October 16, 2004

「ホワイトブレス」評。

 

 
 ―――「主題」を投げた物語は、評価に値しない。


 何をもって「ご都合主義な展開」と断ずるかは人それぞれだろうと思う。エロゲーの「ご都合主義な展開」だけを論ずれば、それは「プレーヤーに不快感を与えないため」と規定しても良いだろう。都合よく、義姉や義妹、幼馴染等が近くにいて、しかも、それが水準以上の美少女で、さらに好意を持たれている状態が、果たして現実にあるか?・・・って言われれば、まずもって、無いと言ってよいだろう。それでも、このシチュエーションが使われ続けるのは、それが一種の、物語を紡ぐ「テンプレート」になっているからで、最大公約数のプレーヤーが擬似的に幸福になりうる展開であるからだ。

 「源氏物語」を読んだことがある人は、これに、現在の純愛系エロゲーのシチュエーションがほぼ網羅されていることに気づく。性的なシチュエーション追求なんてのは、人間が歩き始めた歴史と同じ分だけ語られ、作られまくっている。そうでなければ、なんで、“世界共通”で「イノセントタブー」が一致するのか?・・・「近親交配が子孫繁栄に良くない」と、多くの結果から、世界各地で論証されたからに過ぎない。

 「ご都合主義」も同じだ。エンターテイメントの基本として、客に「満足感を与える」という命題上の役割から導き出された、一つのスープベースに過ぎない。それを何味にするかは、料理人次第。だから、「ご都合主義」主義自体は悪くない。問題は、それを料理した側が、何も考えずに多用した場合や、物語上に意味を与えずに使っている場合だ。意味の無い「ご都合主義」は、不快感を生む。それは、物語の展開とプレーヤーの感情が遊離してしまうためで、エロゲーは、テキストかグラフィック、どちらかで、その説明をする必要がある。そうしなければ、物語とプレーヤーは、結局、出会うことなく、「満足感」が満たせられない。


 ・・・この作品「ホワイトブレス」は、以上の意味では、“意味の無い「ご都合主義」のカタマリ”みたいな物語と言える。


 エロゲーで「ご都合主義」と言えば、「Kanon(Key)」が最も有名だろうか。「奇跡の価値」を問うたこの作品は、一見、かなり軽く「奇跡」を描いた。あゆシナリオで明かされるが、ここで描かれた「奇跡」とは、実際は、あゆの存在との等価交換であり、「他のヒロインを救うこと=あゆの存在消失」を意味する。主人公を「最も問題の無い」キャラクターとしたのは、「問題のある」ヒロインたちと生きるために、その困難の原因すべてをヒロインたちに押し付けるためだったと言える。そうしなければ、“一つしかない”奇跡で“二人同時”に救えない。観念性の高い作品であるため、その「奇跡」の「ご都合主義」が際立つのだが、「奇跡」に意味を与え、「あゆの存在消失」を前提に物語を紡いでることから考えて、“意味の無い「ご都合主義」”な部分は、どこにもない。

 「奇跡」と「ご都合主義」を論じるならば、同じ「F&C」ブランドで、「ホワイトブレス」と似たようなテーマを扱った「こなたよりかなたまで(FC01)」は、これの逆ベクトルな作品になる。この物語の「奇跡の担い手」は、吸血鬼クリステル。奇跡の対象たる人間は、彼方一人。物語上での「吸血鬼」という要素は、この「奇跡」を主人公ただ一人に問わせるために存在し、彼方はそれに対し、見事なまでに「死」を受け入れていく。「相反する性質を抱えた」という設定は、ここで生きる。「Kanon」が“意味のある「ご都合主義」”を振り回したとすれば、「こなかな」は、あくまで“現実”に固執する。・・・彼は死ぬ。目の前に「奇跡」があろうが、彼はそれを「人間としての彼方」として「生きる」ために否定する。クリス・トゥルーEDを除き、彼は設定上の「死」より逃れるすべは無いのだ。


 さて、「ホワイトブレス」は、どうだろうか?


 「ヒロインとの想いを紡ぐとき、無常にもタイムリミットがやってくる。」
 (---F&C FC02 WHITE BREATH Official Homepage)


 設定に意味がない・・・ことを許せるのは、そのゲームが何を狙っているかによる。陵辱ゲーにロリ設定の矛盾を言うわけないし、抜きゲーに「ご都合主義」を翳して批判するのは論外だ。バカゲーにシナリオ考察を求めてどうなる?・・・ADV部がないRPGやSLGにテキスト不足を指摘してもそれは酷というものだろう。HシーンにはHシーンのためにある設定があり、ギャグはギャグのための下地がある。要は、“意味の無い「ご都合主義」”は最終的に何をプレーヤーに求めるか?・・・と考えたときの使い方なのだ。この作品は、それを笑えるくらい徹底できていない。・・・過去の同社の数多いヒット作「Piaキャロットへようこそ!!」「Natural」「同窓会」「バーチャコール」「きゃんきゃんバニー」等の、どの部分の「ご都合主義」が評価され、プレーヤーに受けいれられていたのか?・・・もう少し、考え直した方が良いと思う。

