあれば十分だけど、また行きたい街のひとつとなった。カフェも沢山あるし、何と言っても、クラムチャウダースープが最高に美味しかった。


ボストン1






そして、ボストンといえば、隣町、ケンブリッジにあるハーバード大学。もちろん行ってきました!大学はとっても大きく、さすがアメリカで一番古いハイレベルの大学だけあって、大学の周りにも沢山のカフェやお店が立ち並んでました。ハーバード大学の写真はこちら。

ハーバード







今回の旅で得たもの。

それは

“夢をあきらめない野心”


4年ぶりのニューヨークは何も変わってなかったけれど、友人達の成長ぶりを見る事ができて本当に嬉しかった。

ニューヨークで生きていくのは簡単ではない。大学の費用も生活費も高い。それでも、がむしゃらに努力している友達の姿を見て本当に良い刺激をもらった。

それと同時に

今の私の居場所はカナダなんだって実感できた。

努力を続けていれば、必ずそれは実となり、花となる。

夢はあきらめたらそこでおしまい。

けれど

あきらめない限り可能性はゼロじゃない。

アメリカンドリームという言葉はここから来ているような気がした。


apple_ai123 at 15:31|PermalinkComments(12)TrackBack(0)Japanese blog 

October 31, 2006

かけがえのない仲間たちと

下寮

このお家で同期5人と過ごした。寮といっても立派な一軒家。この家で大変
だった研修時代を共にし、何かあればいつもみんなで夜遅くまで語り合った。ガイドデビューしてからはみんなが揃う日もなかなか無かったけれど、仕事が一段落して私達5人はドライブの旅に出た。

日程表のない行き当たりばったりの旅行へ。


それは、想像以上に面白い旅だった。

まずは、オンタリオ州のキッチナーというドイツ文化が残る街へ。ナイアガラから1時間30分ほどのキッチナーは想像以上に寒かった。その後さらに西のイギリスの影響が残るロンドンの街へアフタヌーンティーをしようと向かった。

ロンドン

この写真はロンドンの中心地。ダウンタウン。可愛いらしい街並みだったけれど、想像していたイギリス風のカフェがどこにもなく、図書館の中に入っていたカフェで休憩。

その日の夜はキッチナーで宿泊。ホテルがあまりにも寒くみんなで近くのティム ホートンに駆け込んだ(笑)

翌日は朝からセントジェイコブスのファーマーズ マーケットにて朝食。トロントのセントローレンスマーケットのような感じ。

そして、この旅のメイン、今でも電気も車も使わず、自給自足の生活をしているメノナイトの人々が住む町へと向かった。セントジェイコブスの町のさらに郊外へと車を走るとこんな看板や道に出くわした。


st jacobsst jacobs2







馬が走る為、途中道がコンクリートではなくなっていた。そして私達の車は泥んこまみれのままトロントへ


トロントのダウンタウンでガイドの同僚仲間達と飲茶の昼食の後、ハロウィーンの衣装を購入!


そうなんです。

この旅の終わりに10月30日私達の寮で5人主催のハロウィーン仮装パーティを開いたのです飾りつけから全て5人で準備をしたパーティーは予想以上の仲間が集まり、想像以上の盛り上がりでした。みんなしっかりと仮装をしてきたために、急きょ仮装コンテストが開かれました

ずっと5人で過ごした数日間。

これからはそれぞれの道を歩き始めるけれど、ここカナダで最高の同期と過ごした時間はかけがえのない宝となった


そして、明日からボストン&NYの旅へと行って参ります!



apple_ai123 at 20:25|PermalinkComments(12)TrackBack(0)Apple in Toronto(Life) 

October 27, 2006

カフェめぐり再熱

cafe1cafe2








New Yorkに居た頃、時間があれば一人で何件もカフェめぐりをしていた。最近また少しづつカフェめぐり熱が再熱した様子。時間さえあれば、現地のサイトで色々探してしまう。いつしかこの日記もカフェの評価日記に変わってしまったりして(笑)それはそれでいっか^^

今日食べたクレープ美味しかった
その名も“ダークチョコレート バナナ”中身のダークチョコとバナナのコラボレーションがたまりません。そしてillyのブラックコーヒーをお供にQueen street Westのクレープ屋さんと言えばみんな分かるかな?是非お試しあれ!

