2010年05月17日

iPad貸し出し作品解説 群馬・富弘美術館、6月から

asahi.comより
群馬県みどり市の富弘美術館が6月から、米アップルの新型携帯端末iPad(アイパッド)を使った作品解説や周辺観光情報を見られるサービスを始め る。館内でiPadを貸し出し、併設のカフェなどで見てもらう。同館によると、iPadを使ったサービスは国内の美術館では初めてという。

同館は、事故で肩から先の腕が動かなくなった星野富弘さん(64)が、口にくわえたペンや筆でかいた絵と詩の作品を展示している。

iPadで星野さんの生い立ちや主な作品、出版物、美術館周辺の飲食店などの情報を見られる。展示されていない写真や映像、星野さんによる詩の朗読も視 聴できる。当面は無料。話題のiPadを呼び水に、比較的少ない20~30代の来館者を増やしたい考えだ。

記事の続き

ipadunnerのコピー



20:23|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)iPadニュース  このエントリーを含むはてなブックマーク 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
 iTunes Store(Japan)
最新記事
月別アーカイブ