レントシーキング

他夢奴/下夢奴 眠りながら成功する赤毛のアポロン 一文字風呂具 十四最善事態想定マニア 最悪事態想定マニア 住民組合準備会

2015年04月

地球自然環境国害罰金税超∞$$DMPB回収同盟~国際税理府準備連携委員会~皇我内座~知救自善復興公害税同盟~世解平案トービン税連盟~国際PPP連合問題解決案~太平洋TPP連邦【思考】~極北開拓合衆国~極東防災防衛府体政~人間生活府【基本原案】~道州修心省陸海空護民保安官庁~自救自足互助組織~健幸予防府平等年金機能~住宅学園学級会~住民組合準備会~流浪難民人権会~特許友政府準備投票所~

ジーコスモス=ジー・オーグループ - W(犯罪確認)

虎馬:ジー・オーグループ - W 

ジー・オーグループは、大神源太(おおがみ げんた、1963年 - )が実質的に経営していた企業グループ。ジャパンジー・オーグループインターナショナル株式会社を持株会社としてその下にグループ企業を置いた。「ジー・オー」は大神のイニシャルの“Genta Ogami”に由来し、登記上を含めた公式な表記は「ジー.オー」である。本社は東京都港区三田にあった。1996年頃より、グループ企業のジー・コスモス・ジャパン株式会社が、独特な手法で個人から多額の資金を集めたが、出資法違反や詐欺の疑いで大神が逮捕され、後に破産した。



グループ企業

  • ジャパンジー・オーグループインターナショナル(持株会社)
  • ジー・コスモス・ジャパン
  • ジー・ユニバーサル
  • 神埼共栄開発
  • みなもと債権回収
  • ジー・オー・フィルムインターナショナル
  • 大義新聞社

これらのグループ企業のうちのほとんどが、事業実態の無い所謂ペーパーカンパニーであった。因みに現在は、全企業が清算されているため現存しない。

事件経過

事業実態

ジー・システムによる通信販売詐欺

「ジー・システム」とは、消費者商品ガイドから商品を選択し、その商品の広告費を出し(これを「エントリー」と言い、1回のエントリーに2000円の手数料が必要)、通信販売でエントリーした商品が売れると、グループ会社から売り上げに応じた配当金(報償金)が消費者に支払われる仕組みである。

広告代理会社ジー・コスモス・ジャパンが、求人情報誌や新聞折り込み広告に在宅ワークの求人広告を出し、資料請求者に「ジー・システムの手引き」という冊子を送付する。在宅ワークを装って消費者(求職者)を勧誘しているが、実際は広告費名目の出資金集めだった。また電話で、「ジーシステムに登録して広告費を出すと高額な配当が確実に得られる」などと勧誘した。また、ジー・システムの利用には、会員登録して月会費3000円を1年分一括で支払う必要があり、消費者が請求すれば出資した広告費は返金される契約であった。

実際には、ジー・システムだけでは思うように出資金が集まらず、その後「確約エントリー」「広告活動代金」「買収設立活動代金」などの名目で元本保証で高配当を謳った資金集めを行ったが、通信販売事業が行われることは無かった。2002年3月に警視庁がグループ各社を出資法違反容疑で家宅捜索した際、通信販売用の商品が全く発見されなかったことから、ジー・システム自体が架空の事業だったことが明らかになった。

ユニバG販売事業

ジー・ユニバーサルが手がけていた事業で、フィリピンを原産とするバナバの葉を原料とする茶「ユニバG」を、「生活習慣病予防に役立つ」「薬餌飲料」とPRして販売した。テレビCMや販促資料にはハリウッド俳優のジャン=クロード・ヴァン・ダムを起用した。

さらには、『ユニバG物語〝私がアジアを救う〟』という販促ビデオを製作。内容は大神本人がフィリピンの密林でバナバ葉を探し求める、というもので、途中には大神が密林をダッシュしたり、懸垂をするシーンが盛り込まれた。また、オープニング曲が『ロッキー』の模倣であることが容易にわかることから、一部マニアの話題となった。疑惑が持ち上がってから、日本のニュース番組でこの映像が流された。

