INSPLATRとぅし~レーダーⅠ

禁断直近世界歴史激変地震警報注意テロ氾濫?先遣2015米国極東京炎上ペルシャ湾地震残強予知夢注二秒!警戒宣下PICUP2PINE

カテゴリ: 科学【ABC】

虎馬:ヨハネス・ケプラー - W 
ヨハネス・ケプラー
人物情報
生誕1571年12月27日
ドイツの旗 ドイツ ヴァイル・デア・シュタット
死没1630年11月15日(満58歳没)
ドイツの旗 ドイツ レーゲンスブルク
居住 グラーツプラハリンツウルム
国籍ドイツの旗 ドイツ
出身校テュービンゲン大学
学問
研究分野天文学
数学
自然哲学
主な業績主な業績の節を参照
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヨハネス・ケプラーJohannes Kepler1571年12月27日 - 1630年11月15日)は、ドイツ天文学者天体の運行法則に関する「ケプラーの法則」を唱えたことでよく知られている。理論的に天体の運動を解明したという点において、天体物理学者の先駆的存在だといえる。数学者自然哲学者占星術師という顔ももつ。欧州補給機(ATV)2号機の名前に彼の名が採用されている。



生涯

ケプラーは1571年12月27日、ドイツのシュワーベン地方にある自由都市ヴァイル・デア・シュタット (en:Weil der Stadt)にて居酒屋を営んでいたハインリヒ・ケプラーとカタリーナ・ケプラーの間に生まれた長男。天然痘に呪われ、4歳の時に天然痘で視力を落とし、晩年には天然痘で妻子を失った[1]プロテスタントであり、これは宗教的対立の高まっていた当時の神聖ローマ帝国において、ケプラーに苦難を強いる原因の一つとなった。ケプラーの家は貧しく学校に行くことのできる環境ではなかったものの、奨学金を得て、神学校に進学したのち、1587年テュービンゲン大学に入学し数学を学んだ。1594年にはグラーツの学校(現在のグラーツ大学)で数学と天文学を教えるようになった。1597年にはバーバラ・ミューラーと結婚。しかし翌1598年にはグラーツを治めていたオーストリア大公フェルディナント2世がグラーツからのプロテスタントの聖職者と教師に町からの退去を命じ、ケプラーは失職する。

そんな折、1599年ティコ・ブラーエ (1546-1601) に助手として(ケプラー自身の主張によれば、ケプラーはブラーエに共同研究者として招かれたのであって、助手ではない)プラハに招かれ、ケプラーはこれを受諾しプラハへと移った[2]。ティコは大観測家であり、1576年から1597年の21年間、デンマーク(現スウェーデン領)のヴェン島にウラニボリ天文台を建設して天空の観測を続け、さらにプラハでも観測を続けていた。この観測データは望遠鏡のなかった当時、肉眼で観察されたものとしては最高の精度を持っており、正確で膨大な観測データはのちに紆余曲折ののちケプラーの手に入り、ケプラーの法則発見の基礎となった。一方でティコは自らのデータから地動説を支持する証拠を見つけることができず、自ら手を加えた天動説を提唱していた。

1601年にティコが亡くなると、ケプラーはブラーエの後任のルドルフ2世宮廷付占星術師として引き続き仕え、ティコの残した観測データをもとに研究を続けた。しかし、ティコの遺族にルドルフ2世が支払うはずだった観測データの代金はほとんど支払われず、ケプラーとティコの遺族のあいだには争いが起きた。1609年、代表作とされる「新天文学(Astronomia Nova)」を執筆した[3]。「ケプラーの法則」の第1と第2法則もこの論文におさめられている。1611年には3人の子のうちの一人と妻のバルバラが死去し、1612年にパトロンであったルドルフ2世が亡くなると、ケプラーはプラハを離れ、オーストリアリンツに州数学官の職を得た。1613年にはズザナ・ロイティンガーと再婚し、1618年にはケプラーの第三法則を発表したが、1620年から1621年には故郷ヴュルテンベルグにおいて母カタリーナが魔女裁判に掛けられたため、その地にとどまって裁判と弁護に奔走した。1621年に無罪判決を勝ち取るとリンツに戻ったが、1626年には反乱軍によってリンツが被害を受けたためウルムへと移り、ここで1627年にはルドルフ表を完成させた。1630年レーゲンスブルクで病死した。

自然哲学

ケプラー初期の多面体太陽系モデル
太陽近傍

ケプラーの自然哲学の中心は惑星論にある。ケプラーはを宇宙の秩序の中心とする点や天体音楽論を唱える点で自然哲学におけるピュタゴラス的伝統の忠実な擁護者であった。その反面、コペルニクスティコ・ブラーエガリレオ・ガリレイも脱却できなかった円運動に基づく天体論から、楕円運動を基本とする天体論を唱え、近世自然哲学を刷新した。

