やりすぎ都市伝説 2014年 冬 12月444回目のただいま(三~六週目)スマホ・ホラーゲーム

October 26, 2015

地下幻燈劇画 少女椿 鬱グロアニメ

貧しい家に生まれ、病身の母と2人暮らしの生活を送る少女みどりは、母の世話のために夜ごと花売りにでかけていた先で、山高帽を被った親切なおじさんに出会う。


「困ったときは、いつでも私を訪ねておいで――」

家に帰ったみどりが目にしたのは、性器から入り込んだ何匹もの鼠に内臓を食い破られた母親の姿だった。
孤児になったみどりは、山高帽のおじさんを訪ねる。
彼女が連れて行かれたのは異形の芸人たちが働く見世物小屋・『赤猫座』であり、山高帽のおじさんはそこの主人であった。

見世物小屋の下働きとして使われるはめになってしまったみどりを小屋の芸人達は事ある毎に虐め抜き、みどりもまた障害を負っている芸人達を化け物呼ばわりし、嫌悪感を露にして罵る。


狂気にまみれた異常な日々が続く中、小人症の男、手品使いと称する謎の芸人ワンダー正光が小屋の売り上げのテコ入れのために雇われてから、みどりを巡る状況も一変していく。


貴重な動画はこちらから→



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
やりすぎ都市伝説 2014年 冬 12月444回目のただいま(三~六週目)スマホ・ホラーゲーム