その他

  • 大神が企画・製作・監督・主演しジェフ・スピークマンと共演したアクション映画『ブレイド・オブ・ザ・サン(太陽の刀)』が製作されたが、代表の逮捕とグループ会社の破綻で一般公開されなかった。製作費は5億円で、全世界で180億円の興行収入を見込んでいたという[2]
  • 2001年9月、グループ企業が、フィリピンマニラ首都圏を中心として営業していたユニトラスト・ディベロップメント・バンクに13億円を投資買収した。同行はバンク・オブ・オーガミ(大神銀行)と改称し、シティバンクのパンフレットを丸写しして、会員に高金利を謳って預金の勧誘をした。マニラ中に大神の顔写真を掲載した巨大な看板広告を乱立させた。しかしフィリピン中央銀行は、この買収を認可せず、2002年1月に銀行は経営破綻した。大神銀行の日本からの預金は、ジー・オーグループの運転資金になったと見られる。
  • 逮捕間際、ベルサーチのシースルーメッシュのシャツを着た大神が、出資者を勧誘する姿を映した映像がニュース番組で頻繁に流された。
  • 逮捕の直前、大神はフィリピン人の妻に国際電話をして「ラブ・ユー」と言った後、目を赤くした。記者が「大丈夫ですか」と聞くと、大神は自分のを叩き「俺だから、大丈夫だ」と最後まで芝居がかった態度だった。また警察車両に乗せられる直前には最後の言葉として「会員は家族です」と言い残した。

関連項目

出典

  1. ^ 元名誉会長の懲役18年確定へ=ジー・オーグループ巨額詐欺-最高裁 - 時事ドットコム、2010年9月28日
  2. ^ 決定版!!放送禁止秘蔵集プレミアム』 渡邉正明、ミリオン出版株式会社、東京都千代田区西神田、2010年4月5日(原著2010年4月5日)、初版第1刷、105頁。ISBN 978-4-8130-6337-72010年5月4日閲覧。

外部リンク

ダイイングメッセージ遺言(定期保存)

ダイイングメッセージ遺言 

住みたくない街卵王東京編SPA!【前半】 

声なき声・・目安箱 時給一京円($) 十四神柱DYINGMESAGE唯遺 
収活GLADIATOR 地獄球出羽鬼金画必要裸死意呪出・・ dying message

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン - W(保存)【中半】

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン - W(保存)【前半】 

作品解説

メインスタッフからは『アイランド』以来マイケル・ベイ監督作品で脚本を勤めていたアレックス・カーツマン&ロベルト・オーチーのコンビが降板し、前作で加わったアーレン・クルーガーが一人で脚本を担当することになった。2作目で若干過剰気味であった下ネタ要素は今回では控えめになり[9]、また前2作では殆ど見られなかったディセプティコンによる民間人に対する殺戮シーンが直接的に描かれ、シリーズ中、最もシリアスなエピソードが描かれる。

新キャラクターとしてディセプティコンの防衛参謀「ショックウェーブ」や、前作で名前のみ登場した「センチネル・プライム」などが登場する。また本作からはゼネラルモーターズに加えてメルセデスベンツフェラーリの協力もあり同社の高級車が多数登場する。また前作で登場したオートボットのザ・ツインズ(スキッズ、マッドフラップ)は登場しないと公式で発表された[注釈 11]

本作の基本プロットには初代アニメ版第26〜27話「メガトロン地球征服作戦」(英語版第35〜36話「Megatron's Master Plan」)のデストロンの策略でサイバトロンが地球から追放されるというシチュエーションと、第66話〜68話「破滅の日」(英語版第11〜13話「The Ultimate Doom」)の巨大なスペースブリッジによって地球の上空にセイバートロン星が出現するというシチュエーション、アニメ版『マイクロン伝説』の戦局を左右するアイテムを載せた宇宙船が月面へ墜落するというシチュエーションが組み込まれている。

ネスト部隊のスカイダイビングは、J・T・ホームズ率いるプロのスカイダイバーチームが担当。ウィリス・タワーの屋上から実際にダイブし、CGなどの視覚効果は一切使用されていない。

3D

シリーズ初の3D作品であり、『アバター』で使用された3D-フュージョン・カメラ・システムを用いて撮影されている。ベイ監督は元々、本作を3Dで制作しない方針をとっていたが、本シリーズのファンであると公言しているジェームズ・キャメロンの強い勧めで本作は3Dフュージョン・カメラ・システムで撮影された[10]。一部のシーンでは、フュージョン・カメラで撮影された映像とロボットの合成が複雑なシーンがあったのと、マイケル・ベイ監督による『アイランド』のチェイスシーンの流用映像があるため[11]、通常の2D映像を3Dに擬似変換しているシーンが含まれる。

