ソニー、DAT製品の国内出荷を終了 - AV Watch

Sony DATレコーダー TCD-D100ソニーは25日、1997年7月発売の携帯型デジタルオーディオテープ (DAT)レコーダー『TCD-D100』の国内における出荷を、2005年12月初旬をもって終了することを発表

出荷終了の理由について、「製品の部品入手が困難になっているほか、Hi-MDやリニアPCMレコーダ“PCM-D1”などが発売されており、DATユーザーの代替製品への移行が進んでいるため」としている。

DAT Digital Audio TapeDATは、専用のテープにサンプリング周波数48/44.1/32kHzのPCM方式で記録するオーディオテープカセット。ソニーでは、'87年3月にDATデッキ「DTC-100ES」を発売。

Abro も昔憧れてた DAT にサヨナラか・・・。さみしいね。まだ、マスターテープとしては現役なのかな??

ビデオカメラでも、テープが現役で活躍中。HDD や光学式メディア、フラッシュメモリーに、取って代わられるのも時間の問題か・・・。

ソニー リニアPCMレコーダー『PCM-D1』News and Information 新開発の高感度内蔵マイクと徹底した低ノイズ設計で高音質録音を追求した 携帯型 リニアPCMレコーダー 発売

このニュースで思い出したけど、4GBフラッシュメモリー内蔵の24bit/96kHz対応のリニアPCMレコーダ “PCM-D1” はレトロな感じでクールだよね。

20万円と高価で、Abro は何に使えば良いのかわからんけどね。

(by Abro)

<関連記事> ソニー、24bit/96kHz対応のリニアPCMレコーダ - AV Watch