おはようございます!
 

アップルバンクの高橋です。

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

早いもので平成29417日のオープン記念ファンド1号の募集より、

1ヶ月が過ぎました。

お陰様でリリース直後から、口座開設や投資の申込を多数いただき、感謝の気持ちと

責任を感じております。
現在投資家登録数は500名を超え、2億円以上の成立ローン実績となっております。

是非、アップルバンクのローンファンドをご覧ください! 

アップルバンクサイトはこちら← 
 


本日は名古屋エリア統括担当からのレポートを致します!

 
 
今回は「アップルバンク」の母体である法人が不動産デベロップメント事業をしている
名古屋地区の不動産事情をご紹介いたします。

 

名古屋市は、東京(23区)、横浜市、大阪市についで4番目の人口を要する都市であります。

また、2027年に開通予定の「リニア中央新幹線」で東京から最速40分で結ばれる予定です。

これを受けて名古屋市では、「名古屋駅周辺まちづくり構想」を策定し
「国際的・広域的な役割を担う圏域の拠点」として国際競争力を発揮する都市部の形成を目指しており、
私たちも名古屋駅周辺だけではなく地区全体がこれから発展していくものと予想しています。


参考サイト

リニア中央新幹線と名古屋周辺まちづくり構想← 

2e4b5db7
 

 
 

今後は、名古屋を中心とした東海地方の不動産開発案件もリリースしていく予定ですので、その際には是非ご検討くださるようお願い申し上げます。

 

 

これからも「アップルバンク」をよろしくお願いいたします!