そして、季節もすでに私の中では冬!カナダのスタバの新商品紹介♪今日友達が飲んでいた左側がメープルマッキアート、そして右側がハーベストナッツ モカ

メープルマキアートはキャラメルマキアートと味が少し似ていて飲みやすい。やっぱりカナダはメープルですな。ハーベストナッツ モカはナッツの風味そのものだったけど、アーモンドミルクを飲んでいるような感覚だったのでちょっと気持ちクセがあるかも。

さて、今日からバケーション

明日はセント ジェイコブスという、今でも宗教上の理由で電気のない自給自足をしている人達の街がここオンタリオにあるのです。車ではなく馬車を使っている様子も見れるのかな。

同期5人組でドライブ旅行です

ナイアガラ集合だけど、カンクンやモントリオールですでにバケーションを楽しんでいる同期が無事にナイアガラに戻って来れますように




apple_ai123 at 03:11|PermalinkComments(8)TrackBack(0)Apple in Toronto(Life) 

October 26, 2006

再出発

84e23cc5.jpgカナダに来た目的のひとつ。

それは、

現地ガイドとして働く事だった。

今は達成感の気持ちでいっぱい。

がむしゃらに働いた毎日だったけど、不思議と時間に追われている感じもなく楽しく仕事ができた。

今度は何をしようかな。

仕事をしていた時はどんな早朝だって起きれたのに、今は朝起きれない。。3時間、4時間睡眠が7時間から10時間睡眠になってます

今は焦らずゆっくりと旅に出ながらこれからの事を考えようっと。

自分の心の中では、何が必要で何がしたいかが分かり始めているから、それを行動というスパイスが加わる前にじっくりと考える。

人生は、

考え方一つで世界は分かる。

物事を悲観的にとらえる人生よりも、

何でも前向きにとらえる人生の方が楽しい。

今までの色んな経験が人生の糧になって発揮できたのがガイドの仕事だった。


「幸せになりたい」と思うか、「幸せになる」と思うか。

ここでも大きく違ってくる。

「〜したい」は願いを口に出しているだけでとっても受け身の言葉。

「〜する」とか「〜になる」という言葉は、実際にそう信じて前に進んでいる人が口に出す言葉。だから本当に実現する。

限られた時間の中で夢を夢のままで終わらせるのはもったいない。

少しでも近づける努力をして頑張って行けば必ず道が開ける。


私の周りの友達は日本にいる友達、カナダに居る友達関係なくみんな前向きで頑張り屋さん。こんな周りの人達に囲まれてなんて幸せなんだろうって、家でお茶しながら感じる今日この頃。

今日は快晴











apple_ai123 at 00:51|PermalinkComments(14)TrackBack(0)Apple in Toronto(Life) 

October 24, 2006

私の小さなお城〜お部屋公開〜

17f06103.jpgトロントに来て何回引越しをした事か。
8月から毎月引越しを繰り返し、周りの人にも「また!?」と言われながらも、ようやく落ち着きました!!もう引っ越しません!!今の家は閑静な住宅街の上、ダウンタウンまでも10分ちょっと。地下鉄の駅まで徒歩2分。家賃も安い。

シェアメイトのカナディアン女性(オーナー)とトルコ人はとっても優しい大人の人だ。みんな綺麗好きの為、キッチンもバスルームも驚くほど綺麗☆週末はみんなでDVDを観たり、今日の出来事なんかを話したりしている。

そして、もう一匹。猫ちゃんがいる。入居してから忙しい日々で、なかなか家に帰れなかったけれど、とっても人懐っこい猫ちゃん。私は猫よりも犬の方が慣れているため、初めは苦手意識があったけれど、テレビを観ている時、ソファに座っている私のひざで寝ている姿を見るとめちゃくちゃ可愛い

皆様、是非我が家へ遊びに来てください♪

場所はブログ上公開しません、個人的に教えます〜♪

それでは、今日はこれからナイアガラで飲み会だぁナイアガラの我が家もすでに恋しくなってきた。





apple_ai123 at 00:44|PermalinkComments(19)TrackBack(0)Apple in Toronto(Life) 

October 22, 2006

いつも笑顔で

落ち着きを取り戻しつつある今日この頃。今年最後の仕事は感動的なホテルアシストで終わりました。お客さんは20代前半の可愛い女の子3人組。彼女達は耳が聞こえません。ですが、相手の口の動きで何を言っているのかを理解し、自分の発する声は聞こえなくても話すんです。会うまで、「モーニングコールなしてどうやって起きてるんだろう」とか、「緊急連絡先どうやって案内すべきか。」などなど、色々考えていたけれど、彼女達の一生懸命な姿勢に胸を打たれました最後に彼女達に「頑張って下さいね!!」って私が励ましてもらっちゃいました^^;

同じ日に日本語ボランティアも再開しました!一生懸命日本語を勉強している生徒達を見て、私も鈍くなった?英語力を取り戻して、さらに向上しようという気持ちが湧いてきました。

ガイドの仕事はひとまず一段落。色んな事はあったけれど本当に楽しい仕事だった。

ここに、私と同じように綴っているひとりのバンフガイドがいる。「あいのり」の浅ちゃんのブログはこちら。時間がある人は是非見てください。

私はまだまだやりたい事が沢山ある。

これからひとつひとつ整理して考えます。

一度限りの人生だから

一日を多くでも笑顔の絶えない日々で生活したい。

そんな毎日に感謝したい。


10月ももうすぐ終わり。

ガイドの同期とプチ旅行♪同僚とパーティー♪そして11月入ったらすぐにボストンとニューヨーク旅行に行って来ます^^

12月はフロリダ旅行計画中!ミッキーマウスに会えるといいな☆

日本にいる大事なお友達達〜、日本に帰る日は追って連絡します!



