レントシーキング

他夢奴/下夢奴 眠りながら成功する赤毛のアポロン 一文字風呂具 十四最善事態想定マニア 最悪事態想定マニア 住民組合準備会

2C

地球自然環境国害罰金税超∞$$DMPB回収同盟~国際税理府準備連携委員会~皇我内座~知救自善復興公害税同盟~世解平案トービン税連盟~国際PPP連合問題解決案~太平洋TPP連邦【思考】~極北開拓合衆国~極東防災防衛府体政~人間生活府【基本原案】~道州修心省陸海空護民保安官庁~自救自足互助組織~健幸予防府平等年金機能~住宅学園学級会~住民組合準備会~流浪難民人権会~特許友政府準備投票所~

全板人気トーナメント - W【初見】

全板人気トーナメント - W 
2ちゃんねる > 最萌トーナメント > 全板人気トーナメント

全板人気トーナメント(ぜんいたにんきトーナメント)は匿名掲示板2ちゃんねるで行われているトーナメントで、過去3回開催されている。最萌トーナメントから派生したもので、2ちゃんねる内の横断イベントとしては最大規模のもの[2]

2002年から2008年まで3年に1回、春から夏にかけて行われた。期間は約3ヶ月。2011年東日本大震災を鑑みて自粛された。 その後第4回大会を開催しようという動きはあったものの、2013年8月時点でまだ開催には至っていない。
目次 1 ルール


ルール[編集]

ルールは最萌トーナメントのそれに準じるが、各回で少々異なる。

歴史

第1回

概要

要旨

  • 2ちゃんねるPINKちゃんねるまちBBSの全板が参加。特例でひろゆきのメールと外部避難所のハングル板総督府も投票対象になった。
  • 予選は32組で、各組3板ずつ、96板勝ち抜け。ただし、3位同票が2度あり、実際は98板が勝ち抜けた。トーナメント方式になるのは本選に入ってからで、1回戦のみ3板または4板対戦でベスト32に絞り込み、以降は全て1対1の対戦だった。
  • ダウンロードソフト板が優勝できたのは二つ理由がある。一つは、当時WinMXが流行しており、MXユーザー達の組織的投票による力と思われる。WinMXにはチャットシステムや耳打ちシステムがありダウンロードソフト板を優勝させるためにWinMXネットワーク内で投票を呼びかける働きがあった。もう一つに、内容としては全く無関係の板同士で同盟選挙協力)を組んだことが挙げられる。書き込み数ではモ娘(狼)板の1/10程度に過ぎないダウンロードソフト板が、同盟票により勝ち上がる結果となった。また、同盟を組んだことにより単純な住民数の力勝負ではない展開となり、投票時にはこの様相が国に喩えられ、ダウソ連合対狼帝国と称された[3]

第2回

概要

要旨

  • 2ちゃんねるPINKちゃんねるの全板、ひろゆきのメールが参加。前回同様の試合構成では試合期間が余りに長期化するため、予選は1次、2次の2段階で行うよう変更がなされた。また、本選でもベスト8の段階で組み替えを行った。これは、組み合わせから先の展開を読みにくくするためであった。
  • 1次予選は24組で、各組5板ずつ、120板勝ち抜け。2次予選は12組で、各組4板ずつ、48板勝ち抜け。いずれも同票による通過の増加はなかった。本選は、1回戦のみ3板対戦、以降は1対1。
  • ニュース速報(VIP)板は、第1回当時には存在しない板であった。また、自作PC板は、第1回では予選落ちだった。前回優勝のダウンロードソフト板は本選1回戦で、モ娘(狼)板は準々決勝で敗れた。
  • ニュース速報(VIP)板とモ娘(狼)板とは準々決勝で激突し、総投票数は決勝を含む全試合中最大となった。