ケプラーの真の功績は、数学的な裏付けを持った物理モデルを提出するという方法の先駆者だった所にある。彼のモデルそのものは誤っていたが、結果的にこれはガリレオ・ガリレイアイザック・ニュートンを経て古典物理学の成立へとつながっていく。

ただしケプラーの「数学的裏付け」は、まだ合理性において不十分なものであった。例えば彼が初期に提唱した多面体太陽系モデルは、「惑星が6個存在することは、正多面体が5種類しか存在しない事と関連があるに違いない」という思い込みによるものである。またケプラーは火星衛星が2個である事を予言したが、これは「地球、火星、木星の衛星の数が等比数列をなしている」という思い込みによるものである。結果として火星の衛星の数は2個であったが、その仮説の前提である木星の衛星の数は、当時知られていた4個よりも遥かに多かったのである。

ケプラーの法則

ケプラー以前の天文学では、惑星は中心の星の周囲を完全な円軌道で運行すると考えられていた。曰く、完全なる神は完全なる運動を造られる、というものだった。惑星は逆行運動をする事が知られていたが、この問題は周転円の考えを導入する事で解決され、最終的にはクラウディオス・プトレマイオスによって天動説はほぼ完成し、長きにわたって惑星は円軌道で運行すると信じられた。

ニコラウス・コペルニクス地動説を提唱した。現在、それは「コペルニクス的転回」として、発想の大転換を表現する際に比喩として用いられるが、そのコペルニクスもまた、惑星は円軌道で運行するという考えに縛られており、コペルニクスの地動説は従来の天動説に対し、少ない周転円で同程度の精度を出せるだけに過ぎない。実際には、周転円なしでもそれなりの精度が得られるため、理論の単純さのために精度を犠牲にする地動説論者も多かった。逆に、これを引き継いで『プロイセン星表』を作成したエラスムス・ラインホルトに至っては、逆に周転円の数をプトレマイオスの天動説よりも増やしてしまい、かえって煩雑さを増すという結果となった。

これに対してケプラーは、惑星の運動を歪んだ円、もしくは楕円であるとした。惑星の軌道を楕円と仮定するとティコ・ブラーエの観測した結果を説明できることが分かり、後にケプラーの法則とされた。これによってようやく地動説は、従来の天動説よりも単純かつ正確なものとなったのである。

ケプラーの法則によって導かれる結論は、距離の二乗に反比例する力によって、惑星が太陽に引かれているという事実である。ケプラーは「太陽と惑星の間に、磁力のような力が存在する」として、その事に気付いていたが、その力の正体を解明するに至らなかった。後にアイザック・ニュートンによって、その力が万有引力であるとされた。

ケプラー予想

ケプラーはまた、球を敷き詰めたときに、面心立方格子が最密になると予想した。 この予想はケプラー予想と呼ばれ、規則正しく敷き詰める場合に関してはガウスによって早々に証明されたが、 不規則な敷き詰め方に関しては、400年もの間未解決の問題であった。ケプラー予想は1998年に、トーマス・C・ヘイルズによって、コンピュータを駆使して解決された。

著書

  • The Forerunner of Dissertations on the Universe, Containing the Mystery of the Universe1596年出版(宇宙についての先駆的論述、宇宙の謎を含んで、の意)[4]

以下が日本語訳されている。

伝記など

  • ヨハネス・ケプラー 近代宇宙観の夜明 アーサー・ケストラー 小尾信弥,木村博訳.河出書房新社,1971. のちちくま学芸文庫
  • ケプラーと世界の調和 渡辺正雄編著.共立出版,1991.12.
  • ケプラー疑惑 ティコ・ブラーエの死の謎と盗まれた観測記録 ジョシュア&アンーリー・ギルダー 山越幸江訳.地人書館,2006.6.
  • ヨハネス・ケプラー 天文学の新たなる地平へ オーウェン・ギンガリッチ編 ジェームズ・R.ヴォールケル 林大訳.大月書店,2010.9.オックスフォード科学の肖像

主な業績

脚注

  1. ^ 「ビジュアル百科 世界史1200人」136頁、入澤宣幸(西東社)
  2. ^ 『COSMOS 宇宙』第1巻 カール・セーガン 旺文社 1980年10月25日 初版 p.114
  3. ^ 「オックスフォード科学の肖像 ヨハネス・ケプラー」p87 オーウェン・ギンガリッチ編集代表 ジェームズ・R・ヴォールケル著 林大訳 大月書店 2010年9月21日第1刷
  4. ^ 最新天文百科 宇宙・惑星・生命をつなぐサイエンス HORIZONS Exploring the Universe p59 ISBN978-4-621-08278-2

参考文献

アーサー・ケストラー 『ヨハネス・ケプラー』 小尾信彌、木村博訳、筑摩書房〈ちくま学芸文庫Math & Science〉、2008年ISBN 978-4-480-09155-0

外部リンク

虎馬:医学 - W 

本記事では医学(いがく、medicine, medical science)について解説する。


目次

1 概説


概説

医学とは、生体(人体)の構造機能疾病について研究し、疾病を診断治療予防する方法を開発する学問である[1]

