米Microsoftは25日(現地時間)、Windowsストアアプリ版の「OneNote」において、大幅なアップデートを実施した。共有チャーム経由で他のアプリの画面キャプチャデータを取り込めるほか、Webカメラによる撮影機能を改善。OCR機能なども追加している。

Windows 8.1環境下では、他のアプリケーションから共有チャーム経由で画面キャプチャを作成し、OneNoteに情報を取り込むことが可能となった。Webカメラを利用する際の撮影モードとして、写真、ドキュメント、ホワイトボードの3種類を用意。ドキュメントモードでは、画面の傾きや余白修正、コントラストの調整機能を備えている。

また、撮影した画像に対するOCR処理が可能となり、世界13言語に対応する。筆者が確認したところ日本語にも対応しており、完全とは言い難いものの日本語文書を読み取ることができた。





そのほか、直近に編集したノートをリストアップする「最近のノート」というバーを画面左側に追加。インクに関しても好みの色とサイズが選択可能になると同時に、指で描画する際の機能も改良された。

また、ディスプレイサイズが小さいデバイスでも使いやすくするためノートの表示を最大化する機能も追加している。同社のブログでは、「Surface Pro 2」をはじめ、Dellの8型タブレット「Venue 8 Pro」のような小型デバイスにも最適な改良だとしている。