 本作品「ホワイトブレス」は、純愛系とエロの融合としては・・・かなり高いレベルにある。正直、未緒も、凪沙も、ののかも、歩も、美乃たんも、好きですよ。だから、これが“いつもの”F&C、キャラ萌え特化型のAVGならば、何も言わない。Hシーンのテキスト描写は、キャラ萌えに必死になって、Hシーン描写が淡白になっている、幾つかのメーカーには「見習わせたい」くらいだし、萌えとエロの融合を常に目指したF&Cの実力・・・老舗の誇りを十二分に出したと言えるだろう。こればかりは、死生観という同一のテーマを設定している「こなたよりかなたまで」は、足元にも及んでいない。・・・だが、それでも、私はこの作品を評価しない。


 ・・・なぜか?


 ・・・「卒業まで命が持たないかもしれないとの診断を受ける。」の主人公の設定が、無意味。


 ・・・テキスト描写でフォローできないくらい無意味。
 ・・・実際、シナリオでは、何の説明もされていないくらい無意味。
 ・・・システム上、「無い方がまだ良い」としか、断言するしかないほど無意味。
 ・・・何だって、こんな無意味な設定考えたのよぅぅぅ・・・って泣きたいくらい無意味。


 全体的なシナリオだとかが、悪いのではない。ヒロインの設定や物語の展開が、トレンディドラマみたいだとか、んな極端に押しかけて良いのか?・・・とか言いたいことはあるが、F&Cの“ヌルめ”シナリオと割り切れば良い。むしろ、ヒロイン描写は良い部類に入るかもしれない。ただ、物語上の「主題」とされている筈の設定を投げてしまっては、フォローのしようも無い。

 物語をシリアスで締めようとするならば、「奇跡」と「ご都合主義」には“意味”が必要となる。エロゲーの古典扱いになっている「Kanon」からそれは変わらない。・・・同じ「F&C」レーベル、同じように、主人公に“設定上の「死」”を予告した「こなかな」は、奇跡にどのような“意味”を与えたか?・・・幾らなんでも、「奇跡の担い手」も分からず、主人公が「卒業まで命が持たない」人間の行動とは思えない上に、突如倒れて、目覚めて終わり・・・では、「奇跡」の安っぽさは拭えないし、何のための主人公の設定だか分からないだろう。これであれば、「Kanon」のように、主人公を「最も問題の無い」キャラクターとして、ヒロインたちの問題を浮き彫りにした方が、まだ良かった。(って、言ってしまうと、いつものF&Cにしかならないのだが。)・・・そして、このヒロイン達のレトロっぽい雰囲気の物語だったら、その方が、私は好きだ。

 終盤に主人公(またはヒロイン)が死に直面するシナリオは多い。最近では、その急展開ぶりでは「ラムネ(ねこねこソフト)」の七海シナリオが、その筆頭だが、あれは七海の主人公への依存関係に問題があり、それからの一人立ちを描くために、あの主人公の昏睡があった。この作品の場合、どこにも、意識不明状態になる意味がわからず、末期癌だった彼方の半分も、主人公の行動にその死の影は感じられない。

 シナリオ構成も、会話のみで構成されるのは良いとして、それが一々中断されるシステムとは合っていない。この作品は、単なる「学生の物語」として描くべきで、1999年の舞台設定、詳細なヒロイン設定、美麗なグラフィック・・・これが「主題と合わない」という一点において、すべての意味が感じられないのが、残念で仕方が無い。純愛系エロゲーとしては、最高級のHシーン描写といい、素材は良いのに、恐ろしく不味い・・・というより、プレーヤーが注文した料理とは、全く違うモノを出してきた感じがする。―――1999年。肝癌撲滅運動―――肝臓癌予防薬・非環式レチノイド(NIK-333)の認可運動が公けになったこの年は、ウィルス性肝炎への社会的認知が、かなり大きくなった年でもあったのだが・・・。
 

 死生観の意義を「ご都合主義な展開」で薄めてしまっては、何にもならない。擬似的にプレーヤーが幸福になりうる展開とは、プレーヤーが「納得できる」展開でもある。それができないのであれば、F&Cはシリアスで勝負すべきではないし・・・それで販促を展開するなど、以ての外だろう。


 主人公の設定が物語の結末を駄目にし、それでもHシーン描写の秀逸さで救われた、変な純愛系作品と言える。


(このレビューから一部分を抽出し、「こなたよりかなたまで」(F&C FC01)のレビューを作成しています。)
 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/april_29/14006401
この記事へのコメント
9791 さま。
はじめまして。
このところ更新が止まっているようですが、お元気でお過ごしのことと存じます。
『ホワイトブレス』レビュー本文中にある「イノセントタブー」は、
近親姦のタブーを示す「インセスト・タブー (incest taboo)」の誤り
ではないかと思いますが、いかがでしょうか。
Posted by tsubasa at February 23, 2009 10:08