虎馬元:エリザベス2世 - W 

エリザベス2世英語: Elizabeth II1926年4月21日[注釈 1] - )は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を含む、16か国の主権国家イギリス連邦王国)の君主であり、54の加盟国から成るイギリス連邦およびイギリスの王室属領海外領土元首である。また、イングランド国教会の首長、およびウィンザー朝の第4代女王でもある。実名は、エリザベス・アレクサンドラ・メアリー英語: Elizabeth Alexandra Mary)。

1952年2月6日の即位を以て、イギリス連邦に加盟する独立国家である7か国、すなわち、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)、カナダオーストラリアニュージーランド南アフリカ連邦パキスタンセイロン女王となった。1956年から1992年までの間に、独立を果たしたり、共和制へと移行したりしたことにより、連合王国女王のレルムに属する国家および領土の数は、度々移り変わっていった。

2014年現在の今日においては、(現在まで存続している)前述の4か国(イギリスカナダオーストラリアニュージーランド)に加え、ジャマイカバルバドスバハマグレナダパプアニューギニアソロモン諸島ツバルセントルシアセントビンセント・グレナディーンベリーズアンティグア・バーブーダセントクリストファー・ネイビスが女王を君主としている。こうしてエリザベス2世は、合計16か国の君主を兼ねている。またクック諸島など、上記の国と自由連合制をとる国や、その一部となっている国・地域の中にも女王を元首としているところが存在する。

エリザベス2世のこれまでの62年間という在位期間は、イギリスの君主としては、63年間に亘って在位したヴィクトリア女王に次いで、史上2番目の長さである。2007年12月20日には、高祖母たるヴィクトリア女王を抜いて、イギリス史上最高齢の君主となった。


目次

1 略歴

 

 

 

略歴

ロンドンメイフェアにて、ヨーク公アルバート王子とエリザベス王妃の長女として誕生し、宮廷内で大切に養育された。1936年、父のアルバート王子が、兄であるエドワード8世の退位を受けて、ジョージ6世として王位に就くと、エリザベス王女は推定相続人となった。王女は、第二次世界大戦中に英国女子国防軍英語版に属して公務に携わるようになった。1947年には、エディンバラ公爵フィリップと結婚し、チャールズアンアンドルーエドワードの4人の子をもうけた。なお、夫(王配)のフィリップは共同君主・共同統治者ではない。女王エリザベス2世に即位するにあたって、1953年6月2日に執り行われた戴冠式は、史上初めてテレビ中継された。

アイルランド共和国への公式訪問英語版や、ローマ教皇との間の相互訪問など、多くの歴史的な訪問および会合を遂行しただけでなく、イギリスの地方分権英語版やカナダ憲法におけるパトリエーション英語版のように、重大な憲法改正を目の当たりにしてきた。このほか、意義深い個人的な出来事としては、自らの子女の誕生と結婚、および孫の誕生、プリンス・オブ・ウェールズの叙任英語版(立太子礼)、そして自身のシルバー・ジュビリー英語版(1977年)、ゴールデン・ジュビリー英語版(2002年)、ダイヤモンド・ジュビリー英語版(2012年)、それぞれの祝事を経験した。

生い立ち[編集]

1929年、3歳のエリザベス王女

1926年4月21日午前2時40分(BST)、ロンドン市内のメイフェア地区ブルートン・ロード17番地に所在する母方の祖父の家において、ヨーク公アルバート(後のジョージ6世)と妃エリザベスとの間に、第一子として、帝王切開により生まれる。父アルバートは、国王ジョージ5世と妃メアリーの次男で、母はスコットランド貴族の第14代ストラスモア伯爵クロード・ボーズ=ライアンの末女である。

同年5月29日に、バッキンガム宮殿内のプライベート・チャペルで、ヨーク大主教英語版コズモ・ラング英語版によって洗礼が施された[注釈 2][1]。名前はそれぞれ母エリザベスと父方の曽祖母アレクサンドラ、同じく父方の祖母メアリーに因んで命名され[2]、家族からは“リリベット”の愛称で呼ばれていた[3]。ジョージ5世はエリザベスを溺愛しており、1929年に大病を患った際も、彼女が定期的に見舞いに訪れたことが、病の回復を早めるのに一役買ったと言われている[4]

1930年、4歳の時に、妹マーガレットが誕生した。当時は、結婚を保証されている上流階級の娘達には教育は不必要という時代であったが、祖母メアリー王妃の方針によって、姉妹揃って家庭教師マリオン・クロフォード英語版から、宮廷において、歴史、言語、文学、音楽を中心とした教育を施された[5][6]。クロフォードが後に記した伝記によれば、この頃から馬や犬などの動物好きな傾向が見受けられたことや、規律正しく責任感の強い性格であったと言われている[7]。またウィンストン・チャーチルも、当時2歳だったエリザベスに接して「子供ながら驚くほど威厳と沈思のある態度だった」と回想している[8]

王女時代[編集]

エリザベス(1933年

出生時における正式な称号は、Her Royal Highness Princess Elizabeth of York(ヨーク公エリザベス王女殿下)であり、伯父の王太子エドワード、父のヨーク公エドワードに次いで、第3位の王位継承順位にあった。エリザベスの誕生は世間の関心を集めたが、当時は、まだ若くて独身だった王太子のエドワードおよび将来的に彼が結婚することにより生まれるであろうと思われた、その子への王位継承が期待されており、彼女の即位を予想する者はいなかった[9]