語源

「醫學」という言葉は、中国ではの政権が安定する15世紀頃から、よく用いられるようになり、「醫學○○」という書物が多数見られるようになった。

仏教圏において、「医」の象徴として薬師如来が知られていることからも判るように、「医」は元々は漢方等の「」を扱っていた者によって行われていた。古代中国においては、「医」は主に道士法師等によって営まれ、宗教と密接に繋がっている。伝統中国医学は、単に「医」または「医方」と呼ばれており、勘と経験に頼る部分が非常に大きかったが、時代になると、鍼灸だけでなく、漢方薬においても、中国の根本的な理論である陰陽五行思想経絡理論など、で固めるようになり、理論的・学問的な色彩が強くなった。それを強調するために、あえて「醫學」という言葉が用いられるようになったのである。

また、「医学(醫學)」という言葉は、「哲学(哲學)」「民主主義」「社会(社會)」などと同じように、明治時代英語ドイツ語フランス語などの「medicine(英語)」や「Medizin(ドイツ語)」などを翻訳する時に作られた造語(新漢語)のひとつ、とする説もある。

様々な医学

まず世界全体の医学を概観すると、世界各国には様々な医学があり[2]、例えば、中国伝統医学、イスラーム医学、西洋医学 等々がある。

ギリシャ医学ユナニ医学(イスラム医学) 、中国医学アーユルヴェーダ(インド伝統医学)、チベット医学など、歴史が長い医学を、まとめて伝統医学と呼ぶことがある。なおこれらの伝統医学は各地で現在でも用いられており、現役の医学である。

各医学の相違

医学における実践とは、ある考えに基づいて病気の状態を判断し治療方法を決定することなので、医学の相違は、治療方法の違いよりも、考え方の違いで判断されるべき[3]と三浦於菟は説明した。

世界各地にはいろいろな医学があるが、これらの違いは、生命や病気に対する考え方の違い、つまり理論の相違と言える[3]。病気の症状の解釈の相違によって、異なった病気の姿がそこに出現することになる[3]。医学が異なるということは、症状が同じであっても、別の病気の実体をそこに見ている、ということなのである[3]とし、これは、同じ風景を見て描いたのに描く人によって全く異なった絵画になる、ということに似ていると言える[3]、と三浦於菟は述べた。

(西洋医学しか知らない者にとっては)まず、ものの見方・考え方により森羅万象が違った姿に見えてくる、ということに気づくことが東洋医学(や他の医学)を理解するための第一歩となる[3]と三浦は解説した。[4]

からだを見る観点には、《関連する一連の構造物》と見なす観点と、《相互に依存しあう一連の機能》と見なす観点があるが、その違いは西洋医学東洋医学を対比してみるとよくわかる[5]アンドルー・ワイルは解説する。中国の医学は、(かつて死体解剖が禁忌であったなどの文化的理由により)、人体内部の構造に関しては詳細な知識なしに発展したのだが、そのかわりに(そのおかげで)、からだの諸機能同士の関係を明らかにしてきたのである。中医学の医師は、あまり身体の防衛機能(自然治癒力免疫)と、個々の内臓器官とを関連づけて解剖学的に説明しようとはしない。だが、解剖学的な知識をもたなくても、(あるいはむしろそのほうが)患者の健康を増進させることはできたのである[6]

それに対して西洋医学の医師たちは、扁桃、アデノイド、虫垂、胸腺、脾臓などの構造物が体内にあることは一応知ってはいたが、その機能のことは最近まで全然理解していなかった。20世紀になっても、まだ最近まで、西洋医学の医師らは、扁桃アデノイドリンパ節虫垂胸腺脾臓などの、(現在では非常に重要だと判明している)免疫器官の大半に、こともあろうに「機能が無い」「退化したもの」「瑣末(さまつ)」などといった、とんでもなく誤ったレッテルを貼ってしまうという過ちを続けてきた[7]という。

1950年代の西洋医学の医師たちは、胸腺の機能を理解しておらず、それを「役立たずの器官」などと誤って見なし、幼児期における肥大を「なんらかの病気の兆候に違いない」などと誤って判断し、加害していた[8]という。1960年代の後半でさえ、西洋医学の医学校では(例えばハーバード大学医学校などでも)外科医たちが、扁桃炎を起こす子供の、大切な扁桃アデノイドを摘出してしまうという誤った行為を日常的に繰り返していた[9]

つい最近まで、何らかの手術(例えば、胆のう切除や子宮摘出など)を受ける患者たちが、しばしば本人に事前に知らされることもなく、また同意も無いままに、西洋医学の医師たちによって 「ついでに」という誤った判断で、勝手に虫垂を切除されてしまい、手術後に請求書の明細を見てはじめて、自分自身の器官が無断で切除されてしまったという事実を知った、ということが後を絶たなかった[10]という。

 (関連: → 医原病偽医療 )