ミーガン・フォックスの降板

前作および前々作でメインヒロインのミカエラ・ペインズの役を演じたミーガン・フォックスが、監督のマイケル・ベイや撮影スタッフらとの確執が原因で自ら降板することになった。これは第2作『トランスフォーマー/リベンジ』公開時のインタビューで監督の撮影現場での指揮に対し、「彼は独裁者ヒトラーのように傍若無人に振舞っている」と批判した事が皮切りで起きた事で、撮影スタッフのみならず製作のユダヤ系アメリカ人であるスティーブン・スピルバーグまでもが激怒する形となり彼らも反撃とばかりに彼女を批判するという事態になった。この事に対し監督は「彼女は未熟なところがあるから仕方ない」と懐疑的な発言で事態を収めようとしていたが、スピルバーグからの直訴をきっかけに自身も彼女に降板を促すようになる。結果としてミーガンは自ら降板する意向を示した事がパラマウント・ピクチャーズにて報じられた[12]

このミーガン降板の事態に対し、監督ら製作陣は既に完成していたシナリオを急遽大幅に変更、ミカエラに代わるヒロインとして「カーリー・スペンサー」を登場させ、カーリー役のロージー・ハンティントン=ホワイトリーを新たに起用することで事態を収拾させた。

しかしソフト版のメイキング映像で降板理由が明らかにされ、ミーガンは一度今作でミカエラ役のスクリーンテストをもう一度行ったところ、ミカエラのイメージとかけ離れていたためと、シリーズに新しい風を吹き込むための降板であったと監督・スタッフらが明かしている。

事故

バンブルビーの事故

ワシントンでの撮影中にバンブルビー役のシボレー・カマロが突如現場に現れた地元警察の警察車両に衝突し、フロント部分及びボンネットを酷く損傷、大破するというアクシデントが発生した。また、当時公開撮影を行っていた為、見学に来ていた多くの一般人がその光景を目撃されており、同時に映画情報ニュースサイトや動画配信サイトYouTubeを媒介にネットを通じて全世界に報じられる事態になり、一時期は製作・放映中止の声もささやかれた[13]

エキストラの事故

バンブルビーの事故の一月前のインディアナ州ハモンドで、撮影中にエキストラで雇われていた若手女優、ガブリエラ・セディーロ[14]が大けがを負った。セディーロが乗っている車を運ぶ最中に牽引車のケーブルがちぎれ、ケーブルがフロントガラスを突き破りセディーロの頭部を直撃し脳を損傷、昏睡状態に陥る重傷を負った[15]。事故を起こした牽引車のケーブルは、溶接は資格のある作業員によって行われており、必要な安全措置は取られていた。

この事故が原因で翌日のシカゴでの撮影は中止になるも、インディアナ州の健康安全課のスポークスマンは安全措置の確保が確かであった事と「不運で予測できなかった事故だった」として、パラマウント・ピクチャーズに対する罰金を課せられる事はなかった。この処置に対し被害にあった女性の家族は、スタジオとロケーション担当者が安全義務を怠ったとして法的措置を取る構えを取っていたが、2012年5月、パラマウント・ピクチャーズが女性の家族に1850万ドル(日本円で約14億6000万円)を支払うことで和解した[16]

事故に遭った女性エキストラはロヨラ医療センターで脳外科手術を受けたことで一命を取り留め、脳を損傷した事で体の一部が麻痺し、事故のショックから一時期会話ができなかったが回復に向かった模様[17]

ロケ地

シカゴデトロイトワシントンDC等でロケが行われ、特にシカゴでは12ブロックに渡る区画を封鎖し、大規模なロケが行われた[18]

ディラン・グールドの自慢のクラシックカーが多く登場する会社のシーンは、ウィスコンシン州にあるミルウォーキー・アート・ミュージアムでのロケ[19]。ベイ監督が毎年手掛けているヴィクトリアズ・シークレットのクリスマス商戦向けテレビコマーシャルの2010年版で、同美術館が使われており[20]、カーリー役のロージー・ハンティントン=ホワイトリーも毎年、妖艶なランジェリー姿で出演している。撮影時のドキュメンタリー[21]で、監督が本映画の撮影を中断し週末を利用してコマーシャル撮影に臨んだことをスタッフが明かしている[22]が、屋外ロケのシーンはシカゴ市内のラサール橋で2010年8月に行われ、移動が少なくて済む工夫が見られる。

