巾木 幅木 はばき

 幅木(はばき)は略して巾木と書かれることも多い。床と壁の境目から壁の下部の間に貼られる細長い木のこと。

壁の下部は汚れたり壊れたりすることが多いので保護したり、床と壁の境目などの材質の違うものの納まりを良くし、見た目を良くするもの。

OAフロア工事などで、もともとの床よりもOAフロアのほうが高くなってしまう場合、この巾木がOAフロアによって隠れてしまうことがある。その場合は巾木を手直しする必要がある。