apple_ai123 at 09:53|PermalinkComments(12)TrackBack(0)Apple in Toronto(Life) 

October 17, 2006

目には見えない大切なもの

忙しかったガイドの仕事も明日の遠征でひとまず落ち着きます。気がついたら9月の中旬前くらいから一日も休み無くひたすら働いていた。

カナダに来た目的のひとつ。

それは

自分がどこまでやれるか試したかった。

そんな自分を見てみたかった。

この1ヶ月ちょっと。22時間労働という日もあった。気がついたらシャワーを浴びながら寝ていた。。って事もあった。

でも、毎日違うお客さんとの出会いは本当に楽しかった。

ドライバーとこんな話をしたのが印象的。

「毎日同じことをしていても、毎日新しい出会いができる良い仕事だよね。」と。

時には先輩から怒鳴られたりもしたけれど

色んなタイプの添乗員さんに振り回されたこともあったけど

いつも何かあると話を聞いてくれる同僚がいつも近くにいてくれた。

だからここまで来れたんだとつくづく思う。

「本当に大切なものは目には見えない」

星の王子様が本の中で言っていたように、本当に大切なものは自分の心で感じて気づけるからこそ価値があるのかな。

本当に良い経験をした。

来年も今のところカナダで引き続き就労ビザで残る予定ではありますが、色々と考えてます。

自分にとって一番ベストな道を歩きたい。


だから、今少しづつ仕事が落ち着いてこれからの事をゆっくりと考える時間を与えられた。

明日のキングストンとサウザンアイランドの観光、そして明後日のナイアガラの観光を思いっきり楽しんできます♪




apple_ai123 at 10:41|PermalinkComments(17)TrackBack(0)Apple in Toronto(Life) 

October 06, 2006

忙しさの中から見出せたもの

相変わらずバタバタしている毎日。
先日、空でドライバーガイドのトロント空港ミートに合わせてナイアガラからトロントに戻る予定(仕事以外で帰る事を空と言います)が、高速乗る直前で、フライトキャンセル。。。翌日の早朝センドに乗っけてもらって、空港からトロントのVIA鉄道の駅まで行き、列車に乗ってキングストン入り。そして、400キロ南のナイアガラに到着したのは夜11時。朝3時半に起きて、毎日怒涛のごとく過ぎる毎日。

このクレイジーなスケジュールにすっかり慣れてしまった。慣れって怖い。。

忙しいけれど、全然苦じゃないのは、この仕事やっぱり自分に合ってるみたい。最近のお客さんは紅葉を見に来る自分の両親と同じ年代。

こんな未熟なガイドを褒めてくれる客さんがいるとやっぱり嬉しい。やってて良かったって心底思う。

この前、とあるホテルで世界を旅行している女の子の友達ができた。そして、添乗員さんの世界の旅話が面白い。

忙しさの中から見出せたもの。

それはとってもシンプル。

健康で働けるありがたさ。

そして、自分に自信が生まれた。

相性が合わない人と仕事をしても笑顔で乗り切れるようになった。


もうすぐシーズンが終わるけど、少しずつこの後の事を考え行動に出ております。ガイドの仕事はもうすぐ冬眠に入りまーす。さて、これから滝のイルミネーションツアーに行ってきまーす♪





apple_ai123 at 08:20|PermalinkComments(16)TrackBack(0)Apple in Toronto(Job) 

October 02, 2006

生きてますっ!

とーっても久しぶりの更新です!何とか生きてます^^
今までは疲れたりするとストレスで食べ過ぎていたのに、最近は食欲が無くなるほどの疲れ。。ここしばらく6時間以上寝れない生活。。

お客さんの数も40人以上のツアーで顔が覚えられないし、添乗員さんも色んな方がいるので気を使う

9月の後半からめっきりバタバタしているせいかドジも踏んでます。。乗り物に乗ると爆睡する癖があるせいか、空港までの地下鉄でほぼ毎回爆睡します。そして、バスで乗り継いで空港に向かう途中、バスの番号を確認しないで、飛び乗ったらとんでもないところへ行ってしまい、危うくお客さんとのミートに間に合わないところでした。。危ない、危ない^^;

そして、今日は初めてナイアガラを運転するドライバーとの観光。。お客さん41名と添乗員さんとで、大型バスでの観光は道を教えるので精一杯

なんだかんだで、あともうちょっとだけれども、今一番したいこと、それは!寝たい。。ので、また今度ゆっくり更新します!



apple_ai123 at 14:45|PermalinkComments(12)TrackBack(0)Apple in Toronto(Life) 
Profile
Recent Comments