劇場公開前後のプロモーション、キャンペーンなど

アメリカではハズブロがメインとなり、6才から15才までの子供をバンブルビー・カマロが学校まで送ってくれるというキャンペーンを展開[23]。オープン懸賞で、ハワイ州アラスカ州を除く、保護者の許可を得たファンのみが応募できる。バンブルビー・カマロで登校した後、学校でオプティマス・トレーラーが待機し、トレーラーの中に準備してある$1000ドル以上のハズブロの商品も贈呈される[24]。応募期間は8月17日から10月20日までで11月上旬に優勝者が発表される[25]

日本では公開に先駆け、大阪市内(7月16日と17日の2日間)と東京都内(7月23日)[26]の計3日間、オプティマス・トレーラーとバンブルビー・カマロが「警備」「パトロール」という名目で1日中、一般道を走った。1日目の7月16日夜、大阪市北区にある大阪市役所でおこなわれたジャパン・プレミアの際も、2台とも横付けされキャスト、監督と共に報道陣のカメラに収まった。東京は1日のみで、スタートは博品館TOY PARK銀座本店からとなった[27]

反響・評価

アメリカの映画評論家マット・ゾーラー・サイツにより米文芸サイトSalon.comで発表された「映画史上最も騒々しい映画10本(The 10 Loudest Movie Ever)」にて1位に選ばれた。また、2位にもマイケル・ベイ監督による『アルマゲドン』がランクインしている。

日本では前作は興行的には1作目を下回ったが、本作は8月28日付けで3D体験者(鑑賞者)が、200万人を突破し、観客動員数全体は250万人を越えている。興行収入も40億円を突破[28]しており、1作目の記録を抜いてシリーズ最高となった。また、3Dでの鑑賞率は91%であり、『アバター』の数値を上回っている。

続編

トランスフォーマー/ロストエイジ』 (英:Transformers:Age of Extinction)

本作のヒットを受け続編が制作され、2014年6月27日に全米公開(同年8月8日日本公開)。監督は再びマイケル・ベイが続投した。ストーリーは本作から4年後の舞台でありリブートではない。次作から新三部作が始まるとマイケル・ベイが発言しており5作目、6作目も制作される可能性もある。しかしサム役を務めてきたシャイア・ラブーフが本作で降板したため、サムは登場せずキャストは一新された。

トリビア

  • シリーズ3作品の中で唯一ドリームワークスのロゴが表示されず、メインタイトルが出るまでがシリーズ中1番長い。
  • スタートレック』シリーズのミスター・スポックを演じたレナード・ニモイが出演していることから、本作では『スタートレック』に関するオマージュや小ネタがいくつか見られる。
    • 映画の序盤で、ブレインズが『宇宙大作戦』第34話「バルカン星人の秘密(Amok Time)」を見ている。ホィーリーの台詞にある通り、「スポックがトチ狂うエピソード」として知られるこの回は物語の伏線にもなっている。
    • サムがディランのオフィスを訪れた際、「この建物はエンタープライズ号みたいだ」という台詞がある。
    • バンブルビーがサムとの別れ際に「I will always be your friend.(私は永遠に、あなたの友人です)」とラジオ音声を流すが、これは『スタートレックII カーンの逆襲』でスポックがカーク船長に向かって言う台詞の音声をそのまま流用している。
    • 同じく『スタートレックII』でスポックが言った「The needs of the many outweigh the needs of the few.(多数の要求は少数のそれにまさる)」という台詞を、物語のクライマックスでセンチネルが言うシーンがある。
    • 前々作や前作でも『スタートレック』に関するネタがいくつか見られた(バンブルビーのラジオ音声「宇宙艦隊からメッセージです」など)。
  • ミアリングとサムが移動中に使用する4500Xと書かれている飛行機はマイケル・ベイの自家用機(ガルフストリーム III)である(映画第1作のブラックアウトの機体番号はこの番号から引用されている)。
  • イギリスの経済紙フィナンシャル・タイムズ[29]は、ハリウッド映画で中国製商品のプロダクトプレイスメントが最多となると報じた。劇中に登場するブランドは計4社。
    • サムが着ているTシャツは若者をターゲットとしたアパレル・メーカー、MetersBonweのもの。前作でも、劇中に使用され、中国商品の広告をハリウッド映画が受け入れたと話題になった。
    • ブレインズは中国最大のパソコン・メーカー、レノボ社のエッジシリーズのPCにトランスフォームする。
    • 薄型テレビのTCLも中国ブランド。
    • ジェリーがエレベーター内で飲んでいるブリックパックの低脂肪牛乳は乳製品大手イーリー(YiLi)社のShuhuaというブランド名。スポンサー側は当初、バンブルビ-がこの牛乳を飲んで、パワーアップすることを希望したが監督に却下された。
  • 本作もアニメ版に対する多数のオマージュが存在する。
    • アークが月面へ墜落するシーンは、同様のシーンがアニメ版『マイクロン伝説』第1話にある。またアークの名前は初代アニメ版に登場したオートボットたちの宇宙船から引用されたものであり、墜落後の姿も件の宇宙船が墜落した姿そっくりになっている。
    • メガトロンがリンカーン記念館にあるリンカーン坐像を破壊し、その椅子に座るシーンがあるが、初代アニメ版16話「アトランティス浮上!」(英語版第24話「Atlantis Arise!」)にも似たようなシーンがある(しかしG1のメガトロンはリンカーン坐像を破壊せず、丁重に置いていた)。
    • レーザービークが変形しているオフィス用コピー機から流れる効果音は、海外版アニメで使用されているテーマ曲のメロディーである。
  • ディラン・グールド役のパトリック・デンプシーは実際に有名な自動車ファンでレースにも多数参戦しており、劇中に出てくる写真でディランが着ているレーシングスーツにマツダのロゴが入っているが、デンプシーは実際にマツダ車でレースを戦っていた。