第3回

概要

要旨

  • 2ちゃんねるPINKちゃんねるまちBBSの全板、ひろゆきのメールおよびテレビ番組欄が参加。PINKちゃんねるが2ちゃんねるから分離・独立してからは初めての大会である。
  • 1次予選は18組で、各組10板ずつ、180板勝ち抜け。1次予選敗退板のうち10票以上を獲得した171板およびエントリー終了後に開設された新規板2板で1次敗者復活戦を行い、12板が2次敗者復活戦に進出。2次予選は15組で、各組4板ずつ、60板勝ち抜け。2次予選全敗退板および1次敗者復活板により2次敗者復活戦を行い、12板が勝ち抜け。いずれも同票による通過の増加はなかった。本選は、1回戦・2回戦で3板対戦、以降は1対1。
  • 全板人気トーナメントでは初の敗者復活戦が行われた。(第1回と第2回では開催前に導入するかどうか議論が行われたが、結局導入されないまま大会が行われた。)
  • トーナメントの構成は前回とほとんど変更がないが、本選1回戦は1日に2試合行われ、また3位決定戦も行われた。
  • 前回優勝のニュース速報(VIP)板は本選1回戦で敗れ、2大会連続で前回優勝板が本選1回戦で消えることになった。また、前回準優勝の自作PC板は初代3位となった。
  • 優勝板であるネトゲ実況板は第1回最中に開設された板であり(大会には参加せず)、第2回においては2次予選敗退であった(ただし激戦組での僅差負けではあった)。
  • 投票活動の激しさによって数度のダウンも発生し、第2回・第3回では開催期間中に投票所板(第3回ではコード発行所も)のサーバが移転する事態が発生した。

その他

第1回2ちゃんねる全板チームトーナメント

概要

   板名:宇宙、お受験、家電製品、伝統武術、もてない女、お祭りch、公務員、ニュー速(嫌儲)、マスコットキャラ
  • 準優勝:ぜろわんこ(Team01)
   板名:詩文学、冬スポーツ、近畿、田舎暮らし、レシピ、スロットサロン、モ娘(狼)、メンヘルサロン、ゴルフ
  • 3位:墓場速報(Team43)
   板名:エロパロ、バスケット、既婚男性、土木・建築、ニュース速報、ニュース速報+、懐メロ洋楽、懐メロ邦楽、郵便・郵政

要旨

  • 3年おきという周期で言えば、2011年に第4回全板が開催される予定であったが、3月11日に発生した東日本大震災とその後の福島第一原子力発電所事故の被害拡大という状況から、自粛の空気が自然と形成され準備スレは用意されたが議論が空転し、開催の目処は全く立たなかった。
  • このため、「全板」という大規模なイベントではなく、チーム制のトーナメントで競うという案が全板準備スレで提案され、別イベントとして開催された。
  • この時のチームは従来の全板トーナメントで作られていた同盟関係等とは全く関係がなく、ランダムに配分されたものとなっている。

脚注

  1. ^ a b 暮沢剛巳 2010, §「最萌トーナメント」.
  2. ^ 『キャラクター文化入門』では「ネタ的なコミュニケーション」として「極めて2ちゃんねる的な現象とも考えられる」と述べている。[1]
  3. ^ 『キャラクター文化入門』では「繋がりのコミュニケーション」と評している[1]

参考文献

外部リンク


雨穢場保存記録14

2010-04-16 23:52:11
テーマ:

2001ちゃんねる10年後予測ミラー62

元ネタ  http://mimizun.com/log/2ch/kokusai/983894301/
元々  http://mimizun.com/log/2ch/kokusai/983894301/まとめたニュース
2001ちゃんねる10年後予測ミラー1
2001ちゃんねる10年後予測ミラー2

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/12 22:29 ID:pD4ddjwc
結局、冷戦というイデオロギー対立が完全に無くなって、
昔からの宗教、経済、民族が原因となる対立が
今より増えるんじゃ無いかな。
これまでは、西側世界の利益はほぼ、アメリカの利益に
重なっていたけど、今後はそうじゃなくなる。
今までは冷戦の枠組みの残滓があったから、なんとなく
うまく行ってたけど、
旧西側諸国の間で方針の差異がより顕著になっていくような。
そういう意味でEU統合はぎりぎりのタイミングだったと思う。
冷戦が終わった平和ムードの中で一気にコト進めたのは賢明だった。
202 :にょ:02/03/13 22:36 ID:???
>201
それはそう思う。「文明の衝突」はその意味では正しいと思う。
ただ、EUと米国の対立ももしかしたら、あるかな、、
それ以前にEUの維持ってできるのかな、、バルト3国がもしEU加盟すれば、
EUの軸足は結局ドイツってことになる。イギリスはこのことに耐えられる
だろうか、、オーストリアとイタリアは保守化しているけど、、
この辺がどう影響を及ぼすだろうか、、
207 :にょ:02/03/19 21:58 ID:???
あぼ~んがいぱ~いついた、、、アゲてしまおう。
えっと、恐らく10年後は世界の極がもうちょっとはっきり見えてくる時代だと
思うね。ハンチントンは西欧文明というふうに、EUと米国を一緒にしたが、
この部分は分かれるかもしれない。だから10年後の国際情勢の主要プレーヤーは
EU、米国、ロシア、中国(もしかしたら民主化された)、そして日本、そんで
イスラム諸国が独自のアイデンティティを共有しはじめているかもしれないね。
台湾は独立していて、日本、韓国、台湾、フィリピン、ベトナムあたりで米国
を含めた独自の安保機構を作っているかな。
フランスとドイツを中心として設立されたEU軍が独自路線を打ち出して、
NATOの権限がより弱まってくるかな。
米国はその軸足を東アジアの安保に大きく転換するかな、、
まあ極という意味で話をしたが、みなさん、この辺どんな考えでしょうか?