こうした出来事に、《からだを構造的に見る観点》と《からだを機能的に見る観点》とのあざやかな対比が見られる、とワイルは言う。西洋医学の、構造物に固執する者たちは、無思慮にも、大切な免疫器官を破壊してしまったのであり、東洋医学の機能重視の人たちは、それらの器官の有益な働きを増強する具体的な方法を開発したのである[11]とワイルは述べた。

歴史

エジプトのパピルスの中に「現存する最古の医学書」と言われているものがあり、そこには紀元前3世紀エジプトにおいてすでに「外傷者に対しては、まず質問検査、機能試験、診断、治療」と記述されており、現代と変わらない診療手順を行ったことが明らかになっている[12]

医学は歴史をふりかえると経験医療(経験医療)として存在していた。他の各学問が成熟してゆく中で医学も独自性を持った学問として発展し、(西洋では)「人体の研究と疾病の治療・予防を研究する学問」とされた[12]

(西洋医学は20世紀に医学を「人間の疾病に関することを取り扱う学問」などとしつつ疾病にばかり着目し他の面を見落としたり、人間をただの物体のように扱う傾向があり、それが諸問題を引き起こす結果を招いたが、反省が始まり)、近年では(西洋医学も)「人間を生理的・心理的かつ社会的に能動的ならしめ、できるかぎり快適な状態を保たせる研究」として機能や社会的な面についても見落とさないようにする立場に変わりつつある[12]

東洋医学

経絡図の一例

現在日本で「東洋医学」と呼ばれるものは、おおむね伝統中国医学に相当している[3] 西洋医学とは異なる理論・治療体系をもつ医学である。「東洋医学」と言う以上、きちんとした論理の上に成立している[3]。 そしてそれは、日本人が持つ生命観自然観に近いものである[3]

中国伝統医学は民間療法とは区別されている[3]。 東洋医学(伝統中国医学)は、民間療法とは異なった考え方に基づいて運用されている[3]

一例として、生姜の使い方を見ると、どちらも風邪の時に使うことはあるものの、民間療法では風邪の時に何の考えもなしにそれを機械的に与えるのに対し、中国伝統医学では、寒気(さむけ)が強い時のみに使用され、反対に熱感が強い時には使用しないのである。なぜなら、中国伝統医学では、生姜は体を温める作用がある、と考えているからである[3]

日本でも古代より「医」は巫女陰陽師僧侶によって中国から伝えられた呪術、医療が行われていた。室町時代以降は中国大陸との交易も盛んとなり、漢方が積極的に伝わっていった。江戸時代以降は、日本は独自の漢方医学を発展させ、薬学である本草学を中心に診療が行われていった。華岡青洲によって記録上世界最初となる麻酔による乳癌手術が行われたりした。また、幕末には国学の影響を受けて漢方伝来以前の医学(「和方」)を探求する動きも現われた。

現在は中華人民共和国中医学朝鮮民主主義人民共和国では東医学大韓民国では韓医学として実践されている。


西洋医学

ギリシア神話にて医の神であるアスクレーピオスの像。左にシンボルの

ヨーロッパ世界においては、「医」の起源は古代ギリシアヒポクラテスとされている。その後古代ローマガレノスアリストテレスの自然学を踏まえ、それまでの医療知識をまとめ、学問としての医学が確立されたと言われている。ガレノスはその後、数百年ものあいだ権威とされた。

古代ギリシャの医学知識は、イスラム世界のイブン・スィーナーイブン・ルシュドなどに継承された。 (→イスラム科学

ヨーロッパ中世においては、内科学のみが医学とされ、外科学は医学と見なされていなかった。外科医療は理容師理容外科医英語版とも言われた)によって施術され、外科手術や瀉血治療などが行われていた。(内科学外科学の記事を参照)

ウィトルウィウス、そしてレオナルド・ダ・ヴィンチの『ウィトルウィウス的人体図』(15世紀)に象徴されるように、のちに西洋医学を支えることになる解剖学の発展は、臨床医学よりも美術解剖学における人体比率概念の追及など、美学的傾きおいて進展した。ダ・ヴィンチの人体図は現代においても医学・解剖学の象徴的図案である。[要出典][誰?]


日本では安土桃山時代に本格的な西洋医学が伝えられ始めたといわれており、幕末に蘭学とともに西洋医学書の翻訳などが行なわれた。著名な蘭方医学者には『解体新書』で知られる杉田玄白らがいる。

通常医療と代替医療の状況

近年、伝統中国医学の本場であった中国では西洋医学の医師が増加中で現代西洋医学の利用される割合が増加しつつある。

反対にアメリカ合衆国やヨーロッパ諸国では西洋医学の様々な問題点が取り沙汰され、伝統医学などの代替医療のほうが高く評価され利用率が増えており、アメリカ合衆国では代替医療の利用率が西洋医学のそれを超えた。無保険者だけでなく、富裕層の利用も増えている[13]