サウンドトラック

サウンドトラックは2011年6月14日に発売された。トランスフォーマー映画シリーズ前々作、前作に引き続いて恒例のリンキン・パークが、本作の主題歌として4thアルバム『ア・サウザンド・サンズ』より「Iridescent」を提供した。映画及びサウンドトラックには、映画専用に編曲されたバージョンが使用・収録されている。リンキン・パークは前作同様に本作でもスティーヴ・ジャブロンスキーと共に劇伴も担当している。また、パラモアが楽曲「Monster」を、グー・グー・ドールズが楽曲「All That You Are」をそれぞれ新曲として本作に提供し、サウンドトラックからのシングルとしてリリースしている。

関連作品

小説版

本作のノベライズ版。ピーター・デイヴィッド作。一部の展開が異なり、また本作で登場していないトランスフォーマーも一部出演する。また、映画本編では明らかにならなかった登場人物の名前も本作では記載されている。コミック版もまた本作と展開が似通っている。

相違点・補足的部分
  • 前作リベンジに登場し、本作では登場しなかったツインズが登場している。いずれもセンチネルによってアイアンハイドと共に腐食銃で殺害された。
  • メアリングがシモンズから「マーム」と呼ばれることを内心的には嫌がっていないような描写がある。
  • 小説版ではディーノは名前がミラージュとなっている。人間にあまり好感は持っておらず、しばしば脅しや嫌味じみた言動が見られる。特にコミック版では人間に対し物言いこそ丁寧だが不穏な言動が目立つ。ただしそれでもオートボットとしての役目には忠実で踏み外した描写はない。シカゴ戦でスタースクリームに首をもぎとられて殺害される。その後その死体をサウンドウェーブが捕虜になったバンブルビーら相手に玩ぶ描写がある。
  • キュー(ホイルジャック)は映画のように捕らえられて処刑されるのではなく、シカゴ戦でディセプティコン達にバラバラに引き裂かれて戦死する。
  • 物語の結末が異なり、メガトロンはセンチネルに不意打ちした後にオプティマスに手を差し伸べ共闘する。センチネルを倒した後は「戦いに辟易した」と講和を望み、これまでのように破壊と略奪ではなく創造を試みて故郷サイバトロンを復興するとオプティマスに約束して和解し、ディセプティコンを率いて地球を去っている。
  • センチネルが倒される経緯が異なり、センチネルはメガトロンの不意打ちでは映画のように致命傷は負わずに怯んだだけで、その後のオプティマスとメガトロンを相手に圧倒的強さをみせる。しかし、メガトロンの不意打ちを受けた際に落とした腐食銃をオプティマスが戦いの中で拾い上げ、オプティマスに腐食銃で胸部中央を撃ち抜かれて倒される。
  • イゴールの名前がイーゴリとなっている。
  • 小説版ではホィーリーとブレインズの最後の消息が判明しており、川に墜落した艦から共に脱出している描写がある。

