トラブルその1〜RAIDが壊れた(降格)iPhone6Plus SIMフリー版を購入しました。

2014年08月19日

トラブルその2〜外付けハードディスクが不可視になってしまった!!

トラブルの備忘録の続きです。
今度は「外付けハードディスクが不可視になってしまった!!」という問題です。ディスクユーティリティではHDDを認識しており、マウントの作業ができるのに、実際にはFinderから見えない・・というトラブルがありました。不可視ファイルが見えるような設定にすると、見えてくるので、フォルダの属性が「不可視」に設定されてしまったのではないかと考えました。
そこで、いろいろ調べてみると「Xcode」にファイルの属性を調べたり変更するコマンドがあることを知り試してみました。Xcodeをインストールした状態で、ターミナルを起動し、
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Tools/GetFileInfo /Volumes/問題のHDD
を実行すると
directory: "/Volumes/問題のHDD"
attributes: avbstclinmedz
と表示されます。attributes の 2 番目の文字が「小文字のv」なら「可視」、「大文字のV」なら「不可視」だということです。今回は大文字の「V」になっていたので理由はわかりませんが不可視になっていたということです。そこで、
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Tools/SetFile -a v /Volumes/問題のHDD
を実行すると可視にあっさりと変更できました。

このトラブルは初めてで結構悩みましたが、何とか解決できました。

appledentist at 15:02│Comments(0)TrackBack(0) Mac 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
トラブルその1〜RAIDが壊れた(降格)iPhone6Plus SIMフリー版を購入しました。