日本では、西洋的な思考様式に基づく医学を「西洋医学」、伝統中国医学の思考様式に基づく医学を「東洋医学」と、大きく区分して呼ぶことが一般的である。現在日本で「東洋医学」と呼ばれるものは、おおむね伝統中国医学に相当し[3][14]、中国大陸で生まれ発達し、日本にも伝えられた[3]。西洋医学が入ってくるまでは日本の主流医学であった[3]。江戸時代の日本に「オランダ医学」が入ってきた時に、それらの医学を呼び分ける必要が生じ、オランダの医学に対して、中国(漢)の医学という意味で「漢方医学」と呼ぶようなことも行われるようになった[3]という。明治政府の方針により西洋医学が主流の医学と位置づけられるようになり、東洋医学を行なう医師も西洋医学を学ぶことになった。それ以来、日本では西洋医学の利用者数が多くなったが、現在でももっぱら東洋医学のほうを好み愛用する人々もおり、両者は並存してきた。近年の日本では、東洋医学と西洋医学の良いところ同士を融合させた「統合医療」を望む声が強まっている。このような要望は患者側にとどまらず、医師の側でもそう考える人は増えており、医師らによって研究が行なわれており、漢方薬の利用は増えている。

分類

研究や教育のための知識体系としての医学は、(伝統的に[要検証 ])([いつ?]から)次のように分類されている。大学医学部の組織においても、研究・教育のための人員の配置がこの分類に沿って行われる場合が多い。最近は、名称が多様化しているが、実質は、下記の分類とさほど変わりがない場合が多い。

基礎医学

人体の構造・機能、疾患とその原因など医学研究の根拠となる知見を得るための学問分野である。これらの科目は医学部、薬学部等医療系学部以外に一部の大学では理学部理工学部等の生物学科でも開講している。

臨床医学

診断や治療などに直接関連する応用的な研究分野である。

社会医学

社会医学とは社会的な環境と健康について研究する医学領域。

関連分野

医学に関連する分野には以下のようなものがある。

歯学 - 薬学 - 看護学 - 心理学 - 健康心理学 - 臨床心理学 - 生体機能代行装置学 - 作業療法学 - 理学療法学 - 性科学 - 抗老化医学 - 熱帯医学 - 医用生体工学 - 医療機器 - 医学教育 - 医学史(医史学)- 生命倫理学 - 医療人類学 - 病跡学 - 医療社会学-医療経済学 - 宇宙医学 - 臨床情報工学


-->

脚注

  1. ^ 広辞苑「医学」
  2. ^ 三浦於菟『東洋医学を知っていますか』新潮選書、1996、p.2
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 三浦於菟『東洋医学を知っていますか』第一章
  4. ^ 注. パラダイムも参照可
  5. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.27
  6. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.28
  7. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.28
  8. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.29
  9. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.28
  10. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.29
  11. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.29
  12. ^ a b c 『ブリタニカ百科事典』「医学」
  13. ^ 50歳以上のアメリカ人、7割が代替医療を利用 米国NCCAM(代替医療調査センター)報告
  14. ^ ただし、中国において「東洋医学」と言うと、中国からみた東の国の医学、すなわち日本の医学のことを指すという(三浦於菟『東洋医学を知っていますか』第一章)

参考文献

  • 三浦於菟『東洋医学を知っていますか』新潮選書、1996
  • アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫
  • 『ブリタニカ百科事典』

関連項目

外部リンク

ノーベル物理学賞 - W(保存)【前半】

1940年代

年度受賞者名[1]受賞時の国籍受賞理由[1]・原著ないし関連論文
1940年受賞者なし賞金の3分の1はノーベル財団の基金に、残り3分の2はノーベル物理学賞の基金に割り当てられた
1941年
1942年
1943年Otto Stern.jpgオットー・シュテルン
Otto Stern
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国分子線の手法の開発[21]への貢献と陽子磁気モーメントの発見
1944年Isidor Isaac Rabi.jpgイジドール・イザーク・ラービ
Isidor Isaac Rabi
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国彼が考案した、原子核の磁気的性質[22]を測定する共鳴法[23]

Phys. Rev.: 55 (1939) 526

1945年Wolfgang Pauli ETH-Bib Portr 01042.jpgヴォルフガング・パウリ
Wolfgang Pauli
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国パウリ原理とも呼ばれる排他律の発見
1946年Bridgman.jpgパーシー・ブリッジマン
Percy Williams Bridgman
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国超高圧装置の発明と、それによる高圧物理学に関する発見
1947年Appleton.jpgエドワード・アップルトン
Sir Edward Victor Appleton
イギリスの旗 イギリス上層大気の物理的研究、特にアップルトン層の発見
1948年Blackett-large.jpgパトリック・ブラケット
Patrick Maynard Stuart Blackett
イギリスの旗 イギリスウィルソン霧箱の手法の発展と、それによる原子核物理学および宇宙線の分野における発見
1949年Yukawa.jpg湯川秀樹
Hideki Yukawa
日本の旗 日本核力の理論的研究[24]に基づく中間子の存在の予想