208 :うひょ:02/03/19 23:32 ID:YwH+d0FN
>にょさん
ハンチントンはオイラも読みましたが、あの文明の分類はアジアに関しては
トンチンハンだと感じました。何より、ASEAN諸国の中国に対する警戒
を過小評価しており。概して東南アジアの宗教、経済、民族に関する
見解が皮相的過ぎるといえます。にょさんが極東板の「極」スレ47
でいわれてるように、宗教でくくれない上に、植民地支配で民族でも
括りづらいんですよね。だからこそ、この地域では経済と政治制度が
他地域よりも大きなウエイトを占める情勢になっていると分析できるのに・・・。
まあ、おかげで、アーミテージレポートに至る米国の中国警戒という方針が
固まったというありがたい側面もあるんですけどね。
さて、その観点から、日米がASEANを軸に中国へ民主化の圧力を掛けて
いく事になると思うんですが。一例にかつて「島嶼連合」なる概念を提唱して
いた学者がいたようですが・・・。にょさんの考えとの違いは、長期的視座に
日米関係を重視しすぎない別個の軸の可能性、というところにあるといえます。
ま、いずれにしても東南アジアを舞台にした日米の中国への民主化圧力
という図式は、今後10年では、日本の重要なトピックとなるといえます。

209 :にょ:02/03/19 23:50 ID:???
>うひょさん
こんちわ、確かにハンチントンの分析に関してはこまい部分は、オイオイ
というところはありますね、、ハンチントンの錯誤は文明の最初の衝突を
第二次大戦での日本対西欧という図式で描けなかったことです。ソ連の
イデオロギーもあいまって、帝国主義の衝突という捉え方をしていますが、
僕に言わせれば、あれこそ、文明の衝突の最初だったのではと思ってるん
ですけどね、、まあ日露戦争もある意味ではそう。黄渦論に恐怖したロシア
人という意味でのね。もちろんハンチントンもそれを薄々は認識している
のでしょうが、、どうも問題作と言われるだけあって、欧米中心、特に
米国中心に書いてありますよね(w
日米関係に関しては本当に長期的に見れば、いずれ別ものになるべきものだと
思いますが、恐らく日本人は米国の苛烈さを理解していないですね、、
お人好しというかなんというか、、、パワーポリティクスの力学から言って、
ここ30年くらいは米国との緊密化はせざるを得ないでしょうね。
ただ、僕が妄想の中で描く未来は、原理主義の勃興が共産主義の勃興と同じ
レベルで語られる時代がいずれくるのではないかということです。
特に米国を恐らく襲うであろう、バブル崩壊が、それに力を与えるような気
がします。そのときに、日本は中共(残っていたとしたら)に吸い込まれた
のなら、第二次大戦と同じようなことになってしまう。まあ汚い話ですが、
日本がある程度平和のままでいたいのであれば、西側に踏みとどまれるかが
日本の将来の行方を左右するものだと思います。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/20 00:16 ID:S0Qo5kEy
>西側に踏みとどまれるかが 日本の将来の行方を左右するものだと思います。