玩具

変形・合体ギミックを盛り込んだ玩具の製作・販売は前作に引き続き、トランスフォーマーシリーズの「原案」を手掛ける玩具メーカー、タカラトミーとハズブロが参加している。玩具は前作同様、映画公開に先駆ける形で2011年5月14日に発売された。 今回はメックテックと呼ばれる武器機能を搭載して発売されているが、前作や前々作の玩具と比べて全体的に一回り小さく制作されている。またオプティマスプライムやメガトロン等主役級のキャラクターのリーダークラスの商品が制作されておらず、前作より変形が簡略化されているものが多い。 また本作ではサウンドウェーブ、ホイルジャック等メルセデスベンツの車種から変形するキャラクターに関して会社側の使用許可のライセンスが他のキャラクターより遅く取得され、10月に遅れて発売する玩具も多数ある。なお、ザ・ツインズ未登場の公式発表で、以前、雑誌等で本作未登場と公表されていたアーシー、ジョルトを入れた4点が劇中用キャラでは玩具展開のみ(アーシーは日本版のみの販売)の商品となる。

その他、玩具付属のカードで展開するシリーズ「メックテックウォーズ」が発売[30]。カードを使ったカードバトルのほか、シリアルコードを使用したオンラインPCゲーム『トランスフォーマー メックテックウォーズ』、バトルビーダマン用ゲーム筐体B-太1号を使用した無料アーケードゲーム『トランスフォーマー メックテックウォーズ』、携帯モバイルゲーム『トランスフォーマー THE LIVE!』等がプレイできる。カードゲーム[31]、 「ヒートスクランブルカードゲーム」も発売された。

IDナンバー名前海外名ビークルモード
ビーストモード
映画&ビデオゲームに登場?サイズ
オートボット(Autobots)
DA-01パワーアームド バンブルビーUltra Bumblebee2009 シボレー・カマロUltra
DA-02センチネルプライムSentinel Primeローゼンバウアー・パンサー6x6Ultra
DA-03オプティマスプライムOptimus Primeピータービルト379Mega
DA-04アイアンハイドIronhideGMC・トップキック C4500Mega
DA-05バンブルビーBumblebee2009 シボレー・カマロDeluxe
DA-06ラチェットRatchetハマー・H2Deluxe
DA-07スキッズSkidsシボレー・ビートDeluxe
DA-08サイドスワイプSideswipe2013 シボレー・コルベット・スティングレイDeluxe
DA-09ロードバスターRoadbusterNASCAR シボレー・インパラDeluxe
DA-10トップスピンTopspinスプリントカップ シボレー・インパラDeluxe
DA-11アーシーAcreeスズキ・B-KING×Deluxe
DA-12エアレイドAir-RaidF-35戦闘機Deluxe
DA-13スカイハンマーSkyhammerMI-24航空機×Mega
DA-14ジョルトJoltシボレー・ボルト×Deluxe
DA-15ジェットウイング オプティマスJetwing Optimusピータービルト379Ultra
DA-16アルティメット アイアンハイドUltra IronhideGMC・トップキック C4500Ultra
DA-17スペース オプティマスSpace Optimusピータービルト379Mega
DA-18ニトロバンブルビーNitro Bumblebee2009 シボレー・カマロDeluxe
DA-19マッドフラップMudflapシボレー・トラックスDeluxe
DA-20カノン センチネルCannon Sentinelローゼンバウアー・パンサー6x6Mega
DA-21バックファイアーBackfireBRPスパイダー×Deluxe
DA-22サンダーヘッドThunderheadモービルウェポン×Deluxe
DA-23サンドストームSandstormアサルトバギー×Basic
DA-24ファイアーバースト オプティマスFireburst Optimusピータービルト379Mega
DA-25テールパイプ&ピンポインターTailpipe & Pinpointerオートバイ(テールパイプ)
ターレットガン(ピンポインター)
×Deluxe
DA-26ホワールWhirlヘリコプター×Deluxe
DA-27リバーブReverbホバーバイク×Deluxe
DA-28ストライカー オプティマスStriker Optimusピータービルト379Ultra
DA-29ヒューマンアライアンス ロードバスターHuman Alliance RoadbusterNASCAR シボレー・インパラDeluxe
DA-30ヒューマンアライアンス レッドフットHuman Alliance LeadfootNASCAR シボレー・インパラDeluxe
DA-31キューWheeljackメルセデス・ベンツ E550Deluxe
DA-32アルティメット オプティマスUltimate Optimusピータービルト379Ultra
DA-33シーカー エアレイドSeeker Air-Raidボーイング737 AEW&CDeluxe
DA-34レッドフットLeadfootNASCAR シボレー・インパラDeluxe
ディセプティコン(Decepticons)
DD-01メガトロンMegatronマックM915Mega
RA-01BダークサイドオプティマスDark-Side Optimusピータービルト379×Ultra
DD-02スタースクリームStarscreamF-22戦闘機Deluxe
DD-03バリケードBarricadeサリーン・S281Deluxe
DD-04クランクケースCrankcaseシボレー・サバーバンDeluxe
DD-05ショックウェーブShockwaveエイリアンタンクMega
DD-06ボルテックスVortexティーガー航空機Deluxe
DD-07レーザービークLaserbeakDeluxe
DD-08サンダークラッカーThundercrackerF-22戦闘機×Deluxe
DD-09ヒューマンアライアンス サウンドウェーブ&レーザービークHuman Alliance Soundwave & Laserbeakメルセデス・ベンツ SLS AMG(サウンドウェーブ)
鳥(レーザービーク)
Deluxe
DD-10スカイワープSkywarpF-22戦闘機×Deluxe
DD-11アイスピックIcepickスノーモービル×Deluxe
DD-12ドラッグストリップDrag-Stripインディカー×Deluxe
DD-13サウンドウェーブSoundwaveメルセデス・ベンツ SLS AMGDeluxe
DD-EXダークスチールDarksteel2013 シボレー・コルベット・スティングレイ×Deluxe