Proc. Phys. Math. Soc. Jap.: 17 (1935) 48

1950年代

年度受賞者名[1]受賞時の国籍受賞理由[1]・原著ないし関連論文
1950年Cecil Powell.jpgセシル・パウエル
Cecil Frank Powell
イギリスの旗 イギリス写真による原子核崩壊過程の研究方法の開発およびその方法による諸中間子の発見
1951年Sir John Douglas Cockcroft.jpgジョン・コッククロフト
Sir John Douglas Cockcroft
イギリスの旗 イギリス人工的に加速した[25]原子核粒子による原子核変換についての先駆的研究
Ernest Walton.jpgアーネスト・ウォルトン
Ernest Thomas Sinton Walton
アイルランド共和国の旗 アイルランド
1952年Felix Bloch, Stanford University.jpgフェリクス・ブロッホ
Felix Bloch
スイスの旗 スイス核磁気の精密な測定における新しい方法[26]の開発とそれについての発見

Phys. Rev.: 69 (1946) 127 (Bloch)
Phys. Rev.: 70 (1946) 460-474 (Bloch)
Phys. Rev.: 69 (1946) 37-38 (Purcell)
Phys. Rev.: 73 (1948) 679-712 (Purcell)

Edward Mills Purcell.jpgエドワード・ミルズ・パーセル
Edward Mills Purcell
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1953年Zernike.jpgフリッツ・ゼルニケ
Frits (Frederik) Zernike
オランダの旗 オランダ位相差を用いた手法の実証、特に位相差顕微鏡の発明

Physica: 1 (1934) 689-704
Z. Tech. Phys.: 16 (1935) 454-457
Physica: 9 (1942) 686-698
Physica: 9 (1942) 974-986

1954年Max Born.jpgマックス・ボルン
Max Born
イギリスの旗 イギリス量子力学に関する基礎研究、特に波動関数の確率解釈[27]
Bothe.jpgヴァルター・ボーテ
Walther Bothe
西ドイツの旗 西ドイツコインシデンス法による原子核反応とそれによる発見
1955年Willis Lamb 1955.jpgウィリス・ラム
Willis Eugene Lamb
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国水素スペクトルの微細構造[28]に関する発見
Polykarp Kusch.jpgポリカプ・クッシュ
Polykarp Kusch
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国彼が考案した電子磁気モーメントの正確な決定法
1956年William Shockley, Stanford University.jpgウィリアム・ショックレー
William Bradford Shockley
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国半導体の研究およびトランジスタ効果の発見
Bardeen.jpgジョン・バーディーン
John Bardeen
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Brattain.jpgウォルター・ブラッテン
Walter Houser Brattain
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1957年CNYang.jpg楊振寧
Chen Ning Yang
中華民国の旗 中華民国素粒子物理学における重要な発見に導いた、いわゆるパリティについての洞察的な研究[29]

Phys. Rev.: 104 (1956) 254-258

Tdlee ccast.jpg李政道
Tsung-Dao Lee
中華民国の旗 中華民国
1958年Cerenkov.jpgパーヴェル・チェレンコフ
Pavel Alekseyevich Cherenkov
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦チェレンコフ効果の発見とその解釈

C.R. Acad. Sci. USSR: 2 (1934) 451 (Cherenkov)
C.R. Acad. Sci. USSR: 14 (1937) 107 (Frank and Tamm)

Ilya Frank.jpgイリヤ・フランク
Il´ja Mikhailovich Frank
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Igor Tamm.jpgイゴール・タム
Igor Tamm|Igor Jevgenyevich Tamm
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1959年Segre.jpgエミリオ・セグレ
Emilio Gino Segrè
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国反陽子の発見
Owen Chamberlain.jpgオーウェン・チェンバレン
Owen Chamberlain
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

1960年代[編集]

年度受賞者名[1]受賞時の国籍受賞理由[1]・原著ないし関連論文
1960年Donald Glaser.jpgドナルド・グレーザー
Donald Arthur Glaser
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国泡箱の発明
1961年Robert Hofstadter.jpgロバート・ホフスタッター
Robert Hofstadter
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国原子核内での電子線散乱[30]とそれによる核子の構造の発見
Mossbauer.jpgルドルフ・メスバウアー
Rudolf Ludwig Mössbauer
西ドイツの旗 西ドイツガンマ線の共鳴吸収についての研究および、それに関連する彼に因んで命名されたメスバウアー効果の発見
1962年Landau3.jpgレフ・ランダウ
Lev Landau
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦彼が確立した凝縮系物理の理論、特に液体ヘリウムについて
1963年Wigner.jpgユージン・ウィグナー
Eugene Paul Wigner
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国出身)
原子核および素粒子に関する理論への貢献、特に対称性の基本原理の発見とその応用
Mayer.jpgマリア・ゲッパート・メイヤー
Maria Goeppert-Mayer
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国原子核の殻構造に関する発見[31]