同意。
軍事貢献が出来ないと欧州で言い訳した時に、
「日本はそんなに縁の薄い仲間なのか」と罵倒されたと。
実際、日本人はどこかで縁が薄いと思っていて、そのくせ経済とか
実利を求める部分は仲良く、と都合のいいことを考えている。
少なくとも、この付近の無意識なエゴイズムを「うまく隠して」
繋がっておく程度の聡明さは必要だろうな。
211 :にょ:02/03/20 00:25 ID:???
>210
ただし、日本は幕末にプチテロで国を作った経験もあるから、
イスラムに対しての対応はある程度慎重にやらにゃならんだろうなとも思う。
原理主義の台頭を押さえるためにもね、、西欧が原理主義の台頭を押さえる
ために何かやると、角が立つけど、日本だったら角が立たない、、
で、日本がやらないと、中共あたりが、日本のつらをして、イスラムに接近
するだろうから、イスラムの反西欧は確定してしまう。
欧米に対して配慮しながら、これをやるのはちょと難しいけど、
例えば、イラクに対する攻撃には参加するけど、対イランだったら、イランの穏健派
の温存のためにも、やるべきではないとか、その代わり、イランが中共の
ほうを向かないように、日本が支持を取り付けるとかね、、、
儒教イスラムコネクションの断絶を明確にすれば米国の支持は得られると
思うけど、、、、
まあ今の日本にはむりだろうな、、

212 :210:02/03/20 00:35 ID:S0Qo5kEy
>211
うーん、自分の考えでは、イスラムとは少し離れてた方がいいと思う。
というのは、日本人の基本的な特性を考えると、実際のところは
欧米以上に反イスラムであろうと思うから。
中国、東南アジアでのイスラムと儒教・仏教文明の連中の
コミュニケーションの面倒さを考えると、遠いせいもあって
辛い部分をうまいこと回避出来てる(その部分は欧米に任せてる)
からこそ今が成立してると言えるわけで。そう考えると現状維持が
かなりベストではある。中共とイスラムの接近はほぼ100%破綻確実。
名を捨て実を取る今の政策は、ここ数十年程度有効と思う。
軍事貢献は比較的存在が明確な組織などをバッファにして軍備相応に
実行するのがいいだろう。軍備相応なら海空軍中心でリスクの高い
地上部隊をあまり派遣しなくていいというのもある。
NATOのサブメンバーなどというのは選択肢としてあり得る。
(現実問題として、NATOが一致するような軍事行動に何の支援も
しないというのはあり得ないし)

213 :にょ:02/03/20 00:51 ID:???
>212
なるほど、確かにそれが現実的な路線かもしれないね。
ただ、日本人気質的に無理かもしれんが、イスラムで、穏健派に対して
原理主義に染まらぬよう共産化の無意味さなんかを引き合いにだして、
語りかける演説を首相がぶてないもんかな、と正直思う。まあ中共に配慮
して無理だろうが、、「テロに対しては断固として」じゃあ言葉たらず
だね、小泉さんは、、、赤化に染まることなく、発展した国としてさ、、
ハンチントンとおいらの考えが違うのは原理主義はイデオロギー化する
可能性があると思っていること、、今回の対テロ戦がシベリア出兵に見えて
ならないんだけどね、、おいらには、、、

214 :210:02/03/20 01:05 ID:S0Qo5kEy
>>213
文明の衝突みたいなイメージがあるけど、日本がイスラム諸国に
対してとれるアプローチとしたら、それは宗教色を弱めて
ナショナリズムベースで接する事だと思う。
例えばトルコ民族、ペルシャ民族は誇り高く、他のイスラム諸国と
一線を画そうとする傾向がある。双方ともイスラム社会としては
世俗的(イランは実はそうだ)なので、経済発展と成し遂げた際の
日本的な合理主義であたってみてもそんなにひどい結果は出ないと思う。
幸いどちらも現在は親日度が高い。アラブとは苦労が多い傾向あり。
まずは取り組みやすい相手からというのは基本かも。

ここで外してはいけない軸は、政教分離のメリットを賢く訴える事だ。
昔、カリフとスルタンが併存していた時のイスラム社会は現実主義的で
あったと言えなくもない。建前は維持して、現実の積み重ねで溶かして行く。
真にイスラム諸国の発展を図るのなら、これは必須要件だろう。
そうでないと日本側が付き合いきれなくなって投げ出す結果になる。

215 :にょ:02/03/20 01:20 ID:???
>214
なるほどね、、勉強になるっす。
ただ、政教分離に関しては、ちょと口だせないと思うよ、、
そうせにゃ発展もないだろうが、、、
トルコもどうなんだろ、NATOにとどまりずらくなってるしね、、、
むずかしいのぉ、、、
単においらが言いたいのは原理主義の台頭をいかに抑制するか、
ただ、トルコ、エジプト、パキスタンはほんとに防波堤かもね、、
日本のアプローチは必要かな、、、