ダークサイド・ムーン EZコレクション

IDナンバー名前海外名ビークルモード
ビーストモード
映画&ビデオゲームに登場?所属
CV-01ローラーRoller探査車×オートボット
CV-02モービルバトル バンブルビーMobile Battle Bumblebee2009 シボレー・カマロオートボット
CV-03スタースクリームStarscreamF-22戦闘機ディセプティコン
CV-04オプティマスプライムOptimus Primeピータービルト379オートボット
CV-05センチネルプライムSentinel Primeローゼンバウアー・パンサー6x6オートボット
CV-06アイアンハイドIronhideGMC・トップキック C4500オートボット
CV-07メガトロンMegatronマックM915ディセプティコン
CV-08バンブルビーBumblebee2009 シボレー・カマロオートボット
CV-09サイドスワイプSideswipe2013 シボレー・コルベット・スティングレイオートボット
CV-10トップスピンTopspinスプリントカップ シボレー・インパラオートボット
CV-11クランクケースCrankcaseシボレー・サバーバンディセプティコン
CV-12アーマードウェポン オプティマスArmored Weapon Optimusピータービルト379オートボット
CV-13ブラストウェーブ メガトロンBlastwave MegatronマックM915ディセプティコン
CV-14パワーグライドPowerglideA-10航空機×オートボット
CV-15ブラックアウト&スコルポノックBlackout & ScorponokMH-53航空機(ブラックアウト)
サソリ(スコルポノック)
×ディセプティコン
CV-16ラチェットRatchetハマー・H2オートボット
CV-17レッドフットLeadfootNASCAR シボレー・インパラオートボット
CV-19ルナー ラチェットLunar Ratchetハマー・H2オートボット
CV-19ショックウェーブShockwaveエイリアンタンクディセプティコン
CV-20バトルスチール オプティマスBattle Steel Optimusピータービルト379オートボット
CV-21ハチェットHatchetユーロファイター タイフーンディセプティコン
CV-22ロードバスターRoadbusterNASCAR シボレー・インパラオートボット
CV-23フラックFlakAPCタンク×オートボット
CV-24ガズルGuzzleM1エイブラムス×オートボット
CV-25マッドフラップMudflapシボレー・トラックスオートボット
CV-26サウンドウェーブSoundwaveメルセデス・ベンツ SLS AMGディセプティコン
CV-27クロウバーCrowbarカーボン・モーターズ E7ディセプティコン