Phys. Rev.: 75 (1949) 1766–1766 (Jensen)
Phys. Rev.: 79 (1950) 1019–1019 (Jensen)

Jensen.jpgヨハネス・ハンス・イェンゼン
J. Hans D. Jensen
西ドイツの旗 西ドイツ
1964年Charles Townes statue.jpgチャールズ・タウンズ
Charles Hard Townes
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国量子エレクトロニクス分野の基礎研究および、メーザーレーザー原理に基づく振動子・増幅器の構築
Basov.jpgニコライ・バソフ
Nicolay Gennadiyevich Basov
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Aleksandr Prokhorov.jpgアレクサンドル・プロホロフ
Aleksandr Mikhailovich Prokhorov
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1965年Tomonaga.jpg朝永振一郎
Shin-Itiro Tomonaga
日本の旗 日本量子電磁力学の分野における基礎研究と、素粒子物理についての深い結論[32]

Prog. Theor. Phys.: 1 (1946) 27-42 (Tomonaga)
Phys. Rev.: 82 (1951) 664-679 (Schwinger)
Phys. Rev.: 80 (1950) 440-457(Feynman)
Phys. Rev.: 84 (1951) 108-128 (Feynman)

Schwinger.jpgジュリアン・シュウィンガー
Julian Schwinger
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Richard Feynman.pngリチャード・P・ファインマン
Richard P. Feynman
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1966年Kastler.jpgアルフレッド・カストレル
Alfred Kastler
フランスの旗 フランス原子のラジオ波共鳴を研究するための光学的手法の発見および開発[33]
1967年Hans Bethe.jpgハンス・ベーテ
Hans Albrecht Bethe
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国原子核反応理論への貢献、特に星の内部におけるエネルギー生成に関する発見

Phys. Rev.: 55 (1939) 434-456

1968年Luis Alvarez ID badge.pngルイ・アルヴァレ
Luis Walter Alvarez
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国素粒子物理学に対する決定的な貢献、特に彼がもたらした水素泡箱を用いた手法および

データ解析における発展により可能となった、多数の共鳴状態の発見

1969年Murray Gell-Mann.jpgマレー・ゲルマン
Murray Gell-Mann
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国素粒子の分類[34]およびその相互作用に関する貢献及び発見

1970年代[編集]

年度受賞者名[1]受賞時の国籍受賞理由[1]・原著ないし関連論文
1970年YoungAlfven.jpgハンス・アルヴェーン
Hannes Olof Gösta Alfvén
スウェーデンの旗 スウェーデンプラズマ物理学の様々な部分への有意義な応用[35]を伴う、電磁流体力学における基礎的研究および発見
Louis Neel 1970.jpgルイ・ネール
Louis Eugène Félix Néel
フランスの旗 フランス固体物理学における重要な応用をもたらした反強磁性[36]および

フェリ磁性に関する基礎的研究および発見

1971年ガーボル・デーネシュ
Dennis Gabor
イギリスの旗 イギリス
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国出身)
ホログラフィーの発明および発展

Nature: 161 (1948)777-779
Proc. Roy. Soc.: A197 (1949) 454
Proc. Phys. Soc.: B64 (1951) 449

1972年Bardeen.jpgジョン・バーディーン
John Bardeen
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国一般にBCS理論[37]と呼ばれている、彼らが共同で発展させた超伝導についての理論

Phys. Rev.: 108 (1957) 1175-1204 (Bardeen, Cooper, and Schrieffer)

Nobel Laureate Leon Cooper in 2007.jpgレオン・クーパー
Leon Neil Cooper
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
John Robert Schrieffer.jpgジョン・ロバート・シュリーファー
John Robert Schrieffer
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1973年江崎玲於奈
Leo Esaki
日本の旗 日本半導体内および超伝導体内の各々におけるトンネル効果の実験的発見

Phys. Rev. Lett.: 5 (1960) 147-148 (Giaever)
Phys. Rev. Lett.: 5 (1960) 464-466 (Giaever)

Ivar Giaever.jpgアイヴァー・ジェーバー
Ivar Giaever
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Brian Josephson, March 2004.jpgブライアン・ジョゼフソン
Brian David Josephson
イギリスの旗 イギリストンネル接合を通過する超電流の性質、特にジョセフソン効果としてよく知られる普遍的現象の理論的予測

Phys. Lett.: 1 (1962) 251-253
Adv. Phys.: 14 (1965) 419

1974年マーティン・ライル
Sir Martin Ryle
イギリスの旗 イギリス電波天文学における先駆的研究(観測および発明、特に開口合成技術に関して)
アントニー・ヒューイッシュ
Antony Hewish
イギリスの旗 イギリス電波天文学における先駆的研究(パルサーの発見に果たした決定的な役割)
1975年Aage Bohr.jpgオーゲ・ニールス・ボーア
Aage Niels Bohr
デンマークの旗 デンマーク核子集団運動独立粒子運動との関係の発見、

