2011年10月29日

予約できても安心するな!iPad購入時の思わぬ落とし穴 iPadおすすめニュース

予約できても安心するな!iPad購入時の思わぬ落とし穴

 ITライフハックより

アップルの「iPad」がいよいよ明日、発売になる。「iPad」が誰よりも早く欲しい人は、5月10日の予約販売開始日に店頭に並んだことだろう。しか し、予約ができたからといって、発売日に入手できるとは限らない。購入場所によっては、思いも寄らぬ落とし穴があるのだ。

たとえば、「iPad」を某大手家電量販店で予約すると、予約受付の控えをもらうことができる。この紙と引き換えに「iPad」を購入できるわけだが、あ くまで予約であって、発売日に購入できる権利ではないのだ。

大手家電量販店では、「iPad」発売の2日ほど前から予約を入れたお客さんに対して、受付番号の若い順に「iPad」販売の案内を電話で連絡している。 この電話は、来店日時を決めるもので、うっかり電話に出られなかった場合には、次の人に電話がいくことになっている。

つまり、予約開始日に長蛇の列に並んで運よく若い受付番号で予約ができたとしても、販売店からの電話に出られなければ、来店日時が決まらないので、 「iPad」の発売当日に入手できない可能性も出てくる。

大手家電量販店は、「iPad」の入荷数も多いが、購入するお客さんも多い。予約ができても決して安心はできない。もし、販売店から電話がなければ、早め に確認をとったほうが良いだろう。

詳しい記事



ipadunnerのコピー

安全管理・安全対策用品販売の安全用品コム



16:17|この記事のURLiPpadおすすめニュース | iPadニュース このエントリーを含むはてなブックマーク 

40歳でiPhoneアプリをリリース!欲しいアプリは自分で作れる【iPhoneでチャンス掴め】  iPadおすすめニュース

初心者からでもiPhoneアプリを作れるようになる「レインボーアップススクール」がはじまって、早くも約半年。卒業生たちは、はちゃくちゃくとクリエ イターとしての自分の道を歩んでいる。

ITライフハックより

そこで、今回からは、受講生の開発体験と作品の紹介をしていきたい。

今回は1期生で、ネット広告代理店に働く40歳の男性。Style Appsさん。

■コレだ!というReaderアプリが無かったので、自分で作ってしまった
Style Appsさんは、なんと、自分でオリジナルのRSS Readerを作ってしまったのだ。Style Appsさんは、15年以上のAppleユーザーということもあり、iPhoneは日本でリリースされる前の1Gから国内発売を待ち望んでいた。

詳しい記事

ipadunnerのコピー

安全管理・安全対策用品販売の安全用品コム


16:17|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ipadオススメアプリ | iPadニュース このエントリーを含むはてなブックマーク 

2010年05月28日

祝!発売 iPad関連記事をジャンル別に一挙紹介 iPadおすすめニュース


祝!発売 iPad関連記事をジャンル別に一挙紹介

コラム、市場動向、調査

 ITmedia プロフェッショナル モバイルより

新聞や雑誌、書籍などの印刷メディア産業は今、15世紀のグーテンベルク革命以来の大変革期に突入しつつある。当時の活版印刷技術は書物の大量生 産を可能とし、それまで聖職者など一部特権階級に独占されていた情報アクセスや学習の手段を一般大衆に開放した。これによって合理性に立脚した近代社会が 誕生し、その後の自然科学の発達や産業革命を促したと考えられている。

新しいコンテンツを開発する上で、出版業界から最も熱い視線を浴びているのが、4月3日に米国で発売されたiPadであることは言うまでもない。 ただし一般消費者の間では、この新型端末がそもそも、どんな用途に使えるものかが、いまだ判然としないようだ。

日本市場での「iPad」発売日、5月28日がいよいよ2日後に迫ってきた。一足早く日本向けのiPad Wi-Fi+3G版に触れる機会を得た筆者は、iPadがAppleの“4番目の再発明”になり得ると感じた。

Appleのタブレットマシン「iPad」の予想コストは、最も安価なモデルで約230ドル――米調査会社iSuppliが2月11日、「仮想分 解」の結果を発表した。同社の推定によると、iPadのコストは最も安価な499ドルの「16GバイトHDD、3Gなし」モデルが229.35ドル、最も 高額な829ドルの「64GバイトHDD、3G」モデルは346.15ドルとなる。この数字はパーツと製造コストを合計したものであり、ソフトやライセン ス料は含まれない。

iPhoneのビジネス活用の可能性を探る本連載の第2回は、4月3日9時(米現地時間)に発売された「iPad」のビジネス活用に関する最新情 報を、現地リポートを交えてお届けする。

米Appleは先週末、ファン待望のタブレット端末「iPad」を発売したが、週末の販売台数をめぐっては当初の予測がどんどん上方修正されてお り(アナリストの予測は20万台から70万台の範囲に広がっている)、長年休眠状態にあったタブレットコンピュータ市場を再び活性化させようという Appleの賭けはどうやら成功しているようだ。

MMD研究所がビジネスパーソンのiPadの購入意向に関する調査結果を発表。約半数が購入に前向きであり、Wi-Fi版とWi-Fi+3G版の どちらを選ぶかについては両デバイスが同じ比率で並んだ。

AppleのiPadは2010年に約700万台売れ、2012年にはさらにその3倍売れる――米調査会社iSuppliがこのような予測を明ら かにした。同社の予想では、iPadの世界販売台数は2010年は710万台、2011年は1440万台、2012年は

詳しい記事


ipadunnerのコピー



09:21|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)iPpadおすすめニュース | iPadニュース このエントリーを含むはてなブックマーク 
 iTunes Store(Japan)
最新記事
月別アーカイブ