Windows/Office 価格·情報

Microsoft Windows/Office日本語 [ダウンロード版]ご購入した正規品をネット最安値で販売しています!

Microsoftは米国時間7月9日、「Mac」用「Office」スイートの新しいバージョンを「Office 365」加入者を対象に先行リリースした。


 「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」「OneNote」の新しいバージョンを含む「Office 2016 for Mac」は、9日から139カ国で16の言語でリリースされる。「Office 2011 for Mac」の後継版となる今回の新しいスイートは、2015年3月からパブリックプレビュー版が提供されていた。

 同製品はまず、Office 365の加入者を対象に提供される。

 Office 365を利用し、該当するサブスクリプション(「Office 365 Home」「Office 365 Personal」「Office 365 ProPlus」、および、Officeアプリをローカルにダウンロードする権利を含む一部のOffice 365ビジネスプラン)に加入する顧客は、自分の365アカウントページで9日からOffice 2016 for Macをインストールすることができる。「Office 365 Education」プランに加入する学生(および、その親)も、そのサブスクリプションの一環としてOffice 2016 for Macを入手することができる。

 Microsoftは8月、ボリュームライセンス顧客を対象に「Volume Licensing Center」においてOffice 2016 for Macのダウンロード提供を開始する予定である。Office 365加入者とボリュームライセンスユーザーには、Office 2016 for Macが「無償で」提供される。サブスクリプションの一環としてその価格を支払っているためである。

 Microsoftによると、9月中には「一括形式による永続ライセンス版」(サブスクリプションではない形式)の購入を希望するユーザーに対し、小売各社からOffice 2016が販売されるようになるという。Microsoft関係者らは、このバージョンの価格をまだ公表していない。

 Microsoftは、Office 2016 for Macを定期的にアップデートし、少なくとも四半期ごとに新機能を追加する計画だと、同社関係者らは述べた。

 Officeの次期バージョンについては、フル装備の「Windows」版Office 2016と、「Windows 10」と「Windows 10 Mobile」向けのタッチ重視の「Office Universal」アプリの両方がまもなくリリースされる。Office Universalアプリは、Windows 10の提供が開始される7月29日にプレビュー段階を終えて同OSを対象に一般提供される予定であることを、Microsoft関係者らは9日に明らかにした。フルバージョンのWindows向けOffice 2016は、テスト終了に向けて順調に進んでおり、今秋に一般提供される予定であることを同社関係者は認めた。

Mozillaの最高経営責任者(CEO)であるChris Beard氏が、「Windows 10」における既定プログラムの扱いに関して「MicrosoftのCEOへの公開書簡」をブログに投稿した。同氏は、「インプレース」アップグレードを行うとMicrosoftの「Edge」が既定のブラウザになることを理由として、「ユーザーの選択を奪うWindows 10へのアップグレード体験」について不満を述べている。

「Windows 10」レビュー(第2回)--PC用OS上での「Cortana」と新ブラウザの使い勝手
「Windows 10」レビュー(第2回)--PC用OS上での「Cortana」と新ブラウザの使い勝手

 「われわれはこの問題について話し合おうと、貴社のチームに働きかけた。残念なことに、それは何の有意義な発展にもつながらなかったため、このような書簡の公開に至った」と、Beard氏は書いている。

 Mozillaも承知しているように、Windows 10のユーザーは既定のプログラムを何でも自分の望むものに変更できる。だがBeard氏は、それが「いまや2倍以上のマウスクリック回数を必要」とし「複雑でナビゲートしにくく、迷子になりやすい」ことに苦言を呈している。

 この書簡で同氏は「Microsoftが進歩とは逆の方向へ、これほど大きく踏み出したことに深く失望している」と述べ、独占禁止法違反で提訴する可能性を微かに匂わせている。Microsoftは、Mozillaの前身であるNetscapeが中心となって起こした独占禁止法違反の大きな裁判で敗訴し、10年近くにわたって米司法当局の厳重な監視下に置かれたことがある。そして米国での訴訟に続いてヨーロッパでも提訴された結果、ユーザーに既定のブラウザを選ばせる「バロットスクリーン(ブラウザ選択画面)」が課されることになった。

「Windows 10」でただちに変更すべきこと--画像で見る8つの設定
「Windows 10」でただちに変更すべきこと--画像で見る8つの設定

 Microsoftは、米国時間5月20日付けのブログ投稿で、Windows 10では既定のプログラムの設定プロセスを変更するという計画を明らかにしていた。

 Microsoftの「Firefox」への攻撃とも思えるこの変更は、実際にはすべての既定のプログラムに適用される。Microsoftは、ユーザーが既定のプログラムの変更を促すメッセージの嵐に襲われるのを防ぎ、従来のプログラムを「Windows Store」アプリと同様に動作させるためにこのような変更を行ったとしている。同社によると、ロックダウンされサンドボックス化されたWindows Storeアプリについては、「既定の変更を促すメッセージが出ることはない」という。

「Windows 10」向けの初の累積アップデートが配信された1週間後の米国時間8月11日、新たな累積アップデートが配信された。

 今回のアップデートは「KB3081436」だ。先週の累積アップデートは「KB3081424」で、セキュリティ関連ではなくパフォーマンスや機能の向上が中心となっていた。

 今回のアップデートには、「Windows 10」で新たに提供されたブラウザ「Microsoft Edge」に対するセキュリティアップデートに加え、以下の修正が含まれている。

  • 「.NET Framework」に存在する、特権の昇格を許す脆弱性。
  • 情報漏えいにつながる、「unsafe」コマンドラインパラメータの引き渡しに関わる脆弱性。
  • 「Mount Manager」に存在する、特権の昇格を許す脆弱性。
  • Microsoftのグラフィックコンポーネントに存在する、遠隔からのコード実行を許す脆弱性。
  • 「Internet Explorer」に対する累積的なセキュリティアップデート。

 なおtheyawb.comの編集者であるCurt Kessler氏もツイートしているように、「Windows Store」に関する問題は今回のアップデートでは対処されていない。

 Microsoftは10日、Windows Store関連の問題に対処する修正を「Windows Update」経由で提供すると述べていた。一部のWindows 10ユーザーに発生しているこの問題は、Windows Storeや、Windows Storeアプリのアップデート、ある種のWindows Storeアプリにアクセスできなくなるというものだ。ストアとアプリに関するこれらの問題は先週末からインターネット上で報告され始め、時とともに影響を受けるユーザー数が増えている。

 またMicrosoftは11日、月例パッチの一環として他の修正やアップデートをリリースしている。

↑このページのトップヘ