およびこの関係に基づく原子核構造に関する理論の開発[38]

Mottelson,Ben 1963 Kopenhagen.jpgベン・ロイ・モッテルソン
Ben Roy Mottelson
デンマークの旗 デンマーク
レオ・ジェームス・レインウォーター
Leo James Rainwater
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1976年Burton Richter - charm quark.jpgバートン・リヒター
Burton Richter
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国新種の重い素粒子[39]の発見についての先駆的研究

Phys. Rev. Lett.: 33 (1974) 1404-1406 (S. C. C. Ting)
Phys. Rev. Lett.: 33 (1974) 1406-1408 (B. Richter)

Samuel ting 10-19-10.jpgサミュエル・ティン (丁肇中)
Samuel Chao Chung Ting
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1977年Andersonphoto.jpgフィリップ・アンダーソン
Philip Warren Anderson
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国磁性体と無秩序系の電子構造の基礎理論的研究[40]

Phys. Rev.: 109 (1958) 1492-1505 (Anderson)
Proc. Roy. Soc.: A62 (1949) 416 (Mott)
Rev. Mod. Phys. 40 (1968) 677-683 (Mott)
Phys. Rev. Lett.: 35 (1975) 1293-1296 (Mott)

Mott,Nevill Francis 1952 London.jpgネヴィル・モット
Sir Nevill Francis Mott
イギリスの旗 イギリス
JH van Vleck 1974.jpgジョン・ヴァン・ヴレック
John Hasbrouck van Vleck
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1978年Pyotr L Kapitsa Russian physicist 1964.jpgピョートル・カピッツァ
Pjotr Leonidovich Kapitsa
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦低温物理学における基礎的発明および諸発見[41]
Arno Penzias.jpgアーノ・ペンジアス
Arno Allan Penzias
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国宇宙マイクロ波背景放射の発見[42]

Astrophys.J.: 142 (1965) 419

Wilson penzias200.jpgロバート・W・ウィルソン
Robert Woodrow Wilson
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1979年Sheldon Glashow at Harvard cropped.jpgシェルドン・グラショー
Sheldon Lee Glashow
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国素粒子間に働く弱い相互作用電磁相互作用を統一した

相互作用についての理論[43]への貢献、特に弱中性カレントの予想
Phys.Rev.Lett.: 19 (1967) 1264-1266 (Weinberg)

Abdus Salam 1987.jpgアブドゥス・サラム
Abdus Salam
パキスタンの旗 パキスタン
Steven-weinberg.jpgスティーヴン・ワインバーグ
Steven Weinberg
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

虎馬:ノーベル物理学賞 - W 

4

哲学ニュースnwk↓  14:30
人類史上最大の発明ってなんだと思う? 

1:名無し募集中。。。:2012/10/30(火) 19:54:22.20 ID:0
布団だと思うよ
マジでアレを発明したやつは大天才

発明

HEADLINE本体凧葦風呂具 

続きを読む

4

哲学ニュースnwk 07:00
光より速いと時間を超えられるのって何で? 

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:40:36.35 ID:lZV4Db+70
光より速いと時間を超越できる。

が、なんか定義みたいになってるけど、なんで?

albert-einstein1
続きを読む

2
#asamadetv   +【十倍解皇権】前半
【超越】【-絶対零一二√十一1GC桁階乗省略密教一桁】
-【根源】
【絶対】【-一一.五四十十K万小乗二桁-【環境】【
++【究極】【-二二八√十百M億中乗三桁-【人間】【
+0【無限】【-三三十六百千G兆高乗四桁-【社会】【
+-【次元】【-四五三二√千万T京大乗五桁-【宇宙】【
0+【平空】【-五七六四千十万P垓上乗六桁-【時空】【
00【時空】【-六十百二八√万百万Z杼特乗七桁-【平空】【
0-【宇宙】【-七十五二五六万千万Y穰最乗八桁-【次元】【
-+【社会】【-八二十五一二√十万億KY溝現乗九桁-【無限】
-0【人間】【-九三十千十万十億MY澗極乗十桁-【究極】【
--【環境】【-十五十二千√百万百億GY正絶乗十一桁-【絶対】
【根源】【-十一七十四千百万千億TY載超乗十二桁-【超越】
85%脱落
完全販罪超絶無間宇宙地獄惑星
悪魔神仏鬼歴史意味七死
ウトゲンシュタイン諜法無足
【反非不変本勘間誤気違愚劣未無滅亡情態】
首都中枢包囲九十万人真正民主主義防災訓練DM前半 
【真理表】解析予定 

TBS RADIO 文化系トークラジオ Life 826 

※「"楽しくやろう"というけれど...」part1をダウンロードする(mp3 29'49")

※「"楽しくやろう"というけれど...」part2をダウンロードする(mp3 28'06")

※「"楽しくやろう"というけれど...」part3をダウンロードする(mp3 28'48") 

続きを読む

↑このページのトップヘ