2013年10月17日20時、世界各国でWindows 8.1の一般公開が始まった。Windows 8.1は既存OS(オペレーティングシステム)であるWindows 8の後継版にあたり、カーネルバージョンを6.3へ更新するなど、各所の機能改訟が施されている。詳しくは後章で述べるが、あくまでも小数点第1位を繰りLげる程度の変更にとどまり、Windows VistaやWindows 7といった過去のOSと比べると、ドラスティックに変更されとjう印象を持つことは難しいだろう(図OOl~002)。

図001: Windows 8.1のバージョン情報。Windows 8はバージョン6.2だったが、バージョン6.3に繰り上げされている
001


図002: HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersionキーの文字列値「BuildLabEx」を確認するとビルド番号は「9600. k 384.13082-623」だった
002


 加えてWindows 8には、 Service Pack(サービスパック)が提供されていない。過去のWindows OSでは、バグやセキュリティホールを修正する更新プログラムを単一のパッケージとして提供する Service Packを、必ずと言ってよいほど提供してきた。だが、Windows 8の一般リリースは2012年10月26日と、Windows 8.1のリリースまで約1年しか期間が空いていない。そのため、Windows 8.1は事実上のWindows 8 Senice Pack lに位置するのである。
 もちろんService Packは更新プログラムを一括適用するのが主目的であり、新機能を加えるのはシステム竹理而で混乱を招く恐れがあるのも事実だ。