216 :うひょ:02/03/20 02:12 ID:eP5vLZrJ
>215のにょさん
確かに、直接政教分離に訴えることは難しいかもしれませんが
イスラム穏健派諸国に対して、政策的アプローチは可能かと思われます。
今回のテロによる一連の紛争後、中東アジア諸国、特にパキスタン
などアフガニスタン近接諸国に、一種の国際力学の空白状態が
生じております。これらの諸国に対し、経済再建、国際社会復帰
への誘導を行うことは、イスラム諸国への現実主義政策に対する
インセンティブを示しえることとなると思われます。
つまり復興の過程を見本とし、問いかけの場になしえるということです。
ただ個人的には、対中関係に関しては日本が働きかける相手として
やはりインドが優先されるべきと思われますがいかがでしょうか?

>209について
中共に吸い込まれる。西側に踏みとどまれるか。
に関しては、中国への警戒よりも、むしろ国内問題として、
日本の「民主主義」を暴走せずに再認識しうるか、
という至極まっとうな問題に集約できると思われます。
腐っても日本は民主主義国です。ここを国内外に再認識し
またそれにそぐう制度を整えるべきでしょう。
つーか、アフォマスコミは逝ってよしだ。ごらあぁ。
217 :にょ:02/03/20 12:56 ID:???
>うひょさん
なるへそ、アフガン近隣のイスラム諸国における国際力学の空白は理解できますね。
おそらく、ロシア、米国の関与という形がここで生まれると思いますが、この両者は
イランを無視しすぎているのが正直な感想ですね。上でトルコ、エジプト、パキスタ
ンの3つを防波堤と言いましたが、シーア派とスンニ派の違いはあっても結局、イス
ラムに受け入れられる現実路線のモデルというのはイランの改革路線のそれが現実的
なものになると感じます。やっぱ中央で育成された路線というのはそれなりに磁力を
持つと、、ということから、これら空白地帯への国際社会への復帰に対してイランに
それなりに花を持たせるべきかと、、ただ米国が心配することは中共からの核拡散の
恐怖、この一点だと思います。これの否定を担保にしないと米国は大きな懸念をしめ
すでしょう。パキスタンに米国が進駐したのはそういう意味もあるかと。
平沼さんなんかがイランー中共ではなくイランー日本をクッションとしてー米国の
関係構築に努力してますが、、ほんと、むずかしいですな、、ただイラン国民に向け
て何らかのメッセージを発っしても良いとは思いますね。国民感情として米国との
和解ができない国ですから、、、それを少しでも緩和させることと、国民が中共では
なくやはり日本を見つめさせるということは大事かと、、、まあ、ショーアップが
嫌いな日本の政治家ではちょっときついでしょうが、、、
218 :にょ:02/03/20 12:57 ID:???
長文れすスマソです、、、
>続けてうひょさん

日本のインドへの関与ですが、これは突っ込みすぎず、引きすぎずという所が慣用か
と、、アセアン諸国の意向を良く見ながら対応するべきでしょう。ミャンマーへ中共
の影響力が大きくなると、当然、中共とインドの軋轢が大きくなりますから、ほっておいて
も対立はすると思います。ハンチントンの言を借りれば、中共、あるいは新生中国がミャンマ
ーに海軍基地を作りたがり始めた時が決定的になるとは思うですよ。
中共へ吸い込まれるか、と言ったのですが、ブッシュ政権の一連の政策で、もしかし
たら、中国が民主化する可能性も大きくなったと思います。でも民主化しても、核保
有国、しかもロシアのように、中央集権的、王朝的な機構は変わらないでしょうから、
この国が分裂したとしても、国際社会におけるプレゼンスは弱まらないでしょう。
あの人口から言って、日本にとって今の中共に関する全部の問題が解決するとは限ら
ないのも事実です。しかも共産主義崩壊は支那を不安定な覇権国家にすることはほぼ
間違いないと思われるため一層の注意が必要なことも確か。
崩壊する前に、いや崩壊を促す意味でも、日本が早く地域の安保に積極的に乗り出さ
ないと、結局はこの新生中華に吸い込まれる可能性がありますね、、
共産党崩壊に如何に力をかけるか、、個人的には広東と満州あたりの独立に日本は
全力を傾けるべきですね、、ヨーロッパがバルト三国の独立に努力したように、、
アフォマスコミに関しては、論外ですね、、

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/20 16:09 ID:lfaifk1O
イスラム好きだ・・・あこがれるよ

3万字数制限⇒
続きを読む
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

GRAMZAN

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