コラボレーション

2011年7月29日よりマクドナルドで開始のダークサイド・ムーンのハッピーセット。30日・31日限定でスペシャルDVDとメックテックシートもプレゼント[32]。直立で変形する物と音声反応するバンブルビーとオプティマスとの計4種類。オプティマスの音声反応する玩具には、オプティマス役の玄田哲章の音声が収録されており、日本語音声が収録された実写版玩具は本作が初となる。またスペシャルDVDのナレーションはサムの吹き替えの小松史法が担当。

ケロケロエース』2012年2月号では、トランスフォーマープロジェクトと題し、EZコレクション版スタースクリームのケロロ軍曹カラー「ケロロスクリーム」が付録として付属。またケロロ軍曹とスタースクリームが競演するコラボ漫画も掲載された。漫画はNAOTO。スタースクリームを呼び出したケロロ小隊は、クルル曹長の作ったあれやこれや吸引機オオゾンで、スタースクリームから超ロボット生命体の情報を吸い出そうとするが機械は暴走、ケロロ軍曹の中のキューブ的な何かと反応しケロロ軍曹自身がケロロスクリームに変形してしまう。

2012年2月8-12日には『第53回旭川冬まつり』で公式のコラボレーションとしてトランスフォーマーの大雪像が製作された[33]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ アメリカでは日本のように在学中に就職活動は行わず、また日本企業のような新卒採用というものはない。
  2. ^ バンブルビーに似たカラーが施され、車内にも同様のミラーボールを取り付けている。
  3. ^ なお、この際、二人の背後にある時計の指す時刻がワンシーンごとにまったく違っていた。
  4. ^ Networkd Elements: supporters and Transformersの略。前回はディエゴガルシア島に本部を置いていたが、今回はワシントンD.C.に本部を移す。建物の外観は保健社会福祉省と名乗っている。
  5. ^ シモンズとTVキャスターの会話によると世論ではオートボットが地球に居ない方が安全なのではないかとする意見が圧倒的多数を占めているとされている。また、ワシントンのロケのセットでオートボットを非難する文句の落書きが書かれているのが確認されている。
  6. ^ ツインズは、小説版、コミック版に登場しており、センチネルによって殺害される。
  7. ^ 小説だとバックパックに変形して背負っている。
  8. ^ 前作のジェットファイアのものとは別物。
  9. ^ クロウバーのドレッドヘアーは身長の2倍近くの長さを持ち、自在に動かすことができる触手のようなものである。
  10. ^ クランクケースの方がより人型に近い体型。
  11. ^ ただしザ・ツインズが変形する車種は撮影現場で使用されている。また、小説版とコミック版には登場している。

    トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン - W(保存)【中半】 
    トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン - W(保存)【後半】
    トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン - W(保存)【補足】

今月該当確率試算

今週注意?巨大地震は188日周期でおきていると謎の専門家 

・2010年2月27日 チリでM8.8の地震
・2010年9月3日 ニュージーランドでM7.1の地震
・2011年3月11日 日本でM9.0の地震 
・2011年9月15日 フィジーでM7.3の地震
2010年227=チリM8.8+188日
2010年903=NZM7.0+189日 
2011年311【312】=東北M9.0+188日 
311東日本大震災 - W(重要再確認)【目次】 
2011年915フィジー=M7.3+189日=6ヶ月+ 
2012年3月14日?
2012年9月18日?
+188日=2012年927
+189日=2013年403?
+188日=2013年1010
+189日=2014年415?
+188日=2014年1017
+189日=2015年427?422~426・・?

粒子 - W(重要保存)

虎馬:粒子 - W  

粒子(りゅうし : particle)とは古典的には剛体である。特に細かい粒子は微粒子(びりゅうし)とも称される。

西欧科学においては、粒子は世界を構成する基本構造として重視される。それは一定の大きさ、重さ、堅さなどの性質を持つもので、それ以上分割できず、その集合や組み合わせによってそれを要素とする様々な現象が生じるものである。

これを直接に物質に当てはめたのが古代の原子論である。物質のすべてが基本となる原子の集まりで理解されるとの立場である。実際には物質の基本粒子は場合によっては原子の組み合わせで生じる分子であることが判明し、さらに原子も内部構造を持つことが明らかになると、その構成要素も物質であるかのように粒子と見なされた。しかし、実際にはそれに当たる素粒子量子力学的には球でありである。量子場の理論的には球であり波でありである。さらに進んだ理論により粒子はさらに奇妙な状態であると考えられるであろう。

メンデルの法則遺伝子の粒子性を認めたことに基づくものである。

関連項目

カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

GRAMZAN

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