しかし、1936年1月のジョージ5世の死去を受けて即位したエドワード8世が、イギリスと対立しつつあった枢軸国に親近感があるような態度をとった上に、離婚経験のあるアメリカ人女性のウォリス・シンプソンとの結婚をほのめかしたことを受けて、スタンリー・ボールドウィン首相らに退位を迫られ、同年12月に退位することとなる(この一件は「王冠を賭けた恋」として知られる)[10]。そして、エドワード8世の弟でエリザベスの父であるヨーク公が即位して、ジョージ6世となる。これを受けて、エリザベスは一家とともにバッキンガム宮殿に移住し、Her Royal Highness Princess Elizabeth(エリザベス王女殿下)の称号を与えられた上で、王位の推定相続人となる[11]。この時点でもしもエリザベスに弟が存在したならば、彼が王太子となり王位継承順位においてエリザベスよりも上位に位置付けられることとなり、彼女は推定相続人としての地位を逃していたであろうと考えられる[12]

以降は、特に帝王学・法律・歴史・フランス語を中心に学んだ。一方、ガールスカウトなどに参加し、同年代の子供とも積極的に関わっていた。このように、王位継承者として息つく暇も無い日々を送り、たまの休日に田舎道を馬に乗って走ることが唯一の楽しみといった生活を送り続けていたことから、側近には「デイヴィッド(エドワード8世)伯父様が退位しなければ、田舎で馬や犬に囲まれて過ごせていたはずなのにね」とこぼすこともあったという。

1939年には、カナダ政府から両親の外遊に同行するよう打診されるも、父が年齢の幼さと1ヶ月という期間の長さを理由に拒否したため、実現しなかった。

第二次世界大戦[編集]

1939年、祖母メアリー王太后、妹マーガレット王女とエリザベス王女

1939年9月に第二次世界大戦が勃発し、1945年まで続いた。この間、しばしばロンドンも空襲の対象とされ、ロンドンに住む多くの子どもが疎開していった。エリザベス王女姉妹についても、より安全なカナダへと疎開させることが政府から提案されたものの、母エリザベスが「私の子供たちは私のもとを離れません。また、私は国王陛下のもとを離れません。そして、国王陛下はロンドンをお離れになりません」と述べて、これを拒否した[13]

結局、両姉妹は1939年のクリスマスまで、スコットランドのバルモラル城で過ごすことになり、その後はノーフォークサンドリンガム御用邸英語版に移った[14]。さらに1940年2月から5月まで、ウィンザーのロイヤル・ロッジ英語版に滞在した後、ウィンザー城へ移り住み、以後5年近くを過ごすこととなった[15]。ウィンザー城滞在時には、軍用衣類向けのニット生地を生成する毛糸を調達していたクイーン・ウール・ファンドを支援するために、クリスマスに家族や友人たちを招待して、王室職員の子女たちとともに、パントマイムを上演したこともあった。この際、14歳のエリザベスはBBCのラジオ放送を通じて初めて演説を行い[16]

私たちの勇敢な陸海空の軍人の助けとなるために、私たちが出来ることはすべて試みていますし、私たちが共有する戦争の危険や悲しみに耐えようと努力しています。私たち一人一人が、終いには万事上手くいくことを確信しています。[16]

と述べた。

これ以後、王位継承者として少しずつ公務に携わるようになる。当初は、看護師となることを志望したものの、父の反対にあったことから実現しなかったが、その代わりとして、1942年に近衛歩兵第一連隊の名誉連隊長となり、大戦中も国民と共に後方支援にあたった。1943年、16歳の時に、エリザベスは初めての単独での公務において、名誉連隊長としてグレナディアガーズを訪問した[17]。以降も各地への訪問および激励を重ねた。

エリザベスと軍用トラック(1945年4月)

18歳の誕生日を迎えると、法律が改正されて、父王が公務を執行できない場合や国内に不在である場合(例えば、1944年7月のイタリア訪問時)に、彼女が5人のカウンセラー・オブ・ステート英語版のうちの1人として行動できるようになった[18]。1945年2月には、英国女子国防軍英語版に入隊し、名誉第二准大尉として、「エリザベス・ウインザー」の名および230873の認識番号において[19]、軍用車両の整備や弾薬管理などに従事したほか、大型自動車の免許を取得し、軍用トラックの運転なども行った[20]

それまでの女性王族は、軍などにおいて肩書きが与えられたとしても、名誉職としての地位に過ぎないというケースが慣例だったが、イギリス本土への上陸の危機という事態を受けて、エリザベスはその慣習を打ち破り、他の学生たちと同等の訓練を受け、軍務に従事する初めてのケースとなった。エリザベスは、一般の兵士とまったく同じ待遇をされることを非常に喜び、これらの経験をもとに、自分の子供たちも宮廷で学ばせるより、一般の子女たちと同じ学校に通わせることを決意したという。欧州での戦争が終結したヨーロッパ戦勝記念日には、ロンドンの街中で戦勝を祝福する一般市民の中に妹と共に匿名で混じって、真夜中まで喜びを分かち合ったという。

第二次世界大戦におけるイギリスの勝利後の1947年4月には、両親に付き添って初めて外遊し、南アフリカを訪問した。外遊中、ケープタウンにて21歳の誕生日を迎えた際には、英連邦に向けたラジオ演説の中で、エリザベス王女は次のような誓いを交わした。

私は、私の全生涯を、たとえそれが長かろうと短かろうと、貴方方と我々のすべてが属するところの偉大な、威厳ある国家に捧げる決意であることを、貴方方の前に宣言する。[21]

続きを読む